Something Impressive(KYOKOⅢ)


<   2014年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧



さびしんぼう(’85)

昨日、近くの成田図書館映画会で「さびしんぼう」上映、都合も合ったので見てきました。

随分久方の、尾道三部作の一つ、二役の富田靖子が制服姿で自転車を走らせる楚々とした美少女ぶり、オーバーオール姿で出没する謎の「さびしんぼう」を、主人公の少年が雨の中で抱えるシーン、など、断片的に浮かんだり、

モチーフの「別れの曲」のメロディが相まって、切ない珠玉の名作感、はあるのだけれど、やはり先日の「小さな恋のメロディ」ほどではないにしても、詳細ストーリーは結構記憶薄れてて、見ていくうちにああそうだったんだ、ということが多々。


4年前、この作品のルーツ、大林監督が少年時代感銘を受けたショパンの伝記映画「別れの曲」を見ていたのだったけれど、

今回見終わって今にして認識変わったのは、改めて、この「さびしんぼう」は、「別れの曲」という曲をモチーフにした、というよりは、創り手側のこの曲へのオマージュだった、ということ。

          


4/28追記:そして、核になるヒロキ(尾美としのり)と橘百合子、さびしんぼう(富田靖子)の絡み以外、序盤~中盤と、学園シーンや家のシーンで、イメージよりもユーモラスな場面も多い作品だった、とも改めて。

3人組ヒロキ、バック転しまくりのマコト(砂川真吾)、カズオ(大山大介)が、校長室のオウムに「たんたんたぬきの歌」を吹き込んでのひと騒動、一癖ありげな教師吉田(岸部一徳)、何故かスカートがしょっちゅう落ちる木村(秋山リサ)、エキセントリックなPTA会長(入江若葉)や、

ヒロキの父(小林稔侍)の、後半のヒロキとの入浴シーン以外は無表情なマイペースぶり、母タツ子(藤田弓子)の豪快な母ぶり、チョイ役だったけれど、さりげなくカズオの父役に峰岸徹、とか、

雨野テルエ、ユキミの濃いキャラ母子役で登場の樹木希林、小林聡美なんて、この2人って、実は似てたのだった、というのも可笑しかったり。主にコミカルな役回りの脇役陣も、なかなか多彩な顔ぶれ、と改めて。

また似てるといえば、タツ子とさびしんぼうの関係も、今回、そうだったのだった、と改めて、だけれど、富田靖子って、メイク次第では、藤田弓子が入ってたのだった、とか、

神出鬼没で自由奔放なさびしんぼうによって、タツ子、雨野母子と巻き起こすドタバタ劇など、ここまでユーモラスエキスもあった、というのは、どうも記憶になく、改めて、という感じ。


そして、核になるヒロキと百合子との純愛。ヒロキがカメラのレンズごしに覗いていたマドンナとの接近、でもこの百合子も幻のような謎の少女で、実質恋愛以前の仄かな関係、に留まるのも品の良さ、というか。

その百合子の”寂しげな風情”と、ヒロキを見守るユニークキャラさびしんぼうの、16才という時期の化身である身の漂わす、そこはかとない寂しさの対比、というのも印象的。

この二役を演じた富田靖子は、この2年後の「BU・SU」での、”閉じた美少女”麦子役とはまた違う、デビュー作「アイコ16歳」の延長で、多彩な表情を見せて、彼女の魅力+大林監督の「別れの曲」への愛着あって生まれた作品、と改めて。

ヒロキを演じるこの作品での尾美としのりは、高校生にしては女の子に対して純朴、全く美少年風でもなくそこらにいそうな現代っ子少年、だけれど、ふとした表情が誰かに似てる、と思って、しばらくして、折に羽生結弦くんをふっくらさせたような感じも、と。


ちょっと鼻についたのは、父から「別れの曲」を自分にピアノ練習させる母の事情を聞いたり、さびしんぼうの出現で、ヒロキの普段しょっちゅう愚痴られてる母に対する見方は柔らかくなった、という程度かもしれないけれど、

さびしんぼうのヒロキへの目線、思いの解釈によっては、まあ母と息子の深い絆、といえばそうなんだけれど、一人息子への心の奥の癒着、「逆マザコン」という気もして、そこら辺やや引き気味、というか鼻白んだ所。

