あるとき/金子マリとバックスバニー

「BANDAGE」で「LANDS」ドラマーのリュージ役だった金子ノブアキが、金子マリの息子、と知って、頭を駆け巡った曲、金子マリとバックスバニーの「あるとき」。特にファンという訳ではなかったのですが、この曲は鮮烈で、子供時代、好きな曲の歌詞や、本、コミック、雑誌等の中で気になった詩、散文等書き留めてたノートに、この歌詞も。

多分、ラジオ録音から書き起こしたのだったと思いますが、そのノートの歌詞は他はフォーク~ニューミュージック系の中、ロック色のはこの曲だけ。とにかく幼心に、圧巻な声の力とメロディのうねりで押し広げられた、乾いた景色のイメージの鮮烈さ、だったのでした。

You tubeにライブ版と録音版2バージョン発見、思いがけない所での、この曲との再会、でしたが、今改めて聞いても、これはノスタルジー、というにはやや不似合い。淀んだ気持も一瞬吹き飛ぶかのような、ダイナミックさ。

             
手元に何か録音があっただろうか、と見てみても、「金子晴美」「中本マリ」等あっても、この人のはなく、この1曲で「金子マリとバックスバニー」の名インプット、だったかと。今改めて、下北沢出身で当時「下北のジャニス(ジョプリン)」の異名、今も活動中らしく、

金子マリサイトを覗いたら、Newsの所で、昨年今頃、大瀧詠一の「A LONG VACATION」('81)を、各曲女性シンガーがカバーしたトリビュート・アルバム「A LONG VACATION from ladies」が出ていて、これに参加してるようで。その他大貫妙子、尾崎亜美、今井美樹、太田裕美等、という顔ぶれで、折あれば聴いてみたい所。

「あるとき」は誰の作詞・曲だったのか?ちょっと検索したら、作詞:金子真梨・ 谷口康清、作曲:鳴瀬喜博と出てきて、金子真梨はおそらく金子マリ本名、谷口康清という人は不明、鳴瀬喜博はカシオペアのベースですが、バックスバニーのメンバーだったのだった、と。

カシオペアは、大分前ライブに行ったり、録音アルバムも何枚か。一時期馴染んだのでしたが、このメロディ発信者で、またこのバックの音に、この人や、メンバーとしてCharもいた、等、今にして、ですが少し感慨でした。

関連サイト:金子マリ オフィシャルサイト
関連記事:BANDAGE(’10)


[PR]

by MIEKOMISSLIM | 2010-11-24 00:00 | 音楽 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://autumnnew.exblog.jp/tb/11610490
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
line

’09年1月末AOL映画掲示板、ブログが終了、気分新たにマイペースで、音楽・芸術鑑賞、ユーミン関連、読書、英検1級対策、グルメ、仕事等含めて書いてます。英検は’11年11月に無事合格達成出来ました!


by MIEKOMISSLIM
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31