Something Impressive(KYOKOⅢ)


ユーミンのSUPER WOMAN 「軍地彩弓と歩く沖縄」<1>

9月7日(金)の「ユーミンのSUPER WOMAN」では、先週に続いてファッション雑誌編集者軍地彩弓と、今度は沖縄への旅。録画で見ました。


軍地彩弓が手掛けた写真で、今風ファッションのモデル+バックがごつい岩場、というのが映り、これは沖縄の史跡、斎場御嶽(せーふぁうたき)に触発されてイメージを作った、らしく、そういう縁もあってか、

2人が巡ったのは、まずその沖縄本島の斎場御嶽、知念岬公園、そこから正面に見える、”神の島”久高島。

そのメインの久高島では、昔から女性が中心の祭り、儀式、の伝統があって、現地の老婦人に案内してもらってその縁の自然の地を歩いたり、話を聞いたり、プリミティブな風土に触れる趣向。


一番印象的だったのは、メイン場所ではなかったけれど、沖縄本島の南部、知念岬公園。私は沖縄本土へは前に2度行ったりしたけれど、斎場御嶽やここは初耳。

広々とした緑の空間、その向こうに広がる海の眺め。前々回の瀬戸内海に続いて、何だかここの風景だけでも、心洗われる思い。

(C)エルゴ・ブレインズ
a0116217_15205287.jpgまず最初に訪れた斎場御嶽。御嶽(うたき)というのは、そもそも沖縄の聖地、神を祀る場所で、

確か'05年マイベスト映画だった「ニライカナイからの手紙」('05)(←パンフ)は竹富島がメイン舞台だったけれど、

電子辞書のブリタニカ解説だと、神がニライカナイといわれる海の彼方の他界から、祭りの時に御嶽を訪れるものと考えられてる、とか。

斎場御嶽は、15~19世紀に沖縄を治めてた琉球王国が、最も重要な聖地、と定めた場所で、5万平方メートルの森、世界遺産にも登録されてる名所だった、と。


2人はその緑濃い自然の中を歩きながら、昆虫の話とかしたり、蝶々が飛んでいるのを見てか、軍地彩弓が、亡くなったき父が蝶になってる、という幻想、妄想みたいなのがある、と思い出話を初め、

亡くなった後のお盆の時に、毎年家に蝶は来るけれど、特に綺麗な青い蝶が来て、自分が動くたびに周りを行ったりきたりしてて、あ、青い蝶だ、お父さんだな、と直感的に思って、

何処かにお父さんがいる、と思い込んでて、1年間位虫が殺せなかった時期があった。その後仕事を始めて大事な時、

a0116217_1142285.jpg東京のど真ん中、丸の内とかで撮影してる時、青い蝶がふっと過ぎって、汐留に移動しても、そこでも(蝶が)ふっときて、それが2,3年続いたんですよ、

夏場、一番大事な撮影の時に、青い蝶を見る、という自分のジンクスがあって、この前も一番最初の撮影で表参道で撮ってたら、ふっと青い蝶(がいた)・・というような話。

お父さんは彼女が19才の時に突然病死、父は全ての先生で、今の仕事に至る道に、文学、絵、文章、虫、花の名前など色んな事を教えてくれて、(亡くなったのは)一番多感な頃で凄くショックで、立ち直るのに10年位かかったけれど、

何か仕事していると、父が凄く近くにいてくれて、さっきの蝶じゃないけれど、何かの時にふっと、ここにいるよ、進みなさい、と言ってくれてような、そういう存在ですね、などという話。

そういう風に父のことを語りだした彼女に、御嶽が持つ不思議な力を感じた、とユーミンのモノローグ。

まさに時代の最先端をリードする業界のキャリアウーマンにしては、ファンタジックでナイーブな、とも思うけれど、そういう、目に見えない何か、をキャッチ、また大事にする感性、というのもこういう人ならではかも、とも。

大分前、母子家庭の友人が、お母さんと、亡くなったお父さんのことを、今日は来てるね、とか来てないね、とか割と自然に話に出る、と言ってたのを思い出したり、

私は日常では、そういうのはないけれど、ふと、これって故人の家族の配慮、仕業?と頭を過ぎることはあるけれど、御嶽、という場所は、大らかで、そういう時空を超えたものを思わすエキスが濃い所なのかも、と。

