僕らの音楽 「僕らのユーミン」

昨夜「僕らの音楽」でユーミン特集、オンタイムで見ました。

他にも溜まってる録画はあるのだけれど、とりあえずこれ優先。これまでの主にこの番組でのユーミンと他のミュージシャンとのコラボやカバー集、という内容で、

本人は登場せず、ゲストに正隆氏、この秋の「あなたがいたから私がいた」に出演する、藤真利子、石黒賢。


流れたのは、

「ひこうき雲」(1973) Vo&Piano:松任谷由実、Vo:aiko
「ダンデライオン~遅咲きのたんぽぽ」(1983) Vo:松任谷由実、原田知世
「Woman “Wの悲劇”より」(1984) Vo:松任谷由実、薬師丸ひろ子
「やさしさに包まれたなら」(1974) YUI×平井 堅
「真夏の夜の夢」(1993) 槇原敬之×前田亘輝
「卒業写真」(1975) Vo:徳永英明、Vo&Guitar:YUI
「Hello,my friend」(1994) Vo&Guitar:miwa、ムッシュかまやつ
「晩夏(ひとりの季節)」(1976) Vo:平原綾香
「あの日にかえりたい」(1975) Vo:平井 堅
「春よ、来い」(1994) Vo:槇原敬之
「COBALT HOUR」(1975) Vo:NOKKO

記憶に新しい、また覚えあるコラボやカバー+幾つか初耳バージョンもありで、なかなか感慨深いものが。

今回一番インパクト曲をあげるなら、やはり今の季節柄、というのもあるかもしれないけれど、平原綾香の「晩夏(一人の季節)」。

やはりこういう、夏が去りゆく時期の空気感を、これほど視覚的、情感的に鮮やかに斬りとってみせた曲はなく、今後も生まれないだろう、と、一部だけれど久方に耳にして、改めてしみじみ。


初耳のものでは、最初の素直なaikoボーカルとのコラボでの「ひこうき雲」や、

           

平井堅の「あの日にかえりたい」もなかなか印象的。この人は今回YUIとの「やさしさに・・」もあったけれど、断然「あの日に・・」の方が、フルコーラス聞いてみたい気が。

「あの日に・・」は、近年の今井美樹、森高千里、小野リサ、徳永英明、マイケル・フランクス版などあるけれど、この平井版は、結構ハマってるかも、という感触。


記憶にあるものでも、ユーミン&原田版「ダンデライオン」、

           

ユーミン&薬師丸版「Woman・・」は双璧で改めてジーンとくるものがあるし、

           


最後の、今回のためのテイクらしい、マッキーの「春よ来い」と、NOKKOの「COBALT HOUR」もなかなか。

どちらも正隆氏のピアノ伴奏、以前男性ボーカルでの「春よ来い」カバー集記事で、やはりこの人のをマイベストに挙げたのを思い出したり、

NOKKOの「COBALT・・」は、「ディア・ユーミン」に入ってて、生歌は初耳、アルバムでもアレンジは違ってて、そういえば元々なかったのだったけれど、今回も間奏に、オリジナルの異次元にワープ的、浮遊感のギター、キーボードフレーズはなく、ちょっと残念、

          

でもさすがに年は取ったけれど、NOKKOの躍動感にフィット。


その他、「Hello,my ・・」をYUIと歌ってた、余り映らなかったけれどムッシュかまやつも久方、

この人といえば、昔ユーミンが出てた番組で、「♪楽しいバス旅行~」で始まるシンプルな曲を一緒に即興で創って歌ってたり、記憶違いかもしれないけれど、その番組でユーミンが茅ヶ崎で「天気雨」を創ってたような、と思い出す。


トークでも、ユーミンと親交ある藤真利子の、ユーミンとの買物時エピソードや、正隆氏が、藤真利子が家にex boyfriendを連れてきた、などとばらして藤真利子があせってなじり、笑いを誘ってたり、

