Something Impressive(KYOKOⅢ)


コクリコ坂から(’11)

昨夜日テレ金曜ロードショーで、一昨年公開の「コクリコ坂から」放映、オンタイムと録画で見ました。

当時気にはなりつつ未見のままだったジブリ新作、いずれはTV放映もあるだろう、と思ってたのが、ようやく、というか。先週「ハウルの動く城」放映の時、予告で知って、久方に見るのを楽しみにしてた放映作品。

内容も、当時大まかに耳に入っても詳細は知らず、今回実際見てみて、’63年横浜舞台、ヒロインの父が朝鮮戦争で戦死してて、まだ戦争の影が落ちていたり、

学園舞台は高校ではあるけれど、当時の学生運動の息吹もある風潮の中の、純愛ものだった、と改めて。


宮崎吾郎の「ゲド戦記」に続く監督作、企画・脚本は「借りぐらしのアリエッティ」同様宮崎駿監督、らしいけれど、

これが「借りぐらし・・」の米林宏昌監督作、と言われても、一瞬そう違和感なさそうな、という、何というか、流れ的にはそうひねりない素直な作風。

「ゲド・・」ではザラッとした率直感、という後味、今回そうダイナミック風でなく、'80年に「なかよし」連載の高橋千鶴のコミックが原作だそうで、恋人間の血縁疑惑など、ちょっと前の少女漫画色も漂いつつ、

宮崎吾郎的個性、というといまだ?だけれど、宮崎駿テイストのある種の”濃さ”とは違う、新・王道ジブリ、という感じも。

海を見下ろす坂の街横浜、という舞台の、当時の素朴な景色、坂道、そこを駆け抜ける自転車、大通りの路面電車、

そこで展開するヒロイン、海(愛称メル、声:長澤まさみ)&少年俊(岡田准一)の、そう熱烈なうねり、ドラマティックな展開はないけれど、地に足の着いた純愛テイスト、というか、

ファンタジー色はないけれど、「耳をすませば」などよりは、ちょっと尾道の元祖「時をかける少女」の'60年代アニメ横浜版、のような印象もあったり、やはり結構後味良く、遅ればせながら、見ておけて良かった、という所。


冒頭のクレジットでちょっと目に留まったのが、音楽が武部聡志。この人の映画音楽担当って、覚えなかったけれど、そうだったのだった、と。

丁度この頃ヒットの坂本九「上を向いて歩こう」も流れ、タイトルがこの作品キャッチコピーらしく、終わってみればまあ似合いの選曲。

また劇中、挿入歌の楚々とした女性ボイスは誰か?と思ってたら、後で.手嶌葵だった、と判って、そう言えば、の声質、「ゲド戦記」でも出てたのだったし、と納得。「ゲド・・」の頃よりやや大人っぽいボーカル、でもやはり美しい透明感。

作曲谷山浩子だった、朝食の歌なども軽快だったけれど、特にラスト~エンドロールの、ワルツの叙情のテーマ曲「さよならの夏」は耳に残って、心洗われる系の好感触。

元々森山良子のドラマテーマ曲だったらしいけれど、今回武部編曲で、手嶌ボイスにも絶妙ハマり曲、という感じ。





1/13追記:設定で印象的だったのは、高2生メルの日常。船乗りだった父は戦死、母がアメリカに赴任してて、棟続きで住む祖母(竹下景子)のサポートはあるようだけれど、一家の長女として下宿屋を切り盛りする日々。

まあその頃にして、3人の子を残して単身アメリカで働く母、というのもモダンだけれど、そういう風に父が戦死して母が家計のため忙しく働き、子供が家事をする一家は実際珍しくなかったのだろうと。

早起きして朝ご飯の支度、自分と妹空(白石晴香)、弟陸(小林翼)の弁当を作り、船乗りだった父への生前からの慣例の目印の旗を庭で挙げ、登校して、放課後クラブ活動も娯楽の様子もなく、夕飯の支度。

この下宿には、一応祖母に雇われてる近所の女性がいたり、下宿人広小路(柊瑠美)が食事の支度を手伝ってたり、というアットホームさもあるけれど、

妹や弟がTVで歌謡番組を見ててお使いを嫌がっても、無理強いせず淡々と買い物に出かけて、義務を全うしようとする様子。

彼女には、時代柄携帯もPCもプリクラも、お洒落も芸能界への興味、好きな歌手や俳優などの影も皆無、でもそういう日々に不服を抱いてるわけでなく、自然のこととして過ごしてる様子。

