Something Impressive(KYOKOⅢ)


花見~善福寺川緑地にて~

先日5日(水)、近くの善福寺川緑地で母と今年の花見。

今回は花見はパスでいいかと思っていたけれど、一応近隣で手頃な所はないかと、「杉並区桜名所」で検索したら、杉並区で一番広いエリアそうだったのがここ。

アクセスを見たら、青梅街道の最寄り新高円寺駅バス停から関東バスで5停留所分、6分位で行けそうで、母は例によってシルバーパスで無料だし、近さを言ったら行ってみても、とのことで、

週末だと天気が崩れるようだし、1週間待つとまだ咲いているか?微妙だし、前日サイトで7分咲き情報を見て、決行。

昼頃出発、やはり下調べ通りバスは五日市街道を進んですぐに着いて、スタート地点の尾崎橋から、こじんまりした善福寺川の両岸に、結構なボリューム、平日だけど人出もそこそこ。

a0116217_21113233.jpg


a0116217_21255750.jpg

でも早速橋から写真を撮ろうとしたその時、デジカメにSDカード入れ忘れに気付いて、やってしまった、と。。

折角来たのに、と諦めきれず、まあそう遠くなかったこともあって、もし歩いても往復30分位で?戻ってこれそうだし、母に待っていてもらって意を決して引き返し。

2つ目の停留所辺りまで来た所で、丁度バスが来たので乗って、新高円寺駅バス停は行きの時乗った所からはやや離てて、せっせと家へ。

地図でチェックしたら、多分行きのバス停まで行くより、逆方向から青梅街道に出て渡って、五日市街道に出た方が案外近そうな、と思われて、

そうしたら、やはり程なく行きの2つ目のバス停の所まで来てて、バスを待つより歩いた方が早そうだし、

せっせと歩き続けたら、家から20分程で到着、結局往復35分位、まあ家~セシオン杉並より少しだけ遠い、という感じ。


で、やっと散策スタート。当初、ルートの終点辺りまで歩いて、五日市街道営業所バス停から帰れば、と思っていたけれど、<↓(C)東京都公園協会 善福寺川緑地サイト>

a0116217_2132225.png


片道終わり辺りで聞いたら、母は歩くのは大丈夫、とのことで、結局川沿いの行き帰り違う側を通って、2時間位で往復。

ほとんどはソメイヨシノ、まあ千鳥ヶ淵程のスケールではなく、善福寺川自体凄く綺麗な、という訳ではないけれど、川沿いの桜の風情は千鳥ヶ淵っぽい情緒も。

a0116217_21392063.jpg


a0116217_21412264.jpg


a0116217_2142918.jpg


a0116217_21425766.jpg


a0116217_21442434.jpg


a0116217_21451454.jpg


a0116217_21461211.jpg


a0116217_214783.jpg


a0116217_21481524.jpg


a0116217_2149580.jpg


a0116217_21494777.jpg


a0116217_21505921.jpg


a0116217_21513725.jpg


a0116217_21522996.jpg


a0116217_2153186.jpg

左の後姿が母。
a0116217_21543381.jpg


a0116217_215726.jpg


a0116217_21582193.jpg


たまに母を撮ったり、おぼつかない手つきで私を撮ってもらったり、2人並んで人に撮ってもらったりしながら、まあカメラのために+一往復した甲斐あって、色々撮って満足。

母は、この計画立てた後、知人からこのエリアは桜名所、と聞きはしたけれど、てっきりもっとこじんまりしたエリアで桜も少しある位、と思ってたらしく、

こんなに見事だとは思わなかった、と連発。私も、正直ここまでの桜ボリューム、散策コースの景色充実、とは思っておらず、

まあ鉄道駅からは、丸ノ内線南阿佐ヶ谷駅から徒歩10分、そう便はいいという訳でもない、というのもあるのかもしれないけれど、

今にして近場でちょっとした穴場発見、今年の花見堪能出来て、満足でした。

関連サイト:都立善福寺川緑地・都立和田堀公園 Twitter
関連記事:桜さくらサクラ・2009春の大北海道展/井の頭公園の桜ラファエロ展と花見 in 上野公園新印象派 光と色のドラマと花見 in 上野公園 

[PR]
# by MIEKOMISSLIM | 2017-04-08 22:14 | 散策 | Trackback | Comments(0)


ぼくと魔法の言葉たち(’16)

26日(日)原宿クエストで、来月8日公開の「僕と魔法の言葉たち」試写会、「いい加減な・・・」ブログのいい加減人(Yamato)さんとご一緒して見てきました。

a0116217_2256945.jpg前もって作品チェックはせずに行って、案内状をざっと見た限りでは、実話ベースのファンタジックな作品、というイメージだったけれど、

実際は生粋のドキュメンタリー、今回のアカデミー賞ドキュメンタリー部門にノミネート作品だったのだった、と。<↑チラシ>

アメリカの普通の平和な一家、サスカインド家の次男オーウェンが、2才の時突然自閉症になってしまい、治療への手がかりも全くないまま途方に暮れる両親。

でもある時、一見無意味な彼の言葉が、ビデオで慣れ親しんでいたディズニー「リトル・マーメイド」のセリフだ!と父が気付き、そこから光が差し込んできて・・という、

彼本人の幼少期~近年、彼を見守り続けてきた家族の「難病ファミリードキュメンタリー」、と言ってしまえば重苦しい題材ではあるけれど、

全編に登場の数々のディズニーアニメのテイスト、主人公オーウェン自身のキャラクターもあって、何だか重さがほのぼのと軽減されつつ鑑賞出来た、という感じ。


a0116217_2303071.jpg印象的だったのは、オーウェン同様障害を持つガールフレンド、エミリーとの仄かな恋模様、

何だか2人のピュアさゆえ、微笑ましくはあるけれど、危うさもありそうで大丈夫だろうか?と思っていたら、やはり壁が・・というくだり、何だか切ない一つのヤマ場、

父のサポートもあったようだけれど、辛さをこらえ、現実を踏まえて前向きに歩を進めたオーウェンの姿勢にあっぱれ、というか。<↑チラシ裏>


それと、父ロン・サスカインドはピュリッツァー賞受賞歴もあるらしい有能なジャーナリスト、まあオ―ウェンを色々サポート出来る一家の結構裕福な経済状況、という恵まれた背景も感じつつ、だけれど、

両親、兄ウォルトが三人三様に彼を気遣い一喜一憂する理屈抜きの家族愛、もディズニー同様、全編に漂い、

特に母コーネリアの折々の独白部分には、不遇な息子を思う嘘偽りない真心が滲み出ているようで、何だかしみじみ。

ウォルトも、両親も老いていく今後、弟の人生を背負うある種の覚悟、兄としての率直な誠意を語ったり、

ロンもそういう姿勢、誠意は同様だけれど、鑑賞後Yamatoさんがおっしゃってたけれど、職業がジャーナリスト、ということで、そういう職業らしい息子への対処、という面もあったかと。

まあもし普通の親だったら、もっと動揺、絶望で、そもそも息子がディズニー作品だけには反応、に気付いたか?

仮に気付いたとしても、それを糸口に徹底して努力、という柔軟な方向に至っただろうか?とも思ったり。


それにしてもこれを見ていて、ウチに来ている生徒の一人、多動性障害を持つ高3生徒のことが自然と思い出されて、

彼も日常生活は特に大きな支障なく、あっけらかんとしたキャラで、今中2レベルの英語の授業もそれなりに進むのだけれど、

コミュニケーション的に言葉のキャッチボールが真っ当に成り立つのは、主にラジオ局、鉄道、野球、巨人とかの分野でという感じ。

a0116217_0353785.jpgそういう特定の興味ある分野に関しては、結構な細かい知識、探求心、粘りがあって、そういう力はもしかして人並み以上?とも思う時もあったり、<→小チラシ>

オーウェンも、原石的な能力、才能的には結構なものがあって、おそらくその繊細さの代償として自閉症に見舞われた?という不遇さもあるけれど、

周囲のサポートもあったからこそだけれど、ディズニー世界を通して歩みを進めてこれたのも、やはり本人の元々の資質もあったのだろうと。

その生徒は今はお母さんやお祖母さんが健在、たまに悶着もあるようだけど、温かく見守られているけれど、一人っ子で、ウォルトのような存在はおらず、

オーウェンは今まさに相応しい仕事に就いているようだけど、そういう、何かハマって活かせる道が見つかれば・・とも改めて。

そういう所で、ちょっと当初の想像とは違ったけれど、題材の重さにしては明るい後味、惜しくもアカデミー受賞は逃したらしいけれど、91分、特に中だるみもなく見応え感。



a0116217_0134138.jpgこの上映後、プレゼント抽選会、というのがあって、

入口で配られた紙にある番号によって、1万円~500円分原宿クエストで使える商品券が当たり、

1~3等までは、その場で司会の女性が番号を読み上げて、該当者が前に出てきて受け取り、以下はその紙の裏に印があれば当選、帰りに出口でもらう段取り。

a0116217_0294740.jpgまあ合計確か110名位だったか、結構な当選率、2人とも500円のがめでたく当たり。

期限が4月末まで、それまでにまた来る可能性も低いし、私は1Fのカフェで、丁度500円でチョコマフィンとクリームサンド菓子2つをゲット(↑2つ上)。

それと飲食関係で、試写会前にお茶しに入った近くの千疋屋で、ケーキセットにして、Yamatoさんはプリンデザートとブレンドコーヒー(↑)、

a0116217_0305280.jpg私はバナナケーキとカフェラテにして、(←)

バナナケーキはメニューの写真の印象よりはかさがあって、濃厚、なかなか美味しく味わい。


そういう所で、ちょっとグルメ+先日の「ストロングマン」に続き、ユニーク作品試写会で満足イベントでした。

関連サイト:僕と魔法の言葉たち サイト僕と魔法の言葉たち Twitter象のロケット「ぼくと魔法の言葉たち」千疋屋 サイト


[PR]
# by MIEKOMISSLIM | 2017-03-29 01:06 | 洋画 | Trackback(1) | Comments(2)


Brio Brass Band 第6回定期演奏会

先日20日(月)近くのセシオン杉並で、地元のブリオブラスバンド演奏会、都合も合ったので母と鑑賞。

a0116217_029417.jpgセシオン杉並へは、これまでトボトボ20分位で歩いて行っていたんだけど、

母はそもそも都バスや京王バス等無料のシルバーパスを持っているし、疲れ具合を考慮、今回初めてバスで往復、を提案して実行。<→案内状>

昨年末用事で代田橋まで京王バスで行った時、このルートをまじまじ知って、少し下調べしておいて、

a0116217_0391370.jpg行きは最寄りの青梅街道沿いの新高円寺停留所から2つ目の高円寺陸橋で降りて、

帰りはセシオン杉並停留所から3つ乗って新高円寺に戻ってくるパターン、<←プログラム>

シルバーパスって1年ごとに千円更新料がいるそうで、電車の方は都営地下鉄が無料、余り使う機会はないようだけど、バスだけで5回以上、3往復乗れば元が取れる計算だけど、

近年年間少なくともセシオン杉並へ3回以上は行ってるし、まあ歩きの労力的にも、もっと早く提案しても良かった、と今にして。


このバンドの演奏会は、昨年のGWに初めて行って以来、今回演奏ナンバーは、

★アルヴァマー序曲(ALVAMAR OVERTURE)/ジェイムス・チャールズ・バーンズ

★カーペンターズ・フォーエバー
シング(Sing)~愛のプレリュード(We've Only Just Begun)~トップ・オブ・ザ・ワールド(Top of the World)~遙かなる影(Close to You)~スーパースター(Superstar)~ふたりの誓い(For All We Know)

★オーメンズ・オブ・ラブ(恋の予感)/THE SQUARE

★パイレーツ・オブ・カリビアン
 The Medallion Calls~The Black Pearl~To The Pirate's Cave~One Last Shot~He's A Pirate

★GREENSLEEVES

★エル・カミ―ノ・レアル(EL CAMINO REAL =「王の道」)

