Something Impressive(KYOKOⅢ)


RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語(’10)

一昨日、気になってたこの作品を、英検の帰りに新宿ピカデリーで見てきました。錦織作品は、DVDで「ハート・オブ・ザ・シー」('03)「白い船」('02)「ミラクルバナナ」('05)を見ていて、どれも割と好感だったし、今回テーマ曲がユーミン、やはり劇場で流れるのは聞いておきたい、という所でした。

提供曲で映画テーマ曲は、最近「時をかける少女」のいきものがかり版は聞きましたが、本人の歌、と言えば、私はDVDでの「天国の本屋~恋火」('04)の「永遠が見える日」が最新、スクリーンでは、「波の数だけ抱きしめて」('91)で何曲か挿入歌で流れましたが、

思えばテーマ曲では、「魔女の宅急便」('89)の「やさしさに包まれたなら」に遡るかと。今回の「ダンスのように抱き寄せたい」はまだ聞いてませんでしたが、どうせなら直接劇場で、と、あえてチェックしませんでした。

この作品は錦織監督の故郷舞台の島根3部作の3作目、とのことで、余り島根の素朴風味とユーミン、という連想はつかなかったですが、「白い船」を見た時、たまたま子供時代「海を見ていた午後」の「ドルフィン」絡みの海への憧憬ロマン感覚を思い出して、触れてたりしたのでした。

「白い船」は、沖を通る大きな船への子供達の憧れ、その夢を叶える周囲の大人達、という何とも究極の素朴さ、題材は実話にしても、現代の優しいお伽噺的な、と思ったのですが、今回の「RAILWAYS・・」も、実話ベースのようですが、そういう意味では大人の夢の実現、という牧歌的テイストも。

主演中井貴一は、私は主演作ではドラマ「風のガーデン」以来で、「風の・・」では、自らの死期を悟り、故郷の北海道に戻って父、娘と和解、時を過ごす、という主人公で、今回は、重病の老いた母の元へ、というきっかけもあって、故郷へ、という流れでしたが、

「風の・・」での、自分の不倫沙汰から色々波乱、家庭の破綻の過去あって、ややプレイボーイ風な医師、よりは、今回も大手会社の管理職、というエリート感は同じでも、家庭人としては、妻(高島礼子)や娘(本仮屋ユイカ)とそれなりの心の距離・自身の惑いはあっても、穏当に家庭を営んでいる、という役柄の方がフィット、という感でした。

6/16追記:序盤、故郷を離れたがらない病の母、会社の同僚の不慮の事故死、を転機に、エリート人生をリセット、に傾く、中年主人公筒井個人の心情は伝わってきたのですが、

その実行で、夫だけが職故郷に帰り、という別居状態になるし、東京~島根の距離、1からの運転手職で、経済問題とか、家庭の一大事、その重大決定に、妻由紀子は全く蚊帳の外、事後承諾のような形で、というのは、どうも不自然感が。

その決意には、妻が自分のハーブティーの店を漕ぎ出した所、娘も大学生で就職活動の時期、それぞれが自立気味、また、電車会社の面接で答えてたように、家のローンは早期の退職金で賄えそうで、というような背景もあるかもしれないですが、

それにしても、自分の意志を認められないなら、別れても、という覚悟で、という程の冷めた関係、とも思えず、そういう摩擦の過程は割愛したのかもしれませんが、別居状態でも、とりあえず新たな運転手職に生き生き取り組む夫を見守る姿は、ややクールにも、包容力にも思えたり。

娘倖は大学の後半で、そう授業もないのか?祖母(奈良岡朋子)の世話をしながら、鳥取にいつき、そういう家族分散のギャップを、補うかのような印象はしたのですが。

a0116217_19495416.jpgまあ少しそういう違和感もあったのですが、メイン舞台の、海岸沿いや田園風景の中を走る小さな車両。ルーツ的に愛着あった鉄道、という新たな居場所で、いくらローカル線でも、電車の到着時間等、折に合理的な制約との摩擦もありつつ、乗客の手助けしたりしながら、人間的に大らかに、働く姿には、好感持てました。

