人気ブログランキング |

風立ちぬ(’13) featuring 「ひこうき雲」<2>

風立ちぬ(’13)<1>の続きです。

7/23追記:それにしても、この糸口になった「ユーミンの吐息・・」は、Amazon欄でもレビューなし、ひっそりしたユーミン本だったのかも。

この著者深海遙、という人は、今回ちょっと検索してみたら、別名とよだもとゆき、今73才のフリーランサーらしく、手元の写真+歌詞一部+短文の「探訪 松任谷由実の世界 Yuming World」(’98)の文もこの人だったり、

「ユーミンの吐息・・」の中でもユーミンとの対比で村上春樹に触れてて、村上本も出してるようで、どれ程の知名度の人なのか?だけれど、

楽曲「ひこうき雲」を、アルバム「ひこうき雲」の他曲とは明らかに別格扱い、そして音楽史の中に置いて、60年代鎮魂歌説とか、改めて、他のユーミン本では覚えない、なかなかの渋い切り口。


今回、使われたユーミン曲はこのラストの「ひこうき雲」のみで、劇中の音楽担当は久石譲、あわよくば「魔女の宅急便」の時の「ルージュの伝言」のように、劇中でもう1つでもユーミン曲挿入歌があったら、さらに感慨、だったかと。

かといって、あそこでドンピシャ絶妙にあの曲なら、というのも難しいけれど、見ている間は、軽井沢で二郎と菜穂子が紙飛行機を飛ばしあってるシーンで、ふとここでさり気なく「紙ヒコーキ」なら、と頭を過ぎった位。

その他、思い起こして考えられるとしたら、菜穂子が療養地から1人列車に乗って二郎の元へ向かう所で「紅雀」、

2人が黒川(西村雅彦)の家で婚姻の儀、一緒に暮らし始めた辺りで「朝陽の中で微笑んで」「ずっとそばに」とか、

そういうのはなくて残念だけれど、まあ今回は、ラストに鮮烈「ひこうき雲」、だけだったからこそのインパクト、価値、もあったのだろう、という所で。





7/25追記:劇中の映像面では、見る前ちょっと期待だった、原作の舞台の八ヶ岳山麓の療養所周辺の自然の雄大、繊細な風景は、

二郎と菜穂子が微笑ましく愛を育む爽やかな緑の軽井沢、少しだけだったけれど、菜穂子が療養する山中の寂れた冬の景色、などで味わえたり、「紅の豚」以来の、様々な飛行機が空を舞うシーンの雄大、爽快さもハイライトの1つだけれど、

特にインパクトだったのは、序盤の関東大震災、一瞬何事?という、列車が走る大地がうねって揺れ、火災が広がり、街が壊滅状態、不穏な雲の色の不気味な空模様、うごめく無数の人々、という、

原作にはなかった2人の出会いのシーンに折り入れた'23年の大震災、まあ時代柄、不自然な背景ではないけれど、あえて3,11を意識して入れたのか?ジブリでは珍しい、リアルな非日常の恐怖シーン。


そして、先日日テレのこの作品特番で、今回の音響、飛行機の音などが、全て人の声で収録、というユニークな試みエピソードだったけれど、なかなか自然でリアルっぽい出来上がりでは、と。

リアルと言えば、今回初の実在の人物モデルの宮崎作品、堀越二郎(と堀辰雄)の声優として庵野秀明監督起用、

その特番で、庵野監督は「風の谷のナウシカ」で原画担当、宮崎監督とは師弟関係だったという縁、とか、本人は、科白は少ないから、と宮崎監督に言われて受けたけれど、大違いだった、と苦笑、収録時ダメだしをされてる様子、など見かけて、

この人と言えば、私は岩井俊二監督が俳優として出演、という興味で見た実写の「式日」(’00)の監督、として知って、やはり「エヴァンゲリオン」よりも、村上龍原作のやはり実写の「ラブ&ポップ」(’98)の監督、として浮かび、

TVで姿を見かけたのは、'04年やはり実写の「キューティーハニー」の頃、NHK教育でやってた「トップランナー」に出てたの以来。その時も、薄っすらと、今回の特番でのように割と飄々とした印象。

俳優としては覚えなく、見てた作品ではリメイク「日本沈没」や「さくらん」などに出てたのだったけれど、今回起用の要因の1つに、宮崎監督が、現代で一番痛みを感じる人物、のようなことを聞いた覚え、独特のフィーリングでの抜擢だったようで、