★ボレロ(BOLERO)/ラヴェル

アンコール
★時代劇メドレー
 暴れん坊将軍~銭形平次~大江戸代走査線~水戸黄門~大岡越前

★ルパン3生

★ディスコキット

休憩をはさんで約2時間位、今回曲名とマッチして知っていたのはカーペンターズ曲、グリーンスリーブス、ボレロ、銭形平次など、

カーペンターズの「ふたりの誓い」だけは、タイトルでピンと来なかったけれど、曲を聞いたら聞き馴染み、銭形平次以外の時代劇曲も、ちらほら聞き覚え。

母は全体に、はっきり知っている曲はなかったけれど、折々聞いたことがある、という感じ。

今回一番インパクトは、やはり久方のカーペンターズ、特に元々好きな「Close to You」、



「愛のプレリュード」「スーパースター」などもやはり郷愁、





イングランド&スコットランドのレトロな哀愁漂う「グリーンスリーブス」、



そして「ボレロ」、反射的に思い浮かぶのはトービル&ディーン組のアイスダンス、だけど、



これを生演奏で聞いたのは初めて、各楽器の音色がラストに向かって融合しながら徐々に盛り上がっていく様を体感、という感じ。



各曲で、フルート、サックス、オーボエ、クラリネットetcソロパートも、それぞれ誠実な姿勢が伝わってくるような音色、

今回も色々バラエティのナンバーで、楽しめたイベントでした。

関連サイト:Brio Brass Bandサイト
関連記事:Brio Brass Band 第5回定期演奏会

杉並弦楽合奏団 第49回定期演奏会オペラガラコンサート~セラータ・ムジカーレ Tokyo Play Opera 第30回定期演奏会 御坊混声合唱団第5回・第7回定期演奏会(’81)(’84)ふれあいチャリティーコンサート杉並弦楽合奏団  創立25周年記念 第50回定期演奏会杉並弦楽合奏団 第51回定期演奏会日本フィル出張コンサート杉並弦楽合奏団 第52回定期演奏会ふれあい音楽会~魅惑のラテン音楽を貴方に トリオ・ロス・ぺぺス第18回 フィルモアコンサート杉並弦楽合奏団 第53回定期演奏会杉並弦楽合奏団 第54回定期演奏会色とりどりのコンサート(’14)第19回 フィルモアコンサート杉並弦楽合奏団 第55回定期演奏会杉並ウインドハーモニーアンサンブル 第12回定期演奏会第20回 フィルモアコンサート杉並ウインドハーモニーアンサンブル スプリングコンサート2016杉並弦楽合奏団 第58回定期演奏会ふれあい音楽会~映画音楽への誘いふれあい音楽会 懐かしいタンゴの調べを杉並弦楽合奏団 第59回定期演奏会色とりどりのコンサート~ソロとアンサンブルによる~杉並ウインドハーモニーアンサンブル 第13回定期演奏会

[PR]
# by MIEKOMISSLIM | 2017-03-25 00:45 | 音楽 | Trackback(1) | Comments(0)


ストロングマン(’15)

先週16日(木)渋谷ユーロスペースで、25日公開のギリシャ映画「ストロングマン」試写会、案内メールが来ていて、都合も合ったので出かけて鑑賞。

a0116217_23284166.jpgこの劇場も随分久方、前に来たのはサーフィンのドキュメンタリーだったか?いつ頃か思い出せず。<→チラシ>

メールを印刷した地図を見ながら、東急本店の角を曲がったけれど、

もしかしてもう1本先か?間違っていて、開演時間に間に合わなかったら入場出来ない、とのことなので、やや不安に思いながら進んだら、無事覚えある劇場発見。

珍しいギリシャ映画、スタッフ、俳優に知る名もなく、監督のアティナ・ラヒル・ツァンガリは「ビフォア・ミッドナイト」の共同プロデューサーで女優としても出ている、というのが引っかかった位。


6人の中年男たちが、クルージング中、ふとした話の流れで、色んな面で一体誰が一番最高の男、ストロングマンなのか?自分達で判定するゲームをすることに、という、

あらすじ的には緩い笑い?系と思っていたのだけれど、どうも序盤~前半、時折、6人のふとした仕草が”採点”されたり、笑いが起こるユーモラス場面もありつつ、

さしたるストーリー展開もエスプリシーンもなく、やや眠気に襲われつつ、だったけれど、

中盤頃6人の中のディミトリス(マキス・パパディミトリウ)の彼の一芸口パク、懐かしい調べ「Loving You」のミニー・リパートンのハイトーンボイス+彼の渾身のパフォーマンスで目が覚めた、という感じ。

a0116217_23413679.jpgそこら辺から彼のキャラがそこはかとなく愛嬌醸し出し、

何だかルックス的にも、普段接している高3男子の天然ワイルドキャラと少し重なったりで、可笑しかったり。〔←チラシ裏>

他の5人の誰だったかの、メンバーたちが逃げ腰の、常軌を逸した友愛の証の要求に、ディミトリスだけが、そのピュアさ?か人の良さか?で応じて・・のシーンも「Loving・・」と共にハイライト。

終わってみれば、まあある種船内でのの密室劇、結局誰がNo1か?というそもそもの趣旨はさておき6人(+2人の世話係クルー)の個性が反発したり歩み寄ったり、確かに緩い笑いっぽい味わい。

終了後、ギリシャに詳しい女性のインタビュー形式での短いトークがあって、今回出ていたのはギリシャで色々劇等に出ている常連の面々、

確かに一番イケメンだったクリストフ役のサキス・ルヴァ―スは歌手で、ギリシャでは珍しい「アイドル」だとか。

まあそういう所で、久方の試写会、まさにミニシアター系、ちょっとシュール風味の緩いコメディを見た、という後味でした。


[PR]
# by MIEKOMISSLIM | 2017-03-23 23:36 | 洋画 | Trackback | Comments(0)


北海道展

横浜散策<2>~横浜人形の家から続く。

15日(水)横浜を後にして、6時位に新宿三丁目に戻ってきて、15~20日まで伊勢丹新宿店でやっていた北海道展へ。

イートインは、定番の寿司、ラーメンに加えて、いつになくリーズナブルな、札幌のソウルフードらしい餃子単品や餃子カレーセット、そしてパンケーキやホットケーキもあって、

出かける前は、北海道ラーメンはまあ先日のように家でも食べられるし、フルーツやクリームで華やかなパンケーキとかでもいいかも、とは話していたのだけれど、

飛鳥Ⅱランチで濃い味デザートを味わったし、商品券の使い具合もあって、結局ラーメン、札幌の「綺羅拉(きらら)」の、母も私も「味噌バターコーンラーメン」に。

ややスープ少なめ?の印象、でも麺はコシがあり、コーン&バター風味+コクのあるスープで、美味。

a0116217_22474697.jpg


デザートは、函館「ミルキッシモ」でのジェラートのダブル、やはり商品券で余りないよう、普通の紙カップを+31円でワッフルコーンにして、

a0116217_234116.jpg母は「函館いちご」「抹茶ミルク」味(→左)、

私は「北海道ブルーベリーレアチーズ」「かぼちゃプリン」味(→右)に。

どの味も濃いミルク風味効いてて、これも満足。

そういう所で、横浜散策~北海道グルメで締めて、リフレッシュな1日でした。

関連サイト:伊勢丹新宿店 北海道展はこぶ音サイト 札幌らーめん綺羅拉ミルキッシモ サイト
関連記事:フランス展/福岡・長崎展/パリ・モンパルナスに集う画家たち展桜さくらサクラ2009ルーヴル美術館展 美の宮殿の子供たち/北陸三県の物産展夏の大九州展秋の大北海道展秋の北海道展/イタリア展東西有名寿司と全国うまいもの大会/おめざファア九州・沖縄の物産展大北海道展奈良の柿秋田県とみちのく物産展(’10)冬の北海道物産展福井の羽二重餅とおかき/過去問大北海道展四国・山陽の観光と物産展にっぽん味めぐり/ぐるり全国味と技ルノワール~伝統と革新/味百選春の大北海道展/井の頭公園の桜福岡・長崎の物産展沖縄展築地の粋な味めぐり展大阪ええもん・うまいもん市大沖縄展九州・沖縄の物産展夏の大九州展秋の大北海道展大北海道展/秋の北海道物産展東西有名寿司と全国うまいもの大会秋田県とみちのく物産展(’11)福井県 若狭と越前の物産と観光展春の大北海道展四国・山陽の観光と物産展秋田県とみちのく物産展とスパ浅草ROXまつり湯九州・沖縄の物産展大北海道展春の大北海道展初夏の大北海道展長崎の物産展東西有名寿司と全国うまいもの大会&北海道大収穫祭冬の北海道物産展大九州展&全国うまいものめぐり長崎物産展 五島ばらもん揚げ初夏の大北海道展めんそ~れ~沖縄展秋の大北海道展

[PR]
# by MIEKOMISSLIM | 2017-03-21 23:00 | グルメ | Trackback | Comments(0)


横浜散策<2>~横浜人形の家

横浜散策<1>~飛鳥Ⅱランチ付き船内見学会の続き。

a0116217_21131579.jpgみなとみらい線日本大通り駅から一駅、終点の元町・中華街駅に移動、そこから徒歩5分位で、目当ての人形の家へ。

ここは、名を聞いたことがある、という程度だったけれど、

飛鳥Ⅱイベントの後、近場でどこか立ち寄れるスポットを吟味していて、目についた所。

外観は割とモダンなビルで、マリンタワーのすぐ隣。

a0116217_21155036.jpg

a0116217_21185956.jpg


まあ老舗観光スポットのようだけど、平日でもあってか、内部はポツリポツリ女性客がいる程度。

2Fが入口で、各国人形展示のワールドフェスティバルコーナーから始まって3Fまで、日本と海外の人形が半々位か?

人形の歴史を辿る感じで、様々な人形が並んでなかなかノスタルジック、というか。

そばで写真撮影してる人が何人かいて、ここは(多分)写真OKのようで、印象的だったのは、リカちゃんシリーズ、

a0116217_21254097.jpg

1925年頃、アメリカ製、ジーンズのLEEの販促用に作られた、というバティ・リー、

a0116217_21303088.jpg

1Fのプチ・ギャラリーにあった中の、ファンシーな陶器人形、中央の人形を囲んでいる4つの人形はそれぞれ春夏秋冬をイメージ、だそうで。

a0116217_2313281.jpg

母が気に入ってたのは、市松人形や、

a0116217_21373066.jpg

a0116217_2138237.jpg


ひな人形の原形のようなセット。

a0116217_21391336.jpg

2人共気に入ったのは、野口雨情作詞の童謡「赤い靴」のイメージで作られた、という’87制作の「赤いくつの女の子」。

a0116217_21342697.jpg

最上階4Fは展示物はなく、小劇場のあかい靴劇場とロビー、そこからマリンタワーや、港の方、多分飛鳥Ⅱらしき船も見えたり。

a0116217_21594531.jpg

帰りに売店で私も母も、カードの中から、フランス’85年製の「ビスクドール べべタイプA.T.」のを記念にゲット。

a0116217_2275544.jpg

母は意外と良かった、と言ってて、まあそう派手さはないけれど、西洋文化が最初に入ってきた土地柄の、様々な国の人形+日本の人形ルーツを辿る、的に、横浜に似合った施設、とも思えたり。

その後、地図だと近くに「港の見える丘公園」があって、オフコース「秋の気配」の舞台、でインプットスポット、母もそこは行ったことがないそうで、

いっそ足を延ばしてみようか、と、入口辺りまでボツボツと行ったけれど、そこですでに5時前、ちょっとこれ以上歩くのもしんどそうで、断念、またの機会に。で、駅に戻って横浜散策終了。



で、駅に戻って横浜散策終了。飛鳥Ⅱ+人形の家の単発スポットだったけれど、横浜ならでは開放感+文化の香りも仄かに味わいで、満足な1日横浜巡りでした。

北海道展へ続く。

関連サイト:横浜人形の家
関連記事:花めぐりの旅三浦半島花めぐりの旅上信越花めぐりの旅八王子 スパとユーミン聖地巡り<1>荒井呉服店西立川 ユーミン聖地巡り<2>西立川駅、「雨のステイション」歌碑と昭和記念公園熱海旅行 アカオリゾート公国<1><2>横浜散策<1>~飛鳥Ⅱランチ付き船内見学会

[PR]
# by MIEKOMISSLIM | 2017-03-19 22:25 | 芸術 | Trackback | Comments(0)


横浜散策<1>~飛鳥Ⅱランチ付き船内見学会

先日15日(水)横浜港大さん橋での、客船飛鳥Ⅱランチ付き船内見学会に母と参加。

これは趣味の記録サイト「シュミカツ!」での会員招待に応募したら思いがけず当選、丁度都合も合って、なかなかこういう機会も珍しいし、母も大方帯状疱疹も引いてきたので出かけることに。

そしてこのイベント後、一つ先の駅最寄りの「横浜人形の家」~帰り伊勢丹新宿店の北海道展に寄って夕食、という1日。


朝8時半頃出発、丸ノ内線新宿三丁目乗り換えで、副都心線~みなとみらい線直通で日本大通駅まで行って、ボチボチ歩いて20分位で、国際客船ターミナルへ。

母は数年前みなとみらい辺りに来てたけれど、私は横浜は、山下公園、マリンタワー、みなとみらいとか初ではないけれど、

前来たのがいつか?思い出せない程久方、新宿三丁目駅から直通のみなとみらい線での横浜行きも初めて。

天気予報は曇り時々雨、やはり生憎曇り空で、晴れていれば終日海の眺めももっと綺麗だったのに、でもまあ降らなくて良かった、というのは熱海の時と同じ。

マフラーはしてきたけれど、特に桟橋付近にさしかかってから、風が結構冷たく、思ったより寒くて母のように毛糸の帽子を被ってくればよかった、と後悔。

見えてきた飛鳥Ⅱは、まあ想像よりもややスケール感大。

a0116217_21303293.jpg

ターミナルは、広々とした体育館、照明をやや落とした空港ロビー、という感じ。参加客は、まあ冲~高年層の夫婦、親子連れ、友人同士という感じ。

予定スケジュールは、10:30乗船~飛鳥Ⅱクルーズ説明会~船内見学~コースランチ~クルーズの質問・予約コーナー~14:00下船。

乗船時間になって、何組かに分かれて船の脇から通路を通って案内されいよいよ船内へ。

a0116217_22263328.jpg


優雅なエントランス、色々高級っぽい店もあったり、デパート内のような、とか思いつつ、

a0116217_23422879.jpg

私たちは最初のグループ18人の中だったけれど、母はそうサッサと歩けず、もう一人年配の女性と共に、一団からやや遅れがち、

その内ついに、私達3人は、集団を見失ってしまい、年配の女性がそこらにいる人達に聞いてもらちが明かず、ウロウロしているうちに、やっと説明会の場所に辿り着いて、やれやれ。