ちょっと印象的だったのは、幼い少年が無人の運転席に入り込み、電車を動かしてしまい、責任問題になるのですが、それが丁度、筒井が、車両間の線路に、乗客の落し物を取りに下りて、上がってきた直後だった、というシーン。

あえて間一髪のタイミング、にしたのか?たまたまか、判りませんが、どんな平和な場所にも現実的に起こり得る不慮の事故。でも、そういう悲劇にはしないのが、この作風の穏和な所、とも。

そういう筒井の芯には、病身の母の元に、という1人息子としての心情的充足感もあってこそ、とも思えて、今元気ではありますが、年取った母が近くにいる我が身にして思えば、たとえこの主人公のように、帰る故郷はなくとも、心の中に、そういう場は作れる、とか、

また丁度、英検後のやや不完全燃焼気味な脱力感の中、見ただけに、好きな事に、諦めさえしなければ、いつからでも仕切り直しは出来る、というような、希望というか癒しというか、じんわり感じられたのは良かったです。


6/17追記:俳優陣は、やはり中井貴一は今回の筒井役に似合ってた、と思うのですが、母役奈良岡朋子も、田舎にいる市井の老母、の優しく気丈な渋い物腰。「崖の上のポニョ」での施設の老人の声役、以来でした。

娘倖役は本仮屋ユイカだった、と後で知ったのですが、私は「スウィングガールズ」('04)以来。当時、少し他の同年代女優とは違うユニーク存在感、という印象でしたが、久方に姿を見て、ソツのない、結構オーソドックスな若手になっていた、という感じ。見学に行った駅で、職場の人に「テツ(鉄道マニア)か?」と聞かれ、「いいえ、倖です!」と笑顔で応じてたのが、唯一、「スウィング・・」での天然さ重なりました。

また、筒井と同期新人の、若い運転手宮田役は、三浦友和・百恵夫妻の次男三浦貫大だった、というのも後で知って、初見で、あれがあの夫婦の、という感慨も少し、でしたが、元甲子園ピッチャーでありながら肘を壊しての、不本意な就職で、不機嫌そうな様子から、徐々にですが心を開いていく青年役。演技力は未知数な?でしたが、友和+百恵遺伝子、と言われれば、という面差し・硬質な印象でした。

あと、宮崎美子は「ミラクルバナナ」にも出てたのでしたが、明るく甲斐甲斐しい介護士役、電車会社社長役の橋爪功も、ローカルで緩い、いい味。こういう脇役陣も、この作品の良心を支えてたかと。

そして、社長とペアの部長役佐野史郎の姿に、この人が出てたドラマ「誰にも言えない」のユーミン主題歌「真夏の夜の夢」が頭を過ったりしたのですが、この素朴で和やかな展開に、ユーミン曲、というのはやはりどうもイメージが湧かず、一体どう来るのだろうか?と、思ったのでした。

(C)(株)ゼスト 出版事業部
a0116217_19361266.jpgラストになってエンドロールと共に、田園の中走る小さな電車の俯瞰映像に重なって、ゆったりしたイントロからの曲。やはり最盛時の切れ味、というのではないけれど、穏やかなバラード。そう作品との調和は違和感なく、歌詞も、年月重ねたカップルの愛情を歌い、中井・高島が演じた夫婦関係にフィットするラブソング。そもそも、曲タイトルからして、この作品とのギャップを感じてたのですが、なるほど、という落とし所、と。

2番に駅の情景も入ってたり、終わった直後の印象は、曲自体、さすがに作品の味からはみ出ない、無難な感じで、帰り道でも、もし既成ユーミン曲で似合うとしたら、と考えてみたりして、故郷に戻って再出発、のテーマだと、「生まれた街で」。