そう言えば「ニライカナイからの手紙」も、ファンタジー話、ではなかったけれど、時空を超えた、母からヒロインへの手紙の話だった、というのも思い出したりも。


a0116217_1162370.jpg9/27追記:そして、この旅へのきっかけ、元々軍地彩弓がインスパイアされて、多分ファッション写真のバックに使われてた場所、三庫裏(さんぐうい)へ(←この記事内の風景写真はトリップアドバイザー提供)。

寄り合った2枚の大岩の隙間が細長の直角三角形のようになってて、そこから風が吹き込んでくるようで、風が気持ちいい、と言ってて、ユーミンが”海風浴”ですかね、とか、

2人で、ここにいると何だか御伽噺、神話、ですね、古事記なのかギリシャ神話なのか沖縄の神話なのか、というような感想。

後でちょっとWikipediaで見たら、ここは元々三方を岸壁に囲まれた空間で、近世になって三庫理の岩壁の一角が崩れて、今のような形になったようで。


a0116217_1183660.jpgそしてその奥に、久高島が正面に見えるエリア、久高島遥拝所、があって、ここでも祈りの儀式が行われてきた、と。

そういう場所がある、というのも、冒頭ユーミンモノローグで、この斎場御嶽が久高島と深い繋がりがある、と言ってた由縁なのか、

草に覆われた丸いスペースから望む平たい久高島は、遥拝所、という名前のせいもあってか、知念岬からの雄大な眺めの中の久高島、よりも、何だか神聖な、という印象もしたり。

ユーミンは、この島影は永遠ですね、日本の中ではもう一番位に、最古の形が残ってる所でしょうね、

軍地彩弓が、私達が現世の中で、東京にいると、ビルが何か変わったり、風景が変わっていくことに慣れすぎていて、

こういう変わらない風景に出会える場所って、そこで自分がまたリセット出来る場所、みたいに、自分の中にこの場所があったらな、と思います、のような呟き。

開発の名の下に、ダムに沈んだ村、埋め立てられた海岸、ゴルフ場用に削られた山、とか無数の風景を失くしてきた日本の南の片隅で、古来から”神の島”と拝まれてた島の姿、そのままの眺め、というのも、ある意味現世のメルヘン、のような。


そしていよいよ船で、本島から東へ約5Kmの久高島へ。岩場の下の海の青のグラデーションに、綺麗!、こんなにはっきり色が違うのが、生まれて初めて見たかもしれない、こんな綺麗な色、などと歓声。

a0116217_22192339.jpg

2人共沖縄で離島に来たのは初めて、だそうで、私も沖縄の離島は映画などで見てきただけ、でも、ここまで鮮やか、綺麗な海、というのは余り覚えなく。


周囲8Km、人口200人余りの小さな島で、神話によると、アマミキヨと呼ばれる女性の神がこの島に降り立ち、沖縄の国づくりを始めた、そうで、

そういう古来の信仰を、琉球王国が国を挙げて守り、歴代の国王は久高島への参拝を欠かさなかった、という歴史。

島では、その頃から延々と続くお祭りや儀式が今も行われていて、その伝統は、生活の一部として、何世代にも渡って、島の女性たちによって守られてきた、のようなユーミンモノローグ。

それに重なって、白装束、緑の草か葉の付いた白い輪を頭に被った老女達が、小さな太鼓を叩きながら踊ったり、祈ったりしてる様子。


2人は、外間殿(ふかまでん)、という祈りの儀式が行われる場所で、今回の島の案内役の、おっとりした老婦人、洋子さんと対面、彼女から2人に、手作りらしい揚げたお菓子の袋のプレゼント。

この人は神に使える女性、カミンチュ(神人)の一人として長年お祭りや儀式に参加してきた人、だと。何だか普通の市井の老婦人、でも、そういう伝統的な肩書き、というのが渋い、というか。

外間殿の建物の中の百甕(むむはめ)という賽銭箱は、健康など祈願のものらしく、それぞれ賽銭を入れて手を合わし、何が口の中で唱えてた洋子さんに、軍地彩弓が、その内容をそれとなく聞いたら、