この調子だと、この後の船内見学も大丈夫か?無理そうだったら、母の足だとちょっと付いていくのがきつく、他の方にご迷惑をかけても、と早目に辞退して、ランチの場所で待っているしかないか、などと一抹の不安。


説明会は、普段映画上映などがあるらしい「ハリウッドシアター」ホールで、色々国内外ツアーについての紹介。

まあ規模は違うだろうけどタイタニック彷彿の、優雅な船旅、でも日本人が使いやすい日本のクルーズ客船、というのが売りの一つのようで。

a0116217_233625100.jpg横浜発横浜着でただ海を航行するだけだけれど、加山雄三が船長になる「若大将クルーズ3日間」とか、

堀内孝雄、森山良子などフィーチャークルーズもあって、ディナーショーのクルーズ版、という感じ、

まあユーミンフィーチャーでこういうのがあったら、かなり価格設定もハイだろうけど、やはりそそられるかも。

一番豪華なのはやはり、隔年予定位らしい世界一周クルーズで、102日間、色々客室タイプ等によって¥3,300,000~¥26,250,000とか。。


船内見学は、シャキシャキした女性スタッフの案内で、まあ割と各場所で時間取ってゆったりペースだったので、無事付いていけて、

エレベーターで上階に上がって、そこから降りてきながら色々巡るルート。

最上階のDECK12スカイデッキには、テニスコート、広々としたスパとかも。

a0116217_2346552.jpg

そのデッキからの眺め。

a0116217_112363.jpg


色々客室。

a0116217_23485034.jpg


a0116217_23502360.jpg


a0116217_23505875.jpg

ダンスホール、

a0116217_2351581.jpg

マージャンサロン、

a0116217_23572871.jpg

ライブラリー、

a0116217_002493.jpg

ラウンジ、

a0116217_015248.jpg


a0116217_03416.jpg


色々見ながら、下の階へ。

a0116217_051211.jpg



そして、フォーシーズンダイニングルームで楽しみだったランチタイム、

a0116217_091868.jpg

窓際の席で、外人ウエイターたちが給仕してくれて、飲み物は、私も母もソフトドリンクの中から、オレンジジュースに。

a0116217_0113558.jpg

まず「桜鯛のカルパッチョ サラダ仕立てほのかな梅のソース」

a0116217_013551.jpg

ライスではなく、飛鳥Ⅱ自家製各種パン、3種類位を折々持ってきてくれて、柔らかく美味、バターを付けて母は2,3個、私は5個位食べたような。

a0116217_0154369.jpg

次に「黒毛和牛サーロインのグリル、春野菜をそえて」、何だか最初に写真撮り忘れて途中で。とても柔らかく、母も噛むのに問題なく満喫。

a0116217_0175252.jpg

デザートは「ヘーゼルナッツのダコワーズ 濃厚チョコ バニラアイス」、本当に味が濃く、風味豊か。

a0116217_0194024.jpg

締めにコーヒーか紅茶で、私はミルクティー、母はコーヒーに。

a0116217_1133028.jpg

窓からは、対岸みなとみらいや、いつか「クリスマスの約束」収録があった赤レンガ倉庫等の眺め。

a0116217_0243782.jpg

美味しかったね、と満足して、ゆっくり下船。


桟橋の途中、象の鼻パークという広いスペースから、飛鳥Ⅱを正面からや、全体を向かって左から見えたり、

a0116217_1144374.jpg


a0116217_0311538.jpg


みなとみらいや赤レンガ倉庫等の眺めは、船内からと同じ角度だけれど、色々港のムード。

a0116217_0332596.jpg

マイソウルソングの一つ、吉田美奈子「レインボー・シー・ライン」はずっと、イメージは明るく広い港、日本なら横浜の港、というイメージ、

まあ朝よりは和らいでいたけれど、やはり寒く、これで晴れていてもう少し暖かければ、この開放空間+海風景に「レインボー・・」脳内リフレイン、だったかも。

場合によっては山下公園か赤レンガ倉庫とか、周辺散策も、と思っていたけれど、母もややお疲れモード、天気や寒さもあって、それはやめて、人形の家に行くことにして、

日本大通り駅に戻って、ふと壁を見たら、飛鳥Ⅱイメージの姿。

a0116217_0472467.jpg

今の所、実際のクルーズ度計画って脳裏にはないけれど、なかなか珍しい体験&目玉のランチも充実で満足イベントでした。

横浜散策<2>~横浜人形の家に続く。

関連サイト:Wikipedia 飛鳥Ⅱ
関連記事:花めぐりの旅三浦半島花めぐりの旅上信越花めぐりの旅八王子 スパとユーミン聖地巡り<1>荒井呉服店西立川 ユーミン聖地巡り<2>西立川駅、「雨のステイション」歌碑と昭和記念公園熱海旅行 アカオリゾート公国<1><2>

[PR]
# by MIEKOMISSLIM | 2017-03-19 00:57 | グルメ・散策 | Trackback | Comments(0)


確定申告

先日9日(木)、例年よりやや後になったけれど、前日のほぼ1日で仕上げて、今回の確定申告終了。

今回からマイナンバーの記載欄が出来ていて、カードを作っていればそのコピーの添付が必要、私は作っていないので、ナンバーが載っている案内部分と免許書のコピーで。

a0116217_421446.jpgその日夕飯に、先日500GMOポイント、送料無料でゲットしていた、旭川醬油ラーメンを作って、久方に母と食事会。

具は鶏ひき肉、小松菜、もやし、ゆで卵、+おにぎりにして、インスタントタイプではあるけれど、さすがに北海道もので麺はシコシコ、汁もコクあって、それなりに美味。

この所母の帯状疱疹のあおりで食事会も中断していて、顔のチクチクするのも大分良くはなって、大体の物は食べられるようになってて、

久方だったので母用に小松菜、もやしをみじん切りにするのを忘れてしまったけれど、美味しかった、と。

まあとりあえず、この所予定の書類面の一仕事分終了、という所でした。

関連記事:確定申告(’09)確定申告(’10)確定申告(’11)確定申告(’12)確定申告(’13)確定申告(’14)確定申告(’15)確定申告(’16)


a0116217_481956.jpg

[PR]
# by MIEKOMISSLIM | 2017-03-13 04:14 | 仕事・グルメ | Trackback | Comments(0)


祝・合格、学年末テスト対策終了

先週2日、都立高一般受験合格発表で、区立中3男子は、無事志望校のA高校に合格。

まあ結局、一応私立高の併願もしているけれど、お家の安全校志向志望ラインもあって、志望ラインは下げて、その中でも本人の希望で、都立の中では野球強豪高にして、

今までの5回の模試からしても、普通にやればまあ大丈夫、という所だったけれど、苦手の数学が20点台+他科目も40~50点台ラインになってしまうとさすがにまずそうで、

直前はやはり数学の、取れそうな前半問題に絞って、過去問や以前のVもぎなどで繰り返し練習。

a0116217_10282.jpg試験当日夜、発表された解答と照らし合わせて自己採点したら、記述の部分省いて301点、だそうで、まあ安心したのだけれど、

本番でそれだけ取れたのなら、結果的に当初の志望S高でも余裕でパスだった・・けれど、まあ、概してそういうものだろう、とも。<←中3生にあげた合格祝いの写真カバーノート、世界堂で入手>

とりあえずめでたいのだけれど、当初高校に行ってもウチで数学は続けさせたい、とお母さんの意向だったけれど、A高がやや遠く、野球の練習も厳しそうで、トーンダウン、

結局、続ける想定で受験前に4月分からも振替で消化していることもあったりで、4月は最低ラインの週60分×1回から、振り替えた分を取る形にして、その後のことは様子見、という感じに。

勿論ウチとしては、まあ野球も頑張りつつ、大学受験まで来てくれたら、とは思うのだけれど、どうなることやら。


それより先に先月初旬、普段中学の英語準備をしていて、1月だけ理科、算数など受験対策をした区立小6男子も、無事第1志望のN中学、滑り止めのM中に合格、

それは良かったのだけれど、メインで受験対策をした大手塾の、馴染みの先生が中学分野だと英語専門、とのことで、

お母さんから、ウチでは英語の代わりに数学をやらしたい、大手塾から両方こちらでやればお得ですよ、とは言われたのだけれど・・とのことで。

a0116217_0501221.jpgウチでも、今後英+数でどうでしょう?とご相談しようと思っていたんですよ、とはざっくばらんに話して、

その生徒は、I(大手塾)の方が商売上手だってことだ、などと笑っていたけれど。。<中3生と小6生にあげた合格祝い文具、原宿のASOKOで入手↑>

まあとりあえず、3月から数学にして開始、彼の英語については、まあ1年余り、毎回週1回60分、一応アルファベット~中1後半辺りの基本表現までほぼ半ば遊びの延長っぽくやってきて、

本人も受験勉強の合間の息抜き、的なムードありあり、お母さんの意向で特に宿題も出さなかったし、正直余り思い入れもないし、

別の所でやることに、と聞いても、余り惜しいとも思わず、今後どうなるやら?だけれど、

まあこの生徒の姉も中学受験~付属大学進学までお世話したお付き合い、というのもあってか、当面、数学にチェンジで続けてくれる方向、というだけでも良かった、という所。


そういう風に一応受験は片付いて、学年末テスト対策では、私立高1女子が、振替えで数学+物理対策、

お母さんが2学期末に要った分は+分集中授業にしてくれて、一応1月半ば~平常で週1は入れていて、直前に仕上げという予定だったのだけれど、

どうも理解科目は受験で使いそうにないし、本人は直前駆け込みで30点位で凌げれば、という感覚で集中力持ちにくく、クラブだの何だのと、多忙もあって振替えが溜まり、

挙句の果てにテスト直前に発熱、最悪インフルではなかく、微熱はありつつ寝込んでしまわなかったのは良かったけれど、暗記科目もやってないしわ寄せで、

いつもにまして、テスト前夜に主な公式確認~何問か教科書問題練習しただけパターン、捨てた分野も多く、本人談でも30点も怪しそうで・・そこら辺、

言いにくいけれどお母さんにも長めLINEで報告、今後せめてそういうギリギリ状態は避けたい、旨伝えたのだけれど、何だかな、というか、だけれど、とりあえずはやるだけやって終わって一息。


まあそういう所で、今月は振替で消化済み分多く、ちょっと他多方面でやる事もあるけれど、合間に前々から思っていた、年季入りテキスト、書類大幅整理、始末とかも手を付けて、なるべくサッパリ、というつもりです。

関連サイト:個人学習会 高円寺教室 サイトエキテン 個人学習会 高円寺教室ページ
関連記事:ある少年(’07)一息(〃)夏期講習(〃)再会(〃)合格・ブログサービス終了(’09)受験シーズン終了と新入会(〃)春期講習終了・新年度と新入会(〃)中間テスト対策終了(〃、1学期)期末テスト対策終了・夏期講習(〃)夏期講習(〃)夏期講習前半終了夏期講習終了中間テスト対策終了・新型インフル(〃、2学期)期末テスト対策終了・冬期直前講習(〃)センター試験終了・インフル余波(’10)冬期直前講習と期末テスト対策終了(〃)春期講習終了(〃)中間テスト対策終了(〃、1学期)期末テスト対策終了(〃)夏期講習前半終了(〃)夏期講習終了(〃)中間テスト対策終了(〃、2学期)期末テスト対策終了(〃)冬期直前講習(〃)冬期直前講習終了(’11)学年末考査対策終了(〃)入試ネット投稿(〃)塾HP再作成(〃)中間テスト対策終了・新入会(〃、1学期)期末テスト対策・夏期講習(〃)突然の別れ(〃)塾広告ポスター(〃)夏期講習終了中間テスト対策終了・新入会(〃、2学期)期末テスト対策終了(〃)冬期講習終了(’12)学年末考査対策終了(〃)春期講習(〃)春期講習終了(〃)中間テスト対策終了・新入会(〃、1学期)期末テスト対策終了・新入会(〃)夏期講習(〃)夏期講習終了(〃)中間テスト対策終了・新入会(〃)期末テスト対策終了(〃)冬期・直前講習、新入会(’13)直前講習終了・学年末考査対策終了(〃)中間テスト対策終了(〃、1学期)期末テスト対策終了・新入会(〃)夏期講習終了(〃)中間テスト対策終了・新入会(〃、2学期)期末テスト対策終了(〃、2学期)冬期講習終了・一時復帰(’14)学年末考査対策終了(〃)春期講習終了(’14、1学期)中間テスト対策終了(〃)期末テスト対策終了・新入会(〃)夏期講習終了・新入会(〃)中間テスト対策終了・祝合格('14、2学期)期末テスト対策終了・新入会・祝合格(〃)冬期講習終了(’15)学年末考査対策終了(’15)春期講習終了(’15、1学期)中間テスト対策終了(〃)期末テスト対策終了・新入会(〃)夏期講習終了(〃)中間テスト対策('15、2学期)期末テスト対策終了(〃)冬期講習、波乱のセンター試験終了('16、三学期)学年末考査対策終了・祝合格(〃)春期講習終了(〃、1学期)中間テスト対策終了・カムバック(〃)期末テスト対策終了・LINE開通(〃)夏期講習終了・カムバック中間テスト対策終了(’16、2学期)期末テスト対策終了(〃)冬期講習終了('17)

a0116217_047593.jpg

<親御さんから頂いたチーズ風味ケーキ>

[PR]
# by MIEKOMISSLIM | 2017-03-11 01:06 | 仕事 | Trackback | Comments(0)


