人気ブログランキング |

プラスティック・ラブ / 竹内まりや(’84)

先日から折に触れ脳内で自動リフレインする曲、竹内まりやの「プラスティック・ラブ」。

先程、久方に入れた年末年始の採点仕事、ざっと教室掃除も済んで、まあまだやる事はあるけれど、ちょっと一息ついたし、久方の”引っ掛かり曲”だしアップしておくことに。

たまたま作業中radikoで山下達郎「サンデーソングブック」を流してたら、竹内まりやがゲストで夫婦談話、

番組の最後に、リクエストが多くて、と、流れたのが、今まで知らなかったこれ。



イントロを聞いて反射的に、達郎作曲では、と思ったら本人の作詞作曲らしく、

歌詞内容はバブル期ムード漂うような、都会の刹那的な恋の漂流+無機的なデジタルっぽさ、という感じだけれど、

正当AOR、一定に刻まれるリズム&メロディのうねりが妙に癖になる、というか。。


'84年のアルバム「VARIETY」の収録曲らしく、もしかして手元に?とテープを探してみたけれど、「BEGINNING」「UNIVERSITY STREET」「REQUEST」のみ。

この人のマイベスト曲といえば、以前ラジオのユーミン番組で彼女がゲストの時、ユーミンも気に入ってる、と言ってて流してた「OH NO, OH YES!」、




双璧で「さよならの夜明け」。本人のYou tube映像は騒音がひどいけれど、全く初耳、川越美和という人の爽やかバージョンがあったり。





最近では、試写会での「ピース・ニッポン」のテーマ曲が竹内曲、穏やかな抒情曲だったとは思うけれど、特に印象はなし。


でも正直、今にして、こういう「プラスティック・ラブ」のような曲も書ける人だったんだ!というか。

この曲は今でも海外でも人気、You tubeでかなりの再生回数だとか。

アレンジはやはり達郎だけど、達郎カバー版もあり、





名は覚えあるようなないような・・だけど、アイドルっぽい大西結花という人版も。




番組では、今上映中らしい40周年竹内歴代ライブ映像映画「souvenier the movie」の中のバージョンが流れ、最後の英語部分の達郎のハモリもド迫力で、

本人も「完全に食われてる・・」と感心、ファンからもこれが聞きたくて何度か見に行った、という声もあるそうで、

竹内「これだけでも見に来る価値が・・」山下「あの時だけは上手く行った・・」竹内「撮っておいて良かった!」などと、まあ相変わらず仲いい様子。




番組で、他にも2人で歌う曲があったけれど、思えばこの2人の実際のコラボっていうのも初耳のような。

まあ歌唱力っていう点でも、達郎とステージで張れるだけのモノは持っているのだ、と、失礼ながら改めて。

私も、特にという竹内ファンではないけれど、本当にこの曲だけでも価値あるかも?!、と、近場で探ったら、

新宿バルト9で3日までやってるようで、もし元旦のサービスデイ料金で見れるなら考えようか、と思ったけれど、

オンライン申込みで見る限り一律¥2,800。。いつぞや達郎のこういう期間限定映画も、どうしようか迷った末見送ったのだったけど、まあ確かめてみてから再考。

そういう所で、ここへ来て久方のユーミン以外のチェック曲登場、でした。




by MIEKOMISSLIM | 2018-12-31 01:20 | 音楽 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://autumnnew.exblog.jp/tb/238949059
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
line

「KYOKO」は’02年に映画掲示板にスレッドを立てた村上龍監督、高岡早紀主演映画で、当ブログはそのスレッド、次のブログに続いての3代目です。マイペースで、長年ファンのユーミン関連初め音楽、美術展、仕事、グルメ(食事)、映画、本、日常、旅のことなどアップしてます。


by MIEKOMISSLIM
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30