人気ブログランキング |

ハッピーフライト(’08)

先週土曜に放映あった「ハッピーフライト」、未見の矢口史靖監督作で、やはり先週の「SONGS」にジュリーと共に、元タイガースメンバーとして出てた岸部一徳が出てる、というのもあって、一部オンタイムと録画で見ました。

矢口新作「ロボジー」公開に合わせての放映だったかと思うのですが、私は矢口作品はオムニバス「歌謡曲だよ、人生は」の中の1編「逢いたくて逢いたくて」以来。

この「ハッピー・・」は、タイトルからしてコメディ色強いかと思ってたら、確かに軽妙ではあったけれど、思ったよりそれなりに飛行中トラブルの緊迫感もあって、割と最後まで引き入れられた感じ。

それと、機内のコックピット、乗客席、地上の様々なセクションでのやり取り、人間模様、ちょっとしたトラブル、コミカルなエピソード、とか群像劇のようでありながら、終盤の事態収拾に向けて1つの方向に繋がっていく流れとか、

航空機を借り切っての撮影、とのことで、映像もなかなか見応え。




注目だった岸部一徳は、オペレーションコントロールセンター責任者高橋役。普段は、進化するITについていけない、とこぼしたり、よく孫の手で背中をかいてるおっとりさ、無線担当のテキパキした詩織(肘井美佳)に呆れられながらも、

いざ緊急事態発生時時には、シャンとして指示を飛ばし、台風影響での風の向きを読んで、戻ってきた便の、着陸滑走路への入り方変更を指示したのは、この人物。

先日見た「GSワンダーランド」でも、たまたま一応レコード会社の社長役だったけれど、今回は決める時には決める、という要の脇役ぶり。


見所的には、中心の、パイロット鈴木(田辺誠一)と原田(時任三郎)コンビが、先輩・後輩格の間柄的には、割とラフではありましたが、操作自体は結構リアルなのか?専門用語駆使しながらの、コックピットでの様々な事態への対処ぶり。

田辺誠一は、私はドラマ「ヒットメーカー阿久悠物語」の阿久悠役を見て以来。やや調子良くて短気、小心さもある彼と、硬派ベースな時任三郎との、任務や雑談でのテンポいいやり取りもバランスも良かった感じ。

飛行機って今更ながら、鳥との衝突で深刻な事態になったり、という意外と脆い構造とか、でも雷を受けても問題なかったり、とか、色々あっても飛び続ける機能、とかメカ的な所、また、ベンガルが演じてた、空港での鳥対策の要員、なども実際いるんだ、というのも今にして。

そしてやはり終盤の事態への、コックピット、コントロールセンターや管制官の総力戦の流れが軸になって、群像劇がまとまった印象。


機内の様子で、エアレイジという言葉のように、まあそう深刻ではなかったけれど、様々な乗客と乗務員との色々トラブルに、私は以前1年位だけ添乗員をしてたのですが、そういうサービス業の苦労、とか蘇ったり、

国際線デビューのスチュワーデス悦子(綾瀬はるか)の、繰り広げる失態、落ち込んだり頑張りぶり、彼女とスチュワーデスに憧れる女子高生(中村映理子)たちとのちょっとしたほのぼの交流も。

綾瀬はるかは一昨年、松本隆関連番組やCDで「赤いスイートピー」カバーや、同じ松本・ユーミンコンビ作「マーガレット」という曲提供、などシンガーとして、歌声を初めて聞いたの以来。

ちょっと呼び方で気になったのが、劇中、またサイトなどでも使われてる、スチュワーデスを指す”CA”。私は余り馴染みなく、国際線に乗ったのも、十数年前イタリア旅の時が最新、今そういう名称になったのかと思ったら、

Wikipediaでは、Cabin Attendantの略で、フジTVのプロデューサーが語源、とも言われる、和製英語で、今は英語圏だと、フライトアテンダント(Flight Attendant)かキャビンクルー(Cabin Crew)が一般的だと。




また、脇役陣では、チーフパーサー山崎役寺島しのぶのある種の貫禄、カツラを被った乗客役、笹野高史のとぼけた渋味、など色々見所でしたが、

一番印象的だったのは、事故と無関係なエピソードだけれど、グランドスタッフの木村(田畑智子)が、他人のスーツケースを間違って持っていった女性の乗ったバスを、必死で追いかけ、途中転びながらも、拡声器を借りて呼びながら走り続けて、バスを止めたシーン。

普段、仕事が体力的にもきついし、出会いもないし、とぼやいてて、その時スーツケースを取り戻してあげた男性から、お礼に食事に誘われ、その後接近の兆し、というおまけはあったけれど、相手が誰であれ、このキャラクターなら、そうしたのだろう、というものが伝わってくるようで、まさにプロ根性、と、少し感慨。

彼女と、やや天然な後輩役平岩紙とのコンビ(↑)も、いい味。平岩紙は、覚えありませんが、「美しい夏キリシマ」に出てたのだった、と。


それと、エンドロールで流れたテーマ曲が、フランク・シナトラの「カム・フライ・ウィズ・ミー」。昨年「踊る大紐育」「錨を上げて」で、若き日のシナトラの姿、歌声は聞いたのだったけれど、軽妙に渋く締めた感じ。