メガネ新調

長年愛用のふちなしメガネが、数か月前、落としたかぶつけた加減で、気付けば左のレンズ上部が少し削れてしまっていたアクシデント。

a0116217_195844.jpg














特に見え方など支障はないし、かなり目立つ損傷、という訳でもないけれど、生徒から割れてる、とか指摘されたり、

そもそも前からそのレンズの分厚さを珍しがられたり、軽く笑いの種にされたり、ということはあったけれど、まあいつから使ってきたか?サッパリ思い出せない程の、いわば長寿グッズの一つ。

ふちがないのが気に入ってたし、愛着はあるし、特に人の評価は気にせず使ってきたけれど、

最近両側の柄の留め金が緩くなり、度々小型ねじ回しで締め直し、だましだまし使ってきた感じだし、視力的にも、やや見えにくくなってきてたり、

ソフトコンタクトもあるけれど、それはまあ電車に乗っての外出時など用、日常では気が進まないし、

無駄な出費は気が進まないけれど、この際、メガネ新調も仕方ないか・・と、年末辺りから折に、溜まってる楽天ポイントで買える店を調べていたけれど、

メガネチェーン店で、買ったらポイントが溜まる店、はあってもポイントを使える店はなく、使える松坂屋や大丸の中にメガネ店はあるけれど、サイトで見たり問い合わしても、どうも予算オーバー品のみのようで。。

やむねく楽天ポイント使用は諦めて、なるべくリーズナブル店を探してたら、高円寺の、前からちょっと気にはなっていた、ルックからパル商店街へ入る手前にあるT.G.C.(Tokyo Glass Company)が、やはり手頃そう、と判明。

で、先日時間ある時、意を決してその店へ。店員達は忙しそうで、私や他に数人ぶらっと入ってくる客に構うこともなく、

手頃価格コーナーの中から、3~40分位あれこれ鏡の前でかけてみて、結局、下方はふちなしの楕円形レンズ、薄赤紫~ピンクフレームの(¥5400)に決定。

a0116217_112590.jpg














カウンターに持って行って、前のお客さんの検査待ちの後、奥のスペースでメガネが似合う男性店員さんが色々視力検査をしてくれて、

やはり前のメガネを作った時より視力は落ちてるようで、0.2位ずつ上げたけれど、上げるのはかけた時の視力で0.8位までの程度が限度、

それ以上にしたいなら、眼科で診てもらってからでないと、とのことで、その限度のレンズで作ってもらう事に。

てっきり後日出来上がりかと思ったら、30分で出来て渡してもらえる、そうで、後で気付いたけれど、そういえば店の外側にも in 30 minutes の売り文句。

しばらくその界隈のスーパーとかパルの店で時間をつぶして、めでたく新品入手。

生徒の感想は、男子からは今一、女子はいい、という感じ、まあとりあえず柄の緩む心配もない軽いnewメガネで、少しリフレッシュ感。

後で、電車などで似たようなのをかけてる人を見かけるにつけ、もう少し丸みある形が望ましかった、印象もソフトかも、とも思ったけれど、

まあさんざん粘って、あの中ではこれがベストと思って選んだのだったし、まあいいか、という所です。

関連サイト:T.G.C.サイト
関連記事:冷蔵庫(’09)消火器ファックス英検申込み・対策サーキュレーター非常持出品リュック冷蔵庫(’12)11年目のPC買い替えビデオデッキ危機一髪・クリーニングテープ扇風機SDカード事件<1><2>Windows10デビューエアコン交換掃除機CDラジカセフルーツメモ帳 レモン

[PR]
# by MIEKOMISSLIM | 2017-02-19 01:17 | 日常 | Trackback | Comments(0)


恵方巻

昨日節分、この所恒例で、昼に母と恵方巻会食。

a0116217_22325992.jpg今回、溜まっている楽天ポイントで、サンクスの、恵方巻の3本セットと、

デザート用に、ココア生地でホイップクリーム、バナナ、いちごを包んだ「節分ロール」を予約、それをメインに、

足らないかと思って、自分でもネットで見かけた「マヨそぼろ巻き」、ポテトサラダ、きゅうりとわかめの酢の物、味噌汁を作り、+母が買ってきていたフルーツセット。

a0116217_2234309.jpgサンクスのは、写真ではハーフサイズ位かと思っていたら、結構長く+ボリュームあって、自分のはいらなかったかも、と。

具はかんぴょう、椎茸煮、おぼろ、きゅうり、高野豆腐、玉子焼、穴子、とさすがにバラエティ、

今年の方角、北北西らしき方を向いて、かぶりついて食べ始め、ごはんにそれぞれの味がじんわりしみて美味。

自家製のレタス、そぼろ、卵焼き、マヨネーズ具の「マヨそぼろ巻き」は、食べ始め時は、やはり本格恵方巻に味おとり、見劣り感、は仕方ないけれど、

そぼろの味が今一、まだひき肉をしょうゆ味とかで炒めた方が良かったかも、とかやや残念に思ったけれど、晩に残り分を食べた時には、味が落ち着いていて、それなりに味わえた感じ。


母は先月半ば頃、顔に帯状疱疹が出来て、ちょっとひどい、という診断で急遽先々週半ばまで一週間入院、まあ退院後薬は飲みつつ、

日々少しずつ良くはなっている感じはする、らしいけれど、まだ左頬~口の中がヒリヒリして、柔らかいものしか食べられず、私との昼会食も中止だったのだけれど、

今回は2種類恵方巻をどちらも美味しい、と言いつつ、おかず、デザートどれも食べて、退院後こんなに食べたのは初めて、ということで、

まあ、回復兆しの意味でも、恵方巻ランチが出来て良かった、という所でした。

a0116217_22351212.jpg

関連サイト:恵方巻 Wikipedia
関連記事:恵方巻(’13)恵方巻(’15)恵方巻(’16)

[PR]
# by MIEKOMISSLIM | 2017-02-04 22:41 | 日常・グルメ | Trackback | Comments(0)


推手(’91)

今日近くの成田図書館の映画会で、米国・台湾合作「推手」上映、都合も合ったので、鑑賞。

a0116217_22254567.jpg図書館の上映会は、一昨年著作権の関係で休止、と聞いて以来久方、<←チラシ>

サイトでこの図書館で、昨日邦画「夏の庭」、今日この作品の映画会、と見かけて、昨日は行けなかったけれど、

丁度阿佐谷界隈に用もあったし、この図書館自体久方に訪問。いつもの会場の部屋には、結局観客は中~高年の4人。


これは「ブロークバック・マウンテン」のアン・リー監督のデビュー作、「推手(すいしゅ)」は太極拳の技の一つらしく、

物語は、太極拳の師の老中国人が、NYで息子夫妻と孫一家と同居、1か月が経ったけれど色々問題あって、というヒューマンドラマ。


a0116217_2285718.jpg始まる前、例によって部屋の前方にあった関連書籍の中から、「マイ・ファースト・ムービー」という本の、アン・リー監督の所を読んでいて、<(C)フィルムアート社→>

表題は「東洋と西洋の間に立つ、私の内面の平衡感覚を表現したい」で、

この監督って、「ブロークバック・・」を見た限りでは、普通にアメリカ人、としか思ってなかったけど、

台湾生まれ、米国育ちの人だったのだった、と今にして、で、この「推手」が脚本コンテストで一等になって、陽の目を見るまでの、アメリカでの色々変遷、苦労のエピソード。

途中で上映時間になったので、せっかくだから、アン・リー欄は読もうかと、帰りにカウンターで借りてきて、映画関連本は随分久方。

まあここで取り上げられている16人のうち、知ってたのは他に、コーエン兄弟、ケン・ローチ位、特に気になる顔ぶれはなし。


作品自体は、まあ高齢で異国に渡った老人、朱(ラン・シャン)、異国人である生粋のアメリカ人、義理の娘マーサ(デブ・スナイダ―)との、にわかには埋めにくいカルチャー&世代ギャップ、



板挟みになる息子アレックス(ワン・ボーチャオ)の気遣い、孫のジェレミー(ハーン・リー)とのぼのぼのとした時間もありつつ、

太極拳の師という一芸を持ちながらも、というか、そういう一芸があるからこそもあって、かと思われるプライド。



同郷の同世代の未亡人女性陳(ワン・ライ)に魅かれつつ、相手にも同様のプライド、背景があって、すんなりとはいかない接近、選んだ孤独な道、など、

人種のるつぼNYならでは、という背景でもあるけれど、それぞれの程よい距離を模索していく、何だか今見るからこそ妙にしみじみドラマ、という感じ。


1/21追記:印象的だったのは、まあそう広い方ではないアメリカの家の構造上なのか?1Fのドアがない続きのフロア、手前で太極拳や書道にいそしむ朱老人、

向こう側で、PCの前でキーボードを打ちつつ文筆活動に励むマーサ、という精神性VS合理性、東洋の伝統VS西洋の現代性、とも取れるような対比、とか、

朱が道に迷って戻らない夜、彼を探し回り、マーサに日頃のジレンマを爆発させて台所で暴れるアレックス、

でもついに朱を老人ホームに送り込む決心をしたけれど、体調を崩した朱にそれを告げられず、彼と陳を接近させることによっての大団円を図ったり、

アメリカのコンピューター界で仕事し、アメリカ人を妻に持つ中国人、アレックスが、東洋の、親を深く思う精神と息子としての立場、

西洋の合理性と朱との生活に苛立つ妻の夫としての立場、の狭間で揺れる様、というのも、

ちょっと(元プロ野球選手新庄+イ・ビョンホン)÷2、のようなムード、風貌のワン・ボーチャオが醸し出していた感じ。


また、朱が太極拳の講師をしている時、陳の料理教室と兼ね合いのフロアで、一突きで大男をずっと後ろまでのけぞらせたり、

一番の見せ場、というか、終盤、レストランで皿洗い作業が遅い朱を追い出そうとする店主が仕向けた男達が、5,6人かかっても、太極拳で鍛えた朱をその場から動かせない、ある種スーパー老人!のようなシーン。



こういう一芸がなければ、朱は、息子夫妻宅で、老人としての分相応の扱いに甘んじて、マーサとの摩擦も少ないだろうけれど、それではドラマにならない、

太極拳をモチーフに、やはり気骨ある東洋人、中国老人としての主人公、にして、彼が西洋での暮らし、違う文化での息子宅での身の置き場、葛藤、

また同世代の似たような境遇、プライド、ジレンマを持つの女性陳との距離が、互いに好意を持ちつつもそれぞれの状況、心境もあって、

性急でなく、一歩一歩自然に近づいていく様が、シルバーロマンス的にもなかなか渋い、と思わせられる、思ったよりさり気なく色々見所あった、アン・リーデビュー作、でした。

関連サイト:Amazon 「推手」成田図書館
関連記事:ブロークバック・マウンテン(’05)



[PR]
# by MIEKOMISSLIM | 2017-01-22 22:18 | 洋画 | Trackback | Comments(0)


冬期講習終了

先週5日(木)で冬期講習終了していて、今回平常授業に+分は、特別支援教育校高3男子の英語60分×3回分。

この生徒は、今月末の英検4級受験予定、ボチボチと週1で中学レベルを辿っていて、今中2半ば辺り、前々回5級はクリアしたのだけれど、

なかなか中2終了の4級レベルには厳しく、前回ウチではほぼ対策はせず、学校や自分で少しやってはいて、まあ半分位の点数には行ったけれど、不合格。

今回も、お母さんと確認して、先月から4級頻出語句テストを少しずつしてきて、特に対策はしておらず、講習もいつも通りの内容の延長で、という意向で、そうしてきたけれど、

先週辺りから本人が、英検が気になる様で、お母さんと再確認で、一応英検までは、対策テキストを進めることに。

まあやはり、今苦戦している接続詞等中2分野文法絡みが不安定だし、語彙力的にも正解率的には厳しそうで、まあ運が良ければ、という所。


a0116217_2251371.jpgこの生徒以外は、気になるメインは受験生、区立中3年男子。特にこの生徒用に、という訳ではないけれど、

いつも玄関に置く今回の鏡餅は、年末西友で見かけた300円、ウォルマートカード使用で5%引き285円の5cm四方のミニサイズのに。

まあ合格祈願、ともあるし、この所特に、どうでもいいものに極力出費したくない感、も強いし、何かこのこじんまりさが愛嬌ある気するし、これでいいか、と。

これを持ってレジに並んでたら、珍しくて目に留まったのか、すぐ後ろの中~高年の婦人が、連れの人に、まあ可愛いわねー見て~!と、これを指さして歓声、

私が、入口の所にあったんです、と場所を指して、みかんの付いてるのはこれだけだったんですけど、付いてる方がいいですよね~?と言ったら、

そうね、みかんがある方がいいわね~、よく見つけられましたね~などと、ちょっと盛り上がったり。

今回鏡開きをすっかり忘れていて、先程気付き、おもむろに中身を取り出したら、小さいながらにしっかり餅で、周囲のコ―ティングを剥がして、焼いてマーガリン+塩、のりで巻いて食べて終わり。