百合子は登場せず、ヒロキ、母、さびしんぼうのエピソードの話らしい原作の山中恒の「なんだかへんて子」は未読で、そこら辺ルーツはどうだったのか?なのだけれど。

でも大筋的には、昔ショパンが紡ぎ出した「別れの曲」に絡んで、百合子~ヒロキ~タツ子の思い出、と繋がって、寡黙ながらそれを尊重する父の姿勢、ヒロキの未来図まで示唆して、

終盤、目に見えずとも”受け継がれていく(べき)もの、思い”という、大林作品らしい鈍直な温みも漂っていたり。やはりなかなか隅におけない作品、という感じ。


そういう所で、やはり「小さな恋のメロディ」同様、前述のように、染みの「別れの曲」旋律と共に懐かしい珠玉の名作感、はあっても、今見て改めてそうだったのか、ということや、新たに思う所も多かったこの作品。

例の細い坂道や階段、階段の上のヒロキ一家の寺、簡易フェリーが行き交う素朴な海辺の風情、など尾道の舞台もストーリーと相まって郷愁、



今や、尾道三部作、新尾道三部作などそうTV放映というのもなさそうだし、録画が手元にあるのは「時をかける少女」のみ、あえてDVD借りて、というのも考えにくいし、なかなかこういう機会でもない限り再見、という機会も難しそうで、

この図書館では以前にも大林版「時をかける少女」、高円寺図書館で「北京的西瓜」上映を見たのだったけれど、特に大林特集とかでなくても、私の行ける日にまた、マイベスト大林作品「ふたり」、「廃市」「はるか、ノスタルジィ」辺りなど、上映してくれれば嬉しいのだけれど、とも思えた今回の鑑賞でした。

関連サイト:Amazon 「さびしんぼう」成田図書館 映画会象のロケット 「さびしんぼう」
関連記事:理由(’04)転校生 さよならあなた(’07)22才の別れ Lycoris葉見ず花見ず物語(’07)東京国際映画祭で気になった作品北京的西瓜(’89)その日のまえに(’08)時をかける少女(’83)<1><2>別れの曲(’34)

BU・SU(’87)ー追悼・市川準監督ーkitchen ~キッチン~(’97)ロード88 出会い路 四国へ(’04)あ・うん(’89)白い船(’02)ハート・オブ・ザ・シー(’03)ミラクルバナナ(’05)それでもボクはやってない(’06)世界はときどき美しい(’07)監督ばんざい!(’07)歓喜の歌(’08)ビルマの竪琴(’85)(「市川崑物語」スレッドの11)、海へ~See you~(’88)のど自慢(’99)珈琲時光(’03)武士の一分(’06)埋もれ木(’05)フラガール(’06)寝ずの番(’06)バッテリー(’07)HERO(’07)アルゼンチンババア(’07)犬と私の10の約束(’08)SONGS 沢田研二Part1Part2大阪物語(’99)ー追悼・市川準監督ー病院で死ぬということ(’03)ー追悼・市川準監督ー東京日常劇場<哀愁編>('91)-追悼・市川準監督ーSONGS JULIE WITH THE WILD ONES<1><2>SONGS 沢田研二 ザ・タイガースを歌うGSワンダーランド(’08)ハッピーフライト(’08)まほろ駅前多田便利軒(’11)天国の本屋~恋火~(’04)ぼくたちと駐在さんの700日間戦争(’08)あなたへ(’12)ざわざわ下北沢(’00)東京タワー~オカンとボクと、時々オトン(’07)東京マリーゴールド(’01)チェケラッチョ!!(’06)竜馬の妻とその夫と愛人(’02)かもめ食堂(’06)めがね(’07)

時をかける少女(’97)時をかける少女(’06)時をかける少女(’76)時をかける少女(’10)


    
[PR]
by MIEKOMISSLIM | 2014-04-27 19:52 | 邦画 | Trackback(1) | Comments(0)


小さな恋のメロディ(’71)

昨日、近くの成田図書館の映画会で「小さな恋のメロディ」上映、この近隣図書館映画会も久方、都合も合ったので、今年になって初めて見てきました。


この作品は、子供の頃多分劇場で見て、ラストの2人が広い野原のような所をトロッコで行くシーン、ビージーズの「メロディ・フェア」だけは覚えあったけれど、どうも詳細は浮かばず、

上映前、上映室にあった関連本で粗筋を読んで、本編を見ていくうちに、こういう流れだったんだ、と改めて。

見た当時は幼い恋、純愛ものとして割と好感だった覚え、その後マーク・レスターが出てた「卒業旅行」(’73)という邦画も見て、それは地元の劇場で見たのをもっとはっきり覚えてて、

