「ほっ」と。キャンペーン

’09年1月末AOL映画掲示板、ブログが終了、気分新たにマイペースで、音楽・芸術鑑賞、ユーミン関連、読書、英検1級対策、グルメ、仕事等含めて書いてます。英検は’11年11月に無事合格達成出来ました!

by MIEKOMISSLIM

没後120年 ゴッホ展 こうして私はゴッホになった

昨日、国立新美術館で開催中のゴッホ展に母と行ってきました。ゴッホは、最近だとオルセー展やヴィンタトゥール展で見かけ、個人展では、’93~’97年現損保ジャパン東郷青児美術館での「ゴッホとその時代」シリーズ展以来でした。今回6章に分けて、油彩、版画、素描等68点と、関連画家の作品55点も合わせての展示。

a0116217_2355715.jpg今回特に気になったのは、会場に「アルルの寝室」(ポスター↓)の舞台が再現されている、という事で、

実際、この絵の向い側スペースに、青い扉や壁、黄色いシーツに赤い布団のベッド、水差しや壁にかかったタオル、絵等、再現されていて、かなり凝った作り、という訳ではなかったですが、ちょっと感慨。実際台形の部屋だったのだった、と。

傍らに、その部屋のあった「黄色い家」の間取り、階段を上がって部屋へと2階に進んでいく、立体図CGもあったり、ゴッホ立体体験、という趣でした。


この目玉の他、ゴッホ以外の画家作品も思ったより多く、特に4章「パリのモダニズム」で、ゴッホが影響受けた印象派陣としてモネ、シスレー、ピサロ、スーラ、シニャック等、1,2点ずつですが、見られたりしたのも良かったり。モネは、紺碧の海と岩場の「ポール・ドモワの洞窟」と「ヴェトゥイユ」。

その他、ゴッホ以外の画家作品で目に留まったのは、この4章では、馴染みない名でしたが、ゴッホが高く評価、というアンリ・ファンタン・ラトゥールの「静物(プリムラ、梨、ザクロ)」や、アーネスト・クオストの淡い赤と白の花の「タチアオイの咲く庭」、

1章「伝統ーファン・ゴッホに対する最初期の影響」のクールベの海の絵、2章「若き芸術家の誕生」で、ゴッホの唯一の師、というアントン・モーヴの「フリース郊外」、5章「真のモダンアーティストの誕生ーアルル」で、歌川広重らの浮世絵等。


a0116217_22302710.jpgほとんど独学、でも色々な作風や画家の影響も受けながら”ゴッホ”へ、という紹介の趣旨だったかと思いますが、1章最初に「秋のポプラ並木」と「曇り空の下の積み藁」が並んでいて、6年の間に、オーソドックスな筆遣いから、”ゴッホ”的独特の細かいタッチへの変遷ぶりが一目瞭然。

本人の作品で印象的だったのは、4章で、馴染みあった「セーヌの河岸」(カード一番上↑)の解説で、左上にある雲が、本人の指紋で、ゴッホ作品には、運ぶ時についた指紋もあるけれど、これは、意図的につけたのだった、と。これは一時期壁にポスターを貼ってたのでした。あとこの章では、「ヒバリの飛び立つ麦畑」(カード↑)、「マルメロ、レモン、梨、葡萄」(カード左↓)。

ゴッホの麦畑というと、ちょっと「夢」('90)を思い出したりしたのですが、「ヒバリ・・」は淡い色調、シンプルな構図で、やや異色ゴッホ作品、という気も。また、ゴッホの静物画、というのは、今までの手元のカードで見たら、35枚中3枚だけだったのですが、

a0116217_13225327.jpga0116217_13284661.jpg









この「マルメロ・・」は黄、黄土色基調で、額もそういう色合い。解説だと、自ら額装したもので、唯一オリジナルとして残っているもの、らしく、これや、5章での、薄いレモン色や緑基調の「タマネギの皿のある静物」(カード右↑)等は、淡いゴッホ流静物画、とちょっと珍しさも感じたり。

5章では、やはりいつもながらアルル時代の絵は、色鮮やかさの真骨頂、という感じですが、「アルルの寝室」初め「サン=マリ=ド=ラ=メールの風景」(カード↓)、「緑の葡萄畑」、共同生活することになった「ゴーギャンの椅子」等。