この人が好きなユーミン曲として、「ハルジョオン・ヒメジョオン」をあげて、誰にでも書ける詞ではない、凄いセシティブな彼女の才能を感じる、とほめてたのも、なかなかこの人の世代なりの、渋い選曲。

石黒賢は、これまでユーミンとの縁は、初めて出たドラマの主題歌が、ユーミンが作った「蒼いフォトグラフ」という曲だった、とのことで、これは歌は松田聖子、作曲ユーミン&作詞松本隆のコンビ作だったのだけれど、

どうも記憶になく、You tubeで一部聞いてみたら、そういえばメロディに覚えが、という感触だったけれど、これは「瞳はダイアモンド」のカップリング曲だったようで。


正隆氏は、ユーミンとの創作の様子を聞かれ、アレンジをユーミンが気に入らない時もあって、そういう時は喧嘩になる、と苦笑、

「春よ、来い」は、最初アレンジしたのを彼女が大嫌いで、やり直して、と言われたけれど、そのままにした、ユーミンは和の感じにしたのが嫌で、もっとエスニックなイメージ、ギターサウンドのイメージだった、などと、ちょっと意外なエピソード。

和な感じにしたから、ああいう詞にしていったんだけれど、と言ってたけれど、そういう風に、曲だけが出来てて正隆氏のアレンジによって、ユーミンが詞を構築、というようなパターンもあるんだな、と今にして。


そういう所で、30分番組、ラスト2曲以外は断片的ではあったけれど、それでもやはりDNA的に染んでいる感触が呼び覚まされ、ギュッと集中、濃縮したような一時の至福の時間、特別に1時間枠、とかならもっと良かったけれど。

今回は「僕らのユーミン」、広く他のミュージシャンからのユーミン曲リスペクトぶり改めて、で、この番組は来週で終了らしいけれど、

いっそ今回のような、毎回ゲストを呼んで、コラボやカバーや談話、また生粋にユーミンがライブ、NHKの「SUPER WOMAN」の時のような旅ルポなどのユーミン(曲)番組、が出来たらいいのに。