今(2人が)久高島に来てるので、何事もなく、今日1日を無事に・・という素朴な内容。


ユーミンが彼女に、小さい頃お母さん達がしていたお祭りや儀式で、一番印象的だったのは?と聞いたら、祖先から受け継いでいる12年に1回の「イザイホー」、という答え。

それは島で最も神聖な儀式の一つ、らしく、その映像が映って、白装束の女性達がゆったり歌いながら踊ったり、手拍子と共に行進してたり、

30才から41才までの女性が4日間、島内各地で先輩達と神への祈りと歌や踊りを捧げ、この儀式に参加した女性達がカミンチュとなる、そうで、何だか一見、カルト宗教っぽい雰囲気も。

’78年のイザイホーに洋子さんも参加、カミンチュになったそうだけれど、当時38才の時の踊ってる映像が映り、そう言えば面影が、という凛とした風貌。

その後、儀式を取り仕切る後継者がいなくなって、この年を最後に途絶えてしまった、そうで、今72才位らしいこの人の世代が最後のカミンチュ、なのか、と。


a0116217_193357.jpg9/28追記:ユーミンが洋子さんに、イザイホー以前に、そういう祭りに抵抗を感じたりしたことは?と聞いたら、いいえ、そんなことないです、祖先がやったことだから、いつも信じてる、

今でもずっとそれを、家でも、祖先のなさったことは、毎日、行事とかいつも拝んで、皆守ってる、のような率直な答え。

それを聞いてユーミンが、さっき斎場御嶽で(軍地彩弓が)少し涙ぐまれたじゃないですか、お父さんを思い出して。私にも母以上に母のような人がいて、10年程前に亡くなったんだけれど、

何か洋子さんを見ていたら、その人が来ちゃって、と、両手を胸に当てながら、胸が一杯になりました。凄く自然を愛する、というか、妖精のような、私が生まれる前から家にいてくれたたお手伝いさんで、

その人がいなくなると泣いちゃう、というヒデちゃん、という人で、亡くなったら余計近くなった、というか、自然の中に彼女が歌ってくれた歌が聞こえたり、というのが、

今、洋子さんを通して歌が聞こえたような気がして、胸が一杯になりました。時空を超えるんですね、人を守ろう、という気持ちが。と切々と話すユーミン、それが、深いから・・と相槌を打つ洋子さん。

愛ですよね・・。と言うユーミンに、洋子さんが静かに、愛です、はい、というようなやり取り。そしてモノクロの、幼いユーミンと、その宮林秀子さんがブランコに乗ってる写真。私にとってかけがえのない、尊い存在です、というユーミン。

「ルージュの伝言」に、お母さんは多忙で、ヒデちゃんというお手伝いさんが育ての親、と登場してて、覚えはあったけれど、ふくよかで朗らかそうな、今にして見たその姿。

軍地さんはお父さん、私はヒデちゃん、亡くなった後も、私達を暖かく見守ってくれっている大切な人の存在が心の中で蘇って、ここは魂が宿る神秘的な場所だと、改めて実感しました、とユーミンモノローグ。


a0116217_172160.jpgそして洋子さんの案内で、島の人々が大切に守り続けてきた場所、沖縄で最も重要な聖地の一つ、というクボー御嶽(←島内の写真、似てるけれど当地かどうかは不明)へ。

ここは普段立ち入り禁止で、年に数回の儀式だけ、島の選ばれた女性達が入るのを許させてる、というまさに聖域。

3人は斎場御嶽のような森をしばらく歩いていって、軍地彩弓が、その立ち入り禁止区域の前で、この入り口の狭い所が、女性の子宮に向かっていくような、産道のようなイメージ、凄い女性性を感じた、などと表現。

ユーミンは、この風景が神武以前、もっと前から、全く変わってない、と思うと、古代に繋がっている、という感じが凄くする。

この御嶽にここから先は入ったらいけない、という決まりがあるように、この時にこうしましょう、この時はこうしないようにしましょう、という綿々と決まりがあることで、

人間そこから侵して一歩入った時に、ずっと進んでいかなくちゃならない、その前に食い止めてる、という気がする、そうしてないと、このクボーの森も、今頃なくなってたんだと思うのね、のようなコメント。

軍地彩弓がそれを受けて、守るべき所、不可侵なもの、境界線がある種あって、人が踏み入れられるもの、出来ないもの、というのを自然と皆さん知恵として土地の方は思ってらして、だからこれだけ美しいものが残っていて・・と話したところで、

