人気ブログランキング |

麗美ファーストフライト(’85)

先日、近所の期間限定DVD・ビデオ・CD売り場でたまたま麗美のライブビデオを発見、見終えました。このビデオは検索しても情報出てこず、DVD化もされてないようで、パッケージ裏面に’85年7月11日中野サンプラザで、とあって、抜粋かもしれませんが11曲53分のコンパクトさ、タイトルからして初ライブだったのかも。なかなかの掘り出し物、と一瞬、感慨ありました。

麗美は大分前渋谷でのコンサートに行って、松任谷夫妻プロデュースの初期の3枚のアルバム「REIMY」('84)「”R”REIMY」('84)「PANSY」('85)と次の「MY SANCTUARY」('86)は録音してますが、今回のは全てその初期3枚からで、

「真夜中のシンフォニー」「ポニーテイル」「鏡の迷路(STRANGLED IN LOVE)」「パンジーとトパーズのネックレス」「恋の一時間は孤独の千年」「すぐそばにいるの」「空が一面海に見えた日」「CARRY ON」「愛にDESPERATE」「青春のリグレット」「Time Travelers」。バックでキーボード小林武史の姿も。

a0116217_12435462.jpg前半曲と曲の間に、本人が描いたのかは?判りませんが、ある村の少年と少女の物語のイラストと語りが挟まれ、麗美のステージ衣装も童話から抜け出てきたようなファンタジックさ。後半は赤いミニドレスで、シングルでもあった「愛に・・」「青春の・・」等も懐かしかったですが、一見アイドル風ルックスでもありながら、透明な声のオリジナリティや歌唱力は抜群だった、と改めて。

「霧雨でみえない」「ノーサイド」「残暑」等なかったのは残念ですが、久方の歌声と姿。4枚目の松任谷夫妻の手を離れてのアルバムにも結構好きな曲はあったのですが、やはりいまだに一時期のユーミンの”感情の震え”のようなものの質を損なわず、時にはさらに純化して表現してみせたのはこの人、という印象強いです。

4枚のアルバム後は余りチェックしてなかったですが、アメリカでも活動、「ノーサイド」カバー関連で「SHOUT at ・・」でも触れてたのですが、REMEDIOSの名で、映画やドラマサントラ、CM曲を手掛けていて、そういうクリエイターとしての顔もあって、岩井作品の「undo」('94)「打ち上げ花火 下から見るか?横から見るか?」('95)「Love Letter」('95)「PiCNiC」('95)「FRIED DRAGON FISH」('96)等の音楽担当がこの人だった、というのは、後で知ったのでした。

最近余り話題も聞かないですが、活動は続けているようで、ある時期のノスタルジー凝縮シンガー味わい、でした。

関連サイト:麗美のページ
関連記事:SHOUT at YUMING ROCKS(’09)


a0116217_12414085.jpg


by Miekomisslim | 2010-04-27 00:00 | 音楽 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://autumnnew.exblog.jp/tb/10500942
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
line

「KYOKO」は’02年に映画掲示板にスレッドを立てた村上龍監督、高岡早紀主演映画で、当ブログはそのスレッド、次のブログに続いての3代目です。マイペースで、長年ファンのユーミン関連初め音楽、美術展、仕事、グルメ(食事)、映画、本、日常、旅のことなどアップしてます。


by MIEKOMISSLIM
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30