Something Impressive(KYOKOⅢ)


インポッシブル(’12)

30日(火)、虎の門のニッショーホールで「インポッシブル」試写会、招待メールが来ていて、都合も合ったので、「いい加減な・・・」ブログのいい加減人(Yamato)さんとご一緒して見てきました。


'04年のスマトラ島沖地震題材の、実話ベースのスペイン・アメリカ合作作品、手掛けたのはスペインのJ・A・バヨナ監督、主演は一家の母マリア役ナオミ・ワッツ、父ヘンリー役ユアン・マクレガー、

ユアン・マクレガーは、私は3月の試写会での「ジャックと天空の巨人」に続いて、で、その時は姫とジャックをサポートするジェントルな兵士役、だったけれど、

今回も、突然の惨事に混乱、動揺しつつも、幼い次男トマス(サミュエル・ジョスリン)、三男サイモン(オークリー・ヘンダーガスト)の父として、彼らを励まし、諦めず必死に妻と長男ルーカス(トム・ホランド)を探す、誠実な一家の父、という役。

        

この作品は、モデルになった実際の一家の母の話が原案、やはり劇中も母役ナオミ・ワッツがメイン、まさに身体を張った熱演、

この演技で、今年度アカデミー、ゴールデングローブ賞の主演女優賞ノミネート、だったらしいけれど、マクレガーも、なかなかの人間味、男気の父親ぶり。



a0116217_21354930.jpg序盤、タイのリゾートの優雅なプール付きホテルでくつろぐ一家。(→チラシ)

どうもヘンリーにはちょっとした仕事上の心配事があるようだけれど、男3人兄弟の、まあ賑やかで平穏そうな普通の一家。

特に前半、かなりリアルな津波の災害シーン、というのは判ってて、一応心の準備的には、やはりこれまで見た中で最も衝撃的な津波映像、TVで何度か見た3.11の東北での津波イメージ、があったのだけれど、

その時の、大きな揺れがあって、一呼吸して襲ってくる巨大な波、というより、実際劇中では、そこそこの揺れの後、結構間髪なく、直接波が襲来。

その高さは思ってたより低かったけれど、土色の、水、というより海自体がドーッと押し寄せ色んな物を破壊していく凄まじい勢い、というのは想像以上、

まさに海岸沿いにいる人々、建物、樹木などにとっては、全くなすすべなし、マリア目線で、が多かった気がするけれど、濁った水に視界もなく飲込まれて、様々な漂流物に身体を打たれながら、翻弄されるしかない、というリアルな臨場感。



その大混乱の中、マリアが、濁流中長男ルーカスと付かず離れず声が届く距離にいて、というのも、かなり奇遇、励まし支え合えて、というのも結果的にラッキー、

その後の展開も、言ってみれば、多くの犠牲者が出た大災害の中、を思えば、結構幸運だったある一家の物語、なのだけれど。



5/4追記:印象的だったのは、マリア自身医者だった、という背景もあるかもしれないけれど、ようやく何とか陸地を歩く状態になって、自身足に大怪我を負いつつ、幼い子の泣き声に、人助けしてる場合じゃない、と言い張るルーカスに、「でも、助けなきゃ」と諭したり、

病院で、重症の自分の傍らにいる彼に、「皆が大変、人に役立つ事をしなさい」と告げて、ルーカスが、周りの人々の家族探しをしたり、のようなシーン。

色んな意味で余裕がある時ならまだしも、なかなか究極の時、言えることじゃない、という、濁流の中必死に息子を案じる母としての思い、とはまた違う次元で、理屈抜きのヒューマニズム溢れる姿勢。

その非常事態での母の言葉の思い出が、ルーカス少年の中で、どういう風に受け止められて、記憶に残っていくのかは?だけれど、

結果的に、日常生活の中で、これ以上の、親が一個人として身をもって出来る教え、というのがそうあるだろうか、という感じも。



また、ヘンリーが、はぐれたマリアとルーカスを見つけられず、絶望感に襲われている時、傍らにいた同様の観光客らしい被害者の男性が、携帯を貸してくれて、自宅に連絡が取れ、

