人気ブログランキング |

ボストン美術館の至宝展

先日30日(水)、母と東京都美術館でやってるボストン美術館展~京王新宿店での北海道展へ。

a0116217_23262521.jpgそんなに暑くはなかったし、まあ行ける時に、と決行。

古代エジプト美術、中国美術、日本美術、フランス絵画、アメリカ絵画、版画・写真、現代美術など4章に分けて80点の展示。<→チラシ表>

館内は、目玉のゴッホ「ルーラン夫妻」の前などはそこそこ人盛りだったけれど、

a0116217_2353891.jpg全体にそう混みあってなくて、ゆったり見られた感じ。<←チラシ裏>

色々幅広い作品群だけれど、見所はやはり2章「「グランド・ツアー」ーヨーロッパ美術を集めたボストニアンたち」のフランス絵画で、

ミレー、コロー、ブーダンからモネ、シスレー、ルノワール、セザンヌ、ゴッホなど馴染みの画家達の作品がなかなか充実!と感慨。


今回一番インパクトというと、横並びで難しいけれど、1枚挙げるとしたら、シスレーの「卓上のブドウとクルミ」。

白いテーブルクロスの上に、ブドウが載った皿とクルミ、オーソドックスな作品だけれど、シスレーの静物画、というのはどうも覚えなく、何だか白い布地の光沢が新鮮で初々しい、というか。

これは売店にカードはなくて残念。そういえば、やはりこれまで覚えないクールベの静物画、「銅製ボウルのタチアオイ」というのもあったり。

後でカードを買ったのは、第2章のでは、モネの「アンティーブ、午後の効果」(↓カード)、
a0116217_23374925.jpg


「くほ地のヒナゲシ畑、ジヴェルニー近郊」(カード↓)、
a0116217_23403582.jpg


ルノワールの「陶製ポットに生けられた花」(カード↓)、
a0116217_2343015.jpg


ゴッホの「子守唄、ゆりかごを揺らすオーギュスティーヌ・ルーラン夫人」(カード↓)
a0116217_2345223.jpg


3章「アメリカンドリームー自国の美術を収集するボストニアンたち」の、ジョン・シンガー・サージェント「フィスク・ウォレン夫人と娘レイチェル」(↓カード)。
a0116217_23483252.jpg


母が買っていたのは、モネの「ルーアン大聖堂、正面」(カード↓)、
a0116217_23502564.jpg


セザンヌの「卓上の果物と水差し」(カード↓)。
a0116217_23514635.jpg


27年前アメリカ旅の途中、ボストン美術館に行った時モネシリーズ展をやっていて、「ルーアン・・」はその中の一つとして、確かに見たはず。

7年前にも、ボストン美術館展に行っていて、その時の記事をちょっと見たら、今回と重なっているのは、ピサロの「ポントワーズ、道を照らす陽光」、

また「ルーアン・・」も今回のと同じかどうか?どれかは来ていたようで。


フランス絵画以外で目に留まったのは、日本美術で、やはり目玉作品らしい、死期を迎えた仏陀を人々や様々な動物達が取り囲む、不思議空間な英一蝶の「涅槃図」、

アメリア絵画で、↑の「ジョン・シンガー・サージェント「フィスク・ウォレン夫人と娘レイチェル」、オキーフの「グレーの上のカラー・リリー」、

写真でアンセル・アダムスの3枚や、現代美術で、ウォ―ホールの、ケネディ大統領暗殺後喪に服すジャッキー夫人を題材にした「ジャッキー」など。

まあ印象派中心に粒ぞろい、その他も見所あって、充実のイベントでした。

関連サイト:ボストン美術館の至宝展 サイト
関連記事:ラウル・デュフィ展クリーブランド美術館展大エルミタージュ美術館展ポンピドー・センター所蔵作品展オルセー美術館展モディリアーニと妻ジャンヌの物語展大回顧展モネサーカス展フランス印象派・新印象派展フィラデルフィア美術館展ルノワール+ルノワール 2人の天才が愛した女性ルノワール+ルノワール展 美の巨人たち モディリアーニ新日曜美術館 モディリアーニフランス展/福岡・長崎展/パリ・モンパルナスに集う画家たち展没後50年 モーリス・ド・ヴラマンク展モディリアーニ展芸術都市パリの100年展美の巨人たち ラウル・デュフィルノワール~伝統と革新/味百選プレミアム8<紀行>夢の聖地へ モネの庭語りかける風景
マネとモダン・パリ印象派はお好きですか?マン・レイ展 知られざる創作の秘密オルセー美術館展 「ポスト印象派」モネ・ルノワールと印象派・新印象派展ザ・コレクション・ヴィンタトゥール画家と庭師とカンパーニュ(’07)セーヌの流れに沿って 印象派と日本人画家たちの旅没後120年 ゴッホ展 こうして私はゴッホになったモネとジヴェルニーの画家たちワシントン・ナショナル・ギャラリー展エルミタージュ美術館展 世紀の顔 西欧絵画の400年ユーミンのSUPER WOMAN 「長谷川祐子と現代美術をめぐる」<1><2>メトロポリタン美術館展 大地、海、空ー4000年の美への旅奇跡のクラークコレクションールノワールとフランス絵画の傑作ーSONGS 徳永英明印象派を超えて 点描の画家たちモネ、風景を見る目ー19世紀フランス風景画の革新オルセー美術館展 印象派の誕生ー描くことの自由ー魅惑のコスチューム:バレエ・リュス展チューリヒ美術館展新印象派 光と色のドラマと花見 in 上野公園フランスの風景 樹をめぐる物語 ーコローからモネ、ピサロ、マティスまでーポンピドゥーセンター傑作展デトロイト美術館展ランス美術館展

アメリカの旅<4>ボストン美術館展 西洋絵画の巨匠たち


by MIEKOMISSLIM | 2017-09-05 23:55 | 芸術 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://autumnnew.exblog.jp/tb/237716329
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
line

「KYOKO」は’02年に映画掲示板にスレッドを立てた村上龍監督、高岡早紀主演映画で、当ブログはそのスレッド、次のブログに続いての3代目です。マイペースで、長年ファンのユーミン関連初め音楽、美術展、仕事、グルメ(食事)、映画、本、日常、旅のことなどアップしてます。


by MIEKOMISSLIM
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31