2人の話を聞いてた洋子さんが、それだけ、神を信じて、祖先を信じて守っている、という強さですね、という締め。ああ、そうですね、とうなずく2人。

ユーミンの”決まりを侵して一歩入った時”ということで思えば、一体世間のあちこちで、そういうこと、また”入ってしまった者”が、”あえて入らない者”を見下したり攻撃したり、ということが、どれだけ頻繁に起こってきた、起こっているんだろう、とか、

やはりこの島のディープな神聖さ、は、先日の瀬戸内の島々などのように、現代アートによって再生、活性化、というような範疇にも当てはまらない、そこに住む人の意識を含めて、あるがままの自然の根強さ、という感じ。

<2>へ続く。

関連サイト:ユーミンのSUPER WOMANユーミンのSUPER WIMAN 「軍地彩弓と歩く沖縄」
関連記事:ニライカナイからの手紙(’05)松任谷由実EXPOドームライブあの歌がきこえる「魔法の鏡」「海を見ていた午後」「卒業写真」松任谷由実コンサート THE LAST WEDNESDAY天国の本屋~恋火(’04)さよならみどりちゃん(’04)時をかける少女(’97)瞳を閉じてクレイジー・キャッツプレミアム10 松任谷・寺岡・ゆず等シャングリラⅢYuming Films(’07)SONGS 石川セリ「いちご白書」をもう一度(’75)ユーミンと映画・市川準監督そしてもう一度夢見るだろう/松任谷由実(’09)・No Reason~オトコゴコロ~/高橋真梨子(’09)TRANSIT2009チケットMusic Lovers・SONGS 松任谷由実<1><2>探検ロマン世界遺産 ユーミン×世界遺産TRANSIT2009コンサートShout at YUMING ROCKS('09)VIVA!6×7/松任谷由実(’04)クリスマスの約束(’09)時をかける少女(’10)音楽のチカラ「青春の言葉 風街の歌 作詞家 松本隆の40年」RAILWAYS 49歳で電車の運転手になった男の話(’10)クリスマスの約束(’10)ミュージックポートレイト~人生が1枚のレコードだったら東日本大地震<2>Music Lovers 松任谷由実松任谷由実のオールナイトニッポンTV4僕らの音楽 松任谷由実・薬師丸ひろ子・おすぎMUSIC FAIR 松任谷由実NHK 東日本大震災チャリティー企画 ユーミン×SONGS 「春よ、来い」プロジェクトSONGS 松任谷由実RoadShow/松任谷由実(’11)マリン・ブルー/マザー・グース(’77)RAINY DAY HELLO/須藤薫(’82)SACHET/門あさ美(’80)手のひらの東京タワー/松任谷由実(’81)押入れの整理<1> <2><3><4>RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ(’11)SONGS 沢田研二ザ・タイガースを歌うSONGS 山本潤子春よ、来い in 紅白歌合戦SONGS 松任谷由実~2012スペシャル~鈴子の恋(’12)「春よ、来い」カバー 男性シンガー編「春よ、来い」カバー 女性シンガー編マンタの天ぷら(’97)・僕の散財日記(’05)/松任谷正隆虹色ほたる 永遠の夏休み(’12)才輝礼賛 38のyumiyoriな話 / 松任谷由実(’11)<1><2><3>ユーミンのSUPER WOMAN スペシャルプロローグ~「森本千絵と歩く霊峰」<1><2>ユーミンのSUPER WOMAN 「鶴岡真弓と訪ねる女神」<1><2>ユーミンのSUPER WOMAN 「長谷川祐子と現代美術をめぐる」<1><2>「8月31日~最後の夏休み~」チケットユーミンのSUPER WOMAN 「軍地彩弓と歩く東京ファッション最前線」ユーミンのSUPER WOMAN 「軍地彩弓と歩く沖縄」<2>
<スレッドファイルリンク(ここでは「ニライカナイからの手紙」)は開かない場合あるようです。>

知念岬公園
知念岬公園

[PR]
by MIEKOMISSLIM | 2012-09-26 01:20 | 音楽・旅行 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://autumnnew.exblog.jp/tb/16386900
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< ユーミンのSUPER WOMA...      ユーミンのSUPER WOMA... >>

