瞳を閉じて~ユーミンが贈った旅立ちの歌~、SONGS 松任谷由実 etc ユーミンTV出演

先月後半以降、「ユーミンからの、恋のうた。」プロモーション関連で、いつになくユーミンTV出演目白押し。
a0116217_17585579.jpg
これ程の露出続きはこれまで覚えなく、気をつけていたつもりでも漏れてるものもあるかもしれないけど、<「SOMGS & FRIENDS」公演での配布チラシ→> 

中でも一番インパクト、というのは、先月21日(水)NHKの「あの日あの時あの番組」の、「瞳を閉じて」にまつわるこれまでの番組3つ+現在のインタビュー番組。



'76年4月放送の「新日本紀行『歌が生まれて そして~長崎奈留島~』、

これは子供の頃うっかり見逃す所だった直前、放送を友人が教えてくれていそいそと見て、しみじみ感動、当時田舎の家には録画機器などなく、まさに幻の珠玉番組。

’88年9月放送の「九州特集『瞳を閉じて ユーミンが贈った島のうた』は「瞳を閉じて」歌碑が出来た時初めてユーミンが奈留島訪問、のルポで、

これはその頃丁度私は上京したばかりで落ち着かず、多分チェックする余裕もなかったんだと思うけど、近年You tubeで見かけたのだった。

’15年12月の「SONGS SP『松任谷由実 見えないものを探して』」は、ユーミンが奈留高校創立記念で招かれ再訪問ルポ、

気をつけてはいたのだけれど放送日時勘違い?だったか、チェックし損ね、当時問い合わせても再放送も予定なく、痛恨のミス、と思っていて、まあ多少端折っていたようだけれど、今にして見られて良かった、という番組。


改めてつくづく思ったのは、一女子生徒のからの手紙で、行ったことのない島からの風景、そこから旅立つ若者への思いを、この清冽な珠玉の1曲にしてみせたユーミンの、凄まじい”念写力”、ということ。

本人も、その女子高生だった女性に案内された学校の教室から海を眺めて、感慨深げに「念写ですねぇ」と呟いていて、

この「瞳を閉じて」は「MISSLIM」の、「海を見ていた午後」と並んでの海を歌った永遠のマイベスト曲の1つだけれど、今回、今に続いているその軌跡を辿れて価値あった、という感じ。


次にインパクトは、先日の「SONGS」。縁ある金沢紀行、浅野川付近散策シーンもあって、是非「花紀行」は聞きたかったけれど、



「ジョコビニ彗星の夜」「セシルの週末」も生歌としてレア。

また、ユーミンの恩師金森千榮子さんとの施設での再会で、「ゆっくり、楽しみなさいよ」と声をかけられて、思わず感極まる感だったユーミン、というシーン、その後歌った「Hello,my friends」の、

特に「・・僕が生き急ぐ時には そっとたしなめておくれよ」というフレーズ、

認知症状態でもある金森さんにあえて、ユーミンや制作サイドから、効果を狙ってそういう言葉をかけるよう依頼、ということはまずあり得ないし、とは思ったけれど、

まさにジグゾーパズルのように、絶妙にはまった感、だったり、

金森さんと話すユーミンが、いつかこういう風に話せなくなる時が来る、というのを独特の強い感性で察知して思いをこらえる、という、今まで覚えないナマっぽい姿は、

創る曲での、必ず終わりは来るゆえに、一瞬の風景、感情を印象派のごとく美しくピン留めしようとする一貫した姿勢、感覚のメカの秘密を垣間見たような、というレアさ。


その他「MUSIC FAIR」での、「満月のフォーチューン」や、NOKKOとの「DESTINY」、「雨のステイション」、

「あさイチ」「嵐にしやがれ」での楽しいトーク、夜自転車に乗る時は防犯で、ガニ股で乗る、とか日常エピソードや、

気付かず見逃したけど、たまたまGYAO!で見られた「マツコの知らない世界」での、ユーミン好き大学生との3人でのほんわか不思議バランスのやり取りも面白く、

その素朴な感じの大学生は、ユーミン選手権にも出たコアファンの母の影響でユーミン好き故に、正隆氏が客員教授をやってて、苗場公演中継を学生がする東京工科大学メディア学部に入った!そうで。

a0116217_23114877.jpg
東京工科大って、偏差値的には中堅下っぽく、ちょっとチェックしたら今メディア学部は河合塾ので47.5。

大分前生徒の受験校候補で資料請求して以来、毎年学校案内<←(C)東京工科大学>や入試案内をマメに送ってくれるけれど、ユーミン夫妻とそういう関連っていうのは初耳。。


まあ今回目玉の「ユーミンからの、恋のうた。」については、3つのテーマ、Pure Eyes 純粋さを、捨てない・Urban Cowgirl "私”で、生きていく・Mystic Journey 旅を、やめない には大いに賛同!、

曲もユーミン自選だけあって、渋いラインを突いてて納得、なのだけれど、

これまでのオムニバスアルバム同様、何分オリジナルアルバムは全て手元にCDか録音があるので、どうしても購入食指が動かず、現状はやはりパス。

付属品のユーミン直筆の各曲ライナーノーツ、というのは是非目にしたいのだけれど、「日本の恋・・」も、プロコルハルムとの「青い影」録音のためにレンタルしたように、今回もレンタル品を待ってみるつもり。