他の人も皆電話が必要、という状況の中、動揺が酷く嗚咽しながら電話を切って返した彼に、その持ち主や周りの人々が、それじゃいけない、と、再度携帯を使うように差し出し促して、

再度かけて、自身を奮い立たせるように、きっと2人を見つける、という前向きな言葉を口に出来た、という辺り。

それより前、ヘンリーが携帯を貸してくれるよう頼んだ人に断られたように、誰もが自分の事で目一杯、という非常時の中、彼の極度の動揺を察しての人情味、ここら辺、どこまで細部忠実なのか?だけれど、大災害の片隅の実話、としてもいい話、と。



それと、事前に見ていた出演者の中に、ジェラルディン・チャップリン、の名、初耳だったけれど、この人はチャップリンの実の娘、女優をしてたのだった、とその時初めて意識、でも後で、一体何処に出てたのか?にわかには思い当たらず。

病院でマリアの隣のベッドにいた女性?とも思ったけれど、それなりに年配、にしてはその女性は中年位そうだったし、などと思ってる内に、

今日になって、見かけた某記事で、避難地で夜、トマスに話しかけ、星の話をしてた老婦人だった、と。

何気ないシーン、ではあったけれど、劇中、思えば、登場人物の口からタイトルの「インポッシブル」という言葉が出たのは、

この人が話の中で、見える星が、今も実際あるのか、光が届いてるだけか、知るのは「インポッシブル」と言ってた以外、どうも覚えなく。

その時や見た直後はそう引っ掛かった訳ではなかったけれど、ストーリーの、大災害で離れ離れに引き裂かれた家族、その生死も判らない苦境、

でも相手を思う、希望を持って探し続けることは止められない、というコアに触れるような、意外とさり気なく大事、というか深味あるシーンだったかも、と今にして。

このジェラルヂィン・チャップリンは、見てた中では「ハイジ」で、唯一ハイジと敵対する女性役だったのだった、と。



あと、災害前のまだ平穏だった序盤、映像的に印象的だったのは、ポスターやチラシにも使われてる、夜、人々が白い円筒形の筒状のものを、中に灯を点して、上空に飛ばしてた、ちょっと幻想的なシーン。

これは、後で「コムローイ祭り」というタイのチェンマイという所の伝統行事で、「コムローイ」は「灯篭」の意味で、鐘楼流し、のようなイベントのようで、幾つもの灯りがふわりと夜空に昇っていく様子は、何ともファンタジック。



そしてその後、やはり改めて、映像として見せつけられた自然の猛威、恐ろしさ。そういう時の人間のなすすべない非力、小ささ、儚さ。

終わった後、Yamatoさんと、3.11の時はまだ寒かったけれど、リゾートで軽装だから余計傷も負いやすい、のようなお話も出たけれど、

劇中具体的には、マリアが濁流の中で受けてた、様々な漂流物からの無数にも思えた打撃、その結果の、命にも関わりそうだった、重症の胸や足の傷。

ただ流され、溺れる危機だけでなく、津波に襲われる、というのは、まるで棒切れのように、そういう危機にも否応なく晒される、という実態。



このJ・A・バヨナ監督、という名は私は初耳、「コムローイ祭り」の辺りでは、一瞬もしかして女性監督?とも頭を過ぎったりもしたのだけれど、男性監督、と判って、これが長編2本目の人、だと。

チラシの裏には、同監督は”スピルバーグとイーストウッドの領域に到達した”などいう賞賛のコメントもあるけれど、まあ確かに、津波の脅威リアル再現の骨太映像+家族愛、ヒューマニズムをブレンド、