崩壊した共同生活ですが、椅子の絵から、彼との暮らしを受け入れる気持や、ゴーギャン風に薄塗りした、という「ある男の肖像」とか、影響の跡も見られたり。

11/16追記:最後の6章「さらなる探求と様式の展開ーサン=レミとオーヴェール=シュル=オワーズ」では、「サン=レミの療養院の庭」と、馴染みの目を射る黄+青の「アイリス」。

a0116217_1410816.jpg後でカードを買ったのは、上記の「ヒバリ・・」「マルメロ・・」「タマネギ・・」「サン=レミ・・」、そしてすでに手元にあったのですが「サント=マリ・・」。母は「灰色のフェルト帽の自画像」「アルルの部屋」「サン=レミ・・」を買ってました。他の画家のはなく、残念。

館内何処かで平井堅のゴッホ展テーマ曲「太陽」が少し流れてて、余りこういう展示会テーマ曲、というのは覚えありませんでしたが、You tubeで通して聞いてみたら、ゴッホの生涯を歌にした、という内容だったのでした。

帰りに第42回日展の洋画・日本画・彫刻の所をざっと見てきて、彫刻コーナーで、大きな手のひらか花弁にも見える青いベールの中で、白い体の女性が眠る「ニーベルングの指環 ブリュンヒルデの眠り」(渡辺洋子)という作品にちょっと目を引かれて、カード売り場にあったので入手。

今回、馴染み+やや目新しかった作品もあって、アルルの部屋の立体化、”ゴッホ”ルーツ構成で、影響受けた様々な画家の作品も見られたりで、満足でした。

関連サイト:没後120年 ゴッホ展 こうして私はゴッホになった
関連記事:クリーブランド美術館展オルセー美術館展SONGS 平井堅ボストン美術館展 西洋絵画の巨匠たちオルセー美術館展 「ポスト印象派」ザ・コレクション・ヴィンタトゥール

a0116217_20552731.jpg

                  <美術館入り口のポスター>
[PR]
by MIEKOMISSLIM | 2010-11-15 00:00 | 芸術 | Trackback(5) | Comments(0)
トラックバックURL : http://autumnnew.exblog.jp/tb/11571191
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 京の昼寝〜♪ at 2010-11-22 20:26
タイトル : ゴッホ展/国立新美術館
ゴッホ展/国立新美術館 「こうして私はゴッホになった」    10月21日(木) のち 「ゴッホ展」 平日だから空いているかなあと思っていたが、意外に混んでいた。やはりゴッホだから人気があるのは仕方がないところだが。ゴッホ没後120年。 それを記念して開催された今回のゴッホ展。彼が生きているときよりも、亡くなってから後の方が、彼の評価が高まったことは周知の事実です。今回は、従来のゴッホ展とは若干視点を変えて、ゴッホの創作活動がどのような技法や思考で描かれたか、ま...... more
Tracked from 映画的・絵画的・音楽的 at 2010-11-24 05:50
タイトル : ゴッホについて若干のこと
 日本におけるゴッホの人気は昔から途轍もなく高いわけですが、1987年3月に安田火災海上が3992万1750ドル(当時のレートで約58億円)で『ひまわり』(上記の画像)を購入した頃が一つのピークだったのかもしれません。  ですが、これだけ人気者になると、ゴッホ研究書は汗牛充棟の感があるところ、愛知県立芸術大学教授の小林英樹氏は、その著『ゴッホの復活』(情報センター出版局〔2007年〕)において、あろうことかこの東京にある『ひまわり』は贋作であると強く主張しています。  さて、ブログ「はじぱりl...... more
Tracked from KINTYRE窶儡DIARY at 2010-11-28 17:25
タイトル : 「ゴッホ展」を観賞して
「ゴッホ展」~こうして私はゴッホになった11月1日、有給休暇を利用して国立新美術館で開催されている「ゴッホ展」に行ってきました。これまでゴッホ関連の展示品はいくつか観てきま...... more
Tracked from 楓苫堂日記 at 2010-11-28 20:26
タイトル : ゴッホ展、他
昨日からパリでのグループ展が始まっている。先般のルーブルでの展示の様子を電話で聞いたところ、私の作品に対し足を止め興味を示す人が少なくなかったとの事だったが、今回の展 ...... more
Tracked from はろるど・わーど at 2010-12-09 01:31
タイトル : 「没後120年 ゴッホ展」 国立新美術館
国立新美術館(港区六本木7-22-2) 「没後120年 ゴッホ展 - こうして私はゴッホになった」 10/1-12/20 主にオランダのファン・ゴッホ美術館、及びクレラー=ミュラー美術館の所蔵品にてゴッホの画業を明らかにします。国立新美術館で開催中の「没後120年 ゴッホ展」へ行って来ました。 ゴッホというと2005年に東近美で開催された大回顧展を思い出しますが、改めて今回接してまた新たな発見や魅力を見出だされた方も多いかもしれません。単刀直入に言うと私はゴッホがかなり苦手ですが、それでもこ...... more