人気ブログランキング |

大沖縄展

昨日、都合も合ったので、新宿ピカデリーで「借りぐらしのアリエッティ」を再度母と見て、伊勢丹新宿店で今日までの沖縄展に行ってきました。前後しますが、沖縄展の方から。今回イートインは、そば、寿司、バーガーとありましたが、そばの「きしもと食堂」で、私は「きしもとそば」と炊き込みご飯の「ジューシー」母は「きしもとそば」のみで昼食に。

そばは豚の角煮+かまぼこ+ねぎ入り、麺は平たく、硬くはないですがそうコシもなく、母とそばとうどんのあいの子みたいだよね、と。豚の角煮はボリュームの割りに柔らかく、感想は2人共まあまあ。ジューシーは前回春の京王での時より味も濃く美味しかった気しました。

a0116217_1638482.jpga0116217_16431957.jpg








デザートは「an石垣ジェラート」店で、私は「天使のミルク」味(↑左)、母は「完熟パイン味」(↑右)に。写真だとほぼ同じようですが、「完熟・・」の方は仄かなレモン色、「天使・・」は白。「天使の・・」はネーミングにも少しそそられたのですが、コクあるミルク風味、でもジェラートのさっぱり後味でした。

その後ブラブラして、やはり「ブルーシール」ソフト店もあり、丁度男の子が手にしてた、濃いブルーに白が混じったのの鮮やかさが目について、これは前回見かけず、さすがに、ジェラートを食べたので、さらに、とは思いませんでしたが、どういう味か気になったり。後でちょっとサイトで見てみたら「ブルーウェーブ」味(↓左下)で、ソーダシャーベット+パインアイス、だと。

a0116217_16444589.jpg屋上で沖縄イベントもしていて、行ってみたら、さすがにムッと暑気、でしたが、ライブステージで「ういずあす」という女性3人グループの出番中(↓)で、ややサイケな着物姿で三味線+ポップな曲。

数曲聞いて出ましたが、デパート表のライブスケジュールの中に、一昨日の分に「桑江知子」が目に入り、「私のハートはストップモーション」は好きだったし、懐かしい名で、何故ここに?と思ったら、この人も沖縄出身、現役で活動中だったのでした。

帰って、会場で渡されたチラシ類の中に、「ニライの丘」という24日(土)公開の映画広告があって、「ニライカナイからの手紙」で「ニライカナイ」は沖縄での理想郷のニュアンスだったし、やはりこれも沖縄舞台新作、「ニライ」はちょっと検索したら「根の方」の意味のようで。ライブ表の初日最初に、「ガレッジセール」の名もあったのですが、彼らも沖縄出身で、それはこの作品PRのトークイベントだったようでした。

a0116217_16421657.jpgまた、出店マップの裏面のイベント紹介で、昨日昼頃、この秋公開予定の「やぎの冒険」という作品の仲村颯悟監督のトークショーもしてたのだった、と。

紹介に14才にして30作品もの映画を製作、とあったのですが、今まさに14才の中学生監督で初の長編映画、らしく、そういう年代監督の見た作品、というとハナ・マフマルバフを思い出す位、その年齢を知って、ちょっと話を聞いてみたかった気も。

「ニライ・・」の大城直也監督と共に名は初耳、作品自体そう興味そそられる、という訳ではないですが、これまで沖縄に根ざした作品の監督、というと、中江裕司監督位しか浮かばす、こういう人材も出ていたのでした。

a0116217_16395545.jpga0116217_16403775.jpg








<きしもとそば、ジューシー>

関連サイト:Web伊勢丹通信an石垣ジェラート
関連記事:ニライカナイからの手紙(’05)九州・沖縄の物産展沖縄展

by MIEKOMISSLIM | 2010-08-02 00:00 | グルメ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://autumnnew.exblog.jp/tb/11070616
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
line

「KYOKO」は’02年に映画掲示板にスレッドを立てた村上龍監督、高岡早紀主演映画で、当ブログはそのスレッド、次のブログに続いての3代目です。マイペースで、長年ファンのユーミン関連初め音楽、美術展、仕事、グルメ(食事)、映画、本、日常、旅のことなどアップしてます。


by MIEKOMISSLIM
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31