劇中最初の方では、声の表情に乏しくやや淡々すぎ?な印象だったけれど、終わってみたらいつのまにか二郎に同化、違和感が消えてた感じ。

あと声優では、アリエッティ役だった志田未来が二郎の妹加代役だったのだけれど、この加代って、ちょっとした表情とか、何だか「となりのトトロ」のメイが成長したらこういうキャラ?とダブった時も。


そういう所で、いつになく楽しみにしてた今回のジブリ、そして宮崎新作、やはり私の最大の目玉は「ひこうき雲」、

今回この作品に起用されたことで、ユーミンフリークとして改めて今にして、馴染みだったこの曲の持つ陰影、時代を超越する意外なまでのスケール感、懐、など、

鑑賞後やや時が経つにつれて、じわじわ感じ入った次第で、それだけでも何だか私にとっては、他作品とは異質の価値あった鑑賞。


作品全体としては、ややあっけなく終わった、という後味だったけれど、特番で紹介あったように、宮崎監督を核に、多くのスタッフが苦心して創り上げた大震災時などの細かい描写、音声などジブリ的手作り感、

それがあった方が、見せ場的には盛り上がったのだろうけれど、あえて戦時中の戦闘シーンを全く入れなかった、という選択も、このご時世に、後で思えば好感、

ややテイストは違ったけれど、高原シーンや純愛ぶりでの原作「風立ちぬ」の香り、+率直なジブリヒロインらしさのへアレンジ、など、予想とはやや違って、大作感、というよりは珠玉作、として残るものがあった作品と思います。

関連サイト:「風立ちぬ」(ジブリ)公式サイトユーミン×スタジオジブリ 「40周年記念盤 「ひこうき雲 / 荒井由実」Amazon 「ユーミンの吐息 メトロポリスの語り部・・松任谷由実」象のロケット 「風立ちぬ」
関連記事:ゲド戦記(’06)ハウルの動く城(’04)プロフェッショナル 宮崎駿スペシャル崖の上のポニョ(’08)プロフェッショナル 宮崎駿のすべて<1><2>スタジオジブリレイアウト展借りぐらしのアリエッティ(’10)借りぐらしのアリエッティ(’10)<2回目>The Borrowers(’52)/床下の小人たち(’52)野に出た小人たち(’76)ジブリ創作のヒミツ~宮崎駿と新人監督 葛藤の400日川をくだる小人たち(’76)借りぐらしのアリエッティ×種田陽平展空をとぶ小人たち(’69)小人たちの新しい家(’82)小人の冒険シリーズと「借りぐらしのアリエッティ」コクリコ坂から(’11)風立ちぬ(’76)風立ちぬ / 堀辰雄(’37)

ラブ&ポップ(’98)(「KYOKO&イランはじめエスニック映画」スレッドの19)、日本沈没(’06)さくらん(’07)マナに抱かれて(’03)カナリア(’05)さよならみどりちゃん(’05)メゾン・ド・ヒミコ(’05)好きだ、(’06)神童(’07)明日への遺言(’08)私は貝になりたい(’08)RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ(’11)その日のまえに(’08)春の雪(’05)椿山課長の7日間(’06)空中庭園(’05)シルク(’08)