前ブログ記事にも、初期に見た映画の中で印象的だった作品、として挙げてたのだけれど、その「卒業旅行」も今となっては物語は全く浮かばず、断片的に海のシーンや挿入曲のメロディが浮かぶのみ、やはり結構忘れてるものだ、と。


主人公ダニエル役マーク・レスターは、やはり金髪巻き毛でキュートさ満載、相手のメロディ役トレーシー・ハイドも嫌みない伸びやかな美少女ぶり、

2人の出会いは、女子がダンスレッスンをしている所を、ダニエルが友人オーンショー(ジャック・ワイルド)らと共に覗き見してて、踊ってるメロディに魅かれる、という、マイベスト映画「ジェレミー」に似た設定だったのだったけれど、

「ジェレミー」の方がこの「小さな恋・・」の2年後、もしかしてその出会いシーンルーツはこの作品だったのかも、と今にして。

こちらは「ジェレミー」の15才設定ペアより、さらに幼い11才設定だったのだけれど、せいぜい手をつないだり肩を寄せ合って座ったり、キスシーンなどもなく、

当初のぎこちなく互いを意識したり、気持ちを示したりする動作、そして互いの思いを確かめ合う数少ない端的な言葉以外は、話す会話といっても、学校の科目のこと位、

でも、一緒にいたいという一途な気持ちだけは強く、それが結婚したい、に飛躍、それを行動にうつしかねない純粋さに周囲は混乱、という、おぼろげだったイメージよりは、何というか拙く唐突な純愛の展開。

2人が学校をエスケープして行った海のリゾートで、メロディが呟いた「大人になったら何でも判るけれど、つまらなくなる」のような科白が印象的。子供だからこそ突っ走れる領域、というか。

周囲の、悪意はないけれど世間ずれした親達、特に厳しく統制しようとする学校の校長(ジェームス・カズンス)らの価値観 VS 子供なりの純粋で自由な価値観、のような図式もあって、

ラスト近く、ラブストーリー自体には無関係だけれど、普段少年達が好奇心で工夫して試してた小爆弾が、実際に威力を発揮、駆け落ち!する2人を追ってきた彼らの止めてあった車の1台を爆破、

そのたかが”子供”と思ってた彼らの示した現実的な破壊力に恐れをなして退散、という、まあ寓話的だけれど、象徴的なシーンもあったり、単なる幼い純愛もの、というだけでない趣もあった感じ。

これは、本国イギリスやアメリカではヒットぜず、何故か日本でのみ大ヒット、という作品だったのだったけれど、主演2人の魅力+ある種の純な拙さ、というのも、そういう要因の一つだったのかも、とも改めて思ったり。


4/14追記:印象的だったのは、前述のメロディの科白の他、2人が心通わすきっかけとなった、音楽の実技試験前、控室での合奏。

話を交わすわけでもなかったけれど、メロディがリコーダーで練習していた多分課題曲に、ダニエルがチェロで輪唱のように旋律を追いかけるように奏でて、暗黙の共感のうちに合奏は進んで、という微笑ましいシーン。

聞き馴染み曲で、日本語の詞で出だしが「静かな鐘の音・・」だけは浮かぶけれど、曲名は出てこず、

ちょっと検索したら、「フレール・ジャック」というフランス民謡で、英題「Are you sleeping」、日本語題は幾つかあるようで、多分私が覚えあるのは「かねがなる」というのかと。 



4/16追記:上映前に見ていた「映画でわかる「イギリス文化入門」という本に、

>原題Melody、映画の主人公のひとりである少女の名前だが、この少女とダニエルが急接近するきっかけとなったのが音楽だったことも想起させる。<

とあったけれど、そういう意味合いもある、こういうシーンがあったのだった、というのも改めて。


あと、この本にもあったけれど、ダニエルの家庭ははミドルクラス、ストーリーの冒頭、知り合って親友になるトムや、メロディの家家は労働者階級、そういう隔たりなど子供にとっては無意味、ピュアに相手と友情を結んだり、魅かれあったり、という側面もあったのだった、とか、

せっかくダニエルと友情を結んだトムだったけれど、ダニエルは、待っていたメロディと手を取りあって立ち去り、トムが置き去りにされるシーンなど。

この直後、2人が墓地で初めて思いを伝え合う、という節目があって、
        
           

