人気ブログランキング |

SONGS やもり(矢野顕子&森山良子)

「SONGS」は昨夜から2週で山口百恵ですが、先週の矢野顕子と森山良子ユニットの「やもり」の回を録画で見ました。今年になって組んだユニットで、2人は長年の友人だったそうで、今回歌ったのは「さとうきび畑」「ひとつだけ」「旅の宿」「温泉に行こう」「風のブランコ」。

どちらもこの番組は一昨年以来、矢野顕子と大貫妙子コラボでの「いつも通り」もあったりしたのでした。

この2人は聞く前は、余り音楽テイスト的に共通点、というイメージはなく、矢野顕子ピアノ+2人のボーカルで、何だか矢野側はソロと同じマイペースで、森山良子の歌い方が矢野的になっている(している)、印象でしたが、それも含めてベテラン2人がコラボを楽しんでいる、というムード。

「温泉に・・」のコンセプトそのままに、子育て期間も終り2人は合間を縫ってよく温泉に行くそうで、今回も箱根の温泉に出掛け、車内の駅弁、人力車に乗ったり、NY在住の矢野顕子がずっと食べたかった、というカキ氷を楽しんでいたり。

「旅の宿」カバーは曲自体も懐かしかったですが、余裕の歌唱力の熟女シンガー達にかかれば、よしだたくろうもこういう風に、という所で、森山良子は前回泉谷しげるの「春夏秋冬」カバーしてましたが、2人による「春夏・・」や、たくろう曲なら「たどりついたらいつも雨降り」、陽水「夢の中へ」等も面白いのでは、と。

今回一番インパクト残ったのは、最初の正統森山ボーカル+矢野ピアノでの「さとうきび畑」。聞いたのも久方でしたが、冒頭の「ざわわ・・」でサーっと風景が広がる豊かな声の力、そこから展開する心情・情景は、今にして、かなり静かな反戦曲、と改めて意識でした。

関連サイト:SONGS 第149回 やもり(矢野顕子&森山良子)
関連記事:ワンモアタイム(’04)涙そうそう(’06)みゅーじん 森山直太郎・良子SONGS 森山良子SONGS 矢野顕子/福山雅治
(スレッドファイルリンク(ここでは「ワンモアタイム」)は開かない場合あるようです)




by MIEKOMISSLIM | 2010-09-30 00:00 | 音楽 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://autumnnew.exblog.jp/tb/11355488
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
line

「KYOKO」は’02年に映画掲示板にスレッドを立てた村上龍監督、高岡早紀主演映画で、当ブログはそのスレッド、次のブログに続いての3代目です。マイペースで、長年ファンのユーミン関連初め音楽、美術展、仕事、グルメ(食事)、映画、本、日常、旅のことなどアップしてます。


by MIEKOMISSLIM
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31