人気ブログランキング |

春よ、来い in 紅白歌合戦

昨夜、紅白歌合戦は、片付けものなどしながらずっと点けてはいて、折に録画しながら見てました。

録画したのは森進一「港町ブルース」、徳永英明「時代」、和田アキ子「あの鐘を鳴らすのはあなた」、松田聖子・神田沙也加「上を向いて歩こう」、そしてユーミンの「(みんなの)春よ、来い」。

少女時代ってAKB48より玄人っぽい、とか、倖田來未の「愛を止めないで」は、さすがにやはりオフコース曲カバーじゃなかった、とか、初めて聞いた神田沙也加の声は、何だか(聖子+平原綾香)÷2みたいな、とか思いつつ。


そして終盤、注目のユーミン。今回も'05年のユニットで出演の時のように、多分中継で、だろう、と思ってたら、トークこそなかったですが、ステージに直接登場、にまず驚き。また、着物姿での熱唱、というのも、どうも記憶になく、驚き。

そして、ラストのコーラス部を、オンライン参加の映像だけでなく、赤組のメンバーがサポート、”他の歌謡界の多くの歌手達と一緒に歌うユーミン”姿にも、驚き。

さらに、番組ラストでは赤いミニドレスに着替えてて、出場歌手に交わり、和田アキ子、aikoとかと言葉を交わしてたり、勝利を喜び合って、「蛍の光」をaiko、椎名林檎らと肩を組んで歌ってる姿も。

今回出場者で、ユーミンが曲提供、とかユーミン曲カバー歴、というのは、思いつく限り郷ひろみ、徳永英明、松田聖子、とかですが、ステージにいた赤組では、「セシルの週末」カバーのaiko、「翳りゆく部屋」の椎名林檎、「晩夏(ひとりの季節)」の平原綾香、「時をかける少女」のいきものがかり位。

でも歌のジャンルを越えて、演歌歌手、若手らがバックでコーラスでの「春よ、来い」は、何だかシュール、というか、ある意味、先日の「クリスマスの約束」の大メドレー、にも似た、その凝縮バージョンアップ、という感慨。

’90年代までだったら、まず考えられなかった、光景。そもそも、紅白出場、という所から、置いてた”女王”とか"別格”的一線が、今越えられた、という感じで。


やはり今にして、の紅白での熟年”ユーミン生歌”に対して、特に彼女に思い入れない層からは、あっさり、下手すぎ、とかの声もあるようですが、やはりそういう次元じゃない、何かこのステージで、声を張って懸命に歌う姿に、ほとばしり伝わってくるものがあって感慨。

とにかく”ユーミン”が年の終り、1出場歌手として紅白で目を潤ませながら生歌熱唱、他の歌手達との無邪気な交わり、ということ自体、画期的、というか。


今回番組中、他の歌手の時も、地元の東北関連と中継とか、その地方を歌った曲、とか、やはり3.11を踏まえて、のような趣向はあって、

3.11チャリティプロジェクト、新たな「春よ、来い」製作で「SONGS」とのタイアップ、という絡みもあっての出場、という背景も大きかったと思いますが、春先、どの番組かでユーミンが、3.11は日本を変えてしまった出来事、のような趣旨のことを言ってたのを思い出して、

今日も昼過ぎ、久方にやや強めの余震あって、やはりまだ終わってはない、とも思ったのですが、曲の最後に、祈るように手を合わせてた姿は、何と言うか、現代の”巫女”としての使命、という感じも。

この春、再び以前とはやや違う感触で改めて聞いて、この春のMyテーマ曲、と思った「春よ、来い」、先日の、「RAILWAYS・・」での「夜明けの雲」に加えて、年末の締めで、また改めて聞いたこと自体、ちょっと感慨、ですけれど、

この人自体の、年輪重ねてスタンスの変化、という感じもありますが、やはり何というか、彼女にそうさせた3.11は、尋常でない出来事だった、と改めて思った大晦日、という所でした。

関連サイト:第62回紅白歌合戦 曲目サイト
l関連記事:松任谷由実EXPOドームライブあの歌がきこえる「魔法の鏡」「海を見ていた午後」「卒業写真」天国の本屋~恋火(’04)松任谷由実コンサート THE LAST WEDNESDAYさよならみどりちゃん(’04)瞳を閉じてプレミアム10 松任谷・寺岡・ゆず等シャングリラⅢYuming Films(’07)「いちご白書」をもう一度(’75)ユーミンと映画・市川準監督TRANSIT2009チケットMusic Lovers・SONGS 松任谷由実<1><2>そしてもう一度夢見るだろう/松任谷由実(’09)・No Reason~オトコゴコロ~/高橋真梨子(’09)探検ロマン世界遺産 ユーミン×世界遺産TRANSIT2009コンサートShout at YUMING ROCKS('09)VIVA!6×7/松任谷由実(’04)クリスマスの約束(’09)時をかける少女(’10)音楽のチカラ「青春の言葉 風街の歌 作詞家 松本隆の40年」RAILWAYS 49歳で電車の運転手になった男の話(’10)クリスマスの約束(’10)ミュージックポートレイト~人生が1枚のレコードだったら東日本大地震<2>Music Lovers 松任谷由実松任谷由実のオールナイトニッポンTV4僕らの音楽 松任谷由実・薬師丸ひろ子・おすぎMUSIC FAIR 松任谷由実NHK 東日本大震災チャリティー企画 ユーミン×SONGS 「春よ、来い」プロジェクトSONGS 松任谷由実RoadShow/
松任谷由実(’11)
押入れの整理<1> <2><3><4>RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ(’11)紅白歌合戦(’06)紅白歌合戦(’07)紅白歌合戦(’08)



by MIEKOMISSLIM | 2012-01-01 21:55 | 音楽 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://autumnnew.exblog.jp/tb/14304896
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
line

「KYOKO」は’02年に映画掲示板にスレッドを立てた村上龍監督、高岡早紀主演映画で、当ブログはそのスレッド、次のブログに続いての3代目です。マイペースで、長年ファンのユーミン関連初め音楽、美術展、仕事、グルメ(食事)、映画、本、日常、旅のことなどアップしてます。


by MIEKOMISSLIM
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31