「ほっ」と。キャンペーン

’09年1月末AOL映画掲示板、ブログが終了、気分新たにマイペースで、音楽・芸術鑑賞、ユーミン関連、読書、英検1級対策、グルメ、仕事等含めて書いてます。英検は’11年11月に無事合格達成出来ました!

by MIEKOMISSLIM

北陸新幹線開業記念特別番組「金沢花紀行」by ユーミン

先月22日(日)TOKYO FMで放送のユーミンナビゲートの金沢旅番組、録音を聞きました。


石川県観光グランドプロデューサーに任命されてたユーミンが、北陸新幹線稼業日に実際新幹線に乗って金沢に出かけて、近江町市場~金沢21世紀美術館~金沢城公園~浅野川河畔~卯辰山と巡りながらのルポ番組。



かえすがえす、TV企画じゃなくラジオで、音声のみ、というのが惜しまれ、おかげでこの放送の当日PM7時~7時55分、私は「エイプリルフールズ」試写会と重なってしまい、

手元のCDラジカセに予約録音機能はなく、でもこれは聞き逃すには余りに惜しいし、再放送の期待もまあ望み薄そうだし、困ったものだ、と。

仕方なく、普段CDラジカセも使わない機械音痴の母に、何度も手順を説明しておいて録音してもらい、半ば不安だったけれど、無事入っていて一安心、ということも。


ユーミンの旅ルポは、一昨年のNHK「ユーミンのSUPER WOMAN」以来、今回も色々、各スポットについて興味深いコメントもあったのだけれど、とにかく何をおいても聞きたかった目玉スポットルポは「浅野川河畔(の桜)」。

金沢の浅野川というのは、ずっと前から「花紀行」の舞台、ということでインプット。「花紀行」はマイベストユーミン曲ベスト10には不変に入る好きな曲で、勿論”聖地巡り”もしてみたいスポット、

思えば1度、1年弱添乗員をしていた頃2泊3日だったかの北陸ツアー、その中に金沢もあって、兼六園だけは薄ら覚えあるのだけれど、浅野川散策などは日程にもなくスルー。

まあ「瞳を閉じて」の奈留島、程ではないけれど、普段気軽に出かけられる、という距離でもないし、ずっと幻の憧れ聖地の一つ。特にこの場所についてのユーミンのコメントや記事、というのも覚えなく。

で、先日ユーミンが石川県から白羽の矢を立てられた時も、即そのことが浮かんで、勿論実際この曲がユーミン抜擢の要因にもなったはずで、今回の番組で必ず通るはず、と、結構楽しみに。


いざ番組を聞いていくと、最初は旅での録音音声にかぶせてユーミンが後で解説的にコメントを入れているのか?と思ったけれど、どうもリアルタイムでの音声のようで、

やはり後半、いよいよ浅野川河畔登場。ユーミンは、

>「花紀行」実際ここを歩きながら創った、丁度その時は桜の花がわんわん散っている時で、15センチ位花びらが河畔に積もっていた、

それをポケットにたくさん入れながら歩いて、それをその日の夜のライブで撒いた、

本当に何とも言えない、フェミニンな美しい川、日本中色んな川に行くけれど、浅野川は日本女性、ということを思い出させてくれる、

今話している目の前にも、古い立派な枝ぶりの桜が、まだ蕾も色づく直前、位に張り出しているけれど、本当に桜の木が浅野川にずっと沿って植わっている・・<

などと、曲のルーツ時を回顧、この場所に対する思いを語って、まあ音声のみだけれど、だからこそその光景も浮かぶような、というか、

「薄紅がなんて優しいの 拾い集める人もいないのに」だけれど、ユーミンはそういう花びらを拾っていたのだ、とか、

この曲を聞く度ぼんやりと浮かぶ、桜吹雪の下を、何を思うでもなくゆっくり歩く少女=ユーミン自身と重なって、今にして、ちょっとした感慨。

     



その他金沢の各名所ルポ、金沢までの経路の土地についても到着前に少し触れてて、長野はおそば、そば巡りでお勧めは戸隠、

新潟はお米、おにぎり屋が寿司屋のようにネタがあって、何個食べるとタダ、のような店もある、魚も美味しいので寿司がとんでもないお手頃で食べられる、とか、富山は何といってもお魚、ブラックラーメン、などとグルメにも触れてたけれど、

印象的だったのは、新潟について、人があまり感じない新潟、港に出るとロシアとかに行く船が停泊していたり、ロマンティックな厳しい雰囲気、そこに特別な情緒を感じる、作家も坂口安吾とかが出ていたり、なるほど、と思う、などと語っていたのが、ユーミンらしいアンテナ、というか。


