「ほっ」と。キャンペーン

’09年1月末AOL映画掲示板、ブログが終了、気分新たにマイペースで、音楽・芸術鑑賞、ユーミン関連、読書、英検1級対策、グルメ、仕事等含めて書いてます。英検は’11年11月に無事合格達成出来ました!

by MIEKOMISSLIM

カテゴリ:グルメ・仕事・勉強( 1 )

一昨日まで京王新宿店で「福井県[越前・若狭]の物産と観光展」をしていて、出来れば、と思ったのですが行けずじまいでした。でも母はちょっと覗いてきたようで、羽二重餅とおかきを買ってきてくれました。この方面のでは、最近は昨年6月に富山・福井・石川の「北陸3県」展に行って、富山の「ブラックつけ麺」を食べてたのでした。

a0116217_16565764.jpg福井は、学生時代に一度小浜に小さな電車で行った事がありましたが、観光で、でもなく日帰りだったし、ほとんど印象残っていません。特産の羽二重餅(→)は、余り食べた覚えありませんでしたが、小振りの直方体で、水飴+砂糖のあっさり風味、口の中ですぐとける柔らかさで上品なミニ和菓子、という感じ。おかきは、地元の「吉村甘露堂」製造の「よしむらおかき」で、ブラックペッパー味で、歯応えあって素朴風味でした。

広告チラシだと、やはりイートインの「紅ずわいがに豪快巻き」「越前鯖の棒寿司」等目に付いて、魚介類メイン、のイメージでしたが、そう生産上位県でもなさそうですが福井は米所の1つでもあって、他に煎餅等、そういう菓子類も豊富だったのでした。また「匠の郷」「屈指の工芸県」等の見出しもあって、若狭塗や越前漆器の食器、レトロな蛇の目洋傘、手書きろうそく、等渋い品々も。

相変わらず、受験対策ラストラン中で、なかなか予定通りにはいかないなりに進めてますが、昨日、浪人生の某私大の去年の過去問の英語で、矢沢永吉記事が1番読解問題にあり、日本のミュージシャントピックはちょっと珍しい、と。出典は’07年6月の日経ウイークリーでしたが、出題者は(元)ファンなのだろうと。浪人生も無論「矢沢」は知っていても、やや暑苦しい、というのか、ギャップが、等と言っており、今時の草食系世代は、ハングリーに滲む”熱さ”には反応しにくそうで。

「E.YAZAWA ROCK」は見逃したのでしたが、先月某私立中のH18年度過去問の国語読解で、梨木果歩の「西の魔女が死んだ」からの出題文があり、祖母が少女から、死ぬことへの怖れをゆっくり取り除いている会話、という場面。これは映画化作品が、タイトルからして「オズ・・」繋がりそうでもあって興味あったり、試写会に当たったものの都合つかず見送ったままだったし、この機会にDVDで、と思いたったのでしたが、結局未見のまま返却、また後日仕切り直しで、と。

(C)(株)角川書店
a0116217_19424664.jpgこの「西の魔女・・」は昨年度も同学校の作者ー作品問題にもあり、同年や一昨年に「博士の愛した数式」(小川洋子)、「キッチン」(吉本ばなな)、「バッテリー」(あさのあつこ)、「しゃべれどもしゃべれども」(佐藤多佳子)、「僕らの7日間戦争」(宗田理)、「少年H」(妹尾河童)、「ブレイブ・ストーリー」(宮部みゆき)、「半パン・デイズ」(重松清)等出題で、これは最近のも含めて割と本好きでないとキツそうな、という気はしましたが、対策してる小6生は、冒険物以外は余り読んでないし、映像化もそう見てないし、重松清の名だけは何かで聞いた事が、という所でした。

2/2追記:その生徒は昨日その学校入試、今日、明日の中高一貫校適性検査練習に少しだけ来て、残念ながら昨日のは×、問題を持ってきて、国語の最初の漢字だけチェック、作者ー作品問題は幸いなかったようですが、どの科目も全体に過去問よりは結構難しかった、と。

そもそもが全部チャレンジ校、という感じで、今日受験校の方が本当は難関ですが、まだ易しかった、たまたま昨日出題で出来ず、友達が試験後チェックしてたのを見ていた漢字が出た、とか、社会で、漢字で、と言われたらアウトだった人名が全部記号問題だった、等と、ラッキーもあってまあそれなりのよう?でしたが、これは明日午前発表、×なら明後日の2回目受験予定です。

先日、作者ー作品問題の時、吉本ばななの事等は少し触れて、ついでに、シンプルで子供でも本番集中力アップに効くかも、というエッセイ中の短い2語フレーズを話したのですが、忘れてたので、一応再度言っておきました。昨日は親御さん共沈み気味だったようですが、本人は今日の感触もあってか割とサバサバ、でも適性練習していても、注意力不足ミス連発、まあ今に及んでどうとも、で、ありきたりですが、残りも悔いはないように、と送り出しました。

関連サイト:http://item.rakuten.co.jp/shop291/10000099/http://yoshimuraokaki.jp/
関連記事:ルーヴル美術館展 美の宮殿の子供たちSONGS 矢沢永吉<1><2>キッチン(’89)kitchen キッチン(’97)よしもとばなな

a0116217_14202525.jpg
  
[PR]
by MIEKOMISSLIM | 2010-01-28 00:00 | グルメ・仕事・勉強 | Trackback | Comments(0)