人気ブログランキング |

マリン・ブルー / マザー・グース(’77)

先日「レインボー・シー・ライン」の佐藤博や別シンガー版発見で、改めて、You tubeの幅広さに少し感慨、ずっと曲名不明だった幻のマイ名曲を、ふと探ってみる気になって、シンガー名で検索したら、見事に出てきました。改めて、恐るべしYou tube、と。

マザー・グース、という女性グループの曲ということと、「ヨットハーバーで おまえは待っていると言う・・・車飛ばして20分で来てよ・・・OK19分で行くよ」という断片的な歌詞の記憶、

夏の海の一コマ的な映像+なんと言っても、繊細なメロディの流れがインパクトで、ずっと頭にありつつ、曲名不明だった曲。

子供時代の、好きな歌詞や、本、コミックからのフレーズ等書き出したノートの、気になるSONGS、という欄の中に、このグループの「Cool」という曲。これも今、どんな曲だったか思い出せず。

多分その謎の名曲は、ラジオ(の録音)で知って、このグループ曲、というのも判ってたし、その気になればアルバムを聞けば、この曲も判ったのでしょうが、それはせず、謎のまま、だったのですが、

今回You tubeで「マザー・グース」で検索して出てきた中、「Cool」はなかったですが、聞いた2曲目が、まさにその曲。今にして、「マリン・ブルー」というタイトルだった、と。

マザー・グース自体は、Wikipediaで見たら、金沢出身の3人グループ、見出したのは、元「トワ・エ・モワ」の芥川澄夫、2枚アルバムを出した後解散してて、

「マリン・・」は、セカンドアルバム「パノラマ・ハウス」からの曲で、シングルカットもされて、それは山下達郎がプロデュースしてた、とか、そのアルバムには、東芝EMI関連でなのか、ユーミンがジャケットのイラストを描いて、このアルバムの透明感を称えるコメントも寄せてた、とか、今にして。

私の覚えあった「マリン・・」は、おそらくアルバム版だったと思いますが、You tubeにその別アレンジシングル版(↓)もあって、その映像に使われてるグラスのイラストが、ユーミン作品のようで。ユーミンイラストのアルバム、といえば、正隆氏のを思い出す位ですが、こういうのもあったのだった、と。


今改めて、この曲と遭遇、記憶の感触ではもう少しソフトなボーカルのイメージでしたが、確かに、このメロディと歌詞。内容は、イメージ通り何気ない恋模様、だったのでしたが、

確かに、冒頭「ヨットハーバーでおまえは・・」なので男側からの歌詞ですが、「ブラインドから見える夏の初めはおれを見捨ててる・・」「夏を避けておれ1人・・」と、いうような、硬派「おれ」人称がやや意外。

赤毛のアンのおまえには、有刺鉄線が張り巡らされてる、なんて、男側からのジレンマ、という歌詞だったのだった、と今にして。

色々なミュージシャンから目をかけられ、でも、2年間で表舞台から去ったグループ、だったのでしたが、やはりこうして曲は残ってて、今、この季節に再会、で、感慨。有難うYou tube、という所です。

関連サイト:Amazon 「パノラマ・ハウス」Wikipedia マザー・グース
関連記事:松任谷由実EXPOドームライブあの歌がきこえる「魔法の鏡」「海を見ていた午後」「卒業写真」天国の本屋~恋火(’04)松任谷由実コンサート THE LAST WEDNESDAYさよならみどりちゃん(’04)瞳を閉じて天使(’06)恋愛寫眞(’03)プレミアム10 松任谷・寺岡・ゆず等シャングリラⅢYuming Films(’07)「いちご白書」をもう一度(’75)ユーミンと映画・市川準監督TRANSIT2009チケットMusic Lovers・SONGS 松任谷由実<1><2>そしてもう一度夢見るだろう/松任谷由実(’09)・No Reason~オトコゴコロ~/高橋真梨子(’09)サマーウォーズ(’09)探検ロマン世界遺産 ユーミン×世界遺産TRANSIT2009コンサートShout at YUMING ROCKS('09)VIVA!6×7/松任谷由実(’04)クリスマスの約束(’09)時をかける少女(’10)音楽のチカラ「青春の言葉 風街の歌 作詞家 松本隆の40年」RAILWAYS 49歳で電車の運転手になった男の話(’10)クリスマスの約束(’10)ミュージックポートレイト~人生が1枚のレコードだったら東日本大地震<2>Music Lovers 松任谷由実松任谷由実のオールナイトニッポンTV4僕らの音楽 松任谷由実・薬師丸ひろ子・おすぎMUSIC FAIR 松任谷由実NHK 東日本大震災チャリティー企画 ユーミン×SONGS 「春よ、来い」プロジェクトSONGS 松任谷由実Road Show / 松任谷由実(’11)SONGS / SUGAR BABE(’75)ETV特集 細野晴臣 音楽の軌跡~ミュージシャンが向き合った「3.11」~レインボー・シー・ライン / 吉田美奈子(’75)