でも、「MISSLIM」収録の元曲だと、人生を重ねてきての帰郷、という状況には、すっきり透明感ありすぎ、な気もして、今のユーミンの声でアコースティック版、でどうだろう、とか、実際流れてみないとフィット具合は判りませんが、おそらくそれなりに、感慨はあったかと思ったのですが、

その後改めて「ダンスのように抱き寄せたい」(歌詞)を聞き直してみたら、サビの所が、メロディ自体自然と頭でリフレインして、遅ればせながらジワジワと、いぶし銀のような染み入り方。その1番の「・・ダンスのように もう踊れない 錆びたぜんまい 止まってゆくけれども・・」のような歌詞も、

劇中の筒井の、50才手前で、田舎の小さな車両の運転手として再出発、それだって技術もいるし、人命も預かる仕事、でも生き方的には、かなり不器用で不恰好、かもしれないけれど、そういう風に、世の中でエリートとしてやっていく、という事に、価値を見出せなくなった、ある意味、上手くは泳げなくなった、という悲哀の部分、その代わり、スローでも自分なりの泳ぎ方、を得た、という幸福、ではありますが、そういう流れと絶妙にオーバーラップ。

思えば「ダンスのように踊る」、というのも、意味が重なって妙だったり、2番の「・・どんなに疲れ みじめに見えてもいい・・」なんて、およそ往年のユーミンらしくないフレーズですが、そういう所も含めて、この曲の味、というか。

年月を経たからこそ、傍目からみたらスマートには出来なくなった、または、したくはなくなってしまった事、というのも確かにある、でも、等と思ったり、そこら辺は、路線はラブソング、でも、年輪重ねたユーミンならでは掬い取った不器用な心の機微、のような感じもあって、やはり劇場で映画と共に聞いた、という効果もあるのかもしれませんが、近年のユーミン曲では、何だか一番ツボにきました。


6/18追記:そういう風に、ユーミンテーマ曲も感慨あったのですが、やはり「白い船」大人版、とも言えそうな、多少綺麗過ぎであっても、素朴な夢の実現、その充実、人情味、とか漂う作品。今更ですが、本当に、必要なんだろうか?という、当然のように、色んな類の過激さ、刺激的なシーン、設定等が散りばめられた作品が多過ぎて、

情報の氾濫で、現実社会の、人の価値観も不穏な今日で、こういう、派手さなくても、人生の機微を地道に前向きに描いて、様々な年齢層や状況の人の心に、さり気ないエールを送るような作品は、貴重、と改めて。個人的には、この時期に見て良かった、という作品でした。

関連サイト:「RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語」公式サイトhttp://www.paoon.com/film/jmrluznqba.html
関連記事:スウィングガールズ(’04)天国の本屋~恋火(’04)ハート・オブ・ザ・シー(’03)白い船(’02)地球街道 北イタリアの旅アジアンタム・ブルー(’06)ミラクルバナナ(’05)崖の上のポニョ(’08)竜馬の妻とその夫と愛人(’02)~追悼・市川準監督~ユーミンと映画・市川準監督風のガーデン(’08)~最終話ナツユキカズラHERO(’07)時をかける少女(’10)