やはり比べてどう、というものではないかもしれないけれど、今時の日本の子供って概して恵まれてて、時間もモノも刺激物もありすぎ、というか。


そんな日常の中で、だったからこそ、やや硬派少年俊との仄かな恋模様も、真摯さが漂って、爽やかな純愛風味も引き立つものが。

メルが日々挙げる旗への興味が示された文芸部の会報新聞、という伏線はあったけれど、俊が上階からダイブしてきた、唐突な出会い、

健気にガリ版作業を手伝ったり、自転車二人乗りで坂を駆け下りたり、俊がコロッケをおごってくれたり、というさり気ない接近。

こういう恋絡みの思い出では全くないけれど、コロッケシーンには、子供時代多忙だった母がたまにおかずに肉屋のコロッケにしてた、そのパリッとした食感、とかちょっと思い出したり。

そして仄かな恋心~出生の疑惑、揺れる思い、それでも若者らしく、というか、互いに親を通して出来る範疇で真実を確かめようとしたり、

俊はメルとの距離を置こうとしたけれど、メルの方は、たとえ血が繫がっていても、俊との関係を否定せず前向きに捉える、真っ直ぐな気持ちを表現、

何人かの他のジブリ少女達のような”攻め”はないけれど、引かない姿勢、というのが、近年のアリエッティにも通じるような芯の強さを持つヒロイン、という感じ。

それはやはり、現代を自由気ままに生きる恵まれた環境の少女、でなく、アリエッティの場合は小人、というハンディだったけれど、メルの場合は、家族のため日常仕事をこなしてるような少女だったからこそ、浮き彫りになった感も。





そして、彼らの周りの大人達、まあ悪人は登場せず、の都合良さもあったけれど、それぞれ多くを語る訳ではないけれどそれ相応の人間味あるな対応。

下宿人の北斗(石田ゆり子)も、メルの恋にエールを送ったりざっくばらんだったけれど、一番の善玉はやはり、徳丸理事長(香川照之)。

俊、水野(風間俊介)、メルが直談判しに行った時、足蹴にせず対応して、取り壊しか存続かで揉める学校の文化部建造物「カルチェラタン」を視察、別な場所への再建を宣言した男気。

俊の父風間(大森南朋)は、以前に話してあったようだけれど、俊から改めて出生について聞かれ、経緯を改めて話した後、「お前は俺の息子だ」、と繰り返し言って聞かせる淡々とした物腰。

またメルの母(風吹ジュン)は、久方に帰国、娘からの思いがけない俊の話に、もしメルの言う通りなら、今にして、の夫の不実発覚、

「・・もしそうなら、会いたいわ。似てる?(父の)この写真と」などと平然と言ってのけたも、とっさの母としての立場の機転だったのか、今一?な反応だったけれど、

泣き崩れるメルの動揺を察して、風間に連絡、彼らの手配で、事情を知る小野寺(内藤剛志)にメルと俊をあわして、小野寺の口から彼らに聞かせ、結果的に彼らに大きなメンタルサポート、というのも、さり気なく大人の計らい、というか。


また、視覚的にインパクトだったのは、ジブリ描写での海を臨むレトロな街並み自体も、だけれど、ピンポイントでは「カルチェラタン」の描写。

時代がかった内装、様々なものが詰まった、「千と千尋の神隠し」の館、ではないけれど、やや魑魅魍魎感~終盤、女生徒達率先の掃除の後は、相応の歴史漂う洋館風、になって、'63年という舞台の青春ものの背景ハイライトの1つ、という感じ。


そういう所で、そう華々しさ、ダイナミックさはないけれど、「借りぐらし・・」に続くジブリ人道的珠玉作、という感じ、この機会に見て味わえて満足の作品でした。

関連サイト:「ココリコ坂から」公式サイト象のロケット「コクリコ坂から」
関連記事:ゲド戦記(’06)ハウルの動く城(’04)プロフェッショナル 宮崎駿スペシャル崖の上のポニョ(’08)プロフェッショナル 宮崎駿のすべて<1><2>スタジオジブリレイアウト展借りぐらしのアリエッティ(’10)借りぐらしのアリエッティ(’10)<2回目>The Borrowers(’52)/床下の小人たち(’52)野に出た小人たち(’76)ジブリ創作のヒミツ~宮崎駿と新人監督 葛藤の400日川をくだる小人たち(’76)借りぐらしのアリエッティ×種田陽平展空をとぶ小人たち(’69)小人たちの新しい家(’82)小人の冒険シリーズと「借りぐらしのアリエッティ」武部聡志

