「ほっ」と。キャンペーン

’09年1月末AOL映画掲示板、ブログが終了、気分新たにマイペースで、音楽・芸術鑑賞、ユーミン関連、読書、英検1級対策、グルメ、仕事等含めて書いてます。英検は’11年11月に無事合格達成出来ました!

by MIEKOMISSLIM

イバラードへの旅 第18回 井上直久絵画展 

先日3日(日)、国立新美術館でルーヴル展、マグリット展に続いて、母と池袋に移動、池袋東武1番地 美術画廊でやっていた井上直久展に行ってきました。


入口の提示では、今回テーマは「光満ちる」のようで、あふれる陽光、優しく輝く灯火、心ひかれる窓辺・・様々な光がメッセージを紡ぎます、とのことで。

会場では、案内カードにあるイベントの日時ではなかったけれど、井上氏が作品のライブペインティング中で、描きながら傍らの女性達に、

スランプになったら(だと思ったら?)別の絵を描く、別の絵を描けるんだからスランプじゃない・・ようなことを和やかにに話しながら、

私達は今回特に接触しなかったけれど、グッズを買ったお客さんにテーブル挟んでサインをしたりしながら対応、スタッフの女性と話してたり、例によって快活な様子。

今回一番気に入ったのは、案内カードにもあった「光満ちて」(↓)。宵闇の中の欧風の建物、その仄かな灯火、それを移す水面、など藍色~パープル+抑えめのピンク混りのファンタジックな空間。

前にも触れてたけれど、どうも私はピンクなしか、あっても抑えめ色調の井上作品が好みで、これはまさに絶妙色彩バランス、歴代井上作品の中でも、好感度高いかも。

その他、やはり多層海シリーズの、母と娘がいる「多層階春風」、先日恵比寿での絵画展で一番インパクトだった「多層海 伸びゆく峰」や、「多層海望郷」、

女性が庭園を歩いてくる「水の庭」、めげゾウシリーズの「象と語る2014」、「歓びのメリーゴーラウンド」など。奥のスペースには、オーソドックスな田圃などの風景画も。

母は、特にどれが、というのは聞かなかったけれど、ルーヴルやマグリットの西洋画もいいのだけれど、正直こういう絵の方が親しみやすい、のような感想。


そういう所で、この日ルーブル展~マグリット展~井上直久展と、今回この日の美術巡りでリフレッシュイベントのGWでした。

関連サイト:井上直久の世界 サイト
関連記事:イバラード時間(’07)井上直久新作展中間テスト対策終了(’10、2学期)ジブリ創作のヒミツ~宮崎駿と新人監督 葛藤の400日イバラードへの旅 第15回 井上直久絵画展イバラードの旅 第16回 井上直久絵画展イバラードの旅 井上直久絵画展井上直久 イバラード ラピュタ展第17回 井上直久絵画展イバラードの旅 井上直久絵画展

a0116217_19311645.jpg

         <案内カード 「光満ちて」(C)INOUE Naohisa>

[PR]
by MIEKOMISSLIM | 2015-05-08 20:22 | 芸術 | Trackback(2) | Comments(0)
トラックバックURL : http://autumnnew.exblog.jp/tb/21206342
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from dezire_photo.. at 2015-05-17 14:34
タイトル : 夢とは遊びの世界を描いたシュルレアリスムの魅力
シュルレアリスム展 Surrealisme exhibition -Paris Pompidou Centre possession work exhibition パリ・ポンピドゥセンター所蔵の傑作が来日し、六本木の国立新美術館で、シュールリアリズム美術の全貌が見られる美術展が開催されていたので、鑑賞してきました。「シュルレアリスム展」のシュルレアリスムはフランス語ですが、日本では、英語流にシュールリアリズムと一般的に呼ばれているので、以下使い慣れたシュールリアリズムという言葉を使って書...... more
Tracked from dezire_photo.. at 2015-06-21 11:57
タイトル : 既成概念から絵画の解放に挑戦したシュルレアリスムの巨匠
ルネ・マグリットRené Magritt 20世紀を代表するシューリアリスムの巨匠・ルネ・マグリットの大規模な回顧展が、東京の国立新美術館で開催されました。ブリュッセルのマグリット美術館の全面的な協力を経て世界各地から初期から晩年までマグリット芸術の変遷をたどる130点の作品が集結し、マグリット芸術の変遷と全貌をたどることができました。... more