人気ブログランキング |

クリスマスの約束

25日夜、恒例の小田さんの「クリスマスの約束」、オンタイムと録画で見ました。

今回は浦安の舞浜アンフィシアターでの収録、大メドレー形式はなく、小田さんソロでの歌も割とあり、気心知れた常連ゲスト達と、ゲストの曲以外のも色んな曲を歌いリラックスアットホームモードで、という感じ。

ゲスト陣は、常連陣はスキマスイッチ(常田新太郎・大橋卓也)、根本要(STARDUST REVUE)、水野良樹(いきものががり)、JUJU、松たか子、そして新登場の絢香。


演奏曲は、

やさしい雨/小田和正
キラキラ/小田和正
東京の空/小田和正
花の名(BUMP OF CHICKEN)/小田和正
風が吹いている(いきものがかり)/小田和正、根本要、スキマスイッチ、水野良樹
らいおんハート(SMAP)/小田和正、根本要、スキマスイッチ、水野良樹
夏祭り(JITTERIN'JINN/Whiteberry)/小田和正、JUJU、松たか子
夏に恋する女たち(大貫妙子)/小田和正、JUJU、松たか子
エイリアンズ(キリンジ)/小田和正、JUJU、松たか子
ツヨク想う(絢香)/絢香、小田和正
たしかなこと/小田和正、絢香
夕陽を追いかけて(チューリップ)/小田和正
明日/小田和正
その日が来るまで/小田和正
Over the Rainbow(ジュディ・ガーランド)/小田和正、JUJU、松たか子
君のこと/小田和正

今回、男性陣での「らいおんハート」や女性陣との「夏祭り」もやや意表を突かれたけれど、一番サプライズ、といえば女性陣との2曲目、大貫妙子曲「夏に恋する女たち」。

曲自体随分久方だけれど、松、JUJUボイスでの大貫曲、というのも初。小田さんはコーラス担当、2人に任せた感だったけれど、後で思えば小田さんがリードボーカル版この曲、というのも聞いてみたかった気が。

これは紹介であったようにドラマ主題歌でもあった、というのは忘れてて、田村正和主演ドラマだったのだったけれど、見たかどうかも今一記憶になし。

これはアルバム「SIGNIFE」、手元のCDではライブ版「Shooting Star in the blue sky」にも入ってるのだけれど、ヨーロピアンなおっとり楚々とした大貫曲に、一時異次元感覚、心洗われる感じ。


この機会に、謎のままだった仏語歌詞の部分の意味って?と探ってみたけれど、歌詞サイトで出てるLove-toi et viens avec moiをエキサイト翻訳にかけたら、「あなたを巻き、私とともに来ます」。

どうも意味不明、「Shooting Star・・」歌詞カードでは最初が「Lave-toi・・」になってて、これだと「あなたを洗い、・・」で、今回のTVに出た歌詞だと「Leve-toi・・」で、これは「あなたを育てて、・・」で、歌詞の流れで海の魚達の様子、だと思うけれど、どれも決め手が今一?。

eの上の綴り字記号を入力してないのも関連?かもしれないけれど、ちょっとまた折りあれば、まずどれが正しいのか探ってみて、という所。


これを聞いた時はこれ今回一番インパクトか、と思ってたけれど、やはり挙げるとしたら、絢香とのコラボで歌った小田さん曲「たしかなこと」が一番。

聞き馴染みの曲、ではあったけれど、真摯な絢香ボーカルとのコラボ、というのもあってか、改めて心ある名曲感、が沸いてきて、しみじみ。You tube には小田・大橋卓也版。


その他印象的だったのは、やはりJUJU、松たか子との「夏祭り」と「エイリアンズ」。

「夏祭り」は、勢いあった女子中学生バンドWhiteberry版で浮かぶけれど、元々はJITTERIN'JINN(ジッタリン・ジン)というバンドの曲だったのだった、と。小田さんは、この曲を聞いた時、素直でいい曲だと思った、とのことで、懐かしかった曲。

キリンジの「エイリアンズ」は、私は初耳。キリンジ自体は、ユーミンの「曇り空」カバーで知ってたのだけれど、この「エイリアンズ」は、夜の情景、気だるくミステリアスモードで私も割と好み。

        

小田さんは、この曲にハマって、初めて聞いた時、よく通る埼玉の景色に似てる、と思って、後で、キリンジは埼玉出身、と判って、思わずほくそえんだ、と笑いをとって、

自分の知ってる景色が歌になったりすると、何かちょっと嬉しかった、などという話。JUJUもこの曲をライブでカバー、松たか子も気に入ってる、という複線もあっての選曲かもしれないけれど、

小田さんは、僕はシュール、というのは余り得意じゃないけれど、この曲は結構シュール、でもとても好きですね、と。カバーしてただけあって、JUJUボイスにも、また小田さんボイスにも結構フィットしてた感じ。

これって何かの曲にムード、情景が重なるような、と思ってて、後で浮かんだのがユーミンの「影になって」。

「エイリアンズ」も、ユーミンが「SUPER WOMAN」の中村うさぎとの時だったかに言ってた、曲を創る時に情景を強く”念写”、というような要素もあったのでは、と思わせられる曲。


また、絢香との1曲目、彼女の「ツヨク思う」は、小田さんが言ってたようにニュースで流れてて聞き覚えあったのだけれど、日テレ「NEWS ZERO」デーマ曲、だったと。

        