涙そうそう(’06)ガンジス河でバタフライ(’07)四日間の奇蹟(’05)理由(’04)サヨナラCOLOR(’05)カルテット(’01)好きだ、(’06)それでもボクはやてない(’06)さくらん(’06)、>、西の魔女が死んだ(’08)故郷の香り(’03)天国の本屋~恋火(’04)ゆれる(’06)出口のない海(’06)憑神(’07)HERO(’07)春との旅(’10)ひみつのアッコちゃん(’12)
<スレッドファイルリンク(ここでは「ハウルの動く城」「崖の上のポニョ」「四日間の奇蹟」「理由」「憑神」)は開かない場合あるようです。>


[PR]
by MIEKOMISSLIM | 2013-01-12 22:33 | 邦画 | Trackback(16) | Comments(0)
トラックバックURL : http://autumnnew.exblog.jp/tb/17141389
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 象のロケット at 2013-01-15 00:13
タイトル : コクリコ坂から
東京オリンピックの開催を目前に控えた1963年。 横浜のある高校では、部活動のサークル棟として使用されている明治時代に建てられた由緒ある建物“カルチェラタン”を取り壊すべきか、保存すべきかという、小さな紛争が起きていた。 下宿屋“コクリコ荘”を切り盛りする2年生の少女・海と、漁師の息子で新聞部の3年生・俊は、建物の保存運動をするうちに心を通わせていくのだが…。 青春ドラマ。 アニメーション。 ... more
Tracked from Akira's VOICE at 2013-01-16 11:40
タイトル : コクリコ坂から
じ〜んわりと効能を発揮する良作。  ... more
Tracked from 佐藤秀の徒然幻視録 at 2013-01-16 11:55
タイトル : コクリコ坂から
終戦世代の青春と喪失感 公式サイト。高橋千鶴・佐山哲郎原作、宮崎駿企画・脚本、宮崎吾朗監督。(声)岡田准一、長澤まさみ、風間俊介、大森南朋、竹下景子、石田ゆり子、柊瑠美、 ...... more
Tracked from ★紅茶屋ロンド★ at 2013-01-16 12:00
タイトル : 【アニメ】コクリコ坂から
<コクリコ坂から を観て来ました> 製作:2011年日本 試写会にて、ちょっとだけ早く鑑賞してきました。最近ジブリ映画は試写会やDVDでの鑑賞になっちゃってる。昔は超超超好きだったんだけど… 「なかよし」(講談社刊)に連載されていた少女漫画をスタジオジブリが映画化。 宮崎駿が企画・脚本を担当し、「ゲド戦記」の息子である宮崎吾郎が5年ぶりに手がける監督2作品目になる。 1963年横浜、港の見える丘に住む16歳の少女、海は毎朝船乗りだった父に教わった信号旗を海に向かってあげていた。その旗の意...... more
Tracked from 京の昼寝〜♪ at 2013-01-16 12:05
タイトル : 『コクリコ坂から』
□作品オフィシャルサイト 「コクリコ坂から」 □監督 宮崎吾朗□脚本 宮崎 駿□原作 高橋千鶴□キャスト(声) 長澤まさみ(メル:松崎 海)、岡田准一(風間 俊)、竹下景子(松崎 花)、石田ゆり子(北斗美樹)、風吹ジュン(松崎良子)、内藤剛志(小野寺善雄)、...... more
Tracked from いやいやえん at 2013-01-16 12:32
タイトル : コクリコ坂から
少女漫画が元になっているようなので、少女漫画として観ませう。 いやーそれにしても、ジブリの描くヒーロー(ヒロインの相手役)の男の子ってどうしてみんなこうカッコイイんでしょうね!ヒロインの海、ヒーローの俊の甘酸っぱくも爽やかな青春の物語に、胸がキュン。恋のような感情はとても淡いですがはっきりとしてる。でもそこがたまらん感じなんですよね。告白シーンよりも兄妹ではと疑惑を打ち明けたときの傘をぐっと引っ張る所作がとてもせつなくて良かったです。 実は海と俊の間には、同じ父親ではないかといった出生の疑...... more
Tracked from よしなしごと at 2013-01-16 19:26