まあその前の枝葉の出来事ではあったけれど、友情より、切ない初恋を選ぶ率直さ、だけれど、色々遊びに行く計画を熱心に持ち掛けるトムに一言もなく、2人で駆け出していくって、子供ならではの正直な残酷さ。

そういうこともあってか、当初は2人を揶揄する仲間に加わるトム、ダニエルとの乱闘シーンもあったけれど、そのケンカでダニエルの真剣さを知って謝って、ラストの逃亡劇でも2人を援助する、という心の柔軟さもまた子供ならでは、というか。


そういう風に、詳細ほぼ忘れていたせいで、今見て新たに思う所、というのも多々ある作品だったけれど、唯一覚えてたトロッコのラストシーン、

          

脳裏に会ったイメージは、もう少し広く明るい野原を行く映像で、子供なりに、2人が進んでいく線路の先、未知の夢、みたいな印象を持ったのだったけれど、さすがに今見て同じようには感じられず。

まあメルヘン物語、ではあるけれど、その後を想像したら、遅かれ早かれ大人たちに連れ戻され、悲観的な展開だと、どちらかが遠くの寄宿舎の学校に追いやられて徹底的に引き離され、2人は諦めて別れるか、再び駆け落ち、最悪追い詰められ心中というような悲劇、とか、

希望的な流れだと、それなりの”交際”は認められ、親達から婚約、のような暗黙の了解は得たとして、その代り大人になるまで待ちなさい、と説得されて元のさやに、というのがせいぜい、というような想像がわいてしまう、

そういうのが、劇中メロディが言ってた大人のつまらなさ、かもしれないけれど、まあ2人がその後の現実に立ち向かうなり、にしても「続・小さな恋のメロディ」なんて創られてなくて良かった気が。


そういう所で、やはりソフトな魅力漂わしてたマーク・レスター、ビージーズの曲とも相まって、ある意味懐かしくもあるのだけれど、内容的には今見て、そうだったのか、というものが多かった、伝説の珠玉作の一つでした。

関連サイト:Amazon 「小さな恋のメロディ」成田図書館 映画会象のロケット 「小さな恋のメロディ」
関連サイト:映画


  
[PR]
by MIEKOMISSLIM | 2014-04-13 02:50 | 洋画 | Trackback(1) | Comments(0)


春期講習終了

昨日で、今回の春期講習が終わりました。

今回平常に+分は、私立新中2女子の数学90分×5回分。苦手の数学強化を、とのことで昨年夏前から週1回90分で来始めて、1学期は5段階で2だった成績は、2学期には、期末で再試験だったりしつつギリギリ3になって、3学期も何とか3。

元々基本的な計算力は普通にあって、文章題や図形が苦手、中堅の女子校だけれど、6か年教育用の教科書代数編、幾何編と2冊使いながら、区立中などに比べて結構なスピードで進むし、ちょっと付いていきかねて、という所で、

普段は学校の進度に沿って、教科書や教科書準拠テキストで進めて、長期休みに講習と平常で基礎練習、というパターン。


今回も、1年総復習で教科書の各章末問題、小学校の文章題、苦手の1次関数のテキストで抜けていた所、学校からの春休み課題チェック、で進める予定で、章末問題は終えたけれど、

3~4回目の日程が空いた間に、毎日3ページノルマにしてた学校の課題の分が溜まってしまって、結局それに追われ小学校文章題も少しだけ、1次関数はノータッチ。でもまあ何とか課題テキストは終え、プリントも提出に間に合いそうな、という所。

この生徒は、普段余り学校や日常の話や芸能話も自分からはせず、黙々とやって、普通に礼儀正しいし、まあそういう意味ではやり易く、体操部らしいけれどややシャイな女の子っぽいタイプ、

割とのん気というか鷹揚で、芯はしっかりしてる所もあるけれど、余り多目練習を持続してやる、というのはきつい、という感じ、でもお母さんも少しずつ伸びてきたというのは認めてくれてて、という所。


その他、今年度受験生になる区立新中3女子、都立新高3女子、私立新高3女子の3人は、親御さんも本人ものんびりモードで、特に受講なしだったけれど、私立高3の子は、明後日が英数国学力テスト。

以前、4月半ばにそのテストがあって、付属大学進学に影響する、とは聞いてて春休み後半からその対策をしたい、日程はクラブの関係もあるし、後日連絡するから、と2月末の学年末試験対策の終わりの時に言ってて、親御さんにも確認、