受験生の常のように、先月その生徒父兄にも冬期・直前講習案内は渡したのだけれど、お家の経済事情で,平常に+で入れるのが難しそうで、なかなか日程が決まらず。

無理押しもしたくないけれど、実質、現状の週60分×3回では、特に苦手の数学の追い込み初め、直前受験対策って、秋からのこの生徒志望の中堅校ラインを思うと、どうにもまともには無理だし、

苦肉の策で、以前やはり都立高一般受験生に一度したことがある、2月終盤の一般試験後~3月分の平常授業を全て前倒しで、毎回60分に+30分ずつ付けるプランを提案、

お母さんもそれには応じてくれて、今の所は、まあ高校生になっても、数学はやってほしい、のようなニュアンスでの話で、それはいいのだけれど、

やはりその生徒が3人兄弟の長男、2才下の弟の進学も控えてるし、一応私立高を併願で押さえてはいるけれど、都立はほぼ安全校受験で行きたい、という意向で、

その生徒が一応目標にしてきた近場の中堅校が、模試で一旦A判定になりながら、先月のではC判定、不安定さもあって、

学校の先生は、この生徒の成績で受ける生徒もいるし、その中堅校で行こう、という意見だそうだけど、その最新模試の今一な結果もあって、

お母さんとしては、安全な所に下げてほしい意向ありあり、でも年末に相談していて、なかなか近隣で、その中堅校の下、となると手頃な普通科がなく、結構下ランクになるし、

そこまで下げればまあ安全ではあるけれど、と本人のやる気も失せるだろうし、折角3年になって上がった内申も不意になるし、

a0116217_15191726.jpg結局、明日15日にある最後の1月模試で、その中堅校の合格判定がA以上じゃなければ、やや遠くはなるけれど、程々の所の学校志望に下げる、ということに。

私としては正直、授業数の関係もあって、秋まではほぼ内申のための3年定期テスト対策しかしてなくて、2月末には間に合うように、冬場で追い込むパターン、と思っていたのもあるし、

学校の先生と同じく、まあ本番の出来次第、というのはあるけれど、ランクだけで見たら、最終模試でまたC以下とかでない限り、出来たらその中堅校志望、でいいとは思うのだけれど。

是が非でも安全路線で、と言われたら、やはりまあ、そのラインは仕方ないかも、と、あえて異議は唱えなかったのだけれど、

お母さんが候補に挙げた高校は、本人がこだわる軟式野球部がなかったり、で、何だか本人は、今回でA以上じゃないと、というプレッシャーがうっとおしいのか、

一応候補の一つにあげていた、やや遠いけれど、ランクを下げた都立の中では野球強豪校でいい、というモードになってて、

余り進学を考えないならいいけど、その学校だと大学・短大進学率45%、元の志望の中堅校だと65%だよ、とは言ったら、それはやる気があったら自分次第で克服できる、のような。

まあ、何だかやり難い感じではあるけれど、一応明日の模試が一つのヤマ場だし、出来るだけのことはしておきたいとは思って、

今月末の推薦試験中のや明後日の授業の今週への振替を提案、本人はそう切迫感、とか気乗り、という感じでもないけど、理科の計算系問題や、国語の作文チェックとか含めて、いつもより長めにやって、

英数以外も、これまでの模試の、他の生徒の正解率が高くて、彼がミスしてた問題ごとの復習用プリントを作って渡したり、本人は疲れモードだったけれど、

昨夜一応、特に数学の証明とか難問と思っても、諦めないように部分点もモノを言うし書けるだけは、書いて粘るように、とか当日なるべく体調整えて、とかLINEしておいて、

まあ、親御さんや本人はどう思ってるか?だけど、とりあえず、出来そうなことでやるだけはやった気はするし、後は明日の結果を待って、対応、という感じ。


その他、来週から、ずっとウチで週60分×1回英語をやってきて、中学受験対策は大手塾でやってきた区立小6男子の、これまでに休んだりで余った授業を使って、

その大手塾の対策終了後の今月後半、受験校の過去問練習予定、今の所今月中に理科を数回予定で、一応主な2校の過去問は学校から送ってもらって取り寄せたり、HPから印刷したり、

a0116217_2037650.jpg2年前の市販版のがそれぞれAmazonで安価であってギフト券使って買ったり、まあ正直、責任感はそうひしひし、という訳じゃないないけれど、

今大学生の姉の中学受験から始まって、付き合い長いお家だし、やるからにはあやふやなことは出来ないし、それなりに準備しておかないと、で、先の中3生のに続いて、理科モードも入れておかないと。


そういう所で、まあそう実質、授業が多くて、という訳ではないのも何だか、だけれど、やはり何だかんだ気を揉むこのシーズンです。

関連サイト:個人学習会 高円寺教室 サイトエキテン 個人学習会 高円寺教室ページ
関連記事:ある少年(’07)一息(〃)夏期講習(〃)再会(〃)合格・ブログサービス終了(’09)受験シーズン終了と新入会(〃)春期講習終了・新年度と新入会(〃)中間テスト対策終了(〃、1学期)期末テスト対策終了・夏期講習(〃)夏期講習(〃)夏期講習前半終了夏期講習終了中間テスト対策終了・新型インフル(〃、2学期)期末テスト対策終了・冬期直前講習(〃)センター試験終了・インフル余波(’10)冬期直前講習と期末テスト対策終了(〃)春期講習終了(〃)中間テスト対策終了(〃、1学期)期末テスト対策終了(〃)夏期講習前半終了(〃)夏期講習終了(〃)中間テスト対策終了(〃、2学期)期末テスト対策終了(〃)冬期直前講習(〃)冬期直前講習終了(’11)学年末考査対策終了(〃)入試ネット投稿(〃)塾HP再作成(〃)中間テスト対策終了・新入会(〃、1学期)期末テスト対策・夏期講習(〃)突然の別れ(〃)塾広告ポスター(〃)夏期講習終了中間テスト対策終了・新入会(〃、2学期)期末テスト対策終了(〃)冬期講習終了(’12)学年末考査対策終了(〃)春期講習(〃)春期講習終了(〃)中間テスト対策終了・新入会(〃、1学期)期末テスト対策終了・新入会(〃)夏期講習(〃)夏期講習終了(〃)中間テスト対策終了・新入会(〃)期末テスト対策終了(〃)冬期・直前講習、新入会(’13)直前講習終了・学年末考査対策終了(〃)中間テスト対策終了(〃、1学期)期末テスト対策終了・新入会(〃)夏期講習終了(〃)中間テスト対策終了・新入会(〃、2学期)期末テスト対策終了(〃、2学期)冬期講習終了・一時復帰(’14)学年末考査対策終了(〃)春期講習終了(’14、1学期)中間テスト対策終了(〃)期末テスト対策終了・新入会(〃)夏期講習終了・新入会(〃)中間テスト対策終了・祝合格('14、2学期)期末テスト対策終了・新入会・祝合格(〃)冬期講習終了(’15)学年末考査対策終了(’15)春期講習終了(’15、1学期)中間テスト対策終了(〃)期末テスト対策終了・新入会(〃)夏期講習終了(〃)中間テスト対策('15、2学期)期末テスト対策終了(〃)冬期講習、波乱のセンター試験終了('16、三学期)学年末考査対策終了・祝合格(〃)春期講習終了(〃、1学期)中間テスト対策終了・カムバック(〃)期末テスト対策終了・LINE開通(〃)夏期講習終了・カムバック中間テスト対策終了(’16、2学期)期末テスト対策終了(〃)

a0116217_2315298.jpg

   <親御さんから頂いたクッキー>

[PR]
# by MIEKOMISSLIM | 2017-01-14 23:03 | 仕事 | Trackback | Comments(0)


クリスマスの約束

昨年末の「クリスマスの約束」は23日深夜放送で、これまでどうも24日か25日深夜しか覚えなく、

a0116217_22111820.jpg事前チェックはしてなかったけれど、今回もてっきりそのどちらかと思ってたら、

たまたま、Twitterでだったかその数時間前に間一髪気付き、危うく見逃す所。

構成、規模、ムードは昨年と似たような、で、小田さんソロ~スペシャルゲスト~常連メンバー~小田さんソロ~全員、の流れ。

演奏曲は、

★夜空ノムコウ(SMAP)/小田和正

★Automatic(宇多田ヒカル)/宇多田ヒカル・小田和正

★花束を君に(宇多田ヒカル)/宇多田ヒカル・小田和正

★たしかなこと/小田和正・宇多田ヒカル

★ポール・マッカートニー・メドレー/和田唱・小田和正
JUNK(ジャンク)
Waterfalls(ウォーターフォールズ)
silly love songs(心のラヴ・ソング)(ポール・マッカートニー&ウイングス)
My Love(マイ・ラヴ)(ポール・マッカートニー&ウイングス)

★Breaking Up Is Hard to Do(悲しき慕情)(ニール・セダカ)/委員会バンド

★君は天然色(大瀧詠一)/委員会バンド

★約束/委員会バンド

★風をあつめて(はっぴいえんど)/松たか子・和田唱・小田和正

★Both Sides, Now(青春の光と影)(ジョニ・ミッチェル/ジュディ・コリンズ)/JUJU・和田唱・小田和正

★赤い花 白い花(赤い鳥/ビッキーズ)/松たか子・JUJU・小田和正

★僕等がいた[96]/小田和正

★The Times They Are a-Changin'(時代は変る)(ボブ・ディラン)/全員

★きよしこの夜(讃美歌)/小田和正・根本要・スキマスイッチ・水野良樹・和田唱・松たか子・JUJU

今回もなかなかの琴線くすぐられる選曲の数々、だけど、一番インパクトは、白のロングドレス?コート?の宇多田ヒカル登場!で、小田&宇多田の「Automotic」。



第1回の、ユーミンや山下達郎ら含めた、全員空振り小田さんからの出演依頼の一人、16年越しのラブコール実現。

第1回時、宇多田ヒカルの父宇多田照實からの詫びの手紙紹介など、今回のリラックスムードの練習風景映像なども流れ、

宇多田ヒカルも「大変長らくお待たせしました」「出てくるだけで(観客から)凄い、と言われるなんて・・」などとはにかみながら、ラフにロンドンの暮らしなどの話を交え、和やかムード。

私はもう1曲宇多田曲、なら、「真夏の通り雨」か「First Love」「movin on without you」とか聞きたかったけれど、「花束を君に」、

そして小田さん曲から「たしかなこと」をコラボ、



この曲に選んだ理由として、>小手先とか難しい表現を使わず、誰でもわかる言葉を使って、

日常的な風景の中に、人の生きることとか、人同士の関係性を描く、というスタンスに、作詞家として共感した・・<

など語って、小田さんは、ほめてもらいたくて理由を聞いたような・・と、少し照れてたけれど、世代は違えども、互いへのリスペクト感漂うコーナー、

まあ思えば、この二人のハーモニー、というのも結構なレアものを聞いた、という感じ。


1/7追記:「Automatic」の次に印象的だったのは、双璧で、冒頭の小田さんの「夜空ノムコウ」、



松たか子フィーチャーの「風をあつめて」。



「夜空・・」は、前に中居君登場の時も歌ってたのだけれど、小田さんの、消えゆくSMAPへの惜別の念があったのか?

TVを点けた時にはこの曲が始まってて、小田さんの話があったとしたら聞き逃したけれど、特にそういう惜別コメントはなかったようだけど、タイムリーに何だかしみじみ。

「風を・・」は、低い細野晴臣ボイスがないと無理かと思ったけれど、女性に歌ってもらったら、と思いついたそうで、伸びやかな松ボイスにフィットで、

元々の牧歌的、+清々しさが加わったバージョン、という感じ。


その他も、昨年に続いて登場の和田唱との、マッカートニーメドレーでの「Silly Love Songs(心のラブソング)]、「My Love」なんて懐かしかったし、





委員会バンドでの、昨年は「帰れない二人」で清志郎追悼、だったとしたら」、今回は大瀧詠一曲「君は天然色」、



これまた郷愁の、ジョニ・ミッチェルの「青春の光と影」のJUJU版、これって、「Both Sides, Now」という原題だったのだった 、と今にして。



昨年の、ハイファイセットの「よりそって二人」のような、そのルーツ赤い鳥の「赤い花、白い花」、



また昨年に続いて、小田さんのソロでオフコース曲「僕等がいた」、



何だかコメントに、小田さんも年輪を経て、オフコース時代を想う、ようなニュアンスが滲むような気もしたり。


MCで印象的だったのは、和田唱が登場冒頭、小田さんから上野樹里との結婚を祝福され、ウェディングマーチが流れたり、で、

小田さんが、二人でステージを見に来てくれた時、上野樹里から色々貴重なコメントをもらった、そうで、

一つは、アンコールっていつも盛り上がる曲かと思ってたら、静かな曲なのでビックリした、と言われた、とか、

和田唱がフォローで、いい意味でね、と和やかにフォローしてたり。


それと、委員会バンドの時、小田さんが、MC考えてないけど何かありますか?とメンバーに振った時、根本要が、皆さんにどうしても伝えたいことがある、と、話し出し、

番組の前に小田さんが、歌っていうのは何か?聞きたい、と言って、考えて、5年程前のジョイントライブの時、さだまさしが楽屋に来て、

音楽をやってる奴3つしかない、金か、女か、名誉で、世の素晴らしいミュージシャンはこの3つを手に入れて、何故まだ歌ってるんだ、辞めないんだ?と聞かれ、

俺たちはまだそんなのまだ行ってないからさ、さださんこそなぜそんなことやってるんですか?と返したら、う~ん、もうちょっと上手くなりたいんだよな、と言ってて、

たまたま隣の楽屋だった小田さんが、ずっと練習してて、さだまさしがそこを指して、な、というようなことがあって、

思ったのは、ミュージシャンって、上手くなりたいからずっとやってるわけでしょ?