松任谷由実EXPOドームライブあの歌がきこえる「魔法の鏡」「海を見ていた午後」「卒業写真」松任谷由実コンサート THE LAST WEDNESDAY天国の本屋~恋火(’04)さよならみどりちゃん(’04)時をかける少女(’97)瞳を閉じてプレミアム10 松任谷・寺岡・ゆず等シャングリラⅢYuming Films(’07)「いちご白書」をもう一度(’75)ユーミンと映画・市川準監督そしてもう一度夢見るだろう/松任谷由実(’09)・No Reason~オトコゴコロ~/高橋真梨子(’09)TRANSIT2009チケットMusic Lovers・SONGS 松任谷由実<1><2>探検ロマン世界遺産 ユーミン×世界遺産TRANSIT2009コンサートShout at YUMING ROCKS('09)VIVA!6×7/松任谷由実(’04)時をかける少女(’10)RAILWAYS 49歳で電車の運転手になった男の話(’10)ミュージックポートレイト~人生が1枚のレコードだったら東日本大地震<2>Music Lovers 松任谷由実松任谷由実のオールナイトニッポンTV4僕らの音楽 松任谷由実・薬師丸ひろ子・おすぎMUSIC FAIR 松任谷由実NHK 東日本大震災チャリティー企画 ユーミン×SONGS 「春よ、来い」プロジェクトSONGS 松任谷由実RoadShow/松任谷由実(’11)手のひらの東京タワー/松任谷由実(’81)押入れの整理<1> <2><3><4>RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ(’11)春よ、来い in 紅白歌合戦SONGS 松任谷由実~2012スペシャル~鈴子の恋(’12)「春よ、来い」カバー 男性シンガー編「春よ、来い」カバー 女性シンガー編マンタの天ぷら(’97)・僕の散財日記(’05)/松任谷正隆虹色ほたる 永遠の夏休み(’12)才輝礼賛 38のyumiyoriな話 / 松任谷由実(’11)<1><2><3>ユーミンのSUPER WOMAN スペシャルプロローグ~「森本千絵と歩く霊峰」<1><2>ユーミンのSUPER WOMAN 「鶴岡真弓と訪ねる女神」<1><2>ユーミンのSUPER WOMAN 「長谷川祐子と現代美術をめぐる」<1><2>「8月31日~最後の夏休み~」チケットユーミンのSUPER WOMAN 「軍地彩弓と歩く東京ファッション最前線」ユーミンのSUPER WOMAN 「軍地彩弓と歩く沖縄」<1><2>ユーミンのSUPER WOMAN 「中村うさぎとめぐる東京の夜」<1><2>ユーミンのSUPER WOMAN 「草間彌生の世界を訪ねて」ユーミンのSUPER WOMAN 最終回スペシャル 直感の旅、そして未来へ8月31日~最後の夏休み~<1><2>時をかける少女(’83)<1><2>松任谷由実 デビュー40周年 はてない夢の旅YUMING FOREVER by LESLIE KEE<1><2>ひこうき雲 / 荒井由実(’73)
<スレッドファイルリンク(ここでは「ハウルの動く城」「崖の上のポニョ」「ラブ&ポップ」「日本沈没」「カナリア」「メゾン・ド・ヒミコ」「私は貝になりたい」「春の雪」)は開かない場合あるようです。>


  