でも、3月分は全て振替済みで4月に入っても音沙汰なく、電話してみたら、3学期の成績がまずまずだったこともあって、勉強のことはすっかり忘れて、旅行や劇を見に行ったり楽しくやってた、学力テストも、どうも学校からそれ用のテキストも渡されず、友達も誰も勉強してないみたいで、などと。

先週末に久方にやってきて、最近宝塚にハマってて、安蘭けい主演の劇を見にった、と、その「幽霊」のチラシをくれて、映画とは違う直の演技の味があった、とか感激したらしく、楽しかった春休み、学校へ行くのが憂鬱
そうで。

数学の範囲は数Ⅰ・A、とりあえず教科書の計算を少しやったけれど、案の定基本パターンを結構忘れてて、しかも試験は半ばでなく9日、だと。

英語も、春休み用に出してた宿題の中学復習の分も含めノータッチ、らしく、今日も授業を入れてたけれど、普段の生活リズムもあってか、やや体調崩して来られず。

さすがに本人もあせって、明日昼と夜2回に分けてやる、とのことで授業予定、英語の中学復習と昨日渡した英文法初級テキストは多少なりともやってくるとは思うけれど、範囲全般のテストだし、焼け石に水のような。

数学も、まあ0点は避けられるよう、丁度高1レベルの数検準2級のテキストの計算の所だけでも、と、コピーで用意はしてるけれど、という所で、何だか、というスタート。

本人は、中間テストは少し早目準備で頑張る、とは言ってて、今の所内申では、内部志望学部に余裕たっぷりではなくとも一応志望者の中では圏内にいるらしいけれど、今回のテストが最悪でも進学に影響が少ないことを祈るのみ。


都立新高3女子も、3月分はテスト前に振替済み、希望は中堅やや上大学の英語関係学部とは言ってて、指定校推薦も行きたい所が全くなく、一般入試覚悟のようだけれど、いまだにクラブが多忙、今月半ばには、それも辞めるし、来月にはフードチェーン店のバイトも辞めて勉強モードに、とは言ってて、

今週末に来る予定、今やってるのは英語と世界史の学校テスト対策だけれど、各受験科目の対策をどの程度うちでしていくつもりなのか、からメドをつけていかないと、という所。


その他多少変動もありましたけれど、まあそれなりに出来る範囲で前向きにやっていければ、という所です。

関連サイト:個人学習会 高円寺教室
関連記事:ある少年(’07)一息(〃)夏期講習(〃)再会(〃)合格・ブログサービス終了(’09)受験シーズン終了と新入会(〃)春期講習終了・新年度と新入会(〃)中間テスト対策終了(〃、1学期)期末テスト対策終了・夏期講習(〃)夏期講習(〃)夏期講習前半終了夏期講習終了中間テスト対策終了・新型インフル(〃、2学期)期末テスト対策終了・冬期直前講習(〃)センター試験終了・インフル余波(’10)冬期直前講習と期末テスト対策終了(〃)春期講習終了(〃)中間テスト対策終了(〃、1学期)期末テスト対策終了(〃)夏期講習前半終了(〃)夏期講習終了(〃)中間テスト対策終了(〃、2学期)期末テスト対策終了(〃)冬期直前講習(〃)冬期直前講習終了(’11)学年末考査対策終了(〃)入試ネット投稿(〃)塾HP再作成(〃)中間テスト対策終了・新入会(〃、1学期)期末テスト対策・夏期講習(〃)突然の別れ(〃)塾広告ポスター(〃)夏期講習終了中間テスト対策終了・新入会(〃、2学期)期末テスト対策終了(〃)冬期講習終了(’12)学年末考査対策終了(〃)春期講習(〃)春期講習終了(〃)中間テスト対策終了・新入会(〃、1学期)期末テスト対策終了・新入会(〃)夏期講習(〃)夏期講習終了(〃)中間テスト対策終了・新入会(〃)期末テスト対策終了(〃)冬期・直前講習、新入会(’13)直前講習終了・学年末考査対策終了(〃)中間テスト対策終了(〃、1学期)期末テスト対策終了・新入会(〃)夏期講習終了(〃)中間テスト対策終了・新入会(〃、2学期)期末テスト対策終了(〃、2学期)冬期講習終了・一時復帰(’14)学年末考査対策終了(〃)

a0116217_21454635.jpg

        <先日親御さんから頂いた、千葉土産のさくらそばと落花生>

[PR]
by MIEKOMISSLIM | 2014-04-07 23:29 | 仕事 | Trackback | Comments(0)