115分、長い、とも思えず、結末は何となく見えてはいたけれど、前半のパニック~後半の人間ドラマに引き入れられる技量あった作品、という感じ。



昨年すでに、日本では東京国際映画祭で上映されてた、そうで、3.11から2年目の時期、見続けるに忍ばず席を立つ人もいた一方、感動を呼んで好意で迎えられた、とも聞くけれど、

やはり、直接津波災害に遭われた方々にとっては、そうでない地域の観客よりも、映像的には結構シビア、体感的に、理屈抜きに見るには辛そうな、とも思えるし、

ヒューマンドラマ、としては、実話に基付いて、余り余分な要素を入れず、非常時の一家族の絆の心情を追った、こういうストレートな内容のものが、何か心に染み入って、何らかのプラスになるならそれはいいこと、とも。

東北地方でも、7月に公開予定、らしく、3.11の記憶の感覚は、個人差もあるだろうし、気の進まない映画を、わざわざ料金を払って見に行く必要はないけれど、果たして反響はどうなんだろう?と。



私個人としては、3.11では、ここ東京で人生最大の地震体験、それを機に、色んな意味で多かれ少なかれ生活観も変わった、という部分はあったのだけれど、今回この作品を見て、想像以上にリアルな災害の脅威、

やはり、平穏、平凡に思える日常生活の中でも、いつ何が起こるか判らないし、備え様のないようなこともあるけれど、言葉にしたらありきたりではあるけれど、日々大事に過ごさなければ、ということ、

そして、普段いるのが当り前、と思ってる家族、というものとの繋がりを、悔いのないよう、出来る範囲で大事にしなければ、と改めて意識、という1本でした。

関連サイト:「インポッシブル」 公式サイト象のロケット 「インポッシブル」
関連記事:マルホランドドライブ(’01)21グラム(’03)キングコング(’05)ミス・ポター(’06)ジャックと天空の巨人(’13)ハイジ(’05)「インポッシブル」マリア・ベロン来日 「心の復興を考える」トークイベント
<スレッドファイルリンク(ここでは「キングコング」)は開かない場合あるようです。>