a0116217_14194162.jpg

                   <’98年3月、海ほたるにて>

[PR]
by MIEKOMISSLIM | 2010-06-15 00:00 | 邦画 | Trackback(15) | Comments(0)
トラックバックURL : http://autumnnew.exblog.jp/tb/10812940
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 象のロケット at 2010-06-19 09:35
タイトル : RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語
大手家電メーカーに勤務する49歳の筒井肇は、取締役への昇進を前に、工場整理のリストラ役を課せられる。 同期入社の工場長・川平は「俺がやりたい仕事は物作りだ」と言い、異動より退職を選ぶ。 そんな中、故郷・島根の母親が倒れた。 見舞いの最中も仕事の連絡に追われる肇だったが、突然、Uターンして地元電鉄の運転士になることを決意する…。 ふるさとヒューンマンドラマ。... more
Tracked from 佐藤秀の徒然幻視録 at 2010-06-19 09:50
タイトル : RAILWAYS 宍道湖の夕日
公式サイト。錦織良成監督、中井貴一、高島礼子、本仮屋ユイカ、三浦貴大、奈良岡朋子、甲本雅裕、遠藤憲一、橋爪功、佐野史郎、宮崎美子、笑福亭松之助。公式タイトル「RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語」が長すぎるので勝手に改題。宍道湖と言えば、美しい夕日...... more
Tracked from 京の昼寝〜♪ at 2010-06-19 10:02
タイトル : 『RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語』
  □作品オフィシャルサイト 「RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語」□監督・脚本 錦織良成 □脚本 ブラジリィー・アン・山田、小林弘利 □キャスト 中井貴一、高島礼子、本仮屋ユイカ、三浦貴大、奈良岡朋子、橋爪 功、佐野史郎、宮崎美子、笑福亭松之助■鑑賞日 5月29日(土)■劇場 チネグランデ■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)<感想> 誰しも幼い頃は「夢」持っていた。  それに向かって現実に夢を叶えられる人もいれば、  受験戦争に...... more
Tracked from LOVE Cinemas.. at 2010-06-19 10:15
タイトル : RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語
東京の一流企業に勤めるエリートサラリーマンが50歳を目前に、幼い頃からの自分の夢だった「“一畑電車”の運転士になる」を実行に移す姿を中心に、家族の絆、人との触れあいを描いた人間ドラマだ。主演は『ザ・マジックアワー』の中井貴一、共演に『ドロップ』の本仮屋ユイカ、『島田洋七の佐賀のがばいばあちゃん』の高島礼子が出演。監督は作品の舞台となっている島根出身の錦織良成。... more
Tracked from Cinema + Swe.. at 2010-06-19 11:00
タイトル : 『RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語』
4/20に、なかのZERO大ホールであった『RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語』の試写会に友達に誘ってもらって行ってきました。 ******************** チェック:仕事に追われ、家族を省みることのなかった50歳目前の男が、ふと人生を振り返り、幼いころの夢を追... more
Tracked from Mooovingな日々 at 2010-06-19 11:56
タイトル : 『RAILWAYS 49歳で電車の運転手になった男の物語』
錦織良成監督、中井貴一、高島礼子、本仮屋ユイカ、三浦貴大、奈良岡朋子 筒井肇は、一流企業のエリートで取締役昇進も決まり自分の会社での地盤は確立した。 しかし家庭を顧みず家族から離れる中、母が倒れ久々に帰った実家で人生を見つめ始める。 そして自分の夢に向かいはじめ49歳で電車の運転手を目指す。 自分らしく生きることや大切な人生を悔いなく過ごすことなどやさしい秀作。 島根県出雲地方の素晴らしい景色と電車、そしてそこに生きている人たちがみんな助け合いやさしさにあふれていた。 ストレ...... more