SONGS 矢野顕子

久し振りの「SONGS」、先月22日の矢野顕子の回を録画で見ました。この番組では’10年の森山良子とのコラボユニット「やもり」で以来。

歌声は先日大貫妙子トリビュートアルバムでの「海と少年」カバーで以来、今回歌ったのは「在広東少年」「ふなまち唄Part1」「飛ばしていくよ」。

故郷の青森で、通ってたピアノ教室、ねぶた祭りの紹介施設「ねぶたの家ワラッセ」を訪れたり、地元の同級生と会ったりしながら、デビューからの回顧映像交えて。


今回一番インパクトだったのは、’79年YMOツアーに参加時ステージで演奏されてた「在広東少年」。曲名自体覚えなくとも、多分耳にしてたとは思うけれど、今改めて聞いてもなかなかの突き抜けたパワフル矢野曲。

本人が、やはりYMOは凄かった、素晴らしかった、この曲のスピード感、疾走感、訳のわからない詞の組み合わせ、というのは自分の曲の中では他にない、と言ってたけれど、

やはり大貫妙子の「CARNAVAL」のように、YMOとのセッションで、ミュージシャン独自の色合い+YMO色で、テクノ風味が加わったユニーク曲、という感じ。

         

You tubeに当時のステージ映像もあって、YMOの才能集団に融合してた矢野顕子の若かりし姿、というのも、具体的には初見かも。

ついでに、以前You tubeになかったマイベスト矢野曲「家路」も発見。

         


4/4追記:故郷訪問では、3才から通っていたピアノ教室の先生が、細かい指使いよりも各生徒の個性を尊重、ピアノの楽しさを教えてくれて、おさらいの会で、暗譜が苦手で途中で即興で弾いた彼女を叱らず、

あっこちゃんはこうだからこういう曲がいいんじゃないかしら、とか、好きなように弾くといい所が出る、のような大らかな指導だったようで、まあ持って生まれた才を持ってたこの人の幼少時にはフィットしたやり方、の先生に出会ってた、とか、

好きだったねぶた祭りの、身体に沁みついていた青森、津軽リズム、などの矢野ルーツ、というのも改めて。

デビューアルバム「Japanese Girl」に入ってた「ふなまち唄Part1」では、レコーディングの時、弟さんの同級生でねぶた祭りでお囃子をしてた地元の演奏家山上進氏を抜擢してて、今回、青森県立美術館で、ピアノ弾き語り+同氏の横笛でその曲をコラボ。

演奏したのが、シャガールのバレエ作品用に描いた対策の舞台背景画が展示されてるホールだったけれど、津軽リズムで自在にうねる矢野ボーカル、ピアノと横笛セッションに、シャガール世界の浮遊感が何だかマッチ。


最後に歌った「飛ばしていくよ」も、ちょっと「在広東少年」のようなテクノ疾走感、先月同タイトルの久方の新アルバムもリリースだったけれど、この収録曲を見てみたら、

「在広東少年」や懐かしい「電話線」、吉田美奈子への提供曲でアルバム「FRAPPER」に入ってた「かたおもい」セルフカバーや、オフコースの「YES-YES-YES」カバー、など気になる曲もあって、折あれば聞いたみたい気が。



矢野版オフコース、というのも思えば意外、「MISSLIM」のコーラス、という経歴はあっても、ユーミン曲カバーというのはないけれど、

聞いてみたい矢野版ユーミン曲、と思えば、まあ何でも矢野調になりそうだけれど、特に「コバルト・アワー」「満月のフォーチュン」「September Blue Moon」などやはりポップなラインかも。


そういう所で、このベテランも健在ぶり、そのローカルルーツ探索や、昔のYMOとの蜜月時代の「在広東少年」のノリなど、独特のグルーブ感、という今回でした。

関連サイト:SONGS 第292回 矢野顕子Amazon 「飛ばしていくよ/矢野顕子」
関連記事:SONGS 矢野顕子/福山雅治SONGS やもり(矢野顕子&森山良子)崖の上のポニョ(’08)大貫妙子トリビュート・アルバム Tribute to Taeko Onuki(’13)<1><2>プレミアム10 YMOからHASへ坂本龍一×役所広司~世界が求める日本のカタチ~シルク(’07)SONGS 坂本龍一ETV特集 細野晴臣 音楽の軌跡~ミュージシャンが向き合った「3.11」~


 
[PR]
by MIEKOMISSLIM | 2014-04-03 21:40 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

    