各地でのルポの区切りに、何曲か旅や春のユーミン曲が流れたのだけれど、メインの浅野川での「花紀行」の他で印象的だったのは、近江街市場~金沢21世紀美術館の間に流れた「ビュッフェにて」。

a0116217_232036100.jpg聞くのも久方だったけれど、これは「昨晩お会いしましょう」<(C)(株)東芝EMI→>の1パーツ、という意識強くて、

アルバムでこの曲前後の「街角のペシミスト」「夕闇にひとり」曲調もパックで同時に「昨晩・・」の懐かしい空気感が頭を巡る感じ。

それとこの曲にはずっと、旅先での山の景色や城下町、などのフレーズから、漠然と松本とか、信州舞台イメージがあったのだけれど、

思えば金沢も城下町、車窓には山も見えるはずで、金沢であってもおかしくはないかも、と今にして。


この曲も今回メインの「花紀行」も、大概のユーミン曲同様元歌はYou tubeにはないのだけれど、検索してて、ふと目に留まった路上ライブ男性ボーカルでの「花紀行」、
      

一応、というつもりで再生してみたら、意外とその歌声に引きいれられて、ちょっと驚き。で、どうもその石谷嘉章という人は、他にもユーミンの割と初期の曲のライブを色々投稿してて、

男性ボーカルでの「MISSLIM」一通り!など、初耳だし、結構好印象でついついまとめて聞き入ってしまったりで、これは後日別枠記事で挙げておこうかと。


それと、金沢について、この機会にちょっと具体的に行き方チェックしてみたら、まあ北陸新幹線で、確かに東京~金沢間最速2時間28分で行けるようになったのだけれど、

多少強行日程だけれど、夜行バスで夜新宿・東京駅出発~翌朝金沢着、帰りもそのパターン、という便もあって、これなら乗り換えもなく、平日なら新幹線の片道料金で往復出来て、向こうに泊まらなくても済むし、

まあもしピンポイントで浅野川河畔の桜、だけメイン目当て+少しだけ他の観光、ならこれでもOKそうで。勿論コストをいとわなければ新幹線で当日日帰り、飛行機だと羽田~小松片道1時間で料金は新幹線の2倍弱、とか楽なのだけれど、という所。