by MIEKOMISSLIM | 2011-07-20 23:15 | 音楽 | Trackback | Comments(12)
トラックバックURL : https://autumnnew.exblog.jp/tb/13112423
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 3928taroh at 2014-10-25 23:51
はじめまして
福井県在住の三國屋太郎です。
マザーグースの書き込みを見つけてまいりました。

小生も、リアルタイムでマザーグースを聞いていました。
石川県はお隣の県ですので、福井のラジオでも流れていました。
COOLは、パノラマ・ハウス (1977)に収録されていますね。
アルバムは何回かCD化されていますが、小生手元にはなく
通販へ発注しています。(LP盤は持っていますが、なかなか聞く機会がありません。)

マリンブルーは、自分にとっても印象的な曲です。
それ故(?)今の住まいは海まで5分の所です。

2011年に書き込みされていらっしゃいますので、
既にご存知の事かと思いましたが、おせっかいさせていただきました。

3928taroh@excite.co.jp
http://taroh3928.exblog.jp/
Commented by MIEKOMISSLIM at 2014-10-27 21:47
三國屋太郎さん、コメント有難うございます。

「Cool」はシングルでも出ていたせいか、当時ノートの「気になる曲」欄に曲名を書き留めてて、聞き心地いいアップテンポ曲だった覚えはあるのですが、曲名も不明だったこの「マリン・ブルー」の方が何だか、謎の珠玉曲、としてずっと頭にありました。

この記事を書いた折に検索で、マザー・グースは2枚アルバム出していて、「パノラマ・ハウス」の方にこの2曲が入ってる、と判りました。ユーミンがジャケット担当、というのも+αで、気になる1枚ではあります。

LP盤を持っているということは、今となっては知る人ぞ知る?!というマザー・グースですけれど、地元がお住まいの隣県、という縁もおありだったようですけれど、当時愛聴されてたのですね。懐かしい曲記事に反応頂いて嬉しいです。
Commented by 3928taroh at 2014-10-29 00:23
MIEKOMISSLIMさん こんにちは

マザーグースのアルバムを集めようと思ったきっかけは、
クリスマスイブのラジオで「魔法がとけた朝」を聴き、
そしてグループの解散を知った時でした。

今でこそ、山下達郎もすっかり有名になりましたが、
その頃は音楽ファンといえども十分に認知されている訳ではなく、マザーグースの人気を押し上げることはできなかったようです。

 ユーミンの描いたジャケットは、それなりに話題になりました。LPサイズにぴったりの絵だと思います。

 明日には、「パノラマハウス」のCDが手元に届きます。
20年ぶりに彼女たちの歌声が聴けることを楽しみにしています。(LPをかけるには、準備がたいへんですから。)

 これからもブログ読ませていただきます。私もユーミンファンです。大した内容ではありませんが、小生のブログへもお立ち寄りください。
Commented by MIEKOMISSLIM at 2014-10-29 23:12
三國屋太郎さん、再びコメント有難うございます。

そちらのブログの音楽記事を少し拝見したのですが、山下達郎ファンでいらっしゃるのですね。

私も、遡ればユーミン関連で知った彼や、大貫妙子、吉田美奈子なども好きで、特に’90年頃まではアルバムを追ってました。SUGAR BABE「SONGS」なども愛聴盤の一つです。

山下達郎はマザー・グースのプロデュースにも関わってたようですけれど、本人も当時はまだ、「CIRCUS TOWN」などは出していても、ブレイク前だったのですね。でも今聞く「パノラマ・ハウス」CDは楽しみですね。