[PR]
by MIEKOMISSLIM | 2013-05-02 10:38 | 洋画 | Trackback(7) | Comments(2)
トラックバックURL : http://autumnnew.exblog.jp/tb/17719100
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from とりあえず、コメントです at 2013-05-04 13:21
タイトル : インポッシブル ~東京国際映画祭より~
2004年の年末に発生したスマトラ沖地震の津波に巻き込まれた家族の物語です。 もの凄く怖そうですけど実話を基にしていて、主演がナオミ・ワッツ&ユアン・マクレガーなので やっぱり観てみたい!とチャレンジしてみました。 黒いスクリーンに“Based on a true story”という文字が浮かび上がる出だしから聞こえ始めた、 遠くから地響きが鳴るような恐ろしい音に、すぐに逃げ出したくなるような気持ちにさせられる作品でした。 ... more
Tracked from 象のロケット at 2013-05-04 23:21
タイトル : インポッシブル
2004年・タイ。 仕事の都合で日本に住んでいるイギリス人男性ヘンリーと妻マリア、そして3人の息子たちは、冬季休暇を過ごすためタイのカオラック・ビーチを訪れた。 滞在3日目の12月26日、ホテルの屋外プールにいた彼らは、大津波に遭遇する。 ヘンリーはとっさに側にいた下の息子2人を抱え上げるが、マリアと長男ルーカスは濁流に押し流されてしまう…。 スマトラ沖地震に襲われた一家の実話ヒューマンドラマ。... more
Tracked from ノルウェー暮らし・イン・原宿 at 2013-05-06 00:43
タイトル : 「インポッシブル」☆実体験の恐怖
ロンドンのときのお友達に、このスマトラ島沖の津波を実際に体験したというご家族が居た。 まさにこの映画に登場する家族と同じ。 彼女の体験談を聞いて私が想像したものは、まるでその10分の1ほどでもなかったのだと痛感。 勿論、この映画はドキュメンタリーではないのだけど・・・・・... more
Tracked from 風に吹かれて at 2013-06-11 16:07
タイトル : インポッシブル (試写会)
津波で散り散りに公式サイト http://gacchi.jp/movies/impossible6月14日公開実話を基にした映画監督: J・A・バヨナ  「永遠のこどもたち」2004年12月。マリア(... more
Tracked from 映画的・絵画的・音楽的 at 2013-07-12 22:11
タイトル : インポッシブル
 『インポッシブル』をTOHOシネマズシャンテで見ました。 (1)ナオミ・ワッツとユアン・マクレガーが出演するという情報だけを持って映画館に行ってきました(注1)。  本作は実話(true story)を基にしており、2004年12月にスマトラ島沖地震で発生した大津波に襲われ...... more
Tracked from ここなつ映画レビュー at 2013-10-11 13:36
タイトル : 「インポッシブル」
泣く、と判っていたけれど、本当に泣けました。津波の恐怖や、災害時に家族の消息がわからない不安感、それにももちろん同化して胸が苦しくなったけれど、最も泣けたのは、家族の中の長男が、精神的に少年から青年に成長して行く姿。 2004年、スマトラ沖で発生した、地震による津波の惨事に遭遇した、あるアメリカ人家族の物語。 クリスマス休暇でタイのリゾートへ幼子を含む家族5人で来ていたヘンリー(ユアン・マクレガー)とマリア(ナオミ・ワッツ)夫妻だったが、12月26日、スマトラ沖地震が現地を襲い、家族はバラ...... more
Tracked from kintyre&#039.. at 2013-12-25 21:31
タイトル : 映画『インポッシブル』を観て
13-54.インポッシブル■原題:Lo Imposible(英題:The Impossible)■製作年、国:2012年、スペイン■上映時間:113分■料金:1,800円■観賞日:6月29日、TOHOシネマズシャンテ(日比谷) □監督:J・A・バヨナ◆ナオミ・ワッツ◆ユアン・マグレガー◆トム・ホラ...... more
Commented by いい加減人(Yamato) at 2013-05-02 22:00 x
こんにちは。
先日はありがとうございました。
この時期にこの映画を公開する配給会社はずいぶん勇気が有っただろうなぁ〜と思いました。
Commented by MIEKOMISSLIM at 2013-05-03 20:18
いい加減人(Yamato)さん、改めて、先日はまた楽しかったです。記事にも書いたのですけど、東北でも7月に公開予定だそうで、やっぱり3.11直接被災の方々には、映像的には結構辛そうですけれど、非常時の人間ドラマ、としては、余り余分な所もなくストレートで、プラスに受け入れられる部分もありそうな、という感じでしょうか。

<< イバラードの旅 第16回 井上...      春の芸能鑑賞会 鎮守の森 ジャ... >>

’09年1月末AOL映画掲示板、ブログが終了、気分新たにマイペースで、音楽・芸術鑑賞、ユーミン関連、読書、英検1級対策、グルメ、仕事等含めて書いてます。英検は’11年11月に無事合格達成出来ました!
by MIEKOMISSLIM
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新の記事
ストロングマン(’15)
at 2017-03-23 23:36
北海道展
at 2017-03-21 23:00
横浜散策<2>~横浜人形の家
at 2017-03-19 22:25
横浜散策<1>~飛鳥Ⅱランチ..
at 2017-03-19 00:57
確定申告
at 2017-03-13 04:14
祝・合格、学年末テスト対策終了
at 2017-03-11 01:06
メガネ新調
at 2017-02-19 01:17
恵方巻
at 2017-02-04 22:41
推手(’91)
at 2017-01-22 22:18
冬期講習終了
at 2017-01-14 23:03
クリスマスの約束
at 2017-01-06 22:12
クリスマスの約束(’15)
at 2017-01-03 00:47
クリスマスデザート
at 2016-12-30 23:07
ゴッホとゴーギャン展
at 2016-12-29 22:53
デトロイト美術館展
at 2016-12-27 19:01
期末テスト対策終了
at 2016-12-24 02:26
宇宙図書館 / 松任谷由実(..
at 2016-12-23 23:44
杉並ウインドハーモニーアンサ..
at 2016-12-16 23:58
色とりどりのコンサート~ソロ..
at 2016-12-11 23:07
熱海旅行 アカオリゾート公国..
at 2016-12-10 23:57
検索
リンク
★’09年1月までのブログ
KYOKOⅡ
英検対策