タイトル : 映画:コクリコ坂から
 個人的にはゲド戦記が微妙だったので見ようかやめようか迷っていたのですが、ネットでも今回の作品はおもしろい!との評判。と言うことでコクリコ坂からを見てきました。... more
Tracked from 『甘噛み^^ 天才バカ板.. at 2013-01-16 19:41
タイトル : [映画『コクリコ坂から』を観た]
☆嗚呼! 非の打ちどころのない傑作でした。  しっとりと感動しました。  『もののけ』『千と千尋』の頃から、『ハウル』『ポニョ』と、面白いけど物語が破綻しまくっていた宮崎駿が、この作品では見事な伏線と収束に至る脚本を練り上げていた。  『ゲド戦記』でケチ...... more
Tracked from こねたみっくす at 2013-01-16 19:54
タイトル : 『コクリコ坂から』
スタジオジブリが目指す新しい世界観。それが故・近藤善文監督が描いた等身大の淡い恋心。 ついに鈴木敏夫プロデューサーが宮崎駿、高畑勲に続くスタジオジブリ第3の監督に宮崎 ...... more
Tracked from 映画的・絵画的・音楽的 at 2013-01-16 21:21
タイトル : コクリコ坂から
 『コクリコ坂から』を、新装なったTOHOシネマズ渋谷で見てきました。 (1)この映画は、1963年の横浜を舞台に、男女の高校生の清々しい恋愛を描いた作品と言えるでしょう。ですが、下記の前田有一氏が述べるように、「話にも、絵にも、演出にも目を見張るものがない。こ...... more
Tracked from 日々 是 変化ナリ 〜 .. at 2013-01-17 19:41
タイトル : 映画:コクリコ坂から 1枚の写真に込められた想い。映像の..
ジブリの最新作。 1963年頃の横浜を舞台に、繰り広げられる高校生たちの青春。 この時代の風景が、ただただ美しい。 そしてみずみずしい。 これを眺めているだけで、心が満たされていく。 一方で、ノスタルジーっぽい気分だけに終始させないところが腕の見せ所か。 (そ...... more
Tracked from 映画@見取り八段 at 2013-01-18 17:59
タイトル : 【コクリコ坂から】古きよき横浜
コクリコ坂から     監督: 宮崎吾朗    出演: 長澤まさみ、岡田准一、石田ゆり子、風吹ジュン、香川照之、大森南朋、竹下景子、内藤剛志、風間俊介 公開: 2011年7月16日 2011年7月20日。劇場観賞。 公開当時劇場で見てますが、サボリ中だったので感想記事がな…... more
Tracked from とりあえず、コメントです at 2013-01-19 00:36
タイトル : コクリコ坂から
高橋千鶴著の同名コミックを原作に原案・脚本:宮崎駿、監督:宮崎吾朗で創られた青春物語です。 生まれる前の観たことの無い横浜が舞台なので、どんな物語になるのか楽しみにしていました。 東京オリンピック以前の日本の姿はこんな雰囲気だったのかとしみじみ感じるような作品でした。 ... more
Tracked from はらやんの映画徒然草 at 2013-01-19 01:00
タイトル : 「コクリコ坂から」 淡々と物語がすすんでいく
「ゲド戦記」の宮崎吾郎監督の久しぶりの作品。 前作品から5年ほど経っていることに... more
Tracked from もっきぃの映画館でみよう.. at 2013-03-02 00:42
タイトル : コクリコ坂 朝鮮戦争の日本への影響、光と影
【序】 もっきぃです。(映画は)約1ヶ月ぶり、元気ですかーっ。 昨日、久々に映画をみてきました。今年の56本目「コクリコ坂」です。 会社の「ALWAYS三丁目の夕日」が大好きな同僚(60年代生れ)が 『同監督の「ゲド戦記」の1000倍よかった』というのを聞き、 「...... more
Tracked from 本の宇宙(そら) [風と.. at 2013-03-08 08:02
タイトル : 映画 コクリコ坂から
 観に行こうかどうか迷っていたのだが、手嶌葵による挿入歌があまりにも良いので結局行ってきた「コクリコ坂から」。迷っていた理由は主に二つだ。まず、同じ監督の前作の ...... more