思い立って、金沢での桜情報見てみたら、今3分~5分の散りかけ、だそうで、今の春はちょっと敢行するには遅かった、という感じだけれど、

とにかく漠然としてた「浅野川聖地」も、実際行こうと思えば行けそうな、というのも、この機会に具体的にチェック出来て良かった、ということも。


そういう所で、今回の北陸新幹線開通~’75年の曲「花紀行」が結びついたのも、ユーミンの健在ぶり、曲自体の持つ色褪せない抒情的魅力もあって、だけれど、

とにかくこの折に、今にして当地で本人からの、曲にまつわる浅野川の桜エピソードが聞けた、という貴重な番組でした。

関連サイト:FM石川・TOKYO FM共同制作 北陸新幹線開業記念特別番組『金沢花紀行』サイト産経ニュース 金沢を愛するユーミンが北陸新幹線で行く、春の金沢!FM石川・TOKYO FM共同制作 北陸新幹線開業記念特別番組『金沢花紀行』
関連記事:松任谷由実EXPOドームライブあの歌がきこえる「魔法の鏡」「海を見ていた午後」「卒業写真」松任谷由実コンサート THE LAST WEDNESDAY天国の本屋~恋火(’04)さよならみどりちゃん(’04)時をかける少女(’97)瞳を閉じてプレミアム10 松任谷・寺岡・ゆず等シャングリラⅢYuming Films(’07)「いちご白書」をもう一度(’75)ユーミンと映画・市川準監督そしてもう一度夢見るだろう/松任谷由実(’09)・No Reason~オトコゴコロ~/高橋真梨子(’09)TRANSIT2009チケットMusic Lovers・SONGS 松任谷由実<1><2>探検ロマン世界遺産 ユーミン×世界遺産TRANSIT2009コンサートShout at YUMING ROCKS('09)VIVA!6×7/松任谷由実(’04)時をかける少女(’10)RAILWAYS 49歳で電車の運転手になった男の話(’10)ミュージックポートレイト~人生が1枚のレコードだったら東日本大地震<2>Music Lovers 松任谷由実松任谷由実のオールナイトニッポンTV4僕らの音楽 松任谷由実・薬師丸ひろ子・おすぎMUSIC FAIR 松任谷由実NHK 東日本大震災チャリティー企画 ユーミン×SONGS 「春よ、来い」プロジェクトSONGS 松任谷由実RoadShow/松任谷由実(’11)手のひらの東京タワー/松任谷由実(’81)押入れの整理<1> <2><3><4>RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ(’11)春よ、来い in 紅白歌合戦SONGS 山本潤子SONGS 松任谷由実~2012スペシャル~鈴子の恋(’12)「春よ、来い」カバー 男性シンガー編「春よ、来い」カバー 女性シンガー編マンタの天ぷら(’97)・僕の散財日記(’05)/松任谷正隆虹色ほたる 永遠の夏休み(’12)才輝礼賛 38のyumiyoriな話 / 松任谷由実(’11)<1><2><3>ユーミンのSUPER WOMAN スペシャルプロローグ~「森本千絵と歩く霊峰」<1><2>ユーミンのSUPER WOMAN 「鶴岡真弓と訪ねる女神」<1><2>ユーミンのSUPER WOMAN 「長谷川祐子と現代美術をめぐる」<1><2>「8月31日~最後の夏休み~」チケットユーミンのSUPER WOMAN 「軍地彩弓と歩く東京ファッション最前線」ユーミンのSUPER WOMAN 「軍地彩弓と歩く沖縄」<1><2>ユーミンのSUPER WOMAN 「中村うさぎとめぐる東京の夜」<1><2>ユーミンのSUPER WOMAN 「草間彌生の世界を訪ねて」ユーミンのSUPER WOMAN 最終回スペシャル 直感の旅、そして未来へ8月31日~最後の夏休み~<1><2>時をかける少女(’83)<1><2>松任谷由実 デビュー40周年 はてない夢の旅YUMING FOREVER by LESLIE KEE<1><2>ひこうき雲 / 荒井由実(’73)風立ちぬ(’13)<1><2>MASTER TAPE~荒井由実「ひこうき雲」の秘密を探る~<1><2>ひこうき雲/荒井由実(’73) ミュージッククリップ放映Dialogue / 今井美樹(’13)SONGSスペシャル 松任谷由実~生きるよろこび歌にこめて~POP CLASSICO / 松任谷由実(’13)「音楽の達人 Vol.72」~ユーミン特集~僕らの音楽 「僕らのユーミン」ユーミンの罪 / 酒井順子(’13)<1><2>あなたがいたから私がいた ユーミン×帝劇Vol.2YUMI MATSUTOYA LIVE - GYAO! MUSIC LIVE

a0116217_2238315.jpg

     <「COBALT HOURジャケット(C)(株)東芝EMI>

[PR]
by MIEKOMISSLIM | 2015-04-14 00:00 | 音楽・旅行 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://autumnnew.exblog.jp/tb/21117665
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 3928taroh at 2015-04-16 22:37
MIEKOMISSLIM さん

ご無沙汰しております。三國屋太郎です。

「金沢花紀行」私は、聞くことはできませんでしたが、
このブログからその内容を十分感じ取ることはできました。

「ビュッフェにて」当時は、全国の特急列車からほとんど
食堂車がなくなっていましたが、大阪から金沢・富山・新潟を
走っていた「特急雷鳥号」にはまだそれが残っていて、
その車内を舞台に歌詞になっていたかと思います。
私の住む場所からやや金沢寄りの、広い平野を走っている
車窓から山を見ている感じがまさにその場所だと、
彼女のラジオ番組で聞いた覚えがあります。
 その場所から、海岸線へ向かうと古びた漁港があり、
その風景が気に入っているとの話もあり、
そこは偶然にも私のお気に入りのドライブコースでも
あります。

 関東から北陸は遠いという印象が強いようですが、
私の自宅から東京駅まで3時間半。十分な日帰り圏内です。

4月18日(土)19日(日) 18時
「TOKYO FM&JFN present
 EARTH x HEART LIVE 2015」
があり、松任谷由実/秦基博/JUJU
が出演します。

土曜日に東京国際フォーラムまで出かける予定です。
長らくぶりに松任谷由実さんの歌声が聴け、
さらに他の2人の大ファンでもありますので、
夢のようなジョイントライブです。
後日、ラジオ放送もあるようです。
この土日はゆっくり東京生活を楽しみたいと
思います。

MIEKOMISSLIM さんも、ぜひ北陸へお越しください。

Commented by MIEKOMISSLIM at 2015-04-17 01:08
三國屋太郎さん、コメント有難うございます。そういえば福井在住でいらして、北陸なのですね。

「ビュッフェにて」は特急雷鳥号からの景色だったのですか、ならばやはり歌詞の中の「城下町」は金沢かもしれないですね。記事にも書いた通り、ずっと松本辺り?と思ってました。