★リンクサイト

個人学習会 高円寺教室
エキテン 個人学習会 高円寺教室
チャイナビで塾探し! 個人学習会 高円寺教室
象のロケット
松任谷由実オフィシャルサイト
いい加減な・・・

フルーツメール


★50音別映画・ドラマ鑑賞作品目録(作品数)

あ行作品(106)
か行作品(94)
さ行作品(86)
た行作品(70)
な行作品(35)
は行作品(117)
ま行作品(37)
や行作品(21)
ら・わ行作品(50)


★最新の記事続き

熱海旅行 アカオリゾート公国<1>
フルーツメモ帳 洋ナシ
杉並弦楽合奏団 第59回定期演奏会 
YUMINGと伊勢丹新宿店と130の出来事
ふれあい音楽会 懐かしいタンゴの調べを 
SONGS 松任谷由実 / MUSIC FAIR 松任谷由実・JUJU 
柿の葉すし
YUMING×」LOFT 缶バッジ
中間テスト対策終了
CDラジカセ
母の誕生日
フルーツメモ帳 レモン
秋の大北海道展
ポンピドゥーセンター傑作展
掃除機
中間テスト対策終了・カムバック
超高速!参勤交代 リターンズ(’16)
エアコン交換
めんそ~れ沖縄展
Windows10 デビュー
荒井由実「ひこうき雲」(’16)~”青の時代”名曲ドラマシリーズ~
SDカード事件<2>
SDカード事件<1>
期末テスト対策終了・LINE開通
フランスの風景 樹をめぐる物語 ーコローからモネ、ピサロ、マティスまでー
ふれあい音楽会~映画音楽への誘い
杉並弦楽合奏団 第58回定期演奏会
ハリー・ポッターと賢者の石(’01)
中間テスト対策終了・カムバック
デッドエンドの思い出/よしもとばなな(’03)
掃除機
母の日
杉並ウインドハーモニーアンサンブル スプリングコンサート2016
西立川 ユーミン聖地巡り<2>西立川駅、「雨のステイション」歌碑と昭和記念公園
八王子 スパとユーミン聖地巡り<1>荒井呉服店
初夏の大北海道展
~イバラード「夢の庭園」~ 第19回 井上直久絵画展
ルノワール展 オルセー美術館・オランジュリー美術館所蔵
Brio Brass Band 第5回定期演奏会
春期講習終了
長崎物産展 五島ばらもん揚げ
学年末考査対策終了・祝合格
ひな祭り
大九州展&全国うまいものめぐり
確定申告
恵方巻
冬の北海道物産展
冬期講習・波乱のセンター試験終了
クリスマスデザート
リトルプリンス 星の王子さまと私(’15)
第20回 フィルモアコンサート
期末テスト対策終了
中間テスト対策終了・新入会
東西有名寿司と全国うまいもの大会&北海道大収穫祭
モネ展 「印象、日の出」から「睡蓮」まで
夏期講習終了
Bed&Breakfast / 大貫妙子(’99)
期末テスト対策終了・新入会
長崎の物産展
ユトリロとヴァラドン 母と子の物語ースュザンヌ・ヴァラドン生誕150年
赤毛のアンシリーズ再読・読破
ノルウェイの森(’10)
ブレッド&バター presents-DRAMA&LIVE-「あの頃のまま」(’08)
夜のとばりの物語 ー醒めない夢ー(’12)
サヨナライツカ(’10)
中間テスト対策終了
靴職人と魔法のミシン(’14)
夜のとばりの物語(’10)
新しい靴を買わなくちゃ(’12)
アナと雪の女王(’13)
EARTH × HEART LIVE 2015 松任谷由実・秦基博・JUJU
母の日
初夏の大北海道展
イバラードへの旅 第18回 井上直久絵画展
波の音が消えるまで/沢木耕太郎(’14)
マグリット展
ルーヴル美術館展 日常を描くー風俗画にみるヨーロッパ絵画の真髄
杉並ウインドハーモニーアンサンブル 第12回定期演奏会
から騒ぎ(’93)
北陸新幹線開業記念特別番組「金沢花紀行」by ユーミン
’14年度音楽鑑賞ベスト5
春期講習終了
龍三と七人の子分たち(’15)
春の大北海道展