ユーミンと正隆氏で司会、でもいいけれど、やりにくければ、草薙くんのような進行役、というか温和なホストを置いて、

各回によって2人が出たり、少なくともどちらかは来て、という形で、そこそこ視聴率も取れるのでは?などと思ったり、などとも後で思った今回放映でした。

関連サイト:僕らの音楽 「僕らのユーミン」セットリストあなたがいたから私がいた サイト
関連記事:関連記事:松任谷由実EXPOドームライブあの歌がきこえる「魔法の鏡」「海を見ていた午後」「卒業写真」松任谷由実コンサート THE LAST WEDNESDAY天国の本屋~恋火(’04)さよならみどりちゃん(’04)時をかける少女(’97)瞳を閉じてプレミアム10 松任谷・寺岡・ゆず等シャングリラⅢYuming Films(’07)「いちご白書」をもう一度(’75)ユーミンと映画・市川準監督そしてもう一度夢見るだろう/松任谷由実(’09)・No Reason~オトコゴコロ~/高橋真梨子(’09)TRANSIT2009チケットMusic Lovers・SONGS 松任谷由実<1><2>探検ロマン世界遺産 ユーミン×世界遺産TRANSIT2009コンサートShout at YUMING ROCKS('09)VIVA!6×7/松任谷由実(’04)時をかける少女(’10)麗美ファーストフライト(’85)RAILWAYS 49歳で電車の運転手になった男の話(’10)ミュージックポートレイト~人生が1枚のレコードだったら東日本大地震<2>Music Lovers 松任谷由実松任谷由実のオールナイトニッポンTV4僕らの音楽 松任谷由実・薬師丸ひろ子・おすぎMUSIC FAIR 松任谷由実NHK 東日本大震災チャリティー企画 ユーミン×SONGS 「春よ、来い」プロジェクトSONGS 松任谷由実RoadShow/松任谷由実(’11)手のひらの東京タワー/松任谷由実(’81)押入れの整理<1> <2><3><4>RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ(’11)春よ、来い in 紅白歌合戦SONGS 山本潤子SONGS 松任谷由実~2012スペシャル~鈴子の恋(’12)「春よ、来い」カバー 男性シンガー編「春よ、来い」カバー 女性シンガー編マンタの天ぷら(’97)・僕の散財日記(’05)/松任谷正隆虹色ほたる 永遠の夏休み(’12)才輝礼賛 38のyumiyoriな話 / 松任谷由実(’11)<1><2><3>ユーミンのSUPER WOMAN スペシャルプロローグ~「森本千絵と歩く霊峰」<1><2>ユーミンのSUPER WOMAN 「鶴岡真弓と訪ねる女神」<1><2>ユーミンのSUPER WOMAN 「長谷川祐子と現代美術をめぐる」<1><2>「8月31日~最後の夏休み~」チケットユーミンのSUPER WOMAN 「軍地彩弓と歩く東京ファッション最前線」ユーミンのSUPER WOMAN 「軍地彩弓と歩く沖縄」<1><2>ユーミンのSUPER WOMAN 「中村うさぎとめぐる東京の夜」<1><2>ユーミンのSUPER WOMAN 「草間彌生の世界を訪ねて」ユーミンのSUPER WOMAN 最終回スペシャル 直感の旅、そして未来へ8月31日~最後の夏休み~<1><2>時をかける少女(’83)<1><2>松任谷由実 デビュー40周年 はてない夢の旅YUMING FOREVER by LESLIE KEE<1><2>ひこうき雲 / 荒井由実(’73)風立ちぬ(’13)<1><2>MASTER TAPE~荒井由実「ひこうき雲」の秘密を探る~<1><2>ひこうき雲/荒井由実(’73) ミュージッククリップ放映Dialogue / 今井美樹(’13)SONGSスペシャル 松任谷由実~生きるよろこび歌にこめて~POP CLASSICO / 松任谷由実(’13)「音楽の達人 Vol.72」~ユーミン特集~

村の写真集(’04)サヨナラCOLOR(’06)大停電の夜に(’06)紙屋悦子の青春(’06)原田知世 Life & LiveETV特集 細野晴臣 音楽の軌跡~ミュージシャンが向き合った「3.11」~時をかける少女(’83)<1><2>大貫妙子トリビュート・アルバム Tribute to Taeko Onuki(’13)<1><2>SONGS 原田知世

ALWAYS 三丁目の夕日(’05)、 うた魂♪(’07)バブルへGO!!タイムマシンはドラム式(’07)めがね(’07)ALWAYS 続・三丁目の夕日(’07)SONGS 薬師丸ひろ子/レイモン・ルフェーブルありがとう(’06)あおげば尊し(’05)~追悼・市川準監督~ハナミズキ(’10)SONGS 薬師丸ひろ子

タイヨウのうた(’06)SONGS 平井堅SONGS 槙原敬之世界に一つだけの花SONGS 槇原敬之

SONGS 徳永英明プレミアム10 恋歌autumn&winter徳永英明~あなたに贈る僕の歌~SONGS 徳永英明旅の贈りもの 0:00時発(’06)SONGS 徳永英明松本隆に捧ぐー風街DNA-(’10)'10年度音楽鑑賞ベスト10SONGS 徳永英明SONGS 徳永英明SONGS 徳永英明

SONGS 秋川雅史・平原綾香カンパニュラの恋/ノクターン(’08)紅白歌合戦(’08)タビうた  岩崎宏美・平原綾香SONGS 平原綾香クリスマスの約束(’11)


[PR]

by MIEKOMISSLIM | 2014-09-14 03:34 | 音楽 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://autumnnew.exblog.jp/tb/20193560
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
line

’09年1月末AOL映画掲示板、ブログが終了、気分新たにマイペースで、音楽・芸術鑑賞、ユーミン関連、読書、英検1級対策、グルメ、仕事等含めて書いてます。英検は’11年11月に無事合格達成出来ました!


by MIEKOMISSLIM
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31