Tracked from yanajun at 2010-06-19 12:41
タイトル : RAILWAYS (中井貴一さん)
中井貴一さんは、現在公開中の映画『RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語』に筒井肇 役で出演しています。先日、劇場に観に行きました。●導入部のあらすじと感想... more
Tracked from ゴリラも寄り道 at 2010-06-19 16:04
タイトル : RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語
<<ストーリー>>大手家電メーカーで数々の実績を積み上げ、50歳を目前にしながら仕事に追われる日々を送る肇(中井貴一)。一人暮らしの母が倒れたのをきっかけに故郷へ戻った彼は、一畑電車の運転手になるぎ..... more
Tracked from だらだら無気力ブログ at 2010-06-19 23:01
タイトル : RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語
仕事に打ち込み、順調に出世をしてきたエリートサラリーマンが、母親の 病気などをきっかけに、50歳目前にして少年の頃の夢だった電車の運転士に なる姿を描いた感動ドラマ。 主演は『鳳凰 わが愛』の中井貴一、妻役は『犬と私の10の約束』の 高島礼子、娘役は『スウィ..... more
Tracked from シェイクで乾杯! at 2010-06-29 00:21
タイトル : RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語
RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語 (小学館文庫)2010年度・日・130分 松竹配給 ■監督:錦織良成 ■出演:中井貴一、高島礼子、本仮屋ユイカ、三浦貴大、奈良岡朋子、橋爪功、佐野史郎、宮崎美子、甲本雅裕、石井正則、緒形幹太、松福亭松之助 久しぶりに心温ま....... more
Tracked from 単館系 at 2010-07-03 22:05
タイトル : RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語
大手家電メーカーで数々の実績を積み上げ、50歳を目前にしながら仕事に追われる日々を送る肇(中井貴一)。一人暮らしの母が倒れたのをきっかけに故郷へ戻った彼は、一畑電車の運転手になるという幼い頃の夢を思ぎ..... more
Tracked from 必見!ミスターシネマの最.. at 2010-07-20 23:48
タイトル : RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語
[RAILWAYS] ブログ村キーワード ↓ワンクリックの応援お願いします↓ おみくじ評価:中吉 2010年40本目(38作品)です。 【あらすじ】 大手家電メーカーで数々の実績を積み上げ、順風満帆なサラリーマン生活を送る筒井肇(中井貴一)は、一人暮らしの母が倒れたのを..... more
Tracked from ★試写会中毒★ at 2010-08-02 03:18
タイトル : RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語
満 足 度:★★★★★★☆☆☆☆    (★×10=満点)      試写 松竹試写室 にて鑑賞      10年05月29日公開   監  督:錦織良成 キャスト:中井貴一       高島礼子       本仮屋ユイカ       三浦貴大、他 ■内容... more
Tracked from サーカスな日々 at 2010-11-25 05:33
タイトル : mini review 10505「RAILWAYS」★..
仕事に追われ、家族を省みることのなかった50歳目前の男が、ふと人生を振り返り、幼いころの夢を追い求め始める感動ストーリー。監督は『白い船』などで知られる島根出身の錦織良成。主人公の男を『亡国のイージス...... more
Tracked from 空想俳人日記 at 2011-01-07 06:57
タイトル : RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語
初夢や 忘れ亡き心と 相語らふ  ひょんなことで、確か去年ですか、劇場で公開された「RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語」(それにしても長いタイトルですなあ)をDVDで観る機会を得ました。久しぶりです、DVD鑑賞。  正直言って、導入から暫くの間、話の中... more