ただそのCD購入で、秋からの公演チケット最速申込み用のシリアルコード付き、というのは結構引っかかって、迷いも出たのだけれど、

今年、意を決してせっせと申し込んだ苗場は見事空振り、やはり苗場を狙うならまともに一般申込みでは無理で、FCに再入会か・・というのもあるし、

来年3月の東京公演には、9月頃までにそのシリアルコード、次にFC入会、が現状チケット入手への妥当な手段、のようで、考慮中。

まあそういう所で、とにかく色々と、御年64にして相変わらずますます”攻め”なユーミンに勇気づけられる気もする昨今です。

関連記事:「8月31日~最後の夏休み~」チケット8月31日~最後の夏休み~<1><2>あなたがいたから私がいた ユーミン×帝劇Vol.2松任谷由実EXPOドームライブあの歌がきこえる「魔法の鏡」「海を見ていた午後」「卒業写真」松任谷由実コンサート THE LAST WEDNESDAY天国の本屋~恋火(’04)さよならみどりちゃん(’04)時をかける少女(’97)瞳を閉じてプレミアム10 松任谷・寺岡・ゆず等シャングリラⅢYuming Films(’07)「いちご白書」をもう一度(’75)ユーミンと映画・市川準監督そしてもう一度夢見るだろう/松任谷由実(’09)・No Reason~オトコゴコロ~/高橋真梨子(’09)TRANSIT2009チケットMusic Lovers・SONGS 松任谷由実<1><2>探検ロマン世界遺産 ユーミン×世界遺産TRANSIT2009コンサートShout at YUMING ROCKS('09)VIVA!6×7/松任谷由実(’04)時をかける少女(’10)RAILWAYS 49歳で電車の運転手になった男の話(’10)ミュージックポートレイト~人生が1枚のレコードだったら東日本大地震<2>Music Lovers 松任谷由実松任谷由実のオールナイトニッポンTV4僕らの音楽 松任谷由実・薬師丸ひろ子・おすぎMUSIC FAIR 松任谷由実NHK 東日本大震災チャリティー企画 ユーミン×SONGS 「春よ、来い」プロジェクトSONGS 松任谷由実RoadShow/松任谷由実(’11)手のひらの東京タワー/松任谷由実(’81)押入れの整理<1> <2><3><4>RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ(’11)春よ、来い in 紅白歌合戦SONGS 山本潤子SONGS 松任谷由実~2012スペシャル~鈴子の恋(’12)「春よ、来い」カバー 男性シンガー編「春よ、来い」カバー 女性シンガー編マンタの天ぷら(’97)・僕の散財日記(’05)/松任谷正隆虹色ほたる 永遠の夏休み(’12)才輝礼賛 38のyumiyoriな話 / 松任谷由実(’11)<1><2><3>ユーミンのSUPER WOMAN スペシャルプロローグ~「森本千絵と歩く霊峰」<1><2>ユーミンのSUPER WOMAN 「鶴岡真弓と訪ねる女神」<1><2>ユーミンのSUPER WOMAN 「長谷川祐子と現代美術をめぐる」<1><2>ユーミンのSUPER WOMAN 「軍地彩弓と歩く東京ファッション最前線」ユーミンのSUPER WOMAN 「軍地彩弓と歩く沖縄」<1><2>ユーミンのSUPER WOMAN 「中村うさぎとめぐる東京の夜」<1><2>ユーミンのSUPER WOMAN 「草間彌生の世界を訪ねて」ユーミンのSUPER WOMAN 最終回スペシャル 直感の旅、そして未来へ時をかける少女(’83)<1><2>松任谷由実 デビュー40周年 はてない夢の旅YUMING FOREVER by LESLIE KEE<1><2>ひこうき雲 / 荒井由実(’73)風立ちぬ(’13)<1><2>MASTER TAPE~荒井由実「ひこうき雲」の秘密を探る~<1><2>ひこうき雲/荒井由実(’73) ミュージッククリップ放映Dialogue / 今井美樹(’13)SONGSスペシャル 松任谷由実~生きるよろこび歌にこめて~POP CLASSICO / 松任谷由実(’13)「音楽の達人 Vol.72」~ユーミン特集~僕らの音楽 「僕らのユーミン」ユーミンの罪 / 酒井順子(’13)<1><2>YUMI MATSUTOYA LIVE - GYAO! MUSIC LIVE 北陸新幹線開業記念特別番組「金沢花紀行」by ユーミンユーミン曲 in 北国のストリートライブ八王子 スパとユーミン聖地巡り<1>荒井呉服店西立川 ユーミン聖地巡り<2>西立川駅、「雨のステイション」歌碑と昭和記念公園荒井由実「ひこうき雲」(’16)~”青の時代”名曲ドラマシリーズ~ YUMING×LOFT 缶バッジSONGS 松任谷由実 / MUSIC FAIR 松任谷由実・JUJUYUMINGと伊勢丹新宿店と130の出来事宇宙図書館 / 松任谷由実(’16)なりきりユーミン僕の音楽キャリア全部話します /松任谷正隆(’16)ユーミンとフランスの秘密の関係 / 松任谷由実(’17)読売新聞・報知新聞が報じたユーミンの45年ユーミン×帝劇Vol.3 朝陽の中で微笑んでSONGS&FRIENDS 荒井由実「ひこうき雲」
[PR]

by MIEKOMISSLIM | 2018-04-22 19:08 | 音楽 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://autumnnew.exblog.jp/tb/238476602
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
line

’09年1月末AOL映画掲示板、ブログが終了、気分新たにマイペースで、音楽・芸術鑑賞、ユーミン関連、読書、英検1級対策、グルメ、仕事等含めて書いてます。英検は’11年11月に無事合格達成出来ました!


by MIEKOMISSLIM
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30