RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ(’11)

昨日、私は今年仕事締めの日、近隣の新宿ピカデリーでは、来週金曜までで上映終りらしい「RAILWAYS・・」を見てきました。

今年振り返れば、映画新作は結局、2月に見た「しあわせの雨傘」のみ。その後、震災の煽りあって、色んな意味で自粛、また高層階での鑑賞、というのも気が進まず、英検準備に多忙だったり、心境的なこともあったり、映画は都合付けば近くの図書館の上映会で見てただけ。

でも、「しあわせ・・」はカトリーヌ・ドヌーヴの存在感は味わっても、何分内容が、どうも不倫仕合の不快さで今一で、あれが今年唯一劇場で見た作品だったのか、と思うと何だか後味悪く、

この「RAILWAYS・・」は、前作に続いてユーミン主題歌、今年は結局ユーミンコンサートも見送ったし、その代わり、という意味でも、年の締めに、丁度最後のレディースデイだし、と、見に行くことにしました。

いざとなって、新宿ピカデリーだと、多分高層階だろう、とは頭を過ぎったのですが、最近は余震も収まってるし、まあ大丈夫だろう、と。




前作は、幾つか馴染みあった錦織作品+ユーミン主題歌、という興味で、今回は前作の助監督だった蔵方政俊初監督作、前作に息子が出演してた三浦友和主演、とのことで、

流れ的に何か関わりはあるのだろうと思ったのですが、今回は興味の半分以上、ユーミン曲が、ストーリーの最後をどう締めるか、という所。

前作でも、後半~終盤、そういう思いがちらほら頭を過ぎったのでしたが、今回は、結構内容自体に集中してて、自然とエンディングへと流れてた感じ。


前作は、以前の錦織作品、子供達の夢が叶う「白い船」の素朴な大人版、のような趣で、比べてどう、という事ではないかもしれないですが、

どうも、いきなり故郷で電車の運転士を目指す、と言い放つ夫、直接的な衝突も葛藤もそう深く描かれないまま、見守るスタンスの妻、という流れは、現実的には不自然な、という所だったのが、

今回の夫婦は、まず最初、今回は、逆に妻が強行手段に出るケース、と思い、机の上に同時に出された、夫からの定年後のプランの旅のパンフレットと、妻側からの自分のキャリアを生かす求職案内の紙、というのが、見事な”すれ違い”で、露骨でしたが、

それなりに衝突の過程があって、一旦距離を置き、そこからの絆や葛藤、という展開だった分、地に足が着いたドラマだった、という印象。


主演の夫、滝島徹役三浦友和は、私は昨年「借りぐらしのアリエッティ」で、やはり小人一家の堅い主、ポッドの声役、を聞いたのと、この夏、約20年前公開だった「遥かなる甲子園」での若い姿を見て以来、やはり第一印象、この人も歳をとった、と思いましたが、

仕事一筋で、妻は自分に養われるもの、という感覚の典型的な昔気質風の夫、が似合って、表情の一つ一つも渋味、という境地、と初めて思ったり、物語が進むにつれて、戸惑いや反省を見せたり、妻佐和子(余貴美子)の仕事への姿勢に心動かされたりする人間味、というのも滲み出てた感じ。

今回の夫は、若い頃カメラマンという夢を持ちながら、父が倒れたり、という事情もあって、堅い運転士、という仕事を選んで、それを長年忠実にこなしてきた、という地味な状況も、ある意味フィット。

役は役、ですが、何だか、浮ついた風情が余りなく、学生時代の同級生深山(仁科亜希子)と2人でバーにいるシーンも、妻が離婚届を置いて出て行って、という状況だからこその行為、という印象で、実生活での誠実ぶりが重なるような。


前作の高島礼子演じた妻も、ハーブティーの店、という仕事を持ってましたが、あの作品では、それに対する強い思い入れ、という部分、というより、上手く趣味が仕事になって、そういう自分の仕事もあってこその、夫へのかなりの寛大さ、という印象。

今回の妻、余貴美子演じた佐和子の方は、徹に、家庭と両立するような生易しい仕事じゃない、と言い放ちながらも、徹の理解を待ってる、ような揺れ動く節もあったですが、看護師、という職業への一個人としての真摯さ、というのは前作の妻より強くあって、

今回そういう在宅での介護シーンなども、私の母はまだ全く元気ですが、ちょっと思う所あったり、前回の優雅なティーショップ、よりは、やはり現実感。そういう風に、妻が実際、患者を世話する姿を見た夫が、そういう部分も含めて、絆を捉え直そうとした、というのも、何だか好感。

そういうきっかけとして、佐和子の患者(吉行和子)を、アクシデント発生の徹の電車の乗客にしたのも、まあ都合いい、ですが、エピソードとして効いてたかと。


脇役陣では、やはり吉行和子は渋かったですが、西村雅彦は、私はいまだに「古畑任三郎」での、田村正和とのコミカルな掛け合い、が浮かぶのですが、真面目な医師役だ、とか、

徹が指導するややくだけた味の若い運転手小田役、中尾明彦は、近年どこかで見覚え、と思ったら、リメイク「時をかける少女」の仲里依沙の相手役だったのだった、と。


で、ラストの静かに流れ始めたユーミン曲は、前作の「ダンスのように抱き寄せたい」の、サビでの「ダンスのように・・」のように、特に残るフレーズ、というのはなかったですが、「優しい嘘より 激しい真実・・」という所がちょっとはっとした所。

