人気ブログランキング |

ジャックと天空の巨人(’13)

12日(火)、有楽町のよみうりホールで「ジャックと天空の巨人」試写会、招待状が届いてて、都合も合ったので、「いい加減な・・・」ブログのいい加減人(Yamato)さんとご一緒して見て来ました。


原作はイギリスの童話「ジャックと豆の木」の実写の冒険ファンタジー、とのことで、昔挿絵つきで読んだ覚えあるスタンダード童話が、どうアレンジされてるか?ちょっとノスタルジーもあって興味そそられ、

でもその内容自体記憶薄れてて、それは見る前にちょっとチェック。そしたら、少年ジャックが豆の木を上って天空の世界へ行って、そこに住む巨人の金の卵を産む鶏、金と銀入り袋、歌うハーブなど持ち帰って、

豆の木を切り倒して追う巨人から逃れ、母親と幸せに暮らした、というハッピーエンド、だったようで、確かに巨人は出ていたけれど、直接戦ったり、という訳ではなかったのだと。


それと今回のは、+別の「巨人殺しのジャック」という童話もベースのようで、これは初耳、余り詳しい内容はみかけないけれど、

主人公が、見えなくなるマント・速く走れる靴・何でも切れる剣・なんでもわかる帽子の4つの宝物を得て、国中の巨人族を退治する、という話らしく、

今回のも、原題は「Jack the Giant Slayer」で、元々は「巨人殺し・・」と同じ「Jack the Giant Killer」だったのが、少し変更になったようで、まあ直接killer、というより、slayには「殺す」の他に「退治する」の意味もあったので、Slayerの方にしたのかも、とも。


a0116217_13315531.jpg作品は、さすがにCGフル活用、地上の草原や城、天空の世界それぞれの広がり、

そこを繋ぐ巨大豆の木、リアルな高度感、人間の10倍位サイズの、わさわさうごめく、それぞれ不気味強面の巨人達、

そういう巨人VSアナログ武器の中世の兵士達の戦いなど、今回3D上映ではなかったけれど、それでもなかなかのダイナミック映像。(→チラシ)

まあお話も、筋的にはそうひねりなく、人間界の腹黒かった人物は消え、やはり原作童話の流れもあってか、巨人達は、過去に人間に撃退された恨みがあったようで、いざリベンジ、とばかりに、下界に襲来する彼らVS人間、

またジャック(ニコラス・ホルト)とイザベル姫(エレノア・トムリンソン)の間のムード、とか、冒険ベースに勧善懲悪、人間と巨人サイズギャップのコミカルシーン、仄かなロマンスも絡めて、

で、114分、という作品だったけれどそう長さも感じず、シンプルに楽しめた、という感じ。


3/16追記:主演のニコラス・ボルト、イザベル役のエレノア・トリムンソンは私は初見、馴染みあった名は、エルモント役のユアン・マクレガー位で、この人は「ミス・ポター」で以来だったのだったけれど、

天界で巨人に、2匹の豚と並んでパイ生地に包まれ、焼いて食べられそうになる、Yamatoさんにウケていた危機一髪のコミカルシーンもあったけれど、善人的キャラで渋い脇役、という印象。


脇役陣では、特に視覚的にはやはり人間より巨人の方が頭に残ってるけれど、一番インパクト、といえばリーダー格の、肩にもう1つ、人格も別らしい顔を持つ巨人、かも。

昔ホラー的な少女漫画で、詳細覚えてないけれど、ヒロインの腕に、違う人格の顔が現れる、というのがあった、とかおぼろげに浮かんだのだけれど、この巨人の場合は、2人?がたまに言い合いシーンもあったうけれど、ほぼ一心同体的な。

役名って余り見てる間は意識なかったけれど、それは巨人キャストの最初に名が出てるファロン将軍、らしく、演じたのがビル・ナイとジョン・カーター、となってるのだけれど、

この巨人達は、CGのたまもので、俳優陣はその声担当、と思ってたら、Wikipediaで、ブライアン・シンガー監督は、

>実際に俳優に演じさせてデジタルの巨人を作り上げることに興味を持ち、その複雑なプロセスに多くの時間を必要<

とあるのを見かけて、どうも俳優陣は巨人の本体にも関わってたようで、でも、風貌に俳優の面影?と思って、それぞれWikipediaの写真見てみたら、

まあ丸顔のジョン・カーターは、確かに肩の方のキャラの雰囲気、ビル・ナイの面長な顔は、何とか強面にデフォルメしたらああなるのか?と思えなくもないけれど、あの巨人達って、それぞれその俳優のデフォルメ版、という遊び心あったのか?