<< 青い影 PROCOL HARU...      '12年度ベスト5作品... >>

’09年1月末AOL映画掲示板、ブログが終了、気分新たにマイペースで、音楽・芸術鑑賞、ユーミン関連、読書、英検1級対策、グルメ、仕事等含めて書いてます。英検は’11年11月に無事合格達成出来ました!
by MIEKOMISSLIM
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新の記事
ストロングマン(’15)
at 2017-03-23 23:36
北海道展
at 2017-03-21 23:00
横浜散策<2>~横浜人形の家
at 2017-03-19 22:25
横浜散策<1>~飛鳥Ⅱランチ..
at 2017-03-19 00:57
確定申告
at 2017-03-13 04:14
祝・合格、学年末テスト対策終了
at 2017-03-11 01:06
メガネ新調
at 2017-02-19 01:17
恵方巻
at 2017-02-04 22:41
推手(’91)
at 2017-01-22 22:18
冬期講習終了
at 2017-01-14 23:03
クリスマスの約束
at 2017-01-06 22:12
クリスマスの約束(’15)
at 2017-01-03 00:47
クリスマスデザート
at 2016-12-30 23:07
ゴッホとゴーギャン展
at 2016-12-29 22:53
デトロイト美術館展
at 2016-12-27 19:01
期末テスト対策終了
at 2016-12-24 02:26
宇宙図書館 / 松任谷由実(..
at 2016-12-23 23:44
杉並ウインドハーモニーアンサ..
at 2016-12-16 23:58
色とりどりのコンサート~ソロ..
at 2016-12-11 23:07
熱海旅行 アカオリゾート公国..
at 2016-12-10 23:57
検索
リンク
★’09年1月までのブログ
KYOKOⅡ
英検対策

★リンクサイト

個人学習会 高円寺教室
エキテン 個人学習会 高円寺教室
チャイナビで塾探し! 個人学習会 高円寺教室
象のロケット
松任谷由実オフィシャルサイト
いい加減な・・・

フルーツメール


★50音別映画・ドラマ鑑賞作品目録(作品数)

あ行作品(106)
か行作品(94)
さ行作品(86)
た行作品(70)
な行作品(35)
は行作品(117)
ま行作品(37)
や行作品(21)
ら・わ行作品(50)


