「ほっ」と。キャンペーン

’09年1月末AOL映画掲示板、ブログが終了、気分新たにマイペースで、音楽・芸術鑑賞、ユーミン関連、読書、英検1級対策、グルメ、仕事等含めて書いてます。英検は’11年11月に無事合格達成出来ました!

by MIEKOMISSLIM

イバラードへの旅 井上直久絵画展

一昨日21日(土)、都合も合ったので、今月18日~31日(火)恵比寿三越2階のアートコーナー、アトリウムでやっている井上直久絵画展に行ってきました。


a0116217_29967.jpg今回は案内カードなどはなかったけれど、井上氏のツイートで知って、この日出かける予定の音楽イベントが有楽町、

恵比寿からは地下鉄で日比谷まで1本でその界隈に行けるようだし、これも見て行こうと思って、午前中の仕事の後、午後早めに出発。<チラシ裏→>

恵比寿は前に来たのはいつだったのか?結構久方、例によってJR駅から、長い動く歩道に乗ってボチボチ歩きながら、ガーデンプレイス、恵比寿三越へ。

ここのアートコーナー、というのは今回初だったけれど、特に仕切った一角、という訳でなく、エレベーターを上がった付近のフロアの壁沿いや、その周辺にイーグルで展示、の形で、ざっと40点位。
     

今回一番印インパクトだったのは、「多層海 伸びゆく峯」という絵で、恒例の多層海島が、空に向かってさらに重なって伸びていく、勢いが画面に漂ってるファンタジー世界。

またそのシリーズで、背後の雲が十字模様なのが目に留まった「多層海好天」。また、濃い影が印象的な「森の停車場」、

めげゾウシリーズの、丘のような場所で象の傍らに立つ少女、その向こうにめげゾウの形が埋め込まれた山がある風景の「丘からの眺め」、

淡いピンク基調の「羽根のある歌い手」は、少女っぽいけれど、先日「恋するドライブ」で渡辺真理が大貫妙子さんのことを、背中に羽根が生えてそうな、とか、

妖精、フェアリーなどと例えてたこととかも浮かんだりで、ちょっと目に留まったり。

また、「耳をすませば」の原画も展示、というのも気になってたのだけれど、横長の大判、圧倒的ファンタスティック繊細街並の「アーケード」(↓チラシより)、

a0116217_2455487.jpga0116217_2463151.jpg








「人形師の店」「駅前」などがあって、特に「アーケード」など馴染みではあるけれど、実際の原画というのは初見かも。


そういう所で、何回りか見て回り、いつものように井上ワールドを味わって一時リフレッシュ、という今回でした。

関連サイト:恵比寿三越 イベント&エキシビション
関連記事:イバラード時間(’07)井上直久新作展中間テスト対策終了(’10、2学期)ジブリ創作のヒミツ~宮崎駿と新人監督 葛藤の400日イバラードへの旅 第15回 井上直久絵画展イバラードの旅 第16回 井上直久絵画展イバラードの旅 井上直久絵画展井上直久 イバラード ラピュタ展第17回 井上直久絵画展

a0116217_0454256.jpg

            <チラシ表>

[PR]
by MIEKOMISSLIM | 2015-03-23 02:48 | 芸術 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://autumnnew.exblog.jp/tb/21033254
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。