人気ブログランキング |

BECK(’10)

先日DVDで見た「GSワンダーランド」に、水嶋ヒロが出ていて、やはりこの人が出てる音楽もので、未見だった「BECK」もDVDで見ました。

原作は、未読ですがハロルド作石の人気コミックで、これは現代のロックシーン、無名バンド「BECK」の紆余曲折ありながらのサクセスストーリーの青春音楽もの。

水嶋ヒロは「GS・・」ではドラムス、今回主役竜介役でギター。メンバーの演奏は、プロが音をかぶせてる、というエピソードも見かけましたが、弾く姿はこなれてる感じで、

そもそも帰国子女、だったのでしたが、NY帰りのギタリスト役で、不良外人達にタンカをきる登場シーンから英語の科白。外人俳優相手にも自然なやり取りで、漢字に疎い所とか、コミカルシーンもありましたけれど、話題になった文筆業といい、多芸な人、と改めて。


話的には、パっとしない高校生活を送ってたコユキ(佐藤健)が、竜介との出会いで音楽に目覚め、秘めてたボーカルの才能がバンドの原動力になって、というのは、お決まり的な流れでしたけれど、

どうも異質だったのは、原作者の意向、とのことで、その要のボーカルシーンが全て無音、映像でのイメージのみでの表現だったこと。

佐藤健自身は歌手経験もあるようですが、素人バンドや、そこそこ売れるバンドの話、じゃなく、一瞬にして聞く者の心を掴み、メジャーな外人ミュージシャンをもうならせるレベル、には厳しかった、というのもあるのか?原作者の要求が強かったのか?

とにかくこういう歌唱シーンは初めて。風景の広がり、聞いた者の反応での映像での”奇跡の声”表現、という試みは判るのですが、どうも、体感的に、その肝心の”コユキの歌”インパクトが弱く、

ラスト盛り上がりのロックフェスティバルシーンでも、どちらかと言えば、自ら生歌を申し入れた、という桐谷健太演じた、千葉の渾身のラップ曲の方が、アピール的には、胸にきた感触。

色々事情もあるかもしれないですが、どうせプロの演奏を被せるのなら、コユキの歌も、口パクになって別シンガーで、でも、何らかの声を聞きたかった、と思って、

でも、高校生という年代もあって、いざ誰に”奇跡の声”を、と思えばやはり難しい、ジャンルは違うけれど、一時代前なら若い井上陽水、とか、他に浮かんだのは、「もののけ姫」テーマ曲を歌ったトーンでの米良美一、に英語ロックを頑張ってもらって、とか。

「もののけ姫」も10数年前で、今でもあのトーンが可能なのか?判りませんけど、メジャーでなくても、とにかくああいうハイトーンボイスのシンガー誰かの声でどうか、

佐藤健は冒頭、不良に使いっぱしリされる気弱さの一面、外人達に虐げられてた犬BECKを、迷いもなく救おうとした恐れをしらない真直ぐさ表現、とか、キャラクターには合ってたと思うけれど、

そのシンガーをコユキ役に抜擢出来てたら、などと思ったり。実際アテレコでの歌声や、別シンガーコユキ役、だったらそれはそれでどうだったか?ですけれど、その点、どうも物足りなかった後味。

             


2/8追記:全体のムードは、竜介とコユキを中心に、ワイルドな千葉役桐谷健太、さり気なくまとめ役平役の向井理、一見おっとりでも芯のあるサク役中村蒼、のメンバー、

竜介VS千葉の終盤の確執は、ラストに向けての「BECK」の試練、だったけれど、キャラクターのバランス的には良かった感じ。

桐谷健太は「ソラニン」でも、粗野、単直なキャラでムードメーカー的だった覚え、今回も、ボーカル面でコユキの登場に押されて腐ってしまう局面もありながら、盛り上げ役としていい味。「ソラニン」ではドラムス、今回ラップボーカルで、やはり芸達者ぶりも。

それと、竜介の妹で、やはり帰国子女の真帆役の惣那汐里は、私は初で、この人自身も、オーストラリアからの帰国子女らしく、ナチュラルな英語、竜介とケンカしたりする時の英語・日本語交じり応酬などテンポあってコミカル、コユキとの仄かな純愛モードも割と好感。

その他、ややふっくらの恰幅で当初気付かなかったけれど、ロックフェスティバル主催イベント会社の佐藤役、松下由樹も久方。また中村獅童が、いかにも裏のありそうな大物プロデューサー蘭役、そう登場シーンは多くなかったけれど、妙にハマってて、怪印象、というか。


ストーリー的に、竜介がアメリカ滞在時、友人エディー(ブレット・ペンバートン)と入手(いくら相手も悪玉だからといって、あれは窃盗では、と)、手元にあった因縁のギターを巡って、アメリカの音楽業界の危ない黒幕、が絡んで命の危険にさらされたり、

