人気ブログランキング |

イバラードの旅 第16回 井上直久絵画展

一昨日、東武池袋店の1番地美術画廊で8日まで開催中の、井上直久絵画展に行ってきました。

昨年同様この時期、この画廊での新作展示会。やはり案内ハガキが来てて、今週の自分の休み中に、と、久方の池袋に。新作50点、井上作品が使われてる書籍など展示。


昨年同様、案内ハガキ提示で、ポストカードセットを差し上げます、とあったので、受付で見せたら、女性が電話に追われながら渡してくれて、今回は2枚セット、昨年もらった中にもあった、「野原の会話」と「天文館の宵」。

a0116217_0161631.jpg展示は、今回もやはり井上ワールド漂う独特の作品群、特に目に留まったのは、奥のスペースにあった「借景庭園Ⅲ」(→カード (C)井上直久)、

これって昨年もらったカードの中にあったのと同じ?と思って、後で家の手元のを確かめたら、やはりタイトルも同じ。

そしてやはり奥にあった、初めて見た井上作品の静物画、「ゼリーのある静物」。

青い植木鉢、細長いものさし状のもの、流線型の直方体の上に棒で支えた枕のようなものが載ってるもの、円筒形の物体、などの、ブルーがかった静物画で、

作者名がなければ、まず井上作品、とは気付かない作風だけれど、あっさりした清涼感あって、これはこれで好感。

一番気に入ったのは、奥へのスペースから出たすぐ横にあった、「星愛でる宵」という作品で、長方形の上部、真ん中に半円が盛りあがった珍しい絵の形、

その盛り上がった所は、絵の中央の家の屋根で、屋根の上空、周りに色々天体、家の両脇が水際、少し離れて両側に、その家の離れのようなこじんまりした建物、焚き火を囲んでいるらしき人々の姿、など。

これが、今回一番ちょっとひと時入り込んでみたい感じNo1、のファンタジックワールド。この絵は、売約済み、の印。

その他、昨年目を引かれた、小島が幾つかの海面で区切られてる構成パターンの、「雲渡る多層海」。



井上作品が表紙に使われてる国語の教科書、取り上げられてる美術の教科書、イバラードの仏語版漫画など、井上作品をベースにジブリの短編作、として創られたらしい「星をかった日」という作品の紹介本も置いてあって、

その冒頭に宮崎駿監督の、”やさしいだけでは生きていけない、やさしくなければ生きていく資格がない レイモンド・チャンドラー作品より” という引用文。



ハガキに、ライブペインティングで作品製作の過程も見られる、とあって、私が着いたのは用事を済ませて2時頃、作家来場してるはずの時間で、

画廊に入ってすぐ中央の辺りに、ピンクや紫系での何人か人がいるような絵が描きかけ、パレットもおいてあって、井上氏は席を外してるようで、2回り位絵を見てきた後も、戻っておらず。

近くにいた係りの女性に、その絵の写真を撮ってもいいか聞いてみたけれど、ちょっと困った顔で、店内での撮影自体禁止されてるし、私からいい、とは言えないんです、のような答え。


帰りに気づいた、入り口の脇にあった、今回は、花や緑、光や風、水や空をイバラードの目で見つめなおし、想いを一筆一筆に込め表現しました、のような趣旨の言葉。

そういう所で、ご本人のライブペインティングは見られず残念でしたけれど、今回も、束の間イバラード時間堪能、のイベントでした。

関連サイト:東武百貨店 イバラードの旅 第16回 井上直久絵画展
関連記事:イバラード時間(’07)井上直久新作展中間テスト対策終了(’10、2学期)ジブリ創作のヒミツ~宮崎駿と新人監督 葛藤の400日イバラードへの旅 第15回 井上直久絵画展

a0116217_22402262.jpg

         <今回の案内カード「デュエット」 (C)INOUE NAOHISA>


by MIEKOMISSLIM | 2013-05-04 23:49 | 芸術 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://autumnnew.exblog.jp/tb/17732679
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
line

「KYOKO」は’02年に映画掲示板にスレッドを立てた村上龍監督、高岡早紀主演映画で、当ブログはそのスレッド、次のブログに続いての3代目です。マイペースで、長年ファンのユーミン関連初め音楽、美術展、仕事、グルメ(食事)、映画、本、日常、旅のことなどアップしてます。


by MIEKOMISSLIM
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31