「ほっ」と。キャンペーン

’09年1月末AOL映画掲示板、ブログが終了、気分新たにマイペースで、音楽・芸術鑑賞、ユーミン関連、読書、英検1級対策、グルメ、仕事等含めて書いてます。英検は’11年11月に無事合格達成出来ました!

by MIEKOMISSLIM

カテゴリ:ドラマ( 1 )

鈴子の恋(’12)

今年に入って始まった、フジの昼ドラ「鈴子の恋」が先週金曜で最終回。これは先日「SONGS 松任谷由実~2012春スペシャル~」でも触れてたように、テーマ曲がユーミン新曲「恋をリリース」、という興味もあって見始め、オンタイム、録画、動画サイトなどでほぼ全編追ってきました。

連ドラを通しで見たのは、'思えば’08年「風のガーデン」以来。本名日向鈴子、だったミヤコ喋々さんの伝記で、私は本人の姿は薄っすら覚えある程度、’00年に亡くなってて、にわかに出演シーンは浮かばないけれど、その前年の市川作品「大阪物語」に出てたのだった、と。


この人の伝記物、というのは初見、戦時中の混乱の時代の波もあったり、芸人、一女性として結構波乱の人生模様。

序盤、美山加恋演じた子役時代から、旅一座「日向鈴子一座」の看板を背負ってて、幼くして大人の座員から”座長”と呼ばれるだけの自覚、芯の強さ、というのは垣間見えたり。

生い立ちも、父(片岡鶴太郎)が、彼女を連れて義理の母(浅野ゆう子)と駆け落ち、という過程のため、実の母(多岐川裕美)、兄(真山明大)と幼くして生き別れ。後に再会するけれど、一少女としてのその家庭での平凡な幸せ人生よりは、舞台での道を選ぶ、という自らの決断。

そしてこの頃は、筑豊のバイオリン少年良太(西井幸人)との淡い純愛、だったけれど、さすがに昼ドラ、そういうテイストから次第に、旅一座の中でも色々恋愛沙汰の様相、

大人になったヒロイン鈴子(映美くらら)自身も、劇場の息子佐伯(木村了)と駆け落ち、別れさせられたり、三遊亭柳枝(神保悟志)との不倫、略奪愛、相手の浮気で別れ、弟子だった南都雄二(山崎樹範)と結ばれ、でも再び相手の浮気で別れ、と、それなりにドロドロ展開。

最初の結婚の辺りで、見るのは止めようか、と思いつつ、まあ毎回部分的にだけれど流れるユーミン曲絡みで見始めた、というのもあったし、いっそ、と、結局ラストまできていた、という所。


4/4追記:中国遠征での、ミス・ワカナ(三倉佳奈)、春夫(佐野和真)との「笑わし隊」漫才辺りから、またその後”ミヤコ喋々”の名を持って、ますます、”芸人”になっていった感じの鈴子。

恋模様で、柳枝との関係は、そもそも彼の方から強引に誘惑、一途ゆえに不倫にはまって突っ走ってしまった、面もあるけれど、その時妻(岩橋道子)から言い渡された通り、奪ったものは後で必ず報いを受ける、という定石通りになってしまって、皮肉だけれど自業自得、という感じ、

でもまだその頃は、微妙な関係の時、仕事上のコンビを躊躇ったり、子供まで作る浮気で裏切られた時には、ショックの余りヒロポンという薬中毒になってしまったり、混乱して苦しんだりもしていたけれど、

南都雄二との頃は、やはり同様の浮気をされて結婚生活が破綻した後も、彼と「夫婦善哉」のペア司会を客の前で明るくこなしていく、凄まじい、というか、一女性としては何だか痛々しいまでのプロ根性。

終盤、彼女に接近するプロデューサー田淵(田中幸太郎)が、柳枝も雄二も、芸人としては絶対妥協しないけれど、女性としてはとことん尽くす、そんな彼女が併せ持つギャップに、付いていけなくなったのでは、と指摘してて、

