改組 新 第一回 日展

先週5日(水)、国立新美術館で「チューリヒ美術館展」を母と見た後、同館で開催中の日展も一部見てきました。

今回も特設展の帰りに寄る、というパターンで、いつもながら結構なボリュームだし、母と私の時間と体力の都合で、見たのは1~2Fの洋画、日本画、一部工芸美術で、

工芸美術残り、彫刻や書は割愛。いつものように、やはりこれは、まともにじっくり見るには朝一~1日びっしりでも足らないよね、と苦笑。


a0116217_1718502.jpg今回見て回っている途中、何人か作品を撮影してる人を見かけ、日本の美術館でこういう許可は覚えなく、係の人に聞いてみたら、平日は、入口で申請すればOKなのだと。<チラシ→>

いつもは気に入った作品があればカードを買って帰るだけだったけれど、せっかくなので、2Fの入口で申請、

住所氏名と撮影目的など紙に記入して、オレンジの紙リボンを腕に付けて、引っ掛かった作品は撮っておくことに。

撮影目的は、鑑賞記念を残すため、と書いたのだけれど、一応係の人にブログアップは問題ないか聞いたら、鑑賞してる他の人が映ったりしているとまずいけれど、それがなければ、個人の私用目的ならばOK、とのことで。


今回特に印象的、後でカードを買ったのは、洋画の、藍色の異国の夜景、石畳の向こうに仄かに黄色い灯、の「祈りの端 / 村居正之さん」(カード↓)と、

a0116217_16494686.jpg





















やはり青が基調、テーブルの上に様々なアイテムがリズミカルに並ぶ「花日記Ⅲ(白いアマリリス)/ 山本爽子さん 」(カード↓)、

a0116217_16512086.jpg














母が買ってたのはやはり気に入ってたらしい「祈りの橋」と、川面と木立の緑の穏やかな風景画「蜩 / 犀川愛子さん」(カード↓)。母は正直「チューリヒ・・」より、題材も判り易くこちらの方が見応えあった、とか。

a0116217_16551257.jpg
















その他、特に題名や製作者はチェックしなかったけれど、目に留まってデジカメで撮ったのは以下。

a0116217_17114346.jpga0116217_1712154.jpg















a0116217_17213878.jpg











a0116217_1723395.jpg











a0116217_1724119.jpg











a0116217_18114110.jpga0116217_1812917.jpg














a0116217_17262633.jpg











a0116217_17271554.jpg











a0116217_17275024.jpg
    










a0116217_1758198.jpg











a0116217_17593657.jpg











<色とりどりの山林のイメージのオブジェ↑>

a0116217_18873.jpg











a0116217_18375530.jpga0116217_18153154.jpg














a0116217_1883931.jpg











a0116217_18102778.jpg











a0116217_18134575.jpg











a0116217_18145913.jpg
a0116217_18162534.jpg















そういう所で、絵画は全て大判、それぞれの創り手の世界が延々と続いて、今回初めて引っ掛かった作品撮影でチェック、という趣もあって、なかなかバラエティ+ボリューム的にも満腹感、という今回でした。

関連サイト:改組 新 第一回 日展   サイト
関連記事:美の巨人たち 東山魁夷生誕100年 東山魁夷展美の巨人たち 上村松園桜さくらサクラ・2009上村松園展江戸東京博物館常設展・大浮世絵展

[PR]
トラックバックURL : https://autumnnew.exblog.jp/tb/20372998
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by MIEKOMISSLIM | 2014-11-12 17:01 | 芸術 | Trackback | Comments(0)