それを、この番組は、少しお見せできている気がするんですよ、というような話で、会場から拍手。

何だか、まあベテランミュージシャンにして、素朴な話、だけど、この番組の軸の良心、というか、色んなカバー曲や、何年か前長いメドレーを一生懸命練習してたり、

小田さんの音楽に対しての損得抜きの生真面目さ、のような所を突いているようなエピソードで、言い得て妙、というか。


そういう所で、今回も、宇多田登場の目玉もあり、絶妙選曲の数々でしみじみ、cなかなか楽しめた年末恒例イベントでした。

関連サイト:TBS クリスマスの約束2016
関連記事:あの歌がきこえる「言葉にできない」あの歌がきこえる「生まれ来る子供たちのために」クリスマスの約束(’06)クリスマスの約束(’07)クリスマスの約束(’08)クリスマスの約束(’09)クリスマスの約束(’10)クリスマスの約束(’11)クリスマスの約束(’12)クリスマスの約束(’13)クリスマスの約束(’14)クリスマスの約束(’15)

フィルム空の鏡(’97)ヴィヨンの妻~桜桃とタンポポ~(’09)松任谷由実のオールナイトニッポンTV4

[PR]
# by MIEKOMISSLIM | 2017-01-06 22:12 | 音楽 | Trackback | Comments(0)


クリスマスの約束(’15)

先日23日深夜の、恒例の「クリスマスの約束」のことをアップしようとしたら、昨年の分の記事がなく、

a0116217_0291080.jpg何か作業の傍らでTVは点けていて録画はしたけれど、見直していなかったのに今にして気付き、

探したら、その録画を無事発見、ああそういえば昨年末年始はいつになく気忙しく、そのままだったのだった、と。

で、この機会に見直して、今回のもだったけれど、改めてこの回も色々としみじみ。

演奏曲は

★TODAY (The New Christy Minstrels) / 全員

★なごり雪(かぐや姫、イルカ)/ 小田和正

★366日(HY) / 仲宗根泉・小田和正

★マイケル・ジャクソン・メドレー / 和田唱・小田和正
Heal The World(ヒール・ザ・ワールド)
The Girl Is Mine(ガール・イズ・マイン)

★サイモン&ガーファンクル・メドレー / 和田唱・小田和正
Old Friends(旧友)
Bookends(ブックエンドのテーマ)
The 59th Street Bridge Song (Feelin' Groovy)(59番街橋の歌 (フィーリン・グルーヴィー))

★恋するフォーチュンクッキー(AKB48) / 和田唱・小田和正

★よりそって二人(ハイ・ファイ・セット) / 松たか子・和田唱・小田和正

★Cruel War(悲惨な戦争)(ピーター・ポール&マリー) / JUJU・和田唱・小田和正

★Hello, Goodbye(ハロー・グッドバイ)(ビートルズ) / 委員会バンド(スキマスイッチ・水野良樹・根本要・小田和正)

★約束 / 委員会バンド

★帰れない二人(井上陽水) / 委員会バンド

★トワイライト・アヴェニュー(スターダスト・レビュー) / 委員会バンド

★How Deep Is Your Love(愛はきらめきの中に)(ビージーズ) / 全員(常田を除く)

★きっと同じ / 小田和正

★same moon / 全員

★夕陽を追いかけて(チューリップ)/小田和正

一番インパクト、といえば、この番組で初めて聞いた陽水曲、委員会バンドでの「帰れない二人」。
  

この委員会バンドは、’15年夏に何か所かでライブもやったそうで、その映像も。

次が、終盤の全員での、随分久方なビージーズ「How Deep Is Your Love(愛はきらめきの中に)」、

一瞬「メロディ・フェア」繋がりで「小さな恋のメロディ」が浮かんだけど、これは「サタデー・ナイト・フィーバー」の中の曲だったのだった、と。
   

また、小田さんと和田唱での、これも郷愁、サイモン&ガーファンクルの「Bookends」。
    

和田唱という人は、今年の回も続いて出てたけれど、上野樹里の結婚相手として画像は見たけれど、動く姿は初めて、

第一印象がソフトというかフレキシブルというか、何だか上野樹里にフィットな相手、という感じ。

練習過程の映像で、音楽面で小田さんに注文つけてたり、歌もこなれてギターも上手い気さくでしっかり者キャラというか。

その他にも、松たか子ボーカルでの、ハイファイセット「よりそって二人」、2年前亡くなった、山本潤子の夫山本俊彦氏を偲んで、の趣旨、

これは聞き覚えあるようなないような?微妙な記憶だけど、山本氏作曲の曲の穏やかなラブソング、伸びやかな松ボーカルにフィット。


委員会バンドでの「Hello, Goodbye」、これは今にして歌詞チェックしたら、何とも端的な失恋ソング。



JUJUフューチャーのPP&Mの反戦歌「Cruel War」、



小田さんソロでは、かぐや姫の話をして、の「なごり雪」、



珍しくオフコース時代の「きっと同じ」、



などなど、やはりいつものように2時間見入って、聞き入ってしまう選曲センス。

あと、ちょっと規格外的意外なお茶目選曲、AKB48曲「恋する・・」とか、「最初のゲストの、初見だった沖縄のシンガー中曽根泉、大らかなボーカルの人だけど、

真実味ある失恋バラードを創るために、恋人と一時的に別れて、曲が出来たらまた元通り、というプロ根性も印象的。

そういう所で、見ないまま1年、埋もれてしまっていた「クリ約」もなかなか聞かせる、充実の内容でした。

関連サイト:TBS クリスマスの約束2015
関連記事:あの歌がきこえる「言葉にできない」あの歌がきこえる「生まれ来る子供たちのために」クリスマスの約束(’06)クリスマスの約束(’07)クリスマスの約束(’08)クリスマスの約束(’09)クリスマスの約束(’10)クリスマスの約束(’11)クリスマスの約束(’12)クリスマスの約束(’13)クリスマスの約束(’14)

フィルム空の鏡(’97)ヴィヨンの妻~桜桃とタンポポ~(’09)松任谷由実のオールナイトニッポンTV4

[PR]
# by MIEKOMISSLIM | 2017-01-03 00:47 | 音楽 | Trackback | Comments(0)


クリスマスデザート

先週24日(土)イブの日、恒例で母とケーキ、フルーツなどでクリスマスデザート。

今回のケーキは、溜まっていたポイントを使って、楽天市場で見繕って、「ミックスベリーのフルーツケーキ」に。

冷凍で届いて解凍して食べるタイプは初めてだったけれど、水曜に届いたのを金曜夜冷蔵庫に移して解凍、食べる前1時間程出して常温で置いて、

食感も特に普通のと変わりなく、各種ベリーの甘酸っぱさ+まろやかクリームで美味しく堪能。

その他、パイナップル、リンゴ、バナナでフルーツ盛り合わせと、手巻き寿司でも作ろうかと思っていたけれど、明太子ソースのスパゲティ、ポテトサラダ、ゆで卵で。


先日から、母が、今月になって空いたアパートの下の階の部屋に2階から移るか見送りか?

2度その部屋を見て、間取りなどはほぼ同じ、階段上り下りが必要なくなる代わり、陽当たりは悪くなり家賃アップ、洗濯物の干場に難ありetcで、どうするか、結構迷っていたのだけれど、

結局、おそらくすぐには埋まらなさそうな物件でもあるし、色々条件考えて今回見送り、で一応カタがついて、まあ一件落着で、

まあいつもながら、とりあえず元気でイブデザートを楽しめて良かった、という所でした。

a0116217_2353437.jpg











[PR]
# by MIEKOMISSLIM | 2016-12-30 23:07 | 日常・グルメ | Trackback | Comments(0)


ゴッホとゴーギャン展

先週18日(日)、「デトロイト美術館展」に続いて母と東京都美術館に移動、ゴッホとゴーギャン展鑑賞。

a0116217_2133223.jpg「デトロイト・・」は特に混んでもいなかったけれど、こちらは予想に反して20分待ち、思えばこの日最終日、ということもあったかも。

まあ20数分して入館、館内も混んでて、比較的空いている作品から後ろから人波分けて侵入、見たら後退のパターンで。<↑チラシ>

ゴッホとゴーギャンだけかと思ったら、影響を与え合った関連画家のもあり、モネ、ピサロ、セザンヌ、ミレーetc4分の1程が他の画家ので、5章に分けて68作品の展示。

a0116217_22465341.jpgゴッホ、ゴーギャン作品は、自画像など「デトロイト・・」にもあったけれど、

ゴッホは久方に見て、やはりいつもながらアルル時代の鮮やか色彩は見応え、だし、<↑チラシ裏>

今回何だか改めてそのタッチのパワフルさひしひし、メンタル的カツを入れられる、という感じ。


今回どれが一番インパクト、という訳ではないけれど、後でカードを買ったのは、第3章「ポン=ラヴェンのゴーギャン、アルルのファン・ゴッホ、そして共同生活へ」のゴッホ「収穫」(↓カード)、

a0116217_21432615.jpg










これはやはりすでに手元に2枚あって、今回のカードはやや色彩抑えめ。何だかゴッホスタンダードとして、手に取ってしまう、というか。

それと同じ章の「ゴーギャンの椅子」(↓カード)、

a0116217_21521830.jpg


















映像コーナーでも、有名な2人の共同生活~破綻のエピソード、ゴーギャンを迎えるために、部屋に「ひまわり」の絵を飾ったとか、

後にゴーギャンが第5章「タヒチのゴーギャン」にある「肘掛け椅子のひまわり」を描いたのは、ゴッホへの思い、とかのエピソード、この絵も、本を読むゴーギャンの擬人化、のような解説、

初見ではない?気はするけれど、改めて、うまくはいかなかったけれど、ゴッホのゴーギャンへの愛着漂う一品。

それとやはりこの章のゴッホグラスに生けた花さくアーモンドの小枝」(↓カード)、

a0116217_221072.jpg


















これはどうも覚えなく、初見かもしれないけれど、桜を思わすような柔らかな花?蕾?の色、

アルルのゴッホにしては抑えめ色彩、でもバックの赤ラインが効いてて、署名もその赤、というのがゴッホかも。

母が買っていたのは、やはり「収穫」とこの「・・アーモンドの小枝」。

その他目に留まったのは、第1章「近代絵画のパイオニア誕生」では、ゴーギャン「夢を見る子供(習作)」、

ピサロ「ヴェルサイユへの道、ロカンクール」「エラニーの牧場」、モネ「藁ぶき屋根の家」「ヴェトゥイユ、サン=マルタン島からの眺め」、

第2章「新しい絵画、新たな刺激と仲間との出会い」では、シャルル・アングラン「セーヌ川、朝」、ヤン・フェルカーデ「水差しと3つのリンゴ」、

第3章ではゴッホ「レモンの籠と瓶」、馴染みの「恋する人(ミリエ少尉の肖像)」、

第4章「共同生活後のファン・ゴッホとゴーギャン」では、ゴッホ「タマネギと皿のある静物」「ジョゼフ・ルーランの肖像」。


2展示ハシゴしたら1時半頃で、JR上野駅の2Fの「ぶんか亭」でランチ、少し混んでて2,30分待ちだったか、

私は「せいろそば(冷)とミニ唐揚げ丼」、母は「ミニ山かけ丼とせいろそばセット」にして、一休み。

a0116217_2222934.jpg










a0116217_22231386.jpg









それから、私は母を地下鉄駅まで見送って、用があった田町に京浜東北線で移動、ここは初めて降りたけれど割とモダンな駅周辺、歩道橋から気が向いて撮影。

a0116217_22375625.jpg










途中三田図書館があって、用の時間まで少しあったので、本を借りようかと思って中野翠の本を選んだのだけれど、

そこは港区で、区が違うと新たな図書カードが必要らしく、それを作る位はいいけれど、返却時は杉並区からは出来ず、港区の図書館まで来なければいけない、そうで、諦め。

取り寄せの時は、他の区からでもOKだったはずだけど?都内なら融通が効いてもいいいのに、と思ったり。


そういう所で、2展示ハシゴ+用事のやや忙しなさで疲れはしたけれど、この日はそう寒くもなく天気も良く動きやすい方で、リフレッシュでした。

関連サイト:ゴッホとゴーギャン展 サイトぶんか亭 サイト
関連記事:ラウル・デュフィ展クリーブランド美術館展大エルミタージュ美術館展ポンピドー・センター所蔵作品展オルセー美術館展モディリアーニと妻ジャンヌの物語展大回顧展モネサーカス展フランス印象派・新印象派展フィラデルフィア美術館展ルノワール+ルノワール 2人の天才が愛した女性ルノワール+ルノワール展 美の巨人たち モディリアーニ新日曜美術館 モディリアーニフランス展/福岡・長崎展/パリ・モンパルナスに集う画家たち展没後50年 モーリス・ド・ヴラマンク展モディリアーニ展芸術都市パリの100年展美の巨人たち ラウル・デュフィルノワール~伝統と革新/味百選ボストン美術館展 西洋絵画の巨匠たちプレミアム8<紀行>夢の聖地へ モネの庭語りかける風景マネとモダン・パリ印象派はお好きですか?マン・レイ展 知られざる創作の秘密オルセー美術館展 「ポスト印象派」モネ・ルノワールと印象派・新印象派展ザ・コレクション・ヴィンタトゥール画家と庭師とカンパーニュ(’07)セーヌの流れに沿って 印象派と日本人画家たちの旅没後120年 ゴッホ展 こうして私はゴッホになったモネとジヴェルニーの画家たちワシントン・ナショナル・ギャラリー展エルミタージュ美術館展 世紀の顔 西欧絵画の400年ユーミンのSUPER WOMAN 「長谷川祐子と現代美術をめぐる」<1><2>メトロポリタン美術館展 大地、海、空ー4000年の美への旅奇跡のクラークコレクションールノワールとフランス絵画の傑作ーSONGS 徳永英明印象派を超えて 点描の画家たちモネ、風景を見る目ー19世紀フランス風景画の革新オルセー美術館展 印象派の誕生ー描くことの自由ー魅惑のコスチューム:バレエ・リュス展チューリヒ美術館展新印象派 光と色のドラマと花見 in 上野公園フランスの風景 樹をめぐる物語 ーコローからモネ、ピサロ、マティスまでーポンピドゥーセンター傑作展デトロイト美術館展