’09年1月末AOL映画掲示板、ブログが終了、気分新たにマイペースで、音楽・芸術鑑賞、ユーミン関連、読書、英検1級対策、グルメ、仕事等含めて書いてます。英検は’11年11月に無事合格達成出来ました!
by MIEKOMISSLIM
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新の記事
草間彌生 わが永遠の魂
at 2017-05-14 21:25
ミュシャ展
at 2017-05-14 01:17
GW講習終了・新入会
at 2017-05-11 23:57
イバラードの旅 第20回記念..
at 2017-05-06 22:24
杉並ウインドハーモニーアンサ..
at 2017-05-05 22:36
福岡物産展
at 2017-04-24 23:40
何でも見てやろう / 小田実..
at 2017-04-20 23:43
春期講習終了・新入会
at 2017-04-15 00:41
花見~善福寺川緑地にて~
at 2017-04-08 22:14
ぼくと魔法の言葉たち(’16)
at 2017-03-29 01:06
Brio Brass Ban..
at 2017-03-25 00:45
ストロングマン(’15)
at 2017-03-23 23:36
北海道展
at 2017-03-21 23:00
横浜散策<2>~横浜人形の家
at 2017-03-19 22:25
横浜散策<1>~飛鳥Ⅱランチ..
at 2017-03-19 00:57
確定申告
at 2017-03-13 04:14
祝・合格、学年末テスト対策終了
at 2017-03-11 01:06
メガネ新調
at 2017-02-19 01:17
恵方巻
at 2017-02-04 22:41
推手(’91)
at 2017-01-22 22:18
検索
リンク
★’09年1月までのブログ
KYOKOⅡ
英検対策

★リンクサイト

個人学習会 高円寺教室
個人学習会 高円寺教室(新HP)
エキテン 個人学習会 高円寺教室
象のロケット
松任谷由実オフィシャルサイト
いい加減な・・・

フルーツメール


★50音別映画・ドラマ鑑賞作品目録(作品数)

あ行作品(106)
か行作品(94)
さ行作品(88)
た行作品(70)
な行作品(35)
は行作品(117)
ま行作品(37)
や行作品(21)
ら・わ行作品(50)