               

そういう所で、流れ的に岸部一徳繋がり、また矢口作品という興味で見たのでしたが、一機の飛行機のフライトに様々な人が関わる内幕とか、ちょっと興味深かったり、結構楽しめて見応えあった、という後味でした。

関連サイト:Amazon 「ハッピーフライト」象のロケット 「ハッピーフライト」
関連記事:スウィングガールズ(’04)歌謡曲だよ、人生は(’07)ヒットメーカー阿久悠物語(’08)明日の記憶(’05)トキワ荘送の青春(’96)ー追悼・市川準監督ーHERO(’07)音楽のチカラ「青春の言葉 風街の歌 作詞家 松本隆の40年」 松本隆に捧ぐー風街DNA-(’10)春、バーニーズにて(’07)ー追悼・市川準監督ー大停電の夜に(’05)単騎、千里を走る(’06)愛の流刑地(’07)時をかける少女(’10)地下鉄(メトロ)に乗って(’06)犬と私の10の約束(’08)アルゼンチンババア(’06)それでもボクはやってない(’07)ドルフィンブルーフジ、もう一度宙へ(’07)村の写真館(’04)雪に願うこと(’06)バブルへGO!!タイムマシンはドラム式(’07)ALWAYS 続・三丁目の夕日(’07)美しい夏キリシマ(’03)白い船(’02)恋に唄えば(’02)虹の女神(’07)理由(’04)県庁の星(’06)北京的西瓜(’89)ミラクルバナナ(’05)ALWAYS 三丁目の夕日(’05)UDON(’06)7月24日通りのクリスマス(’06)世界はときどき美しい(’05)会社物語(’88)ー追悼・市川準監督ーサマータイムマシン・ブルース(’05)ディス・イズ・ボサノヴァ(’06)ハロー・ドーリー!(’69)踊る大紐育(’49)錨を上げて(’45)ざわざわ下北沢(’00)埋もれ木(’05)フラガール(’06)犬神家の一族(’06)(「市川崑物語」スレッドの9)、寝ずの番(’06)22才の別れ Lycoris葉見ず花見ず物語(’07)バッテリー(’07)SONGS 沢田研二Part1Part2病院で死ぬということ(’03)ー追悼・市川準監督ー東京日常劇場<哀愁編>('91)-追悼・市川準監督ーSONGS 沢田研二 ザ・タイガースを歌うGSワンダーランド(’08)
<スレッドファイルリンク(ここでは「スウィングガールズ」「歌謡曲だよ、人生は」「単騎、千里を走る」「美しい夏キリシマ」「虹の女神」「県庁の星」「ALWAYS 三丁目の夕日」「ディス・イズ・ボサノヴァ」「理由」「フラガール」「犬神家の一族」「犬と私の10の約束」)は開かない場合あるようです。「スウィング・・」「美しい夏・・」は自分が投稿した他の方のスレッドです。>

      
      

