「ほっ」と。キャンペーン

’09年1月末AOL映画掲示板、ブログが終了、気分新たにマイペースで、音楽・芸術鑑賞、ユーミン関連、読書、英検1級対策、グルメ、仕事等含めて書いてます。英検は’11年11月に無事合格達成出来ました!

by MIEKOMISSLIM

マグリット展

先日3日(日)、国立新美術館でルーヴル展に続いて、母と2Fでのマグリット展へ移動しました。


a0116217_2284458.jpg13年ぶりの本格的回顧展で、世界各国から5章に分けて約130点の展示。

マグリット作品、私は昨年秋のチューリヒ美術館展にあった「9月16日」以来で、これまでの馴染み作品もちらほら、だけれど、

これまで覚えないモノクロ写真作品なども。<→チラシ>

こちらは待ち時間もなく、会場内そこそこに観客はいたけれど、ルーブル展程程には混雑もなし。全般に割とゆったり鑑賞。



今回一番インパクト、というと、「第2章 シュルレアリズム」にあった多分初見の「不穏な天気」(カード↓)。青空に浮かぶ椅子、チューバ、トルソー=巨大な雲?なシュールな空間、で、今回カードを買ったのはこれのみ。

a0116217_22163489.jpg
















また、「第5層 回帰」での「白紙委任状」(チラシより↓)は馴染み作品なのだけれど、やはり見る度何かしらインパクト、目を奪われたり。

a0116217_22383753.jpg




















それと、これも多分初見の「シェヘラザード」(チラシより↓)。不条理ワールドの中の、見覚えあるパール細工?の中の女性の目と唇、がスパイス。

a0116217_22453767.jpg















その他、やはり馴染みの昼夜共存「光の帝国Ⅱ」(手元のカード↓左)、恒例パターンの胞子の男性シルエットシリーズの多分初見の「上流階級」(チラシより↓右)。

a0116217_22575669.jpga0116217_2258283.jpg















母は、やはりマグリットはちょっと苦手なようだけれど、一番印象的、といえば今回ポスター(一番下)↓やチラシ裏に使われてる「空の鳥」のようで、全般に、色々トリックが不思議だけれど綺麗、とい感じ。


また今回、タッチ的に印象的だったのは「第4章 戦時と戦後」の「禁じられた世界」。ソファーに横たわる人魚姫の上半身の裸体の描き方が、まさにルノワールタッチ。

この第2次大戦へのアンチテーゼ、印象派っぽい明るい画風の「ルノワールの時代」のものは、以前のマグリット展でも人物や花の絵があったのだったけれど、

こういう風に、まさにルノワール風の裸体作品まであったとは、と、ちょっと引っ掛かった作品。

久方に見た、第5章での「レディ・メイドの花束」でのボッティチェリのプリマヴェーラ(春の女神)の再現など、デザイン的な処理だけでなく、色々多彩で器用な画家、とも改めて。

それと、会場出口にあった読売新聞特別面で、日本の漫画へ影響、と小見出しがあって、マグリット没後2年の’69年に、週刊少年マガジンが15ページのカラー特集したり、

’70年に「白紙委任状」風表紙にしてたり、藤子不二雄氏もマグリットのファンで、巨岩が宙に浮かぶ絵にヒントを得て「マグリットの岩」という短編を発表したりしていた、とかどその影響の幅広さ、というエピソードも。


そういう所で、ルーヴル展に続いて、こちらのマグリット展もモダンでシュールな味わい、一時リフレッシュ感、でした。

公式サイト:マグリット展 公式サイト
関連記事:画家と庭師とカンパーニュ(’07)アントワープ王立美術館コレクション展中間テスト対策終了(’10、2学期)YUMING FOREVER by LESLIE KEE<1>チューリヒ美術館展

a0116217_21294449.jpg

           <会場のポスター>

[PR]
by MIEKOMISSLIM | 2015-05-05 22:50 | 芸術 | Trackback(4) | Comments(2)
トラックバックURL : http://autumnnew.exblog.jp/tb/21195926
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 京の昼寝〜♪ at 2015-05-08 18:49
タイトル : 「マグリット展」/国立新美術館
「マグリット展」/国立新美術館 【国立新美術館(2015/3/26撮影)】 ルーヴル展に行ったときから気になっていた「マグリット展」。期待通りの素晴らしい展覧会でした。平日にもかかわらず、結構混んでましたよ彼の本格的な回顧展は東京では13年ぶりとか。前回、見ら...... more
Tracked from dezire_photo.. at 2015-05-17 14:39
タイトル : 夢とは遊びの世界を描いたシュルレアリスムの魅力
シュルレアリスム展 Surrealisme exhibition -Paris Pompidou Centre possession work exhibition パリ・ポンピドゥセンター所蔵の傑作が来日し、六本木の国立新美術館で、シュールリアリズム美術の全貌が見られる美術展が開催されていたので、鑑賞してきました。「シュルレアリスム展」のシュルレアリスムはフランス語ですが、日本では、英語流にシュールリアリズムと一般的に呼ばれているので、以下使い慣れたシュールリアリズムという言葉を使って書...... more
Tracked from 雲母(KIRA)の舟に乗って at 2015-06-02 23:24
タイトル : 「マグリット展」
六本木トンネルの中には魔法使いの出入り口があった。 この街には、シュルレアリスムの絵がよく似合う。 人の目に自分の思考や行動を規定する“枠”がどう映るのか? 都会の中で人の意見にいちいち惑わされていては 本当の自分が闇の世界に押し込まれてしまう。 何が大切で、何を求めて生きているのか。 従来の“枠”を飛び超え、独自の世界への扉を開くには、ぶれない個を確立すること。 君にゆさぶりをかけにきたなんて、縁起でもない。 人生は試練の連続なのさ。 今日もまた、そうやってうそ...... more
Tracked from dezire_photo.. at 2015-06-21 12:11
タイトル : 既成概念から絵画の解放に挑戦したシュルレアリスムの巨匠
ルネ・マグリットRené Magritt 20世紀を代表するシューリアリスムの巨匠・ルネ・マグリットの大規模な回顧展が、東京の国立新美術館で開催されました。ブリュッセルのマグリット美術館の全面的な協力を経て世界各地から初期から晩年までマグリット芸術の変遷をたどる130点の作品が集結し、マグリット芸術の変遷と全貌をたどることができました。... more
Commented by desire_san at 2015-06-21 12:10
こんにちは。
いつも知性あふれるブログを興味を持って読ませていただいています。「白紙委任状」は一見美しい絵ですが、なぜこのような題名がつけてあるかという眼て見ると、インパクトがありますね。「シェヘラザード」についての見解、全く同感ですね。いろいろ機知に富んでいるところがおもしろいですね。

私のマグリットの芸術について感じたところを書いてみました。呼んで見て頂きご意見やご感想などコメントいただければ幸いです
Commented by MIEKOMISSLIM at 2015-06-22 19:29
desire_san さん、コメントとトラックバック有難うございます。今回のマグリット展をご覧になったのですね。

あの絵に「白紙委任状」、というのも、なかなか粋なタイトルですね。後日そちらの記事を拝見してから、コメント欄に伺いたいと思います。