<< 北京的西瓜(’89)      英検1次試験 >>

’09年1月末AOL映画掲示板、ブログが終了、気分新たにマイペースで、音楽・芸術鑑賞、ユーミン関連、読書、英検1級対策、グルメ、仕事等含めて書いてます。英検は’11年11月に無事合格達成出来ました!
by MIEKOMISSLIM
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新の記事
ぼくと魔法の言葉たち(’16)
at 2017-03-29 01:06
Brio Brass Ban..
at 2017-03-25 00:45
ストロングマン(’15)
at 2017-03-23 23:36
北海道展
at 2017-03-21 23:00
横浜散策<2>~横浜人形の家
at 2017-03-19 22:25
横浜散策<1>~飛鳥Ⅱランチ..
at 2017-03-19 00:57
確定申告
at 2017-03-13 04:14
祝・合格、学年末テスト対策終了
at 2017-03-11 01:06
メガネ新調
at 2017-02-19 01:17
恵方巻
at 2017-02-04 22:41
推手(’91)
at 2017-01-22 22:18
冬期講習終了
at 2017-01-14 23:03
クリスマスの約束
at 2017-01-06 22:12
クリスマスの約束(’15)
at 2017-01-03 00:47
クリスマスデザート
at 2016-12-30 23:07
ゴッホとゴーギャン展
at 2016-12-29 22:53
デトロイト美術館展
at 2016-12-27 19:01
期末テスト対策終了
at 2016-12-24 02:26
宇宙図書館 / 松任谷由実(..
at 2016-12-23 23:44
杉並ウインドハーモニーアンサ..
at 2016-12-16 23:58
検索
リンク
★’09年1月までのブログ
KYOKOⅡ
英検対策