’09年1月末AOL映画掲示板、ブログが終了、気分新たにマイペースで、音楽・芸術鑑賞、ユーミン関連、読書、英検1級対策、グルメ、仕事等含めて書いてます。英検は’11年11月に無事合格達成出来ました!
by MIEKOMISSLIM
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新の記事
ぼくと魔法の言葉たち(’16)
at 2017-03-29 01:06
Brio Brass Ban..
at 2017-03-25 00:45
ストロングマン(’15)
at 2017-03-23 23:36
北海道展
at 2017-03-21 23:00
横浜散策<2>~横浜人形の家
at 2017-03-19 22:25
横浜散策<1>~飛鳥Ⅱランチ..
at 2017-03-19 00:57
確定申告
at 2017-03-13 04:14
祝・合格、学年末テスト対策終了
at 2017-03-11 01:06
メガネ新調
at 2017-02-19 01:17
恵方巻
at 2017-02-04 22:41
推手(’91)
at 2017-01-22 22:18
冬期講習終了
at 2017-01-14 23:03
クリスマスの約束
at 2017-01-06 22:12
クリスマスの約束(’15)
at 2017-01-03 00:47
クリスマスデザート
at 2016-12-30 23:07
ゴッホとゴーギャン展
at 2016-12-29 22:53
デトロイト美術館展
at 2016-12-27 19:01
期末テスト対策終了
at 2016-12-24 02:26
宇宙図書館 / 松任谷由実(..
at 2016-12-23 23:44
杉並ウインドハーモニーアンサ..
at 2016-12-16 23:58
検索
リンク
★’09年1月までのブログ
KYOKOⅡ
英検対策

★リンクサイト

個人学習会 高円寺教室
エキテン 個人学習会 高円寺教室
チャイナビで塾探し! 個人学習会 高円寺教室
象のロケット
松任谷由実オフィシャルサイト
いい加減な・・・

フルーツメール


★50音別映画・ドラマ鑑賞作品目録(作品数)

あ行作品(106)
か行作品(94)
さ行作品(88)
た行作品(70)
な行作品(35)
は行作品(117)
ま行作品(37)
や行作品(21)
ら・わ行作品(50)


