人気ブログランキング |

杉並弦楽合奏団 第54回定期演奏会 

昨日、近くのセシオン杉並で「杉弦」定期演奏会、前回同様やや忙しなかったですけれど、都合も合ったので母と行ってきました。


今回ゲストソリストは、サックス奏者の須川展也氏。初耳の人だったけれど、プログラムやチラシの紹介によると、日本が世界に誇るサクソフォン奏者、吹奏楽のカリスマ的存在、だそうで。

’02年のNHK連続テレビ小説「さくら」のテーマ曲も演奏した人、クラシカル・サクソフォンの開拓者、でもあって、様々な作曲家に自ら委嘱してきた人、とのことで、一部チラシの裏面にビッシリその曲リスト。

その中に「さくら」テーマ曲もあったけれど、委嘱って?演奏家が作曲者に曲を演奏させてもらう、ということか?と思ったら、どうもそもそも演奏家が作曲者に作曲を依頼する、ということのようで。

サクソフォンはベルギーで生まれて200年、まだ歴史が浅いので、有名な作曲家達もサクソフォンのための曲を残してないし、須川氏の、ないものは作ればいい、という姿勢の表れ、とのこと。

そういえば、サックスってやはりポピュラー、ジャズ分野のイメージ、サックスでクラシックも、管弦楽団+サックスコラボ、というのも初体験。


今回演奏曲は

★W.A.モーツァルト:ディベルティメントⅢ へ長調 KV 138
   Ⅰ Allegro Ⅱ Andante    Ⅲ Presto

★ A.グラズノフ:サクソフォン協奏曲 変ホ長調 Op.109

☆アンコール:サクソフォンソロ   A.ピアソラ アディオスノニーノ
   

★ F.シューベルト:弦楽四重奏曲 第14番ニ短調「死と乙女」 (弦楽合奏版 マーラー編)  
    Ⅰ Allegro Ⅱ Andante com moto   Ⅲ Scherzo : Allegro molto
   Ⅳ Presto

☆アンコール:シューベルト歌曲 君こそわが想い D.776


休憩をはさんで1時間45分位、いつもより若干早く終了。

やはり今回インパクトは、物珍しいサックスでのクラシックで、協奏曲の後のアンコールでの、須川氏のソロが聞き応え。母も、まあ今回知ってる曲がなかったのもあるようだけれど、このソロが良かったそうで。

You tubeに、アディオスノニーノ須川展也で検索した中に、須川氏の演奏なのか?定かではないけれど、ピアノ+サックスのコラボ演奏が。

         

意味は「さようならお父さん」のような意味らしいけれど、この曲って、聞いてる時には思い浮かばなかったけれど、キム・ヨナがソチでも滑ってた最新フリー曲、だったり、

         

村上佳菜子も、タンゴ風だった前シーズンのフリーの中で使ってた曲だったのだった、と。

         

まあクラシックの後のアルゼンチンタンゴ曲、だったのだけれど、その前のサクソフォン協奏曲も、何だか夜のムードのジャズっぽさ+クラシック融合、のような目新しさ、

演奏後須川氏が、この曲はサックスよりオーケストラの方が難しい、皆さん頑張ってくれました、と客席に合奏団への拍手を斡旋。

       


最初のモーツアルト曲は、穏やかな第2額章を挟んで、第1、3と明るく軽快な曲。

        

シューベルト曲の「死と乙女」は、死神と病の床にいる乙女との対話の詩からの歌曲で、それが第2楽章の主題になってるそうだけれど、

情感あって荘厳な曲調、特に第2楽章のヴァイオリンの細かな音の変化、今回咳が前から3列目というのもあって、視覚的に前列のパートリーダーのノースリーブ衣装の女性などの腕の動き、弦さばきというのもあって、

まあタイトルにしては、物悲しげなムードもあるけれど、しっとりというよりダイナミックな展開。

         


そういう所で、いつかのこの定期演奏会のように、行きは自転車を押して母と歩いていったけれど、私はこの後仕事だったので、会場で母と別れて自転車で帰宅。

私は朝から歯医者~仕事~演奏会~仕事、でやや忙しなかったですけれど、珍しいクラシック畑のサックスも味わえたりで、やはり一時リフレッシュの今回でした。

関連サイト:杉並弦楽合奏団 第54回定期演奏会 
関連記事:杉並弦楽合奏団 第49回定期演奏会オペラガラコンサート~セラータ・ムジカーレ Tokyo Play Opera 第30回定期演奏会 御坊混声合唱団第5回・第7回定期演奏会(’81)(’84)杉並弦楽合奏団  創立25周年記念 第50回定期演奏会杉並弦楽合奏団 第51回定期演奏会日本フィル出張コンサート杉並弦楽合奏団 第52回定期演奏会第18回 フィルモアコンサート杉並弦楽合奏団 第53回定期演奏会

a0116217_23163510.jpg

              <プログラム、須川展也コンサートチラシ>


by MIEKOMISSLIM | 2014-06-15 00:50 | 音楽 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://autumnnew.exblog.jp/tb/19900898
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
line

「KYOKO」は’02年に映画掲示板にスレッドを立てた村上龍監督、高岡早紀主演映画で、当ブログはそのスレッド、次のブログに続いての3代目です。マイペースで、長年ファンのユーミン関連初め音楽、美術展、仕事、グルメ(食事)、映画、本、日常、旅のことなどアップしてます。


by MIEKOMISSLIM
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31