人気ブログランキング |

’13年度美術鑑賞ベスト3

昨年度の美術展鑑賞は、’11年度3展、前年度の7展から少し増えて12展。これも遅ればせながらベスト3にして挙げておきたいと思います。


1 奇跡のクラークコレクションールノワールとフランス絵画の傑作ー(三菱1号館美術館 5/4鑑賞)

a0116217_2104050.jpg

            <ヴェネツィア、総督宮 / ルノワール(カード)>



2 メトロポリタン美術館展 大地、海、空ー4000年の美への旅(東京都美術館 1/2鑑賞)

a0116217_21501.jpg

                <浜辺の人物 / ルノワール(カード)>



3 印象派を超えて 点描の画家たち(国立新美術館 10/20鑑賞)

a0116217_21724100.jpg

            <コウリール 鐘楼作品164 / シニャック(カード)>



番外 井上直久 イバラード ラピュタ展(Gallery ART SPACE / 12/15鑑賞)

a0116217_21102443.jpg

                     <案内状>

そして、昨年度の”この1枚”は、無論実物展示ではないけれど、「ミケランジェロ展 天才の軌跡」での、システィーナ礼拝堂の天井画、壁画の「最後の審判」の、部分的な素描、縮小図や映像等での一連の展示。

以前のイタリア旅の途中、現地で見た実物のスケール感彷彿、やや他の人物画とは異質のダイナミックさ、と改めて、で、当時そう注意を払わなかった構成や細部など復習にもなった企画。

a0116217_21182954.jpg

                      <カード>

今年は今の所、年頭に見たモネ展、大浮世絵展、江戸東京博物館常設展。当面、普段一緒に行く母も多忙、美術鑑賞のゆとりが出来るのも春以降になりそうで、どうなるやら?ですけれど、

やはり好みの印象派展はじめ、気になる催しにはなるべく行って、琴線に触れる作品が見られたら、という所です。

関連記事:’10年度美術鑑賞ベスト5’12年度美術鑑賞ベスト3


by MIEKOMISSLIM | 2014-02-06 21:32 | 芸術 | Trackback(1) | Comments(2)
トラックバックURL : https://autumnnew.exblog.jp/tb/19433743
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from dezire_photo.. at 2014-02-13 22:21
タイトル : クレラー=ミュラー美術館のゴッホ、スーラ、モンドリアン
点描の画家たち:印象派を超えて Neo-impressionism:Seurat. Gogh, Mondrian  東京・六本木の国立新美術館で『印象派を超えて―点描の画家たち ゴッホ、スーラからモンドリアンまで』展が10月4日から開催されています。ゴッホのコレクションで有名なオランダのクレラー=ミュラー美術館所蔵の作品を中心にゴッホ、スーラからモンドリアンまで』展は、スーラ、ファン・ゴッホ、モンドリアンを中心にし、点描表現により色彩の探求したフランス、オランダ、ベルギーの画家たちの作品約...... more
Commented by desire_san at 2014-03-29 10:12
昨年の美術展ベスト3は、1 奇跡のクラークコレクションールノワールとフランス絵画の傑作 2メトロポリタン美術館展 大地、海、空ー4000年の美への旅 、印象派を超えて 点描の画家たち、ですか。印象派の時代の明るい絵がお好きなのですね。
今年は昨年と比べて見たい美術展が少ないですね。今年の年明けでは一番系統的に作品が揃っていたのは「ラファエル前派
」でした。あまりお好きではないですか。私も特別好きというわけではありませんが、年明け美術の記事を書いてていなかったので、「ラファエル前派」の絵画について私なりにレブューしてみました。好き嫌いも含めてMIEKOMISSLIMさんのご意見に興味があります。お手数ですが、コメントしていただけると大変うれしいです。
Commented by MIEKOMISSLIM at 2014-03-30 01:29
desire_sanさん、コメント有難うございます。お察しの通り、私は絵画は印象派が一番好きなのですが、今年は確かに気になる美術展が少ないですね。今の所、行こうと思っているのは夏~秋の国立新美術館でのオルセー美術展位です。

「ラファエル前派展」に行かれたのですね。その中では私はミレイの「オフィーリア」は魅かれるものがあって、以前この絵目当てにミレイ展に行きました。後程そちらの記事を拝見してからコメント欄に伺います。
line

「KYOKO」は’02年に映画掲示板にスレッドを立てた村上龍監督、高岡早紀主演映画で、当ブログはそのスレッド、次のブログに続いての3代目です。マイペースで、長年ファンのユーミン関連初め音楽、美術展、仕事、グルメ(食事)、映画、本、日常、旅のことなどアップしてます。


by MIEKOMISSLIM
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31