人気ブログランキング |

ユーミンのSUPER WOMAN 「中村うさぎとめぐる東京の夜」<2>

元記事の続きです。>

それと、中村うさぎに、1死ぬこと、2家族や友人を失うこと、3仕事を失うこと、の中で、一番怖いのは?と聞かれて、ユーミンは、2かな、唯一、老後の孤独が怖い、

a0116217_23223935.jpg死ぬ、というのは、死ぬ時メチャ苦しかったり、痛い思いをするのは嫌だけれど、死ぬこと自体はそう怖いと思わない、

死を意識することで、生が輝く、創作が出来る、という所がある、でも孤独は怖い、という答え。(→トリップアドバイザー提供)

中村うさぎは、2か3その時によって違って、夫も友達もいらないから、仕事をやり続けていたい、と思う時があるかと思ったら、

仕事なんかいらないから、ずっとこのまま、私のことを理解してくれる人がせいぜい2、3人いれば、それが幸せかな、と思う時もあって、本当に決めかねてる、というような会話。

自分は、と考えたら、確かに2も3も、もちろん嫌、でも、2人は死ぬのはさして怖くない、と、やや超越したように言うけれど、やはり一番怖いのは、死ぬこと。その大終焉、の前には、2も3も及ばない、と思うのだけれど。

やはり創作活動してるユーミン達にとっては、日頃”死”前提のリミット、あってこそ生み出せるもの、という意識が強いから、死そのものへの恐怖も薄らぐ感覚があるのだろうか、と思ったり。


そして中村うさぎが、私はそもそも、本当に欲求不満な女なんだと思って、常に満たされないものがあり続けて、それが書く原動力になったきたけれど、

最近さすがに歳のせいで、これでいいか、みたいに、満たされてる、というか、あきらめも入って。ユーミンさんも、何か満たされないものがあって、創り続けた、と自分で思ってらっしゃいますか?と聞くのに対して、

ユーミンが、私の場合は、何か突き動かされるように・・どう言ったらいいのか、もがいて取ってくるんですよ、何処かに行って取ってくる、でもそれをしないではいられない、という性(さが)・・

という所から、前述の、今回一番印象深かった、トーク終盤へ。

a0116217_2325281.jpg>今回一番印象的だったのは、トーク終盤で、作品を創るにあたって、(自分の)地面を掘り進む感覚、地下に潜っていく、という中村うさぎに対して、

ユーミンは、どこかへ行って、自分に繋がっているもの、懐かしいものを取ってくる、という感覚、ありきたりなんだけれど、自分は何処から来て何処へ行くのか、

なぜある感じが懐かしいのか、知りたいし、誰とはなく伝えたい、などというような言葉。<


そういう所で、今回も、印象的な所を、と思いつつ、結構そのまま追ってきて、ちょっとこれまでの回とは趣向違って、中村うさぎという人のテリトリーも、美容整形、ホスト、買い物依存とか、

これまでの芸術系女性パートナー、とはやや異質、私の興味も合わない、と思ったけれど、他者からの庇護、でなく、何にせよ自ら実践してきた事を、地面を掘り進むように晒してきた、というある種の潔さ、のような風情、

VSユーミン、の、やり取りもそれなりに面白く、それって、やはりこの人が元々ユーミンファン、というのも、どこか関係あるのか?

また、そうじっくり映ったわけではないけれど、夜の東京タワー、六本木、東京湾の夜景、とかその背景も、「手のひらの東京タワー」「コバルトアワー」ノスタルジー、とかもあって、単発だったけれど、やはり色々引っ掛かった回でした。

関連サイト:ユーミンのSUPER WOMANユーミンのSUPER WOMAN 「中村うさぎとめぐる東京の夜」
関連記事:松任谷由実EXPOドームライブあの歌がきこえる「魔法の鏡」「海を見ていた午後」「卒業写真」松任谷由実コンサート THE LAST WEDNESDAY天国の本屋~恋火(’04)さよならみどりちゃん(’04)時をかける少女(’97)瞳を閉じてクレイジー・キャッツプレミアム10 松任谷・寺岡・ゆず等シャングリラⅢYuming Films(’07)SONGS 石川セリ「いちご白書」をもう一度(’75)ユーミンと映画・市川準監督そしてもう一度夢見るだろう/松任谷由実(’09)・No Reason~オトコゴコロ~/高橋真梨子(’09)TRANSIT2009チケットMusic Lovers・SONGS 松任谷由実<1><2>探検ロマン世界遺産 ユーミン×世界遺産TRANSIT2009コンサートShout at YUMING ROCKS('09)VIVA!6×7/松任谷由実(’04)クリスマスの約束(’09)時をかける少女(’10)音楽のチカラ「青春の言葉 風街の歌 作詞家 松本隆の40年」RAILWAYS 49歳で電車の運転手になった男の話(’10)クリスマスの約束(’10)ミュージックポートレイト~人生が1枚のレコードだったら東日本大地震<2>Music Lovers 松任谷由実松任谷由実のオールナイトニッポンTV4僕らの音楽 松任谷由実・薬師丸ひろ子・おすぎMUSIC FAIR 松任谷由実NHK 東日本大震災チャリティー企画 ユーミン×SONGS 「春よ、来い」プロジェクトSONGS 松任谷由実RoadShow/松任谷由実(’11)マリン・ブルー/マザー・グース(’77)RAINY DAY HELLO/須藤薫(’82)SACHET/門あさ美(’80)手のひらの東京タワー/松任谷由実(’81)押入れの整理<1> <2><3><4>RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ(’11)SONGS 沢田研二ザ・タイガースを歌うSONGS 山本潤子春よ、来い in 紅白歌合戦SONGS 松任谷由実~2012スペシャル~鈴子の恋(’12)「春よ、来い」カバー 男性シンガー編「春よ、来い」カバー 女性シンガー編マンタの天ぷら(’97)・僕の散財日記(’05)/松任谷正隆虹色ほたる 永遠の夏休み(’12)才輝礼賛 38のyumiyoriな話 / 松任谷由実(’11)<1><2><3>ユーミンのSUPER WOMAN スペシャルプロローグ~「森本千絵と歩く霊峰」<1><2>ユーミンのSUPER WOMAN 「鶴岡真弓と訪ねる女神」<1><2>ユーミンのSUPER WOMAN 「長谷川祐子と現代美術をめぐる」<1><2>「8月31日~最後の夏休み~」チケットユーミンのSUPER WOMAN 「軍地彩弓と歩く東京ファッション最前線」ユーミンのSUPER WOMAN 「軍地彩弓と歩く沖縄」<1><2>ユーミンのSUPER WOMAN 「中村うさぎとめぐる東京の夜」<1>




by MIEKOMISSLIM | 2012-10-05 15:07 | 音楽・旅行 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://autumnnew.exblog.jp/tb/16516853
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
line

「KYOKO」は’02年に映画掲示板にスレッドを立てた村上龍監督、高岡早紀主演映画で、当ブログはそのスレッド、次のブログに続いての3代目です。マイペースで、長年ファンのユーミン関連初め音楽、美術展、仕事、グルメ(食事)、映画、本、日常、旅のことなどアップしてます。


by MIEKOMISSLIM
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31