世代感や、音楽の好みが重なる所があるようで、よろしかったらまたいらして下さい。そちらのブログも拝見して、折あれば立ち寄らせていただきます。
Commented by 3928taroh at 2014-10-30 20:04
MIEKOMISSLIMさん こんにちは

 小生のブログを見ていただけたようで、ありがとうございます。
昨日、CDのパノラマハウスが届きました。聴いていて気が付いたのですが、リアルタイムでラジオで聞いていたのは、地元のAMラジオ局です。
 当然、その頃はラジオはモノラルでした。今改めてCDで聞くと、音の広がりや楽器の使い方など、しっかりとした音作りで
驚いています。当分、ドライブの愛聴盤となりそうです。

 マリンブルーですが、アルバム盤とシングル盤どちらも
それぞれの味があって、甲乙つけがたい感があります。
 しかしながらこのシングル盤では、洋楽ファンにはアピールできるものの、一般的な音楽ファンへの浸透は難しいかな?と、感じました。機会があればぜひ聴き比べてください。

 当時は、SUGAR BABE と 山下達郎 大貫妙子 それぞれの関係を知らずに別々に聞いていました。荒井由実とSUGAR BABE の関係もかなり後に気が付いた次第です。その辺の経緯も自分のブログに書いております。

 LPで集めていた時代から、CD中心となった時期がはっきりと分かれてしまっていて、LP時代の楽曲はCDリマスターが出ないと聞く機会がなくなってしまっています。
 LP 荒井由実 SUGAR BABE 竹内まりや EPO 
 CD 杏里 渡辺美里 以降
みたいになっています。  
 大貫妙子は、アコスティックのライブをするころから再度集め出したので、CDが大半です。アコスティックのライブCDは
何回も曲を追加して出されているので、3種類ぐらいはあると思います。
 ユーミンの楽曲に対して、深い造詣をお持ちのようですので、じっくりブログを読ませてください。わたしの女性観も
多少ユーミンに影響されているようですので、自己分析してみたいと思います。

 今後ともよろしくお願いします。
 
Commented by MIEKOMISSLIM at 2014-11-01 00:10
三國さん、「パノラマ・ハウス」は改めて愛聴盤となったようで、入手されて良かったですね。

「マリン・ブルー」は、上の記事を書いた時、You tubeにどちらのバージョンもあったのですが、現在はシングルバージョンのみになっていて、記憶にあったのは、このスローバラード風よりはアップテンポだったような覚えで、多分アルバムバージョンだったのでは、と思います。

「パノラマ・ハウス」は、一応TSUTAYA DISCUSで検索してみましたが出てこず、付近の店でも、多分レンタルでは難しそうですね。

またゆっくりブログを拝見しようと思いますが、少し該当の記事を拝見した所、山下、大貫それぞれソロ作品→SUGAR BABEへと繋がったのですね。

私はやや記憶曖昧ですが、SUGAR BABE「SONGS」LPを買ったのがジャケットにある日付で’76年3月だったので、ユーミンの「MISSLIM」バックコーラスとして多分同時にグループと個人名を知って、山下、大貫ソロアルバムも追っていった、という流れだったかと思います。

コンサートは、山下達郎のは経験ないですが、大貫妙子のは確か5回位行ったことがあり、ライブ盤はCDで「PURE ACOUSTIC PLUS」「Shooting star in the blue sky」を持っています。

色々好きな曲はありますけれど、ベスト、といえばやはり当時じんわり鮮烈だったSUGAR BABE時代の「いつも通り」です。先日からたまたま、やっと図書館の予約が回ってきた大貫新刊の「私の暮らしかた」を読んでいました。

杏里などもお好きなのですね。私も一時期、角松敏生などの路線で、割と聞いていました。以前LPも色々持っていましたが、今手元にあるのはCDと録音テープのみで、ユーミン、大貫妙子、吉田美奈子、SUGAR BABEのなどのは、名残で一部LPジャケット、歌詞カードは保管してます。

では、今後ともよろしくお願いします。
Commented at 2014-11-01 16:06
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by MIEKOMISSLIM at 2014-11-02 22:01
三國さん、「パノラマ・ハウス」の情報有難うございます。Amazonで覗いたら中古で¥6,800からで、少し驚きましたが、ご紹介の所だと定価なのですね。