要は彼らの器の狭さ、甲斐性のなさ+彼女の懐の広すぎ、と言ってしまえばそれまでだけど、雄二と浮気相手郁子(宮下ともみ)の家にも訪問して、嫌味な風でもなく、その子供2人と明るく接触する、まるで雄二の母の立場、でもあるかのようなシュールなシーンも。

結局劇中、病死した柳枝、雄二のそれぞれの最期を看取ったのは彼女、他の女性に走りながら、その女性達にも愛想つかされて、戻る場所が彼女の所だった、というのも皮肉、余りに勝手すぎ、だけれど。

また終盤、そんな彼女の、芸人、女性としての両面を受け入れつつあるスタンスだった田淵も、郁子との関係も並行させてたり、何だか、という感じ。


でも、そういう世俗まみれの男性陣とは異質な存在、ラブストーリーとして唯一、ピュアな味付けした印象なのが、初恋の相手の良太(鈴木裕樹)。

裕福な家庭に育ちながら家が破産、戦争で手を負傷、バイオリンを弾けなくなりつつも、音楽家として頭角を現して、「荒野の女神」という曲で名を知られ、それを耳にした鈴子(喋々)が、詞を変えて歌い、

良太の勧めもあって、「女神のワルツ」として自分の持ち歌に。最終回含め、彼女がステージでこの歌を歌うシーンが何度かあって、劇中、ちょっと印象的だった哀愁の曲。

私は映美くららは初見、元宝塚娘役No.1とのことで、昼ドラヒロインにしてはピュアな方か、さすがに華あるムード、勝手な男達に「あほ!」を連発、女性として翻弄されたり激しさ、情、芸人としてのきっぷのよさを見せたりしてたけれど、この歌のシーンが一番インパクトかも。

実際こういう、ミヤコ喋々曲があったんだろうか、と、ちょっと検索したら、どうもこの坂巻良太自体、架空の人物らしく、この曲も、番組のためのオリジナル曲で、作詞は脚本担当の大石静、作曲は番組の音楽担当の森英治ではないか、とのことで。

まあ実話ベースのみでの、男達の無節操さに振り回される女性としての悲哀が、この架空の、結ばれることはなかったけれど、時をかける純愛で、緩和された、というか。この人物を話に折り入れたのは、なかなかの構成だったのでは、とも。


脇役陣で印象的だったのは、放送開始後数日目に、漫才師ミス・ワカナ役がマナカナの片割れ三倉佳奈、と気付いて、姿も久方だったけど、大人になって、単独でも出るようになったんだ、と思ったり。「GSワンダーランド」で見かけた時は、2人ペア出演だったけれど。

あと柳枝の浮気相手の美麗役は、後で「旅の贈りもの 0:00時発」で孤独な少女役だった、多岐川華子だった、と知って、絡みは全くなかったけれど、鈴子の実母役の多岐川裕美と母娘共演だったのだったり、

また子供時代の鈴子役の美山加恋もなかなか芸達者、私は初見かと思ったら、すでに「いま、会いにゆきます」に、息子役武井証の友人役で出てたのだったと。


4/5追記:そして、ユーミンテーマ曲「恋をリリース」。ユーミン曲のこういう時間帯のテーマ曲、というのは、覚えある限り、大分前のNHK銀河テレビ小説「夏の故郷・幻のぶどう園」の「晩夏(ひとりの季節)」以来。

今回の内容にしてはややポップすぎ、に感じた時もあったけれど、しんみりした曲だったとして、かえって重くなって難しかった気もするし、

実際手痛い失恋、でもこういう風に明るいテンポで、相手にエールを送って、自分も前に、というのが、結果的に、相手に振り回され傷つきながらも、深い懐で、波乱を走りぬいたミヤコ喋々的スタンスにマッチしてた感じで、