[PR]
# by MIEKOMISSLIM | 2016-12-29 22:53 | 芸術 | Trackback(1) | Comments(0)


デトロイト美術館展

先週18日(日)、夕方田町に行く用があったので、ついでに午前中~午後、

上野で上野美術館での「デトロイト美術館展」~東京都美術館展でその日までだった「ゴッホとゴーギャン展」をハシゴで母と鑑賞。

a0116217_18511144.jpg余裕をもって、と思って朝8時半頃出発、9時半過ぎに着いてまず「デトロイト美術館展」、<→チラシ>

4章に分けて52点の展示、おそらく初見の、結構メジャー画家作品がちらほらで、なかなかの見応え。

後でカードを買ったのは、今回の一番の目玉、と思ってて、やはり一番インパクトだった、第1章「印象派」のモネの「グラジオラス」(↓カード)。

a0116217_1892414.jpg










手前の赤い花と後方に佇むブルー系ドレスのモネ婦人が、互いを引き立て合うような、絶妙バランス。

その他カードは、第1章では、ピサロの点描期作品「「小道(↓カード)、

a0116217_18171057.jpg


















ルノワールの「白い服の道化師」(↓カード)。

a0116217_18191515.jpg


















第4章「20世紀のフランス絵画」での、モディリアー二「女の肖像」(↓カード)。

a0116217_18213525.jpg


















「白い服の・・」や「女の肖像」は、もしかしたら家にカードが?と思っていたけれど、確かめたらなく、やはり初見だったようで。

「白い服・・」は、ブカブカの白いコスチュームの滑らか質感が圧巻、+あどけない少年の表情、首元のオレンジが相まって、さり気なくなかなかのルノワール逸品。

母は、第4章のマティスの「窓」、

a0116217_18291152.jpg



















そして、モネの「Vase mit Blumen」(↓カード)を買っていて、それって、展示はなかったけど、と言ったら、あれ、そうか?と・・でも、気に入ったようで。

a0116217_18533924.jpg


















このタイトルはどうもドイツ語らしく、色んな花が描かれているけど、Blumenって何の花?と思ってたけれど、ドイツ語翻訳サイトで試したら「花と花瓶」、どうやらblumen=花のようで。

その他、目に留まったのは、第2章「ポスト印象派」では、平和な生活の一コマ、という感じのボナール「犬と女性」、ドニ「トゥールーズ速報」、セザンヌ「画家の夫人」、

第3章「20世紀のドイツ絵画」では、初耳のパウラ・モーダーゾーン=ベッカー「年老いた農婦」、オスカー・ココシュカ「エルベ川、ドレスデン近郊」、といった所。

そう作品数的にはそうボリュームあった訳ではないけれど、印象派中心~フランス、ドイツの個性的作品群で、好み的には満足の後味でした。

関連サイト:デトロイト美術館展 サイト
関連記事:ラウル・デュフィ展クリーブランド美術館展大エルミタージュ美術館展ポンピドー・センター所蔵作品展オルセー美術館展モディリアーニと妻ジャンヌの物語展大回顧展モネサーカス展フランス印象派・新印象派展フィラデルフィア美術館展ルノワール+ルノワール 2人の天才が愛した女性ルノワール+ルノワール展 美の巨人たち モディリアーニ新日曜美術館 モディリアーニフランス展/福岡・長崎展/パリ・モンパルナスに集う画家たち展没後50年 モーリス・ド・ヴラマンク展モディリアーニ展芸術都市パリの100年展美の巨人たち ラウル・デュフィルノワール~伝統と革新/味百選ボストン美術館展 西洋絵画の巨匠たちプレミアム8<紀行>夢の聖地へ モネの庭語りかける風景マネとモダン・パリ印象派はお好きですか?マン・レイ展 知られざる創作の秘密オルセー美術館展 「ポスト印象派」モネ・ルノワールと印象派・新印象派展ザ・コレクション・ヴィンタトゥール画家と庭師とカンパーニュ(’07)セーヌの流れに沿って 印象派と日本人画家たちの旅没後120年 ゴッホ展 こうして私はゴッホになったモネとジヴェルニーの画家たちワシントン・ナショナル・ギャラリー展エルミタージュ美術館展 世紀の顔 西欧絵画の400年ユーミンのSUPER WOMAN 「長谷川祐子と現代美術をめぐる」<1><2>メトロポリタン美術館展 大地、海、空ー4000年の美への旅奇跡のクラークコレクションールノワールとフランス絵画の傑作ーSONGS 徳永英明印象派を超えて 点描の画家たちモネ、風景を見る目ー19世紀フランス風景画の革新オルセー美術館展 印象派の誕生ー描くことの自由ー魅惑のコスチューム:バレエ・リュス展チューリヒ美術館展新印象派 光と色のドラマと花見 in 上野公園フランスの風景 樹をめぐる物語 ーコローからモネ、ピサロ、マティスまでーポンピドゥーセンター傑作展

[PR]
# by MIEKOMISSLIM | 2016-12-27 19:01 | 芸術 | Trackback(1) | Comments(0)


期末テスト対策終了

今月7日(水)に今回の期末テスト対策終了、今回平常に+分は、私立高1女子の数学、物理90分×8回分。

まあやはり気を揉んだのは、この女子の、色々あって押し押しの対策。

一応来年2月半ば辺りまでの平常分振替を提案したのだけれど、お母さんは、1月半ばから行くようにするので、と、講習にしてはくれて、3学期は少し早目には手を付けられそうだけれど。

やはり気になる区立中3男子は、英、数共そこそこで、内申は5段階で3をキープ、ただ何故か中間、期末と80点台をとって、4になるはずだった社会が3、結局オール3で、

先月の模試では国語が80点台だったので、初めて志望校A判定だったのだけれど、計算力は安定したけど、図形、関数やら苦手の数学はじめ、まだ結構ムラあって怪しい感じ。

忙しいお母さんがなかなか反応を示さず、やきもきした2月末の都立入試までの日程が、先日やっと、講習はさておき、入試後の3月平常授業分を振り替えで、

今週3回60分ずつやっている平常分に、+30分追加で決定。ウチでやってる英、数以外は自分でやる、という方向で。

とにかく、模試の判定票で逆算したら、5科目平均60~65点は必要な感じだけれど、まあどうなるやら、という所。

来年9月の歯科大編入を目指す専門学校女性生徒は、学校の実習と、親元離れて学費も基本自腹の事情で、バイトでまとめて資金を貯める、ということで、多忙のため、一旦休会、

2月頃カムバック予定で、一度復習プリント、過去問から私がピックアップの医歯学系単語一覧を取りに来るとは言ってたけれど、

新宿→北区に引っ越しもあって、なかなか難しそうで、来週明け郵送することにはなったんだけれど、まあ、こちらもどうなるやら。

その他、ちょっと予想外の生徒、というか親御さんの方向転換もあったり、まあウチとしてはそれなりに前向きに対応、しかないのだれど、という感じ。

広告的には、ここ4,5年位は反応なしの、春先の新聞折込チラシはやめることにして、まあHP経由では折に反応あるし、

チラシの代わり、無料掲載だったエキテンが、入会費無料キャンペーンをやってたので、先月から6か月有料正会員、というのになって、試してみることに。

まあやはり、教室については、前向きに出来ることはコツコツと、というのに尽きるけれど、という年の瀬です。

a0116217_1433677.jpg

<先月早目に自習に来た女性生徒がケーキを買ってきてくれて、おやつタイムに>

関連サイト:個人学習会 高円寺教室 サイトエキテン 個人学習会 高円寺教室ページ
関連記事:ある少年(’07)一息(〃)夏期講習(〃)再会(〃)合格・ブログサービス終了(’09)受験シーズン終了と新入会(〃)春期講習終了・新年度と新入会(〃)中間テスト対策終了(〃、1学期)期末テスト対策終了・夏期講習(〃)夏期講習(〃)夏期講習前半終了夏期講習終了中間テスト対策終了・新型インフル(〃、2学期)期末テスト対策終了・冬期直前講習(〃)センター試験終了・インフル余波(’10)冬期直前講習と期末テスト対策終了(〃)春期講習終了(〃)中間テスト対策終了(〃、1学期)期末テスト対策終了(〃)夏期講習前半終了(〃)夏期講習終了(〃)中間テスト対策終了(〃、2学期)期末テスト対策終了(〃)冬期直前講習(〃)冬期直前講習終了(’11)学年末考査対策終了(〃)入試ネット投稿(〃)塾HP再作成(〃)中間テスト対策終了・新入会(〃、1学期)期末テスト対策・夏期講習(〃)突然の別れ(〃)塾広告ポスター(〃)夏期講習終了中間テスト対策終了・新入会(〃、2学期)期末テスト対策終了(〃)冬期講習終了(’12)学年末考査対策終了(〃)春期講習(〃)春期講習終了(〃)中間テスト対策終了・新入会(〃、1学期)期末テスト対策終了・新入会(〃)夏期講習(〃)夏期講習終了(〃)中間テスト対策終了・新入会(〃)期末テスト対策終了(〃)冬期・直前講習、新入会(’13)直前講習終了・学年末考査対策終了(〃)中間テスト対策終了(〃、1学期)期末テスト対策終了・新入会(〃)夏期講習終了(〃)中間テスト対策終了・新入会(〃、2学期)期末テスト対策終了(〃、2学期)冬期講習終了・一時復帰(’14)学年末考査対策終了(〃)春期講習終了(’14、1学期)中間テスト対策終了(〃)期末テスト対策終了・新入会(〃)夏期講習終了・新入会(〃)中間テスト対策終了・祝合格('14、2学期)期末テスト対策終了・新入会・祝合格(〃)冬期講習終了(’15)学年末考査対策終了(’15)春期講習終了(’15、1学期)中間テスト対策終了(〃)期末テスト対策終了・新入会(〃)夏期講習終了(〃)中間テスト対策('15、2学期)期末テスト対策終了(〃)冬期講習、波乱のセンター試験終了('16、三学期)学年末考査対策終了・祝合格(〃)春期講習終了(〃、1学期)中間テスト対策終了・カムバック(〃)期末テスト対策終了・LINE開通(〃)夏期講習終了・カムバック中間テスト対策終了(’16、2学期)

[PR]
# by MIEKOMISSLIM | 2016-12-24 02:26 | 仕事 | Trackback | Comments(0)


宇宙図書館 / 松任谷由実(’16)

先月2日リリースのユーミンニューアルバム、20日遅れで、先月22日(火)に、とりあえず録音しつつ通しで鑑賞。

今回、ピカイチというか、これぞ往年ユーミン節!的に響いたのは、「私の心の中の地図」、特に「愛してると言いたくて いつも心は立ち止まる・・」のサビ部分。

  

TVで流れた時も、引っ掛かっていた部分だったけれど、通しで聞いてみて、やはり秀逸。やはり心のヒダに寄り添い震わすユーミン健在、と実感の1曲。


でも、その他の曲も、正直「私の心の・・」程のインパクトはないのだけれど、何故か今回は、日によって違う曲のフレーズが頭に浮かんで、世知辛い気分が和らげられるような時もあって、しみじみ、という浸透の仕方。