この人って、歌は上手い近年躍進シンガーの一人と思いつつ、特に思い入れなかったのだけれど、今回改めて「ツヨク・・」のフルバージョンを聞いて、

ちょっと英語歌詞の箇所が、「Your future leads you here」でなく「・・there」なのでは?と思ったりはしたのだけれど、

メロディアスで歌詞も真摯ないい曲、と思ったし、それを歌いこなす歌唱力もやはりなかなか。この人の私生活、病気の時水嶋ヒロから献身愛を受けて結婚、二人三脚というスタンスが滲み出るようなラブソング、とも取れるし、

次の「たしかなこと」と共に、小田さんとの真摯なラブソングコラボが、思ったよりなかなか良かった。


後は、最後から2曲目、再びJUJU、松たか子登場で共に歌った「Over The Rainbow」。

小田さんは、歌詞の一部、どんな夢もかなう場所、鳥が虹を飛んで行けるなら私だって飛んでいけるに違いない、を語った後、この曲を、みんなの幸せを祈って歌いたいと思います、とコメント。

この曲はこの春、「SONGS」で長谷川きよしバージョンでも聞いたのだったけれど、年の末、この番組で歌われるこの曲、というのもちょっと感慨。


「みんなの幸せを祈って・・」この曲、というのは、途中、明治生命CMで東北の幾つかの駅の前に立った小田さん、「あの日が戻ってきますように」というフレーズもあったり、やはり1年10ヶ月は経ったけれど、3.11災害支援、という心情があったようで。

ステージで、震災の時、歌なんて歌っても何の力にもならないんじゃないか、聞きたい人なんか誰もいないんじゃないか、と思った時もあったけれど、

時間が経つにつれて、歌に出来ることがあるかもしれない、伝わる気持ちがあるかもしれない、と思い始めて、ツアーをやることがあるとしたら、この曲を1曲目にやろうと思った、と歌った「明日へ」、

今年に入ってようやく、延期になっていた東北のツアーに行って、その時に書いた、という穏やかな「その日が来るまで」など、女性へ向けたラブソング、ではありながら=人生励ましソングになる小田曲の懐深さ、という感じ。


そしてやはりしみじみラブソング「君のこと」で締め。観客席では、男性もいたけれど、やはり女性が多そうで、やはりハンカチを目頭にあてる姿もちらほら。

今回は近年のに比べ、シンガーソングライター小田さん自身のパフォーマンスが多く、小田さんワンマンショー+気のおけないゲスト陣とのコラボ、という感じ。

私はこの番組を見始めたのは'06年から、その前には、ゲストもいなかったり少なかったり、小田さんの歌メイン、の構成の年もあったようで、こういう形でも全くOKで、個人的には+オフコース時代曲ももう少しあれば、だけれど、

今回も、誰のどんな曲が飛び出すのか、という楽しみもあったし、衰えの見えない朗々小田ボイスで自曲以外の様々なカバー版、というのも今回特に「エイリアンズ」が聞き応え。


最後の今回振り返っての小田さんのコメントで、ここ1,2年記憶力が低下してきて、覚える自信がなかなかなく、それがストレスとの戦い、また、レパートリーのこととか、これで本当にいいんだろうか、という不安との戦い、

これで理屈は通ってるんだろうか、そういう不安との戦いで、途中から(理屈が)通ったな、と、「明日」の拍手がとても長かったので凄く良かった、

今年の、これで良かったんだ、と思うものを作り上げていくしか考えられないよね、などと、ちょっと完璧主義っぽい生真面目さも垣間見えたけれど、

やはりこの時期、恒例イベントとして、何かしら心情的にほっこりしたものが残る、この小田さんショーは楽しみ、と思えた今回でした。

関連サイト:クリスマスの約束 2012 TBSテレビ
関連記事:フィルム空の鏡(’97)ヴィヨンの妻~桜桃とタンポポ~(’09)SONGS 大貫妙子大貫妙子めがね(’07)A LONG VACATION From Ladies(’09)SONGS 工藤静香KAGEROU/齋藤智裕(’10)SONGS チューリップ<2>チューリップBESTチューリップ~青春のラストラン~SONGS 財津和夫<1>/井上陽水<1>~<4>カサブランカ(’43)、オズの魔法使(’39)SONGS 長谷川きよしあの歌がきこえる「言葉にできない」あの歌がきこえる「生まれ来る子供たちのために」クリスマスの約束(’06)クリスマスの約束(’07)クリスマスの約束(’08)クリスマスの約束(’09)クリスマスの約束(’10)クリスマスの約束(’11)

   


by MIEKOMISSLIM | 2012-12-29 00:02 | 音楽 | Trackback(1) | Comments(0)
トラックバックURL : https://autumnnew.exblog.jp/tb/17061853
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 伊達でございます! at 2012-12-31 23:06
タイトル : TBS「クリスマスの約束 2012」小田和正スペシャルライヴ
  今年もこの日がやってきました。12回目となる、小田和正さんの「クリスマスの約束 2012」。最初の頃は、「小田和正の企画による、クリスマスの“独りぼっちの音楽番組”」という ...... more
line

「KYOKO」は’02年に映画掲示板にスレッドを立てた村上龍監督、高岡早紀主演映画で、当ブログはそのスレッド、次のブログに続いての3代目です。マイペースで、長年ファンのユーミン関連初め音楽、美術展、仕事、グルメ(食事)、映画、本、日常、旅のことなどアップしてます。


by MIEKOMISSLIM
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31