それを救ったのも、そのギターの持ち主の大物ミュージシャン(フロイド・リー)が認めた彼のギターの腕、というような大仰な展開は、いかにもコミック風。ただ「BECK」の名由来の竜介の犬も、そういう波乱に絡んでた、ただの犬じゃなかった、という絡みだった、というミソも。


手掛けたのは堤幸彦監督で、堤作品は私は「トリック劇場版」「恋愛寫眞」、最新の「明日の記憶」以来、今回は「明日の・・」のじんわり人間ドラマ作風とは違ったけれど、「恋愛寫眞」も日本とNY舞台、ヒロイン広末涼子が事件に巻き込まれるサスペンス色もあったのだった、とか思い出したり。

今回、海外ロケはなかったようですが、クライマックスの大規模な野外ロックフェスティバルの「グレイトフル・サウンド」は、実際のフジロックフェスティバルのスタッフ協力で苗場で撮影、とのことで、

エンドロールで、あかさたな行別に分けて、かなり多くの名前が並んでて、多分そのエキストラか?と思ったのですが、なかなかそういう所、費用もかけて、ダイナミックな臨場感を実現、見せてくれた作品、とも。


そういう所で、やはり要の”コユキの歌”はどうも消化不良、原作ファン評とか、結果的にどうであれ、製作側に、これが”奇跡の声”として表したいものだ、というものを、どんな形であれ聞かせて欲しかった、というのはありましたけれど、

それ以外のライブシーン、それぞれのキャラクターのバランスとか、色々ありながらラストに盛り上がっていく青春音楽もの、としては楽しめた、という所でした。


2/9追記:水嶋ヒロ関連でアップする動画があれば、とYou tubeをちょっと再検索してるうちに、何と、最後の曲の佐藤健の、歌声入りバージョン発見。実際、撮影では歌ったのだろう、とは思ってたけれど、非公式ミュージックビデオ、とのことで、ちょっと驚き。



そして、その歌声は、確かに劇中の人々驚嘆のインパクト、にしてはやや線は細いかもしれませんが、私のイメージしたハイトーンボイス、”コユキの声”として、そう違和感なく受け入れられた感触。

やはり当初、キャラクターだけでなく彼の歌も考慮に入れて、のキャスティングだったのでは、と思える位。

この歌声が流れなかったのは、原作側の”奇跡の声”イメージの眼鏡にはかなわなかった、のか?どんなレベルであっても無音処理、が強く主張されたのか?判りませんが、やはり、この佐藤健の”コユキの声”パフォーマンスで、堂々通して欲しかった、と思うのが正直な所。

初めて歌声を聞いて、シンガーとしてのこの人自体、ちょっと徳永英明っぽいハスキーなナイーブさあって、私は割と好きな方のタイプ。今回の無音処理には、結構複雑な思いもあったのでは、と、改めて思ったり、ロック路線でなくても、曲に恵まれれば人気出ても不思議じゃない気も。

また、無音処理を選んだ末、でも、こういう映像がYou tubeで流れてた、という流れ自体も今一?ですけれど、何にしても、思わぬ所で”コユキの声”遭遇で、少し消化不良緩和されてスッキリしました。

関連サイト:Amazon 「BECK」象のロケット「BECK」
関連記事:GSワンダーランド(’10)恋空(’06)ハナミズキ(’10)KARAOKEー人生紙一重ー(’05)ビートキッズ(’05)タイヨウのうた(’06)出口のない海(’06)ソラニン(’10)あしたの私のつくり方(’07)男たちの大和YAMATO(’05)ハチミツとクローバー(’06)硫黄島からの手紙(’06)恋愛寫眞(’03)明日の記憶(’06)
<スレッドファイルリンク(ここでは「KARAOKEー人生紙一重ー」「ビートキッズ」「男たちの大和YAMATO」「ハチミツとクローバー」「硫黄島からの手紙」)は開かない場合あるようです。「硫黄島・・」は自分が投稿した他の方のスレッドです。>

     
    

by MIEKOMISSLIM | 2012-02-07 23:23 | 邦画 | Trackback(13) | Comments(2)
トラックバックURL : https://autumnnew.exblog.jp/tb/14621342
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by PA at 2012-10-05 18:08 x
最後のmoon beamsは佐藤健さんの歌声ではありませんよ。
原曲の「BOY」を歌っているSPANK PAGEというバンドのボーカルの方です!
Commented by MIEKOMISSLIM at 2012-10-05 23:14
PAさん、今にして情報有難うございます。そのバンドボーカルの仲手川裕介、という人の声だったんですね。ハスキー気味でいい声ですね。
line

「KYOKO」は’02年に映画掲示板にスレッドを立てた村上龍監督、高岡早紀主演映画で、当ブログはそのスレッド、次のブログに続いての3代目です。マイペースで、長年ファンのユーミン関連初め音楽、美術展、仕事、グルメ(食事)、映画、本、日常、旅のことなどアップしてます。


by MIEKOMISSLIM
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31