何というか、まあユーミンも歳をとった、という現れかもしれないけれど、これまでのアルバムとは種類の違う、大らかな優しさが漂う感じ。

「あなたに会う旅」


「Sillage〜シアージュ」


「Smile for me」


「宇宙図書館」


「残火」


「気づかず過ぎた初恋」


「AVALON」


などなど、アルバムを手にする前、折々に色んな曲をポツポツ聞いていた時点では、「私の心の・・」サビ以外はそう特に引っ掛かりはなかったのだけれど、

a0116217_23563458.jpg何だか、えも言えぬオーラジワジワと、ある種の包容力を感じるアルバム、

やはり先日の伊勢丹イベント、特にショーウインドーの各曲イメージディスプレイなどは、

ちゃんとアルバムを聞いてから、見たかった!とも思い返したり、という所でした。<(C) UNIVERSAL MUSIC LLC↑>

関連サイト:松任谷由実「宇宙図書館」 特設サイト
関連記事:松任谷由実EXPOドームライブあの歌がきこえる「魔法の鏡」「海を見ていた午後」「卒業写真」松任谷由実コンサート THE LAST WEDNESDAY天国の本屋~恋火(’04)さよならみどりちゃん(’04)時をかける少女(’97)瞳を閉じてプレミアム10 松任谷・寺岡・ゆず等シャングリラⅢYuming Films(’07)「いちご白書」をもう一度(’75)ユーミンと映画・市川準監督そしてもう一度夢見るだろう/松任谷由実(’09)・No Reason~オトコゴコロ~/高橋真梨子(’09)TRANSIT2009チケットMusic Lovers・SONGS 松任谷由実<1><2>探検ロマン世界遺産 ユーミン×世界遺産TRANSIT2009コンサートShout at YUMING ROCKS('09)VIVA!6×7/松任谷由実(’04)時をかける少女(’10)RAILWAYS 49歳で電車の運転手になった男の話(’10)ミュージックポートレイト~人生が1枚のレコードだったら東日本大地震<2>Music Lovers 松任谷由実松任谷由実のオールナイトニッポンTV4僕らの音楽 松任谷由実・薬師丸ひろ子・おすぎMUSIC FAIR 松任谷由実NHK 東日本大震災チャリティー企画 ユーミン×SONGS 「春よ、来い」プロジェクトSONGS 松任谷由実RoadShow/松任谷由実(’11)手のひらの東京タワー/松任谷由実(’81)押入れの整理<1> <2><3><4>RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ(’11)春よ、来い in 紅白歌合戦SONGS 山本潤子SONGS 松任谷由実~2012スペシャル~鈴子の恋(’12)「春よ、来い」カバー 男性シンガー編「春よ、来い」カバー 女性シンガー編マンタの天ぷら(’97)・僕の散財日記(’05)/松任谷正隆虹色ほたる 永遠の夏休み(’12)才輝礼賛 38のyumiyoriな話 / 松任谷由実(’11)<1><2><3>ユーミンのSUPER WOMAN スペシャルプロローグ~「森本千絵と歩く霊峰」<1><2>ユーミンのSUPER WOMAN 「鶴岡真弓と訪ねる女神」<1><2>ユーミンのSUPER WOMAN 「長谷川祐子と現代美術をめぐる」<1><2>「8月31日~最後の夏休み~」チケットユーミンのSUPER WOMAN 「軍地彩弓と歩く東京ファッション最前線」ユーミンのSUPER WOMAN 「軍地彩弓と歩く沖縄」<1><2>ユーミンのSUPER WOMAN 「中村うさぎとめぐる東京の夜」<1><2>ユーミンのSUPER WOMAN 「草間彌生の世界を訪ねて」ユーミンのSUPER WOMAN 最終回スペシャル 直感の旅、そして未来へ8月31日~最後の夏休み~<1><2>時をかける少女(’83)<1><2>松任谷由実 デビュー40周年 はてない夢の旅YUMING FOREVER by LESLIE KEE<1><2>ひこうき雲 / 荒井由実(’73)風立ちぬ(’13)<1><2>MASTER TAPE~荒井由実「ひこうき雲」の秘密を探る~<1><2>ひこうき雲/荒井由実(’73) ミュージッククリップ放映Dialogue / 今井美樹(’13)SONGSスペシャル 松任谷由実~生きるよろこび歌にこめて~POP CLASSICO / 松任谷由実(’13)「音楽の達人 Vol.72」~ユーミン特集~僕らの音楽 「僕らのユーミン」ユーミンの罪 / 酒井順子(’13)<1><2>あなたがいたから私がいた ユーミン×帝劇Vol.2YUMI MATSUTOYA LIVE - GYAO! MUSIC LIVE 北陸新幹線開業記念特別番組「金沢花紀行」by ユーミンユーミン曲 in 北国のストリートライブ八王子 スパとユーミン聖地巡り<1>荒井呉服店西立川 ユーミン聖地巡り<2>西立川駅、「雨のステイション」歌碑と昭和記念公園荒井由実「ひこうき雲」(’16)~”青の時代”名曲ドラマシリーズ~ YUMING×LOFT 缶バッジSONGS 松任谷由実 / MUSIC FAIR 松任谷由実・JUJUYUMINGと伊勢丹新宿店と130の出来事

[PR]
# by MIEKOMISSLIM | 2016-12-23 23:44 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

    

’09年1月末AOL映画掲示板、ブログが終了、気分新たにマイペースで、音楽・芸術鑑賞、ユーミン関連、読書、英検1級対策、グルメ、仕事等含めて書いてます。英検は’11年11月に無事合格達成出来ました!
by MIEKOMISSLIM
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新の記事
期末テスト対策終了
at 2017-07-18 23:37
冷やし中華 from 北海道
at 2017-07-14 00:09
なりきりユーミン
at 2017-06-27 00:15
杉並弦楽合奏団 創立30周年..
at 2017-06-25 00:35
国境の南、太陽の西 / 村上..
at 2017-06-19 03:35
鹿児島物産展 / 母のデジカ..
at 2017-06-15 00:50
ランス美術館展
at 2017-06-13 23:06
ハワイアンフェスティバル
at 2017-06-07 00:14
西新宿=マグリット
at 2017-06-04 23:04
中間テスト対策終了
at 2017-06-03 23:45
母の日
at 2017-06-01 00:47
北海道物産展
at 2017-05-29 00:03
草間彌生 わが永遠の魂
at 2017-05-14 21:25
ミュシャ展
at 2017-05-14 01:17
GW講習終了・新入会
at 2017-05-11 23:57
イバラードの旅 第20回記念..
at 2017-05-06 22:24
杉並ウインドハーモニーアンサ..
at 2017-05-05 22:36
福岡物産展
at 2017-04-24 23:40
何でも見てやろう / 小田実..
at 2017-04-20 23:43
春期講習終了・新入会
at 2017-04-15 00:41
検索
リンク
★’09年1月までのブログ
KYOKOⅡ
英検対策

★リンクサイト

個人学習会 高円寺教室
個人学習会 高円寺教室(新HP)
エキテン 個人学習会 高円寺教室
象のロケット
松任谷由実オフィシャルサイト
いい加減な・・・

フルーツメール


★50音別映画・ドラマ鑑賞作品目録(作品数)

あ行作品(106)
か行作品(94)
さ行作品(88)
た行作品(70)
な行作品(35)
は行作品(117)
ま行作品(37)
や行作品(21)
ら・わ行作品(50)


★最新の記事続き

花見~善福寺川緑地にて~
ほくと魔法の言葉たち(’16)
Brio Brass Band 第6回定期演奏会
ストロングマン(’15)
北海道展
横浜散策<2>~横浜人形の家
横浜散策<1>~飛鳥Ⅱランチ付き船内見学会
確定申告
祝・合格、学年末テスト対策終了
メガネ新調
冬期講習終了
クリスマスの約束
クリスマスの約束(’15)
クリスマスデザート
ゴッホとゴーギャン展
デトロイト美術館展
期末テスト対策終了
宇宙図書館 / 松任谷由実('16)
杉並ウインドハーモニーアンサンブル 第13回定期演奏会
色とりどりのコンサート~ソロとアンサンブルによる~  
熱海旅行 アカオリゾート公国<2>
熱海旅行 アカオリゾート公国<1>
フルーツメモ帳 洋ナシ
杉並弦楽合奏団 第59回定期演奏会 
YUMINGと伊勢丹新宿店と130の出来事
ふれあい音楽会 懐かしいタンゴの調べを 
SONGS 松任谷由実 / MUSIC FAIR 松任谷由実・JUJU 
柿の葉すし
YUMING×」LOFT 缶バッジ
中間テスト対策終了
CDラジカセ
母の誕生日
フルーツメモ帳 レモン
秋の大北海道展
ポンピドゥーセンター傑作展
掃除機
中間テスト対策終了・カムバック
超高速!参勤交代 リターンズ(’16)
エアコン交換
めんそ~れ沖縄展
Windows10 デビュー
荒井由実「ひこうき雲」(’16)~”青の時代”名曲ドラマシリーズ~
SDカード事件<2>
SDカード事件<1>
期末テスト対策終了・LINE開通
フランスの風景 樹をめぐる物語 ーコローからモネ、ピサロ、マティスまでー
ふれあい音楽会~映画音楽への誘い
杉並弦楽合奏団 第58回定期演奏会
ハリー・ポッターと賢者の石(’01)
中間テスト対策終了・カムバック
デッドエンドの思い出/よしもとばなな(’03)
掃除機
母の日
杉並ウインドハーモニーアンサンブル スプリングコンサート2016
西立川 ユーミン聖地巡り<2>西立川駅、「雨のステイション」歌碑と昭和記念公園
八王子 スパとユーミン聖地巡り<1>荒井呉服店
初夏の大北海道展
~イバラード「夢の庭園」~ 第19回 井上直久絵画展
ルノワール展 オルセー美術館・オランジュリー美術館所蔵
Brio Brass Band 第5回定期演奏会
春期講習終了
長崎物産展 五島ばらもん揚げ
学年末考査対策終了・祝合格
ひな祭り
大九州展&全国うまいものめぐり
確定申告
恵方巻
冬の北海道物産展
冬期講習・波乱のセンター試験終了
クリスマスデザート
リトルプリンス 星の王子さまと私(’15)
第20回 フィルモアコンサート
期末テスト対策終了
中間テスト対策終了・新入会
東西有名寿司と全国うまいもの大会&北海道大収穫祭
モネ展 「印象、日の出」から「睡蓮」まで
夏期講習終了
Bed&Breakfast / 大貫妙子(’99)
期末テスト対策終了・新入会
長崎の物産展
ユトリロとヴァラドン 母と子の物語ースュザンヌ・ヴァラドン生誕150年
赤毛のアンシリーズ再読・読破
ノルウェイの森(’10)
ブレッド&バター presents-DRAMA&LIVE-「あの頃のまま」(’08)
夜のとばりの物語 ー醒めない夢ー(’12)
最新のコメント
セサミさん、以前いただい..
by MIEKOMISSLIM at 02:34
いい加減人(Yamat..
by MIEKOMISSLIM at 23:34
こんにちは。先日はありが..
by いい加減人(Yamato) at 20:56
コメント有難うございます..
by MIEKOMISSLIM at 01:20
はじめまして、こんにちは..
by ブリオブラスバンド演奏会広報担当 at 16:39
sesamiさん、こんに..
by MIEKOMISSLIM at 22:54
西立川駅で、ユーミン体験..
by MIEKOMISSLIM at 01:03
MIEKOMISSLIM..
by 3928taroh at 18:12
三國屋太郎さん、お申し出..
by MIEKOMISSLIM at 13:51
御無沙汰しております。 ..
by 3928taroh at 22:24
MIEKOMISSLIM..
by desire_san at 16:50
三國屋太郎さん、コメント..
by MIEKOMISSLIM at 18:38
三國屋さん、こんにちは。..
by MIEKOMISSLIM at 14:31
ご無沙汰しております。 ..
by 3928taroh at 22:49
新年おめでとうございます..
by desire_san at 19:29
sesamiさん、今ご記..
by MIEKOMISSLIM at 02:40
desire_sanさん..
by MIEKOMISSLIM at 14:51
こんにちは。いつも興味あ..
by desire_san at 08:22
desire_san さ..
by MIEKOMISSLIM at 19:29
こんにちは。 いつも知..
by desire_san at 12:10
最新のトラックバック
ラファエロ美術の変遷とラ..
from dezire_photo &..
ミュシャが生命をかけて現..
from dezire_photo &..
ぼくと魔法の言葉たち
from 象のロケット
ロッシーニのオペラ作曲家..
from dezire_photo &..
全米有数の印象派、ポスト..
from dezire_photo &..
全米有数の印象派、ポスト..
from dezire_photo &..
超高速!参勤交代 リターンズ
from 映画的・絵画的・音楽的
超高速!参勤交代 リターンズ
from だらだら無気力ブログ!
超高速!参勤交代 リターンズ
from 勝手に映画評
超高速!参勤交代 リターンズ
from あーうぃ だにぇっと
超高速!参勤交代 リターンズ
from 象のロケット
制作の時間軸に沿ったフェ..
from dezire_photo &..
光と色彩を愛し生きる喜び..
from dezire_photo &..
光と色彩を愛し生きる喜び..
from dezire_photo &..
ハリー・ポッターと賢者の石
from 象のロケット
思い出のマーニー
from のほほん便り
リトルプリンス 星の王子..
from 象のロケット
マルモッタン・モネ美術館..
from dezire_photo &..
THE GREY 凍える..
from Subterranean サ..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
ブログパーツ
ファン
カテゴリ
タグ
(276)
(163)
(141)
(106)
(93)
(91)
(88)
(86)
(62)
(57)
(54)
(49)
(47)
(32)
(25)
(21)
(19)
(12)
(11)
(8)
以前の記事
ライフログ
Skypeボタン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