羽生結弦展

先日17日(火)、用で新宿まで出たついでに、足を延ばして23日まで日本橋高島屋でやっていた羽生くん展へ。

a0116217_23153594.jpg
先日のユーミン記事展のように、読売新聞主催。ジュニア時代~平昌五輪までの報道写真や記事、

+試合以外でのラフなショット、近年の実際の衣装やスケート靴、GPでのメダルなど200点の展示。今は大阪高島屋でやってるようで。

会場前では、イベント開始時に聞いた混雑ぶり、という程ではなく並んだのは5分位だったか?だけれど、ほぼ女性客の列が出来てて、さすがの賑わい、

入口に、撮影OKの「SEIMEI」ポーズなどの羽生くん大パネル。

a0116217_22344669.jpg

ジュニア時代の、人形服のような可愛いものもあり、やはりまず目についたのは記憶に新しい近年の実物衣装、

「すごい細いわね~」の声がちらほら、で、確かに思ったより、それを身にまとう羽生くんのスレンダーさ、を思わせるサイズ、

それと共に印象的だったのは、各衣装に散りばめられていた数々の小粒な光もの、で、

特にTVごしではただなめらかそうな生地、としか判らなかった「パリの散歩道」の青シャツの意外な煌びやかさ、とか、

やはりフィギュア独特の、ショー的華やか要素、というのも改めて。

写真の中で印象的だったのは、平昌のフリー前の練習中氷上でのショットで、緊張も最高潮の時間のはずだけれど、何かもう、やるべきことはやり尽くしてきた、という思いを醸し出すかのような清々しい表情。

それと、たまたま篠山紀信が機会あって撮った、という、高校時代の制服でスキップしてる素の姿。

あと、使い込んでる感じのスケート靴を初めて間近で目の当たりにして、スケートマンガでアイスダンスの靴の絵を見たことはあったけれど、

実物の、前方の尖った刃の鋭さが、これで人にぶつかったりしたら、それは大事故になりかねない、というのもひししひ。


a0116217_23581597.jpg
出口辺りに、小冊子が積んで あって、羽生くんや水泳の瀬 戸、松田選手の「勝ち飯」な ど、協賛の一つ味の素商品を 使ったメニュー本。<(C)(株)味の素↑>

この中の松田選手の「生姜焼き丼」を、早速その日の晩ご飯で、まあ味の素のじゃない粉末だしで、だけど、試したり。

a0116217_00023587.jpg
その冊子の隣には東京西川の枕を抱えた羽生くんチラシ、

商品いくら買うと、それに応じて羽生くんグッズプレゼント、とか、、まあスターゆえ色々各社アピールにもかり出されて、という感じ。

グッズ売り場も女性客の熱気漂ってて、何か手頃なものがあれば、とは思ってはいたけれど、

羽生くん写真やイラストのキーホルダー、マグネット、アクリルスタンドなどの小物は売り切れの種類が多く、

a0116217_00080284.jpg
各5枚ずつ、5種類のポストカードセットも、一番充実、と思った種類だけは売り切れ。

結局、6種類の¥450のA4クリアファイルの中から一番気に入ったのをゲット。裏には「応援 ありがとうございます!」の羽生くん文字。

このイベントは入場無料、まあもし千円、千5百円とかだったとしても、そこそこリッチな羽生ファン層で賑わったかと思うけど、

写真集とかも結構な売れ行きだったようで、グッズ収益で潤いはあるのだろう、と。

そういう所で、なかなか色々目の保養、ユーミン同様、羽生くんの”攻め”姿勢もじんわり刻んで、というイベントでした。<(C)読売新聞 A4ファイル表↓>

a0116217_21535965.jpg


関連サイト:羽生結弦展 サイト高島屋 羽生結弦展
[PR]

by MIEKOMISSLIM | 2018-04-26 22:50 | スポーツ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://autumnnew.exblog.jp/tb/238484854
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
line

’09年1月末AOL映画掲示板、ブログが終了、気分新たにマイペースで、音楽・芸術鑑賞、ユーミン関連、読書、英検1級対策、グルメ、仕事等含めて書いてます。英検は’11年11月に無事合格達成出来ました!


by MIEKOMISSLIM
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30