そこら辺、公式サイトのプロダクションノート、とかにありそうだけれど、どうも私のPCだと「ファイルが壊れています」表示で、他にもそういうメイキング情報は見当たらず。


その代わりたまたま、今回の巨人の日本語吹き替え担当の吉本の4人が、それぞれの巨人似、ということで選ばれた、という記事発見。(ナリナリドットコム 吉本4人「激似」ブサイク巨人に、容姿まで“吹き替え”は史上初?

今回の上映は日本語吹き替え版、ジャック役のウエンツ瑛士、イザベルや役平愛梨らも特にソツなく、という感じ、巨人達の声、というのも特に気に留めなかったけれど、

サイトの比べた写真だと、フィー=真栄田賢、フォー=博多華丸、など特に、そういえば、という重なり具合、という気もしてちょっと可笑しかったり。

またファロン将軍役はゴリと佐藤せつじ、とのことで、ゴリも多分容姿決め手の起用なのか、フィット、という感じ。


a0116217_20283860.jpgまあそういう、巨人インパクトが結構大きかったけれど、印象的なシーンというと、やはり高度1万メートルへそそり立つ、巨大豆の木自体のファンタジー、(←チラシ裏)

序盤、ジャックの家ごと天空界に巻き上げられたイザベルを救うため、途中、犠牲者も出ながら、豆の木を素手で上っていく男達の、まあ現実的には何百メートル位可能なんだろう?というロッククライミングのかなり過酷版、というという所から、アドベンチャー。

天空での、危機一髪、サイズやパワー桁違い巨人達をかいくぐってのジャック、エルモントの活躍も、ハラハラ、コミカルな所もあったけれど、

やはり、思わぬ豆の種の使い方、で、地上にやってきた巨人達VS知恵とアナログ武器で城を守る人間達の意外な奮闘、善戦ぶり。

また、昔巨人VS人間の戦いで、巨人の心臓から作った、という王冠パワー、というのが、この戦いを物理的な”力”だけでないものにして、

一見神経などなさそうな巨人達の、メンタル面に即効力を持ちモノをいう、全編通しての、鍵になるアイテムだった、という所。

後は、まあ冒険のプラスアルファ、のような感じだったけれど、アクティブで飾り気ない姫イザベルに好意を寄せ、彼女を救い、守ろうとする男気を見せる青年ジャック、

身分がどう、というこだわりなく自然に接近する彼ら、その後の後日談もついてたりして、ラブストーリーとしても、あっさりシンプルで嫌味なく好感、という感じ。


そういう所で、久方の実写冒険ファンタジー、昔読んだ素朴なイメージだった童話が、前述のようにCG効果で、予想以上の強面巨人達のインパクト、天空界や地上界の広がり、ダイナミックな巨大豆の木、

圧倒的サイズギャップありながらの巨人VS人間の攻防、淡いロマンスもミックスで、結構シンプルに楽しめた、という作品でした。

関連サイト:ジャックと天空の巨人 公式サイト象のロケット 「ジャックと天空の巨人」
関連記事:ミス・ポター(’06)プラダを着た悪魔(’06)あなたになら言える秘密のこと(’05)マッチポイント(’05)シャンプー台のむこうに(’00)フジ子・へミングの軌跡(’03)笑う大天使(ミカエル)(’06)さくらん(’07)うた魂♪(’08)空中庭園(’05)
<スレッドファイルリンク(ここでは「プラザを着た悪魔」「マッチポイント」「うた魂♪」)は開かない場合あるようです。>