「EARTH×HEART LIVE 2015」は知ってはいたのですがチケットは取らず、でしたけれど、ラジオ放送があるのは初耳で、教えていただいて有難うございます。22日(水)19時~21時TOKYO FMで放送のようで、是非チェックしたいと思います。東京に見に来られるとのことで、どうぞ楽しんで下さい。

そちらから3時間半、というのは新幹線利用でかと思うのですが、今回調べたら、東京~金沢ルートは他にも夜行バス便、航空便などもあったり、前より具体的に判りました。いつか桜の季節に「花紀行」聖地巡りを実行出来たら、と思っています。

Commented by 3928taroh at 2015-04-21 19:14
MIEKOMISSLIM さん
三國屋太郎です。

「TOKYO FM&JFN present
 EARTH x HEART LIVE 2015」
へ 出かけてきました。

初の東京国際フォーラムA
会場の音響の方はいまいちでしたが、
プログラム内容は楽しめました。

松任谷由実/秦基博/JUJU
三人のジョイント感が満載でした。
ラジオ番組でうまく感じが伝わると良いですが。

翌日は、三菱一号館美術館で、
「ワシントン・ナショナル・ギャラリー展」
を見てきました。印象画のコレクションなので
ご関心のある向きにはよろしいかと感じました。
日曜日の早い時刻だったので、それなりの列ができて
落ちついてみる事が出来なかったのが残念でした。

中庭の美しさが素晴らしい建物ですね。
都会の中心部であることを忘れさせてくれるような
素敵な空間でした。
お勧めの美術展がありましたら、是非ご紹介ください。
Commented by MIEKOMISSLIM at 2015-04-22 23:19
三國屋太郎さん、東京でコンサートと美術館も楽しまれたようですね。ライブのラジオ放送は、オンタイムでは聞けませんでしたけれど、無事録音は出来たようなので、近々聞いてみたいと思います。

ユーミンのジョイント、といえば大分前見に行った杉真理、須藤薫とのワンダフルムーン以来です。須藤薫も結構好きな曲がありましたけれど、一昨年他界して、残念です。

三菱一号館美術館は私は2度印象派関連で行ったことがあるのですが、レンガ造り、中庭などシックですね。「ワシントン・・」も好きな催しなのですけれど、今の所、国立・都立系美術館だと無料で入れる術があることもあって、近年それ以外は余り行きません。

お勧めといえば、国立新美術館で、波打つ薄緑ガラスの外観、広くて明るい館内とか、余り日本っぽくないムードで、アクセスも、地下鉄乃木坂駅から直通で便利です。

その他、もし個々にその画家がお好き、また興味があれば、練馬区のいわさきちひろ美術館とか、北鎌倉ですが、葉祥明美術館など、こじんまりした風情が味わえると思います。
Commented by 3928taroh at 2015-04-23 00:24
MIEKOMISSLIMさん
ライブのラジオ放送を録音されていらっしゃるのですね。
放送でも、十分内容は伝わるかと思います。ラジオ局の
ホームページに、オンエアされなかった曲も含めて
セットリストが出ています。

杉真理さんは、地元FM局開局イベントに来られていました。
須藤薫さんは私も好きで、一時良く聞いていました。
ライブで聞いてみたかったのに残念です。

国立新美術館は、できたばかりの時出かけています。あの雰囲気は外国にいる気分にさせてくれますね。他にもご紹介いただきありがとうございます。次の機会に出向いてみたいと思います。
いわさきちひろさんは、福井県武生市(現在の越前市)生まれ
なのですが、そのことはあまり知られていません。生家も残っています。(わたしも行ったことはありませんが)
地元でもちゃんと見ていない場所が多い事に、この年になって気づかされます。
Commented by MIEKOMISSLIM at 2015-04-23 23:14
三國屋太郎さん、TOKYO FMのサイトでライブのセットリストが判りました。また教えていただいて有難うございます。

杉真理、須藤薫も馴染みでいらっしゃるんですね。2人はコラボも多かったようですが、私は須藤曲の中で「RAINY DAY HELLO」という曲が飛び抜けて好きで、杉真理は、この曲の提供者、という印象が強いです。

いわさきちひろさんは福井出身、というのは初耳で、安曇野にも美術館があるのは聞き覚えあったのですけれど、そちらにも記念館などあるのですね。

私も地元で、といえば、ユーミン聖地にしても、「雨のステイション」の舞台西立川駅、またその歌碑があるというその近くの昭和記念公園なども、そう遠くはないし、いずれは、と思いつつ未踏のままです。