★最新の記事続き

冬期講習終了
クリスマスの約束
クリスマスの約束(’15)
クリスマスデザート
 ゴッホとゴーギャン展
デトロイト美術館展
期末テスト対策終了
宇宙図書館 / 松任谷由実('16)
杉並ウインドハーモニーアンサンブル 第13回定期演奏会
色とりどりのコンサート~ソロとアンサンブルによる~  
熱海旅行 アカオリゾート公国<2>
熱海旅行 アカオリゾート公国<1>
フルーツメモ帳 洋ナシ
杉並弦楽合奏団 第59回定期演奏会 
YUMINGと伊勢丹新宿店と130の出来事
ふれあい音楽会 懐かしいタンゴの調べを 
SONGS 松任谷由実 / MUSIC FAIR 松任谷由実・JUJU 
柿の葉すし
YUMING×」LOFT 缶バッジ
中間テスト対策終了
CDラジカセ
母の誕生日
フルーツメモ帳 レモン
秋の大北海道展
ポンピドゥーセンター傑作展
掃除機
中間テスト対策終了・カムバック
超高速!参勤交代 リターンズ(’16)
エアコン交換
めんそ~れ沖縄展
Windows10 デビュー
荒井由実「ひこうき雲」(’16)~”青の時代”名曲ドラマシリーズ~
SDカード事件<2>
SDカード事件<1>
期末テスト対策終了・LINE開通
フランスの風景 樹をめぐる物語 ーコローからモネ、ピサロ、マティスまでー
ふれあい音楽会~映画音楽への誘い
杉並弦楽合奏団 第58回定期演奏会
ハリー・ポッターと賢者の石(’01)
中間テスト対策終了・カムバック
デッドエンドの思い出/よしもとばなな(’03)
掃除機
母の日
杉並ウインドハーモニーアンサンブル スプリングコンサート2016
西立川 ユーミン聖地巡り<2>西立川駅、「雨のステイション」歌碑と昭和記念公園
八王子 スパとユーミン聖地巡り<1>荒井呉服店
初夏の大北海道展
~イバラード「夢の庭園」~ 第19回 井上直久絵画展
ルノワール展 オルセー美術館・オランジュリー美術館所蔵
Brio Brass Band 第5回定期演奏会
春期講習終了
長崎物産展 五島ばらもん揚げ
学年末考査対策終了・祝合格
ひな祭り
大九州展&全国うまいものめぐり
確定申告
恵方巻
冬の北海道物産展
冬期講習・波乱のセンター試験終了
クリスマスデザート
リトルプリンス 星の王子さまと私(’15)
第20回 フィルモアコンサート
期末テスト対策終了
中間テスト対策終了・新入会
東西有名寿司と全国うまいもの大会&北海道大収穫祭
モネ展 「印象、日の出」から「睡蓮」まで
夏期講習終了
Bed&Breakfast / 大貫妙子(’99)
期末テスト対策終了・新入会
長崎の物産展
ユトリロとヴァラドン 母と子の物語ースュザンヌ・ヴァラドン生誕150年
赤毛のアンシリーズ再読・読破
ノルウェイの森(’10)
ブレッド&バター presents-DRAMA&LIVE-「あの頃のまま」(’08)
夜のとばりの物語 ー醒めない夢ー(’12)
サヨナライツカ(’10)
中間テスト対策終了
靴職人と魔法のミシン(’14)
夜のとばりの物語(’10)
新しい靴を買わなくちゃ(’12)
アナと雪の女王(’13)
EARTH × HEART LIVE 2015 松任谷由実・秦基博・JUJU
母の日
初夏の大北海道展
イバラードへの旅 第18回 井上直久絵画展
最新のコメント
セサミさん、以前いただい..
by MIEKOMISSLIM at 02:34
いい加減人(Yamat..
by MIEKOMISSLIM at 23:34
こんにちは。先日はありが..
by いい加減人(Yamato) at 20:56
コメント有難うございます..
by MIEKOMISSLIM at 01:20
はじめまして、こんにちは..
by ブリオブラスバンド演奏会広報担当 at 16:39
sesamiさん、こんに..
by MIEKOMISSLIM at 22:54
西立川駅で、ユーミン体験..
by MIEKOMISSLIM at 01:03
MIEKOMISSLIM..
by 3928taroh at 18:12
三國屋太郎さん、お申し出..
by MIEKOMISSLIM at 13:51
御無沙汰しております。 ..
by 3928taroh at 22:24
MIEKOMISSLIM..
by desire_san at 16:50
三國屋太郎さん、コメント..
by MIEKOMISSLIM at 18:38
三國屋さん、こんにちは。..
by MIEKOMISSLIM at 14:31
ご無沙汰しております。 ..
by 3928taroh at 22:49
新年おめでとうございます..
by desire_san at 19:29
sesamiさん、今ご記..
by MIEKOMISSLIM at 02:40
desire_sanさん..
by MIEKOMISSLIM at 14:51
こんにちは。いつも興味あ..
by desire_san at 08:22
desire_san さ..
by MIEKOMISSLIM at 19:29
こんにちは。 いつも知..
by desire_san at 12:10
最新のトラックバック
ぼくと魔法の言葉たち
from 象のロケット
ロッシーニのオペラ作曲家..
from dezire_photo &..
全米有数の印象派、ポスト..
from dezire_photo &..
全米有数の印象派、ポスト..
from dezire_photo &..
超高速!参勤交代 リターンズ
from 映画的・絵画的・音楽的
超高速!参勤交代 リターンズ
from だらだら無気力ブログ!
超高速!参勤交代 リターンズ
from 勝手に映画評
超高速!参勤交代 リターンズ
from あーうぃ だにぇっと
超高速!参勤交代 リターンズ
from 象のロケット
制作の時間軸に沿ったフェ..
from dezire_photo &..
光と色彩を愛し生きる喜び..
from dezire_photo &..
光と色彩を愛し生きる喜び..
from dezire_photo &..
ハリー・ポッターと賢者の石
from 象のロケット
思い出のマーニー
from のほほん便り
リトルプリンス 星の王子..
from 象のロケット
マルモッタン・モネ美術館..
from dezire_photo &..
THE GREY 凍える..
from Subterranean サ..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
ノルウェイの森
from 象のロケット
ブログパーツ
ファン
カテゴリ
タグ
(274)
(161)
(141)
(101)
(91)
(88)
(88)
(86)
(59)
(57)
(54)
(49)
(46)
(32)
(25)
(21)
(18)
(12)
(10)
(8)
以前の記事
ライフログ
Skypeボタン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