by MIEKOMISSLIM | 2013-07-23 23:22 | 音楽・邦画 | Trackback(15) | Comments(0)
トラックバックURL : https://autumnnew.exblog.jp/tb/18158101
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from こんな映画観たよ!-あら.. at 2013-07-26 14:52
タイトル : 風立ちぬ : 完全大人仕様のジブリ作品
 暑い、暑い、暑い、ですねぇ。こんな日は海水浴にでも行くか、エアコンの効いた映画館に行くのがよいのではないでしょうか。では、本日紹介する作品はこちらになります。 【題... more
Tracked from 映画@見取り八段 at 2013-07-26 19:54
タイトル : 【風立ちぬ】美しい飛行機と美しい夢
風立ちぬ      監督: 宮崎駿    出演: 庵野秀明、瀧本美織、西島秀俊、西村雅彦、スティーブン・アルパート、風間杜夫、竹下景子、志田未来、國村隼、大竹しのぶ、野村萬斎 公開: 2013年7月20日 2013年7月4日。劇場観賞。(試写会) 2週間も前に試写会で見たの…... more
Tracked from とらちゃんのゴロゴロ日記.. at 2013-07-26 19:57
タイトル : 風立ちぬ
ジブリ製作の作品だけど子供向けではない。文学的であり夢想的でもあり、ただ生きることを賛美している。零式艦上戦闘機がもしなければ日本は太平洋戦争を起こせなかったと考えても、設計者の責任など問えない。大きな時代の流れで日本全体が向かった先を知っている我々は、... more
Tracked from 日々“是”精進! at 2013-07-26 20:03
タイトル : 劇場鑑賞「風立ちぬ」
「風立ちぬ」を鑑賞してきました宮崎駿監督がゼロ戦の設計者・堀越二郎と作家の堀辰雄をモデルに、1930年代の日本で飛行機作りに情熱を傾けた青年の姿を描くアニメ。美しい飛行機を...... more
Tracked from 映画のブログ at 2013-07-26 20:15
タイトル : 『風立ちぬ』 宮崎駿と堀越二郎を繋ぐのは誰だ?
 宮崎駿監督の育った家は、戦争中とても景気のいい家だった。  自動車の個人所有が一般的ではなく、しかも原油不足から民間では木炭自動車が使われていた当時にあって、彼の父はガソリンの自家用車に乗って...... more
Tracked from 佐藤秀の徒然幻視録 at 2013-07-26 20:46
タイトル : 風立ちぬ(2013)〜美の失墜
庵野秀明、瀧本美織サイコー!! 公式サイト。宮崎駿原作・監督、主題歌:荒井由実「ひこうき雲」。(声)庵野秀明、瀧本美織、西島秀俊、西村雅彦、スティーブン・アルパート、風間杜 ...... more
Tracked from 京の昼寝〜♪ at 2013-07-26 22:25
タイトル : 『風立ちぬ』
□作品オフィシャルサイト 「風立ちぬ」□監督・脚本・原作 宮崎駿□キャスト(吹替) 庵野秀明、瀧本美織、西島秀俊、西村雅彦、スティーブン・アルパート ■鑑賞日 7月20日(日)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ★★★★(5★満点、☆は0.5)<感想>...... more
Tracked from はるみのひとり言 at 2013-07-27 11:11
タイトル : 風立ちぬ
試写会で観て来ました。夏休みの子供向けなのかなと思っていましたが、5年ぶりジブリの新作は大人向けなストーリーでした。零戦の設計者 堀越二郎さんの物語です。美しい飛行機を造るのが子供の頃からの夢だった二郎さん。東京の大学で学び、航空機製造会社に就職し戦闘...... more
Tracked from こねたみっくす at 2013-07-27 11:15
タイトル : 『風立ちぬ』
人が見る夢は儚い。でもだからこそ美しい。 これは『コクリコ坂から』以上に大人の映画。しかも宮崎吾郎監督のような若造が描く懐かしさではなく、宮崎駿監督のように実体験を反 ...... more
Tracked from とりあえず、コメントです at 2013-07-28 11:36
タイトル : 風立ちぬ
大正から昭和の激動の日本で飛行機作りに夢をかけた青年の姿を描いたアニメです。 宮崎駿監督の最新作と言うことでとても楽しみにしていました。 夢へ真っ直ぐに生きた主人公の清々しさと共に、 彼の出会った悲しい恋の物語が胸を打つような作品でした。 ... more
Tracked from soramove at 2013-08-01 08:48
タイトル : 映画「立ちぬ」描いた対象が曖昧で伝わらない
映画「立ちぬ」★★★ 庵野秀明、瀧本美織、西島秀俊 西村雅彦、スティーブン・アルパート 風間杜夫、竹下景子、國村隼 志田未来、大竹しのぶ、野村萬斎 声の出演 宮崎駿監督、 126分、2013年7月20日より全国公開 2013 二馬力・GNDHDDTK (原題/原作:Bereurlin ) <リンク:人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい← 初登場首位9億6千万円と 100億円に向かって快調なスタート、 しかし夏休みの子供の上乗せは 期待できそ...... more
Tracked from こみち at 2013-08-01 19:50
タイトル : 風立ちぬ
JUGEMテーマ:映画館で観た映画 &amp;nbsp; 戦争ものでもないし、恋愛ものでもない。 &amp;nbsp; 激動の昭和初期を生きてきた人間のストーリーだった。 &amp;nbsp; 飛行機のプロペラの回転音やエンジンの音まで &amp;nbsp; 役者が演じているのには、驚きました。 &amp;nbsp; 今の時代でもこのようにアニメーションを作りこむのは &amp;nbsp; スタジオジブリなど少数派なのでしょう。 ...... more
Tracked from 京の昼寝〜♪ at 2013-08-16 08:22
タイトル : 『風立ちぬ』/2回目
□作品オフィシャルサイト 「風立ちぬ」□監督・脚本・原作 宮崎駿□キャスト(吹替) 庵野秀明、瀧本美織、西島秀俊、西村雅彦、スティーブン・アルパート ■鑑賞日 7月27日(土)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ★★★★(5★満点、☆は0.5)<感想>...... more
Tracked from No War,No Nu.. at 2013-09-12 12:47
タイトル : 風立ちぬ いざ生きめやも
【48 うち今年の試写会5】 宮崎駿さんがはこの作品を最後に今度こそほんとに長編アニメ製作からの引退するって発表した・・・そんなん言われたら観に行っとかなあかんやんか~。  大正から昭和にかけての日...... more
Tracked from だらだら無気力ブログ! at 2013-09-15 16:55
タイトル : 風立ちぬ
やっぱ主人公の声に違和感を感じてしまう・・・。... more
line

「KYOKO」は’02年に映画掲示板にスレッドを立てた村上龍監督、高岡早紀主演映画で、当ブログはそのスレッド、次のブログに続いての3代目です。マイペースで、長年ファンのユーミン関連初め音楽、美術展、仕事、グルメ(食事)、映画、本、日常、旅のことなどアップしてます。


by MIEKOMISSLIM
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31