情景に心情滲ませて、切々と”大人の絆”を歌って、無難、というか、さすがに作品に寄り添って外してない、しみじみバラードでまとめた、という印象。

You tubeで1度聞き直してみたのですが、「ダンスの・・」も、何だか後になって、結構じわじわ感慨出てきたので、また聞く度に感触変わるかもしれません。


あと、富山の雪山、田園風景も爽やか、そこを走る小さな電車、の光景も穏やかな日本の日常、という趣で好感。

そういう所で、前作に続いて劇場で流れたユーミン曲を聞いた、というのと、思った以上にドラマとして内容的に、何気ない誠実さがじんわりきて納得、という作品、今年最後にこれを見に行って、締められて良かった、という後味でした。

関連サイト:RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ サイト象のロケット 「RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ」
関連記事:カルテット(’01)ALWAYS 三丁目の夕日(’05)ALWAYS 続・三丁目の夕日(’07)借りぐらしのアリエッティ(’10)借りぐらしのアリエッティ(’10)<2回目>SONGS 山口百恵<1><2>遥かなる甲子園(’90)

ビートキッズ(’05)ガラスの使徒(つかい)(’05)椿山課長の七日間(’06)歌謡曲だよ、人生は(’07)愛の流刑地(’07)恋愛寫眞(’03)人の砂漠(’10)佐賀のがばいばあちゃん(’05)地下鉄に乗って(’06)監督ばんざい!(’07)崖の上のポニョ(’08)アンを探して(’09)タイヨウのうた(’06)涙そうそう(’06)亀は意外と速く泳ぐ(’05)私は貝になりたい(’08)天国の本屋~恋火(’04)ユーミンと映画・市川準監督時をかける少女(’10)RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語(’10)
<スレッドファイルリンク(ここでは「ALWAYS 三丁目の夕日」「ビートキッズ」「歌謡曲だよ、人生は」「崖の上のポニョ」「亀は意外と速く泳ぐ」「私は貝になりたい」)は開かない場合あるようです。>


  
[PR]

by MIEKOMISSLIM | 2011-12-29 23:01 | 邦画 | Trackback(9) | Comments(0)
トラックバックURL : https://autumnnew.exblog.jp/tb/14281982
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 佐藤秀の徒然幻視録 at 2011-12-30 21:21
タイトル : RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ
富山県の幸福度は全国2位なのだけれど 公式サイト。阿部秀司製作、蔵方政俊監督、三浦友和、余貴美子、小池栄子、中尾明慶、吉行和子、塚本高史、岩松了、徳井優、中川家礼二、仁 ...... more
Tracked from LOVE Cinemas.. at 2011-12-30 22:39
タイトル : RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ
富山県にある富山地方鉄道が舞台。あと1ヶ月で定年退職を迎える運転士の夫、夫の定年後に働き始めようとする妻、2人の姿を等身大に描いたヒューマンドラマだ。主人公の運転士を『星守る犬』の三浦友和、その妻を『孤高のメス』の余貴美子が演じている。蔵方政俊監督はシリーズ第1弾『RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語』の助監督を経て本作品がデビュー作となった。... more
Tracked from 映画的・絵画的・音楽的 at 2011-12-31 06:12
タイトル : RAILWAYS
 『RAILWAYS  愛を伝えられない大人たちへ 』を新宿ピカデリーで見ました。 (1)全体として随分と手堅く破綻なく作られた作品(裏返せば、まとまりすぎていて、もう少し変化とか盛り上がりがあっても良いのかな、という感じですが)だなと思いました。  この映画は、...... more
Tracked from 京の昼寝〜♪ at 2011-12-31 10:05
タイトル : 『RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ』
□作品オフィシャルサイト  「RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ」□監督 蔵方政俊□脚本 小林弘利、ブラジリィー・アン・山田 □キャスト 三浦友和、余貴美子、小池栄子、中尾明慶、吉行和子、塚本高史、岩松 了、      徳井 優、中川礼二、仁科亜...... more
Tracked from Akira's VOICE at 2011-12-31 12:48
タイトル : RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ
走って立ち止まって,また歩き出す。  ... more
Tracked from だらだら無気力ブログ! at 2011-12-31 14:19
タイトル : RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ
立山連峰を望む富山の風景は素晴らしく綺麗。... more
Tracked from とりあえず、コメントです at 2011-12-31 21:14
タイトル : RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ
『RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語』に続くRAILWAYSシリーズ第2弾です。 第1弾は未見だったのですけど、物語が続編ではなく場所も主人公も違うので 大丈夫かなとチャレンジしてみました。 地元に根付いた鉄道の運行を担う運転手の姿と夫婦の絆が、美しい風景と共に映し出されていました。 ... more
Tracked from C'est joli〜こ.. at 2012-01-19 16:51
タイトル : RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ
RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ'11:日本◆監督:蔵方政俊「RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語」◆出演:三浦友和、余貴美子、小池栄子、中尾明慶、吉行和子&#160;◆STORY◆富山 ...... more
Tracked from タケヤと愉快な仲間達 at 2013-01-18 12:07
タイトル : RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ
【あらすじ】 滝島徹(三浦友和)は鉄道運転士として仕事一筋の日々を過ごし、 59歳になった。55歳になった妻・佐和子(余貴美子)は、専業主婦 として徹を支えてきた。 徹が1か月後に定年退職を控え、夫婦で第2の人生をスタートさせ ようとしていたある日、佐和子が結婚...... more
line

’09年1月末AOL映画掲示板、ブログが終了、気分新たにマイペースで、音楽・芸術鑑賞、ユーミン関連、読書、英検1級対策、グルメ、仕事等含めて書いてます。英検は’11年11月に無事合格達成出来ました!


by MIEKOMISSLIM
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31