★最新の記事続き

色とりどりのコンサート~ソロとアンサンブルによる~  
熱海旅行 アカオリゾート公国<2>
熱海旅行 アカオリゾート公国<1>
フルーツメモ帳 洋ナシ
杉並弦楽合奏団 第59回定期演奏会 
YUMINGと伊勢丹新宿店と130の出来事
ふれあい音楽会 懐かしいタンゴの調べを 
SONGS 松任谷由実 / MUSIC FAIR 松任谷由実・JUJU 
柿の葉すし
YUMING×」LOFT 缶バッジ
中間テスト対策終了
CDラジカセ
母の誕生日
フルーツメモ帳 レモン
秋の大北海道展
ポンピドゥーセンター傑作展
掃除機
中間テスト対策終了・カムバック
超高速!参勤交代 リターンズ(’16)
エアコン交換
めんそ~れ沖縄展
Windows10 デビュー
荒井由実「ひこうき雲」(’16)~”青の時代”名曲ドラマシリーズ~
SDカード事件<2>
SDカード事件<1>
期末テスト対策終了・LINE開通
フランスの風景 樹をめぐる物語 ーコローからモネ、ピサロ、マティスまでー
ふれあい音楽会~映画音楽への誘い
杉並弦楽合奏団 第58回定期演奏会
ハリー・ポッターと賢者の石(’01)
中間テスト対策終了・カムバック
デッドエンドの思い出/よしもとばなな(’03)
掃除機
母の日
杉並ウインドハーモニーアンサンブル スプリングコンサート2016
西立川 ユーミン聖地巡り<2>西立川駅、「雨のステイション」歌碑と昭和記念公園
八王子 スパとユーミン聖地巡り<1>荒井呉服店
初夏の大北海道展
~イバラード「夢の庭園」~ 第19回 井上直久絵画展
ルノワール展 オルセー美術館・オランジュリー美術館所蔵
Brio Brass Band 第5回定期演奏会
春期講習終了
長崎物産展 五島ばらもん揚げ
学年末考査対策終了・祝合格
ひな祭り
大九州展&全国うまいものめぐり
確定申告
恵方巻
冬の北海道物産展
冬期講習・波乱のセンター試験終了
クリスマスデザート
リトルプリンス 星の王子さまと私(’15)
第20回 フィルモアコンサート
期末テスト対策終了
中間テスト対策終了・新入会
東西有名寿司と全国うまいもの大会&北海道大収穫祭
モネ展 「印象、日の出」から「睡蓮」まで
夏期講習終了
Bed&Breakfast / 大貫妙子(’99)
期末テスト対策終了・新入会
長崎の物産展
ユトリロとヴァラドン 母と子の物語ースュザンヌ・ヴァラドン生誕150年
赤毛のアンシリーズ再読・読破
ノルウェイの森(’10)
ブレッド&バター presents-DRAMA&LIVE-「あの頃のまま」(’08)
夜のとばりの物語 ー醒めない夢ー(’12)
サヨナライツカ(’10)
中間テスト対策終了
靴職人と魔法のミシン(’14)
夜のとばりの物語(’10)
新しい靴を買わなくちゃ(’12)
アナと雪の女王(’13)
EARTH × HEART LIVE 2015 松任谷由実・秦基博・JUJU
母の日
初夏の大北海道展
イバラードへの旅 第18回 井上直久絵画展
波の音が消えるまで/沢木耕太郎(’14)
マグリット展
ルーヴル美術館展 日常を描くー風俗画にみるヨーロッパ絵画の真髄
杉並ウインドハーモニーアンサンブル 第12回定期演奏会
から騒ぎ(’93)
北陸新幹線開業記念特別番組「金沢花紀行」by ユーミン
’14年度音楽鑑賞ベスト5
春期講習終了
龍三と七人の子分たち(’15)
春の大北海道展
最新のコメント
コメント有難うございます..
by MIEKOMISSLIM at 01:20
はじめまして、こんにちは..
by ブリオブラスバンド演奏会広報担当 at 16:39
sesamiさん、こんに..
by MIEKOMISSLIM at 22:54
西立川駅で、ユーミン体験..
by MIEKOMISSLIM at 01:03
MIEKOMISSLIM..
by 3928taroh at 18:12
三國屋太郎さん、お申し出..
by MIEKOMISSLIM at 13:51
御無沙汰しております。 ..
by 3928taroh at 22:24
MIEKOMISSLIM..
by desire_san at 16:50
三國屋太郎さん、コメント..
by MIEKOMISSLIM at 18:38
三國屋さん、こんにちは。..
by MIEKOMISSLIM at 14:31
ご無沙汰しております。 ..
by 3928taroh at 22:49
新年おめでとうございます..
by desire_san at 19:29
sesamiさん、今ご記..
by MIEKOMISSLIM at 02:40
何度もすみません。野原の..
by sesami at 06:46
野原の会話のポストカード..
by セサミ at 06:40
desire_sanさん..
by MIEKOMISSLIM at 14:51
こんにちは。いつも興味あ..
by desire_san at 08:22
desire_san さ..
by MIEKOMISSLIM at 19:29
こんにちは。 いつも知..
by desire_san at 12:10
三國屋太郎さん、コメント..
by MIEKOMISSLIM at 23:54
最新のトラックバック
全米有数の印象派、ポスト..
from dezire_photo &..
全米有数の印象派、ポスト..
from dezire_photo &..
超高速!参勤交代 リターンズ
from 映画的・絵画的・音楽的
超高速!参勤交代 リターンズ
from だらだら無気力ブログ!
超高速!参勤交代 リターンズ
from 勝手に映画評
超高速!参勤交代 リターンズ
from あーうぃ だにぇっと
超高速!参勤交代 リターンズ
from 象のロケット
制作の時間軸に沿ったフェ..
from dezire_photo &..
光と色彩を愛し生きる喜び..
from dezire_photo &..
光と色彩を愛し生きる喜び..
from dezire_photo &..
ハリー・ポッターと賢者の石
from 象のロケット
思い出のマーニー
from のほほん便り
リトルプリンス 星の王子..
from 象のロケット
マルモッタン・モネ美術館..
from dezire_photo &..
THE GREY 凍える..
from Subterranean サ..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
ノルウェイの森
from 象のロケット
「マグリット展」
from 雲母(KIRA)の舟に乗って
サヨナライツカ
from 象のロケット
ブログパーツ
ファン
カテゴリ
タグ
(273)
(159)
(141)
(99)
(89)
(88)
(86)
(85)
(59)
(57)
(54)
(49)
(45)
(32)
(25)
(20)
(17)
(12)
(8)
(8)
以前の記事
ライフログ
Skypeボタン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