★リンクサイト

個人学習会 高円寺教室
エキテン 個人学習会 高円寺教室
チャイナビで塾探し! 個人学習会 高円寺教室
象のロケット
松任谷由実オフィシャルサイト
いい加減な・・・

フルーツメール


★50音別映画・ドラマ鑑賞作品目録(作品数)

あ行作品(106)
か行作品(94)
さ行作品(88)
た行作品(70)
な行作品(35)
は行作品(117)
ま行作品(37)
や行作品(21)
ら・わ行作品(50)


★最新の記事続き

色とりどりのコンサート~ソロとアンサンブルによる~  
熱海旅行 アカオリゾート公国<2>
熱海旅行 アカオリゾート公国<1>
フルーツメモ帳 洋ナシ
杉並弦楽合奏団 第59回定期演奏会 
YUMINGと伊勢丹新宿店と130の出来事
ふれあい音楽会 懐かしいタンゴの調べを 
SONGS 松任谷由実 / MUSIC FAIR 松任谷由実・JUJU 
柿の葉すし
YUMING×」LOFT 缶バッジ
中間テスト対策終了
CDラジカセ
母の誕生日
フルーツメモ帳 レモン
秋の大北海道展
ポンピドゥーセンター傑作展
掃除機
中間テスト対策終了・カムバック
超高速!参勤交代 リターンズ(’16)
エアコン交換
めんそ~れ沖縄展
Windows10 デビュー
荒井由実「ひこうき雲」(’16)~”青の時代”名曲ドラマシリーズ~
SDカード事件<2>
SDカード事件<1>
期末テスト対策終了・LINE開通
フランスの風景 樹をめぐる物語 ーコローからモネ、ピサロ、マティスまでー
ふれあい音楽会~映画音楽への誘い
杉並弦楽合奏団 第58回定期演奏会
ハリー・ポッターと賢者の石(’01)
中間テスト対策終了・カムバック
デッドエンドの思い出/よしもとばなな(’03)
掃除機
母の日
杉並ウインドハーモニーアンサンブル スプリングコンサート2016
西立川 ユーミン聖地巡り<2>西立川駅、「雨のステイション」歌碑と昭和記念公園
八王子 スパとユーミン聖地巡り<1>荒井呉服店
初夏の大北海道展
~イバラード「夢の庭園」~ 第19回 井上直久絵画展
ルノワール展 オルセー美術館・オランジュリー美術館所蔵
Brio Brass Band 第5回定期演奏会
春期講習終了
長崎物産展 五島ばらもん揚げ
学年末考査対策終了・祝合格
ひな祭り
大九州展&全国うまいものめぐり
確定申告
恵方巻
冬の北海道物産展
冬期講習・波乱のセンター試験終了
クリスマスデザート
リトルプリンス 星の王子さまと私(’15)
第20回 フィルモアコンサート
期末テスト対策終了
中間テスト対策終了・新入会
東西有名寿司と全国うまいもの大会&北海道大収穫祭
モネ展 「印象、日の出」から「睡蓮」まで
夏期講習終了
Bed&Breakfast / 大貫妙子(’99)
期末テスト対策終了・新入会
長崎の物産展
ユトリロとヴァラドン 母と子の物語ースュザンヌ・ヴァラドン生誕150年
赤毛のアンシリーズ再読・読破
ノルウェイの森(’10)
ブレッド&バター presents-DRAMA&LIVE-「あの頃のまま」(’08)
夜のとばりの物語 ー醒めない夢ー(’12)
サヨナライツカ(’10)
中間テスト対策終了
靴職人と魔法のミシン(’14)
夜のとばりの物語(’10)
新しい靴を買わなくちゃ(’12)
アナと雪の女王(’13)
EARTH × HEART LIVE 2015 松任谷由実・秦基博・JUJU
母の日
初夏の大北海道展
イバラードへの旅 第18回 井上直久絵画展
波の音が消えるまで/沢木耕太郎(’14)
マグリット展
ルーヴル美術館展 日常を描くー風俗画にみるヨーロッパ絵画の真髄
杉並ウインドハーモニーアンサンブル 第12回定期演奏会
から騒ぎ(’93)
北陸新幹線開業記念特別番組「金沢花紀行」by ユーミン
’14年度音楽鑑賞ベスト5
春期講習終了
龍三と七人の子分たち(’15)
春の大北海道展
最新のコメント
いい加減人(Yamat..
by MIEKOMISSLIM at 23:34
こんにちは。先日はありが..
by いい加減人(Yamato) at 20:56
コメント有難うございます..
by MIEKOMISSLIM at 01:20
はじめまして、こんにちは..
by ブリオブラスバンド演奏会広報担当 at 16:39
sesamiさん、こんに..
by MIEKOMISSLIM at 22:54
西立川駅で、ユーミン体験..
by MIEKOMISSLIM at 01:03
MIEKOMISSLIM..
by 3928taroh at 18:12
三國屋太郎さん、お申し出..
by MIEKOMISSLIM at 13:51
御無沙汰しております。 ..
by 3928taroh at 22:24
MIEKOMISSLIM..
by desire_san at 16:50
三國屋太郎さん、コメント..
by MIEKOMISSLIM at 18:38
三國屋さん、こんにちは。..
by MIEKOMISSLIM at 14:31
ご無沙汰しております。 ..
by 3928taroh at 22:49
新年おめでとうございます..
by desire_san at 19:29
sesamiさん、今ご記..
by MIEKOMISSLIM at 02:40
何度もすみません。野原の..
by sesami at 06:46
野原の会話のポストカード..
by セサミ at 06:40
desire_sanさん..
by MIEKOMISSLIM at 14:51
こんにちは。いつも興味あ..
by desire_san at 08:22
desire_san さ..
by MIEKOMISSLIM at 19:29
最新のトラックバック
ぼくと魔法の言葉たち
from 象のロケット
ロッシーニのオペラ作曲家..
from dezire_photo &..
全米有数の印象派、ポスト..
from dezire_photo &..
全米有数の印象派、ポスト..
from dezire_photo &..
超高速!参勤交代 リターンズ
from 映画的・絵画的・音楽的
超高速!参勤交代 リターンズ
from だらだら無気力ブログ!
超高速!参勤交代 リターンズ
from 勝手に映画評
超高速!参勤交代 リターンズ
from あーうぃ だにぇっと
超高速!参勤交代 リターンズ
from 象のロケット
制作の時間軸に沿ったフェ..
from dezire_photo &..
光と色彩を愛し生きる喜び..
from dezire_photo &..
光と色彩を愛し生きる喜び..
from dezire_photo &..
ハリー・ポッターと賢者の石
from 象のロケット
思い出のマーニー
from のほほん便り
リトルプリンス 星の王子..
from 象のロケット
マルモッタン・モネ美術館..
from dezire_photo &..
THE GREY 凍える..
from Subterranean サ..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
ノルウェイの森
from 象のロケット
ブログパーツ
ファン
カテゴリ
タグ
(273)
(159)
(141)
(99)
(89)
(88)
(86)
(85)
(59)
(57)
(54)
(49)
(45)
(32)
(25)
(20)
(17)
(12)
(8)
(8)
以前の記事
ライフログ
Skypeボタン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