人気ブログランキング |

レインボー・シー・ライン / 吉田美奈子(’75)

先日、細野晴臣特集の時に触れた吉田美奈子、久方に思い出して、マイベスト吉田曲、アルバム「MINAKO」の中の、「レインボー・シー・ライン」を聞きました。

やはりこれは、いまだに斬新さ感じる、ある種突き抜けた曲。本人作詞+佐藤博作曲で、吉田ハイトーンボーカル+独特なベースライン、気持だけでも、まさに海に向かって自由に、というイメージ曲。

吉田美奈子はやはり荒井由実時代のアルバムバックコーラスで知ったのですが、この「MINAKO」は私が一番最初に買った吉田アルバム。

これは、当時ラジオで知ったのだったかどうだったか、子供の私が貯めたお小遣いで、田舎の近所のレコード屋にこれを買いに行った時、店の主人が、こういうの、一体何処で知るの?とやや意外そうないリアクションの覚え。

このアルバムは、余りトータル感での印象あった訳ではないですが、ユーミンカバー「チャイニーズ・スープ」や、細野作品「ろっかばいまいべいびい」、ユーミン詞+「レインボー・・」の佐藤博作曲の「パラダイスへ」、本人詞+佐藤作曲「夢を追って」、本人作品「時の中へ」等、好きな曲がちらほら。

でもやはり今思っても、この「レインボー・・」が、抜きん出た鮮烈さだった、というか。田舎の片隅で夢想、を広げた曲の1つ。マイベスト吉田曲は次が「週末」、山下達郎が作曲で山下版もある「雲のゆくえに」。

吉田美奈子コンサートは大分前1度行って、最近では、市川作品「たどんとちくわ」で、街並みバックに思いがけず「愛は思うまま」が流れ、感慨だったのだった、とか、中森明菜が「SONGS」に出た時、マイベスト明菜曲の1つが吉田作品の「APRIL STARS」だった、と思い出したり。

いつかクリスマスイブの夜のライブがあった以外、TVで見かけることもなく、’00年代になってからの曲はチェックしておらず、近年余り名も聞きませんが、公式サイトを見ると、色々活動中のようで。

今回You tubeで「レインボー・・」を探したら、やや声小さめですが、本人版と、作曲者佐藤博版や、Ann Sallyというシンガー、YOKO&レクリエーションというバンド版もあったのだった、と知って、少し驚き。佐藤博版は、男側からになってたり歌詞も多少違いますが、この人って、こういう顔、声だった、と今にして。



Ann Sallyは、在日韓国人3世のシンガーソングライターで、細野、吉田作品カバーもしてる、ようで、ちょっと目新しいソフトな「レインボー・・」。



PCなので音質はそれなりですが、You tubeというのは、本当に色々発見ある、と改めて。

たまたまこれも’70年代。この所、SUGAR BABEの「SONGS」や、「Let It Be」、「アメリカン・パイ」、と、そういう頃のノスタルジー回顧、ですが、やはりこの「レインボー・・」も、いまだ色褪せない、やはり心の風通し曲、これも私の宝の1つと思おう、と改めて、という所でした。

関連サイト:Amazon 「MINAKO」吉田美奈子オフィシャルサイト
関連記事:あの歌がきこえる「魔法の鏡」「海を見ていた午後」「卒業写真」瞳を閉じてたどんとちくわ(’98)-追悼・市川準監督ーSONGS 中森明菜<1>ETV特集 細野晴臣 音楽の軌跡~ミュージシャンが向き合った「3.11」~


             

by MIEKOMISSLIM | 2011-07-18 23:17 | 音楽 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://autumnnew.exblog.jp/tb/13101152
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
line

「KYOKO」は’02年に映画掲示板にスレッドを立てた村上龍監督、高岡早紀主演映画で、当ブログはそのスレッド、次のブログに続いての3代目です。マイペースで、長年ファンのユーミン関連初め音楽、美術展、仕事、グルメ(食事)、映画、本、日常、旅のことなどアップしてます。


by MIEKOMISSLIM
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31