by MIEKOMISSLIM | 2013-03-15 00:05 | 洋画 | Trackback(10) | Comments(2)
トラックバックURL : https://autumnnew.exblog.jp/tb/17457874
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 象のロケット at 2013-03-20 02:48
タイトル : ジャックと天空の巨人
若い農夫ジャックは、偶然、人間界と恐るべき巨人界を隔てていたドアを開けてしまった! 何百年もの間、人間から遠ざけられていた巨人たちは、かつては自分たちのものであった土地を取り戻すため、再び人間界に足を踏み入れる。 ジャックは、王国と国民のために、そして勇敢なプリンセスへの愛のために、命懸けの戦いに挑むことを決心するが…。 ファンタジー・アドベンチャー。... more
Tracked from だらだら無気力ブログ! at 2013-03-23 02:30
タイトル : ジャックと天空の巨人
ユアン・マクレガー、カッコいい!!... more
Tracked from Akira's VOICE at 2013-03-23 18:27
タイトル : ジャックと天空の巨人
根付いた伝説は枯れない!  ... more
Tracked from 映画1ヵ月フリーパスポー.. at 2013-03-24 00:27
タイトル : ジャックと天空の巨人(2D字幕)
評価:★★★☆【3,5点】(10) 巨人の背丈がもうすこし低い方が好みだったり。... more
Tracked from タナウツネット雑記ブログ at 2013-03-24 02:51
タイトル : 映画「ジャックと天空の巨人(3D版)」感想
映画「ジャックと天空の巨人」観に行ってきました。イギリスの有名な童話「ジャックと豆の木」および「Jack the Giant Killer」をベースに、天空に浮かぶ島に生息する巨人と人間の戦いを描...... more
Tracked from こんな映画観たよ!-あら.. at 2013-03-24 10:06
タイトル : ジャックと天空の巨人 : 吹替えがドイヒーなのですが…。
 広島はもう少し先のようですが、東京などでは桜が見頃のようですね。ちなみに、本日は珍しくお仕事がお休みとなりました。午前中に用事終えて、昼から映画三昧の予定です。では... more
Tracked from いい加減社長の映画日記 at 2013-03-24 13:10
タイトル : ジャックと天空の巨人/JACK THE GIANT SL..
最近は、昔話の焼きなおし(?)ブーム? 「オフィシャルサイト」 【ストーリー】 18歳のジャックは、ある修道士から不思議な豆を手に入れる。 嵐となったその夜、ジャックの家に道に迷った国王の娘・イザベラ姫が訪ねてきた。 その時、ジャックが床下に落とした豆から...... more
Tracked from とりあえず、コメントです at 2013-03-26 00:17
タイトル : ジャックと天空の巨人
童話にもなったイギリスの有名な民話を基に映画化したファンタジーアドベンチャーです。 豆の木が大きくなるあの世界がどんな映像になっているのだろうと気になっていました。 ダイナミックな巨人たちの登場にドキドキするような物語でした(^^) ... more
Tracked from 労組書記長(←元)社労士.. at 2013-03-26 09:20
タイトル : ジャックと天空の巨人 水戸黄門的FAIRY TAIL
【=20 うち今年の試写会2】 コートはとっくに脱いだし、さらにそろそろ夏のスーツにしちゃおうかと迷うくらいに暖かい日が続いていたのに、今日は寒いやん! 血迷って冬のスーツをクリーニング屋に出してしまわなくてよかったよ〜(((p(>◇<)q))) サムイー!!  18歳のジャ...... more
Tracked from 『甘噛み^^ 天才バカ板.. at 2013-03-29 08:47
タイトル : [映画『ジャックと天空の巨人』を観た(寸評)]
☆これまた、やや使い古された感のある物語を、丁寧に、真剣に、エンターテイメントに徹して作られた傑作でした。  『オズ はじまりの物語』も良かったけど、こっちもいい。  また、余談だが、映画が始まる前に『パシフィック・リム』の予告が大画面で見れたのも嬉しか...... more
Commented by いい加減人(Yamato) at 2013-03-18 07:31 x
先日は、ありがとうございました。
あまり知識なく、みましたが、子供でも楽しめそうな内容で、それなりによかったと思います。
Commented by MIEKOMISSLIM at 2013-03-18 21:10
いい加減人(Yamato)さん、改めて、先日は楽しかったです。
話もシンプルだし、CG映像の風景や巨人とかダイナミックで、ファンタジー冒険として面白かったですね。
line

「KYOKO」は’02年に映画掲示板にスレッドを立てた村上龍監督、高岡早紀主演映画で、当ブログはそのスレッド、次のブログに続いての3代目です。マイペースで、長年ファンのユーミン関連初め音楽、美術展、仕事、グルメ(食事)、映画、本、日常、旅のことなどアップしてます。


by MIEKOMISSLIM
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30