やはり近年の「RAILWAYS・・」2作のテーマ曲同様、注目の場で”はずしてない”曲を持ってくるのはさすが、というか。
         
         

もし既成ユーミン曲なら似合いそうなのは、とちょっと考えてみたけれど、もろ失恋ソング、でも合わないし、なかなか難しく、当面引っ掛かるのは「恋の一時間は孤独の千年」「とこしえにGood Night(夜明けの色)」「二人のストリート」とか。


そういう所で、ユーミン曲絡みでの久方の連ドラ鑑賞、まあ全般的に恋物語としては、何だか、という後味でしたけれど、伝説の芸人ミヤコ喋々題材で、

昭和前期のTVが広まる前の娯楽としての色々舞台シーン、その裏側や、「女神のワルツ」などの音楽の味付けなどもあって、約3ヶ月間、それなりに味わいでした。

関連サイト:東海テレビ 鈴子の恋「鈴子の恋」オリジナル・サウンドトラック EMI Music Japan(試聴可、「女神のワルツ」は最終曲。右画面の音楽をミュートにしてからの方が聞き易いです。)、Amaozn 「恋をリリース/松任谷由実」
関連記事:大阪物語(’99)~追悼・市川準監督~GSワンダーランド(’08)蒼き狼~地果て海尽きるまで~(’07)恋愛寫眞(’03)東京フレンズ(’06)テニスの王子様(’06)シュガー&スパイス 風味絶佳(’06)天国の本屋~恋火(’04)ミラクルバナナ(’06)どら平太(’00)理由(’04)ラストラブ(’07)笑う大天使(ミカエル)(’06)博士の愛した数式(’06)それでもボクはやってない(’07)旅の贈りもの 0:00時発(’06)子ぎつねヘレン(’06)犬と私の10の約束(’06)ハッピーフライト(’08)松任谷由実EXPOドームライブあの歌がきこえる「魔法の鏡」「海を見ていた午後」「卒業写真」松任谷由実コンサート THE LAST WEDNESDAYさよならみどりちゃん(’04)瞳を閉じてプレミアム10 松任谷・寺岡・ゆず等シャングリラⅢYuming Films(’07)「いちご白書」をもう一度(’75)ユーミンと映画・市川準監督TRANSIT2009チケットMusic Lovers・SONGS 松任谷由実<1><2>そしてもう一度夢見るだろう/松任谷由実(’09)・No Reason~オトコゴコロ~/高橋真梨子(’09)探検ロマン世界遺産 ユーミン×世界遺産TRANSIT2009コンサートShout at YUMING ROCKS('09)VIVA!6×7/松任谷由実(’04)クリスマスの約束(’09)時をかける少女(’10)音楽のチカラ「青春の言葉 風街の歌 作詞家 松本隆の40年」RAILWAYS 49歳で電車の運転手になった男の話(’10)クリスマスの約束(’10)ミュージックポートレイト~人生が1枚のレコードだったら東日本大地震<2>Music Lovers 松任谷由実松任谷由実のオールナイトニッポンTV4僕らの音楽 松任谷由実・薬師丸ひろ子・おすぎMUSIC FAIR 松任谷由実NHK 東日本大震災チャリティー企画 ユーミン×SONGS 「春よ、来い」プロジェクトSONGS 松任谷由実RoadShow/松任谷由実(’11)手のひらの東京タワー/松任谷由実(’81)押入れの整理<1> <2><3><4>RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ(’11)SONGS 沢田研二ザ・タイガースを歌う春よ、来い in 紅白歌合戦SONGS 松任谷由実~2012春スペシャル~
<スレッドファイルリンク(ここでは「蒼き狼~地果て海尽きるまで~」「理由」「ラストラブ」「子ぎつねヘレン」「博士の愛した数式」「犬と私の10の約束」)は開かない場合あるようです。>


      
[PR]
by MIEKOMISSLIM | 2012-04-03 23:12 | ドラマ | Trackback | Comments(0)