新印象派 光と色のドラマと花見 in 上野公園
エイプリルフールズ(’15)
最新のコメント
コメント有難うございます..
by MIEKOMISSLIM at 01:20
はじめまして、こんにちは..
by ブリオブラスバンド演奏会広報担当 at 16:39
sesamiさん、こんに..
by MIEKOMISSLIM at 22:54
西立川駅で、ユーミン体験..
by MIEKOMISSLIM at 01:03
MIEKOMISSLIM..
by 3928taroh at 18:12
三國屋太郎さん、お申し出..
by MIEKOMISSLIM at 13:51
御無沙汰しております。 ..
by 3928taroh at 22:24
MIEKOMISSLIM..
by desire_san at 16:50
三國屋太郎さん、コメント..
by MIEKOMISSLIM at 18:38
三國屋さん、こんにちは。..
by MIEKOMISSLIM at 14:31
ご無沙汰しております。 ..
by 3928taroh at 22:49
新年おめでとうございます..
by desire_san at 19:29
sesamiさん、今ご記..
by MIEKOMISSLIM at 02:40
何度もすみません。野原の..
by sesami at 06:46
野原の会話のポストカード..
by セサミ at 06:40
desire_sanさん..
by MIEKOMISSLIM at 14:51
こんにちは。いつも興味あ..
by desire_san at 08:22
desire_san さ..
by MIEKOMISSLIM at 19:29
こんにちは。 いつも知..
by desire_san at 12:10
三國屋太郎さん、コメント..
by MIEKOMISSLIM at 23:54
最新のトラックバック
全米有数の印象派、ポスト..
from dezire_photo &..
全米有数の印象派、ポスト..
from dezire_photo &..
超高速!参勤交代 リターンズ
from 映画的・絵画的・音楽的
超高速!参勤交代 リターンズ
from だらだら無気力ブログ!
超高速!参勤交代 リターンズ
from 勝手に映画評
超高速!参勤交代 リターンズ
from あーうぃ だにぇっと
超高速!参勤交代 リターンズ
from 象のロケット
制作の時間軸に沿ったフェ..
from dezire_photo &..
光と色彩を愛し生きる喜び..
from dezire_photo &..
光と色彩を愛し生きる喜び..
from dezire_photo &..
ハリー・ポッターと賢者の石
from 象のロケット
思い出のマーニー
from のほほん便り
リトルプリンス 星の王子..
from 象のロケット
マルモッタン・モネ美術館..
from dezire_photo &..
THE GREY 凍える..
from Subterranean サ..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
ノルウェイの森
from 象のロケット
「マグリット展」
from 雲母(KIRA)の舟に乗って
サヨナライツカ
from 象のロケット
ブログパーツ
ファン
カテゴリ
タグ
(272)
(159)
(141)
(98)
(89)
(88)
(86)
(85)
(59)
(57)
(54)
(48)
(45)
(32)
(24)
(20)
(16)
(12)
(8)
(8)
以前の記事
ライフログ
Skypeボタン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