★最新の記事続き

熱海旅行 アカオリゾート公国<1>
フルーツメモ帳 洋ナシ
杉並弦楽合奏団 第59回定期演奏会 
YUMINGと伊勢丹新宿店と130の出来事
ふれあい音楽会 懐かしいタンゴの調べを 
SONGS 松任谷由実 / MUSIC FAIR 松任谷由実・JUJU 
柿の葉すし
YUMING×」LOFT 缶バッジ
中間テスト対策終了
CDラジカセ
母の誕生日
フルーツメモ帳 レモン
秋の大北海道展
ポンピドゥーセンター傑作展
掃除機
中間テスト対策終了・カムバック
超高速!参勤交代 リターンズ(’16)
エアコン交換
めんそ~れ沖縄展
Windows10 デビュー
荒井由実「ひこうき雲」(’16)~”青の時代”名曲ドラマシリーズ~
SDカード事件<2>
SDカード事件<1>
期末テスト対策終了・LINE開通
フランスの風景 樹をめぐる物語 ーコローからモネ、ピサロ、マティスまでー
ふれあい音楽会~映画音楽への誘い
杉並弦楽合奏団 第58回定期演奏会
ハリー・ポッターと賢者の石(’01)
中間テスト対策終了・カムバック
デッドエンドの思い出/よしもとばなな(’03)
掃除機
母の日
杉並ウインドハーモニーアンサンブル スプリングコンサート2016
西立川 ユーミン聖地巡り<2>西立川駅、「雨のステイション」歌碑と昭和記念公園
八王子 スパとユーミン聖地巡り<1>荒井呉服店
初夏の大北海道展
~イバラード「夢の庭園」~ 第19回 井上直久絵画展
ルノワール展 オルセー美術館・オランジュリー美術館所蔵
Brio Brass Band 第5回定期演奏会
春期講習終了
長崎物産展 五島ばらもん揚げ
学年末考査対策終了・祝合格
ひな祭り
大九州展&全国うまいものめぐり
確定申告
恵方巻
冬の北海道物産展
冬期講習・波乱のセンター試験終了
クリスマスデザート
リトルプリンス 星の王子さまと私(’15)
第20回 フィルモアコンサート
期末テスト対策終了
中間テスト対策終了・新入会
東西有名寿司と全国うまいもの大会&北海道大収穫祭
モネ展 「印象、日の出」から「睡蓮」まで
夏期講習終了
Bed&Breakfast / 大貫妙子(’99)
期末テスト対策終了・新入会
長崎の物産展
ユトリロとヴァラドン 母と子の物語ースュザンヌ・ヴァラドン生誕150年
赤毛のアンシリーズ再読・読破
ノルウェイの森(’10)
ブレッド&バター presents-DRAMA&LIVE-「あの頃のまま」(’08)
夜のとばりの物語 ー醒めない夢ー(’12)
サヨナライツカ(’10)
中間テスト対策終了
靴職人と魔法のミシン(’14)
夜のとばりの物語(’10)
新しい靴を買わなくちゃ(’12)
アナと雪の女王(’13)
EARTH × HEART LIVE 2015 松任谷由実・秦基博・JUJU
母の日
初夏の大北海道展
イバラードへの旅 第18回 井上直久絵画展
波の音が消えるまで/沢木耕太郎(’14)
マグリット展
ルーヴル美術館展 日常を描くー風俗画にみるヨーロッパ絵画の真髄
杉並ウインドハーモニーアンサンブル 第12回定期演奏会
から騒ぎ(’93)
北陸新幹線開業記念特別番組「金沢花紀行」by ユーミン
’14年度音楽鑑賞ベスト5
春期講習終了
龍三と七人の子分たち(’15)
春の大北海道展
新印象派 光と色のドラマと花見 in 上野公園
エイプリルフールズ(’15)
最新のコメント
コメント有難うございます..
by MIEKOMISSLIM at 01:20
はじめまして、こんにちは..
by ブリオブラスバンド演奏会広報担当 at 16:39
sesamiさん、こんに..
by MIEKOMISSLIM at 22:54
西立川駅で、ユーミン体験..
by MIEKOMISSLIM at 01:03
MIEKOMISSLIM..
by 3928taroh at 18:12
三國屋太郎さん、お申し出..
by MIEKOMISSLIM at 13:51
御無沙汰しております。 ..
by 3928taroh at 22:24
MIEKOMISSLIM..
by desire_san at 16:50
三國屋太郎さん、コメント..
by MIEKOMISSLIM at 18:38
三國屋さん、こんにちは。..
by MIEKOMISSLIM at 14:31
ご無沙汰しております。 ..
by 3928taroh at 22:49
新年おめでとうございます..
by desire_san at 19:29
sesamiさん、今ご記..
by MIEKOMISSLIM at 02:40
何度もすみません。野原の..
by sesami at 06:46
野原の会話のポストカード..
by セサミ at 06:40
desire_sanさん..
by MIEKOMISSLIM at 14:51
こんにちは。いつも興味あ..
by desire_san at 08:22
desire_san さ..
by MIEKOMISSLIM at 19:29
こんにちは。 いつも知..
by desire_san at 12:10
三國屋太郎さん、コメント..
by MIEKOMISSLIM at 23:54
最新のトラックバック
全米有数の印象派、ポスト..
from dezire_photo &..
全米有数の印象派、ポスト..
from dezire_photo &..
超高速!参勤交代 リターンズ
from 映画的・絵画的・音楽的
超高速!参勤交代 リターンズ
from だらだら無気力ブログ!
超高速!参勤交代 リターンズ
from 勝手に映画評
超高速!参勤交代 リターンズ
from あーうぃ だにぇっと
超高速!参勤交代 リターンズ
from 象のロケット
制作の時間軸に沿ったフェ..
from dezire_photo &..
光と色彩を愛し生きる喜び..
from dezire_photo &..
光と色彩を愛し生きる喜び..
from dezire_photo &..
ハリー・ポッターと賢者の石
from 象のロケット
思い出のマーニー
from のほほん便り
リトルプリンス 星の王子..
from 象のロケット
マルモッタン・モネ美術館..
from dezire_photo &..
THE GREY 凍える..
from Subterranean サ..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
ノルウェイの森
from 象のロケット
「マグリット展」
from 雲母(KIRA)の舟に乗って
サヨナライツカ
from 象のロケット
ブログパーツ
ファン
カテゴリ
タグ
(272)
(159)
(141)
(98)
(89)
(88)
(86)
(85)
(59)
(57)
(54)
(48)
(45)
(32)
(24)
(20)
(16)
(12)
(8)
(8)
以前の記事
ライフログ
Skypeボタン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