「ほっ」と。キャンペーン

’09年1月末AOL映画掲示板、ブログが終了、気分新たにマイペースで、音楽・芸術鑑賞、ユーミン関連、読書、英検1級対策、グルメ、仕事等含めて書いてます。英検は’11年11月に無事合格達成出来ました!

by MIEKOMISSLIM

杉並弦楽合奏団 第58回定期演奏会

昨日、近くのセシオン杉並で杉弦定期演奏会、都合も合ったので、母と行ってきました。


a0116217_16442586.jpgこの定期演奏会は、昨年は都合合わず結局行っていなくて、一昨年の55回以来。

今回指揮は、任期2年の規定で、今回最後となるらしい三原明人氏、ゲストソリストは、オーボエの久寿米木(くすめぎ)知子さん。

パンフレット(→)での写真はややお若い頃のだったようで、それよりはふくよかな風貌、3曲目にブルーのドレスで登場。


演奏曲目は、

★M.ブルック:スウェーデン民謡による弦楽セレナード ハ短調 作品89
ⅠMarsch, Allegro moderato
Ⅱ Andante
Ⅲ Allegro
Ⅳ Andante sostenuto
Ⅴ Marsvh, Allegro noderate

★S.ハーバー:弦楽のためのアダージョ

★T.アルビノーニ:オーボエ協奏曲 第2番 ニ短調 作品9-2
Ⅰ Allegro e non Presto
Ⅱ Adagio
Ⅲ Allegro

★P.I.チャイコフスキー:弦楽のためのセレナード ハ長調 作品48
Ⅰ Pezzo in forma di Sonatina
Ⅱ Waltz
Ⅲ Elegie
Ⅳ Finale 

アンコール

 J.S.バッハ:管弦楽組曲第3番ニ長調 BWV106 第2楽章「アリア」


やはり休憩はさんで2時間弱。

今回曲名が浮かぶ曲はなかったけれど、聞き馴染みあったのは、チャイコフスキー「弦楽のための・・」の冒頭のメインフレーズ、

   

そしてアンコールのバッハの「アリア」。母は、その「アリア」は何となく聞いたことがあるような、という所。 

   

そして、今回一番インパクトは「オーボエ協奏曲・・」。うねる曲調での、余りまじまじとソロで聞いた記憶ないオーボエの独特の音色と、管弦楽のアンサンブルが、なかなか趣あって聞き応え。

   

その他、2曲目のハーバーの「弦楽のための・・」は、J.F.ケネディ葬儀や、昭和天皇崩御の時に演奏されて、哀悼曲のイメージらしく、確かにそういう曲調だったけれど、

本来は、第2次大戦前の不穏な時期に、ハーバーが平和を願って自分で編曲、ベトナム戦争で多くの犠牲者が出た時にも再び編曲した、祈りの曲、だったそうで。


そういう所で、やはり杉弦の演奏会は、先日の杉並ウインドハーモニーのように、エンタメ的な演出や、親切な曲の紹介などはなく、オーソソックスな進行だけれど、

いつもながら空間を静かに震わす弦楽器+オーボエの音色に、リフレッシュなひとときでした。

関連サイト:杉並弦楽合奏団 サイト
関連記事:杉並弦楽合奏団 第49回定期演奏会オペラガラコンサート~セラータ・ムジカーレ Tokyo Play Opera 第30回定期演奏会 御坊混声合唱団第5回・第7回定期演奏会(’81)(’84)杉並弦楽合奏団  創立25周年記念 第50回定期演奏会杉並弦楽合奏団 第51回定期演奏会日本フィル出張コンサート杉並弦楽合奏団 第52回定期演奏会第18回 フィルモアコンサート杉並弦楽合奏団 第53回定期演奏会杉並弦楽合奏団 第54回定期演奏会色とりどりのコンサート第19回 フィルモアコンサート杉並弦楽合奏団 第55回定期演奏会杉並ウインドハーモニーアンサンブル 第12回定期演奏会第20回 フィルモアコンサートBrio Brass Band 第5回定期演奏会杉並ウインドハーモニーアンサンブル スプリングコンサート2016

[PR]
by MIEKOMISSLIM | 2016-06-12 17:17 | 音楽 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://autumnnew.exblog.jp/tb/22898863
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。