何かと(出来れば低価で)入手したいDVD、CDもあって、ですけれど、頭に入れておきたいと思います。

色々ライブも、懐かしそうなものから最近も行かれてるのですね。大貫&坂本コラボのは、チケット入手し損ねもあるとは、結構盛況だったのですね。

私は近年は、5年前井上陽水のに行った以外は、都合が合えば、ユーミンの位です。一昨年の夏、山下達郎パフォーマンスのライブ映像の限定上映がありましたけれど、随分迷った末見送りでした。

ちなみに、陽水やオフコース(~小田和正)なども結構好みです。

では取り急ぎで、失礼します。
Commented by 3928taroh at 2014-11-15 19:23
MIEKOMISSLIMさん こんにちは

ついに「インディアン・サマー」のCDも
入手してしまいました。

当時はカントリー系はあまり好きではなかったのですが、
マザー・グースにはそれ以上の魅力を感じました。

先日長距離ドライブへ出かけたのですが、何回聞いても
飽きることはありませんでした。
誰か、カバーしてくれる歌手は現れないでしょうか?

Commented by MIEKOMISSLIM at 2014-11-16 01:55
三國屋さん(三國連太郎のような感じで、三國さんとお呼びしましたが、おそらく三國屋 太郎さんでしょうか?)、マザー・グースのもう1枚も入手して、2枚揃えられたのですね。

ドライブのいいお伴にもなってるようで、良かったですね。

私はほぼ「マリン・ブルー」のみの馴染みですけれど、この曲イメージで、カバーが似合いそうな現役の、という所で浮かんだのは、aikoですけれど、どうでしょう。

何だか余り37年程前、という古さを感じないし、確かに誰かのカバーなりで、もっと陽の目を見て評価されても、とは思います。
Commented by 3928taroh at 2014-11-16 12:30
MIEKOMISSLIMさん こんにちは

HN は 三國屋 太郎です。
よく三國連太郎さんのファンですかと聞かれます。
今の住まいが三国なので・・・・

地元のおいしいお茶屋さんで、三国屋善五郎さんがあります。
近年、全国展開されているので、お住まいの近くの
ショッピングモールに店舗があるかもしれません。
(店の回し者ではありませんよ。)

aikoさんにカバーしてもらうと合いそうですね。
裏声なんかもうまく使って歌ってもらえそうです。
aikoさんの声でバラードは心にしみます。

ちなみにaikoさん 三国駅という曲もあります。
もっとも大阪の三国駅がテーマだとおもいますが。

マザーグースのCD解説をみますと、
「貿易風にさらされて」の英語バージョンがあり
アメリカ人シンガーを使ってデモレコーディング
されているとの事で、音楽出版社は海外への
売り込みを意識していたようです。

時代を先取りしすぎていることで、運命が変わるのだと
思わずにはいられません。

MIEKOMISSLIMさんのおかげで、マザーグスを
再認識できてよかったです。

音楽以外に、日本画もご興味をお持ちのようですね。
私は東山魁夷の、独特の緑の色彩が好きです。

当地では、いま院展が来ています。
時間を作って見にゆきたいと思っています。
Commented by MIEKOMISSLIM at 2014-11-16 23:49
やはり三國屋さんでいらして、HNなのですね。三國 屋太郎ではやや不自然な?と思いました。三国(屋)はお住まいの所やお茶屋さんの縁あって、aikoの曲にもあるのですね。

「貿易風にさらされて」は、確か「マリン・ブルー」以外で唯一You tubeにあったので、聞いてみたことがあります。英語版で海外向き企画もあったのですね。

レコーディングのバックメンバーなども豪華だったようで、いかに期待されていたか、というのも偲ばれて、本当に出る時代が違っていたら、というグループの1つかもしれないですね。

日本画にも興味おありなのですね。私は美術の方は、一番好みはヨーロッパ印象派ですけれど、日本画では画家を挙げれば上村松園、東山魁夷など好きで、壁にずっと貼ってるポスターの中に東山魁夷の「緑響く」などもあります。
line

「KYOKO」は’02年に映画掲示板にスレッドを立てた村上龍監督、高岡早紀主演映画で、当ブログはそのスレッド、次のブログに続いての3代目です。マイペースで、長年ファンのユーミン関連初め音楽、美術展、仕事、グルメ(食事)、映画、本、日常、旅のことなどアップしてます。


by MIEKOMISSLIM
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31