by MIEKOMISSLIM | 2012-01-28 23:27 | 邦画 | Trackback(13) | Comments(0)
トラックバックURL : https://autumnnew.exblog.jp/tb/14543369
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from いやいやえん at 2012-01-29 17:32
タイトル : ハッピーフライト
田辺誠一さん目当てで見てみました。航空業界の裏事情や混乱をコメディ化して描いた作品。飛行機は確率上世界で一番安全な乗り物ともいわれていますが、その「安全」を守る為、多くのプロ達が様々に働いている、というのが実によくわかる作品になってました。 基本的には、鬼チーフパーサーの寺島しのぶさんに威圧感バリバリの時任三郎さんに睨まれながらも、主役級の2人…ミスばかりの新人CA綾瀬はるかさんと機長への昇格試験が控える田辺誠一さんとが奮闘している作品です。とはいえ、主人公は彼らというより、係わる人々全員か...... more
Tracked from Akira's VOICE at 2012-01-29 17:38
タイトル : ハッピーフライト
オタクを大事にしよう!  ... more
Tracked from 佐藤秀の徒然幻視録 at 2012-01-29 17:48
タイトル : ハッピーフライト
公式サイト。矢口史靖監督、田辺誠一、時任三郎、綾瀬はるか、寺島しのぶ、吹石一恵、田畑智子、笹野高史、岸部一徳。タイトルやCAの華やかさを前面に出した触れ込みと裏腹に台風 ...... more
Tracked from SOARのパストラーレ♪ at 2012-01-29 20:07
タイトル : 『ハッピーフライト』・・・綾瀬はるかのサムアップ&ウインク
矢口史靖監督作品というだけで要チェックなのにそれが今回は飛行機映画! 「これはもう観るしかないでしょ!」というわけで初日に鑑賞した。... more
Tracked from よしなしごと at 2012-01-29 20:23
タイトル : 映画:ハッピーフライト
 今年も残すところあとわずか。そんな中、今年70本目は、ハッピーフライトでした。... more
Tracked from 映画鑑賞★日記・・・ at 2012-01-29 21:51
タイトル : ハッピーフライト
2008/11/15公開(11/15鑑賞)製作国:日本監督:矢口史靖出演:田辺誠一、時任三郎、綾瀬はるか、吹石一恵、田畑智子、寺島しのぶ、岸部一徳ヒコーキ、飛ばします。... more
Tracked from とらちゃんのゴロゴロ日記.. at 2012-01-29 22:23
タイトル : ハッピーフライト
冒頭のフライトシュミレーションの墜落というシーンから始まるこの映画は、映画館で見る観客に「ハッピーフライト」を実体験させてくれる。登場人物たちを群像的に描くことで、観客は自分がほんとうにボーイング707に乗っている体験をすることができる。誰が主役というわけで... more
Tracked from LOVE Cinemas.. at 2012-01-29 22:33
タイトル : ハッピーフライト
『ウォーターボーイズ』、『スウィングガールズ』の矢口史靖監督の最新作。ちなみにスタッフも全く同じです。両作品とも大ヒットしており、当然ながら私も何度も観ました。期待度MAXで本日公開です。今回はどんな物語で楽しませてくれるのでしょうか!... more
Tracked from だらだら無気力ブログ at 2012-01-29 23:37
タイトル : ハッピーフライト
「ウォーターボーイズ」「スウィングガールズ」の矢口史靖監督の空港と 飛行機で働く人々の舞台裏を描いたコメディ。 旅客機を安全に飛ばすために、様々な役目を持ったスタッフたちの奮闘を 笑いを交えて描く。副操縦士の鈴木は乗客を乗せた実機での最終訓練を前にして緊…... more
Tracked from 映画@見取り八段 at 2012-01-30 01:53
タイトル : 【ハッピーフライト】空飛ぶお仕事ドラマ
ϥåԡե饤 : б:졢ǤϺϤ뤫礷Τ֡а :2008ǯ11 ե饤ʪȸä顢ɥޤǿ¿Ƥ 䤿饫åѥåȤ줷 ǺꥱꤹɥޤȤ CAڤܤ줿ޤꤷʤ ĹƤɥޤȤ αDzϡäΥե饤Ȥʪ ΰˡοʹ֥ɥޤ롣 ԵФΤˡʤˤ ͤؤäƤʡȸΤΤ ƤδФ ФƤͤϡåɤʤ ĺפΤ虜Ȥ餷ɥޤʤ ڤФ˰Ƥơڤꡢ ...... more
Tracked from 象のロケット at 2012-01-30 09:31
タイトル : ハッピーフライト
機長昇格への最終訓練である実機操縦に臨む副操縦士。 初の国際線フライトに戦々恐々の新人キャビンアテンダント。 地上では、グランドスタッフ、整備士、管制官等、多種多様なスタッフ達。 空港で働く彼らの使命は「飛行機を安全に離着陸させること。」 本日のホノルル行きも快適な空の旅!のはずだったのに…!? 空のプロたちの活躍を描く、フライト・コメディ。... more
Tracked from シネマ親父の“日々是妄言” at 2012-01-30 12:09
タイトル : 「ハッピーフライト」これで飛んじゃうのか~?
[ハッピーフライト] ブログ村キーワード   「ウォーターボーイズ」「スウィングガールズ」の矢口史靖 監督最新作。「ハッピーフライト」(東宝)。航空機業界の裏側を、“矢口監督流”に描いているのですが、コレちょっと軽すぎやしませんか~?  CAの悦子(綾瀬はるか)は、初めての国際線デビューの日に、ブリーフィングに遅刻。チーフパーサーの麗子(寺島しのぶ)から早速叱られる。その悦子が搭乗するホノルル行きのフライトは、副操縦士・鈴木(田辺誠一)の機長昇格への最終試験でもあった。フライト直前、最終試...... more
Tracked from 肩ログ at 2012-01-30 18:34
タイトル : ハッピーフライト (2008)
監督:矢口史靖 出演:田辺誠一、時任三郎、綾瀬はるか、吹石一恵、田畑智子、寺島しのぶ、岸部一徳、 なかなか評判の良い作品だそうで・・・ まぁ、アホっぽい綾瀬はるかが見たかった。 それだけです。 機長昇格を目指す副操縦士の鈴木和博は、いよいよ乗客を乗せた実機での最終訓練に挑もうとしていた。そんな彼が乗り込む飛行機は、ホノルル行き1980 便。ただでさえ緊張しているところへ、試験教官が威圧感バリバリの原田教官に急遽変更となったことで、その緊張は早くも頂点に。一方、同じ便に...... more
line

「KYOKO」は’02年に映画掲示板にスレッドを立てた村上龍監督、高岡早紀主演映画で、当ブログはそのスレッド、次のブログに続いての3代目です。マイペースで、長年ファンのユーミン関連初め音楽、美術展、仕事、グルメ(食事)、映画、本、日常、旅のことなどアップしてます。


by MIEKOMISSLIM
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31