人気ブログランキング |

久方のドルフィン訪問


昨日たまたま、関内駅近くに用があって、かの山手のドルフィン最寄りの根岸駅はそこから3駅先、

この機に久方に!と思って、予約を入れておいて、かれこれ30数年ぶりに3度目の訪問実行。珍しく、遠出の日に天気にも恵まれ、良かった。


時間に余裕もって9時過ぎに出発、新高円寺~新宿三丁目~横浜と副都心線乗り入れの東横線、JR根岸線で横浜~根岸着は10時半位。

タンクが並ぶ上方に湾岸道路、というシュールな長めの根岸駅ホーム。

a0116217_23532362.jpg

前もって検索して印刷、最短と思えるコースに沿って、で、ちょっと違うルートになったけれど、東急ストア脇を通ってる時にやや散り気味の桜。

a0116217_23585117.jpg

中通りという広い道路を渡って、

a0116217_00005102.jpg

多分ここだろう、という、坂への入口らしき細道。

a0116217_00035516.jpg

この奥から、地図ではクネクネとなっていた所は実際は崖に沿っての長~い階段、帰りに一応数えたら、158段?位。。
a0116217_00064079.jpg

登っていくにつれ、眺めも高台からの感じに。

a0116217_00074096.jpg

やっと道に出た所に、根岸駅表示のひなびた看板。

a0116217_00085567.jpg

しばらくその道を行くと、駅からのバスならここが最寄りの不動坂上停留所。
a0116217_00114935.jpg

丁度そのバスも。

a0116217_00164592.jpg

その辺りから振り返ると、確かに♪「坂を上って今日も 一人来てしまった」のイメージの坂道、なのだけれど、

実際は、長い階段と坂を上って・・で、昔ユーミンの原体験の頃は、自分では運転しないし、誰かの車で、というのもこの曲のシチュエーションを思うと考えにくいし、


果たしてこの階段ルートだったのか?バス停からの短い坂道のことか?検索で見かけた別ルートの坂道か?謎。

私の過去2回訪問は、大学4年の時とその5年後位、どうも曖昧だけど、こんな階段はまず上らなかったし、

長々違うルートで坂を上ってきた記憶もないので、多分バスで来たのだったろう、と。

最初の訪問時は夜、次は昼だったけれど友人と一緒、今回一人で来て、晴れてたせいもあると思うけれど、

この坂道の気配に、遠い少女期に、故郷の田舎で、♪「ソーダ水の中を貨物船が通る」”架空ドルフィン”を求めて、岬までの坂道を自転車をおして上ってた夏、の感触が、ごく淡く微かに、だけど蘇ったり。
a0116217_00183524.jpg


そして見えて来た現地看板。開店は11時でまだその15分位前、店の前で待っているカップルがいたので、正面写真は遠慮。

a0116217_00232627.jpg

私の予約時間は11時半だし、店を通り過ぎて、近くの根岸森林公園を覗いたら、まだ結構花びらフサフサな桜。

a0116217_00243050.jpg

地図でも結構広い公園、のどかに芝生が広がるエリア。
a0116217_00280096.jpg

戻ってきて、坂道の向かい側から。

a0116217_00301030.jpg

いよいよ店内へ。でもこの入口の感じも、どうも覚えておらず。。

a0116217_00351767.jpg
a0116217_02551921.jpg

1階は無人、ウエイターさんから2階へどうぞ、と声がかかり、予約席でめでたく窓際。折にカモメも。

a0116217_00393283.jpg

a0116217_00412844.jpg

結局お客さんは、私がいた時間帯で9組、そう混んでた訳じゃないけれど、後で来て中央のテーブルの組もいたし、やはり予約しておいた甲斐はあった!と。


メニューは、サイトで見て以来、ケーキセットか奮発してランチか、迷っていたけれど、

ランチが当初見かけてた値段より高めだったのも決め手で、結局ケーキセット、レアチーズケーキ+アイスコーヒーに。

注文の時、ランチは大丈夫ですか?と確かめられたけど、にこやかに、ハイ、と。。

このケースも想定して、朝、次の用事の前に食べる用に、おにぎり3個持参してたし。

でも、半球状のケーキ、ラズベリーソースとの色彩バランスとかもスマートで、

今写真を見て気付いたけれど、赤い(多分)いちごソースはイルカの形!
a0116217_00422525.jpg

ここへは正直、お腹ではなく気分を満たしに、という目的だったし、これで結構満足。



お決まりのソーダ水は、過去2回の時飲んだし、季節柄もあるし、さすがにもういい、と思ったのだけれど、右隣テーブルのお客さんが注文してたようで、

a0116217_00402560.jpg

私の後に来た左隣席の中年カップルも食事と共にオーダー、すると本当に、BGMが歌ナシスタンダードな洋楽から、「海を見ていた午後」に!なって、

噂には聞いてたけれど、これも前回訪問時、気付かなかっただけかもしれないけどどうも記憶になかったので、ちょっと感慨。

遠くに見える海を眺めつつ、ひと時生粋の「海を・・」モードに浸れたのもラッキーだった。



客層はやはりユーミン世代的中年カップルが多く、次に中~高年数人のグループ。若者にはシックかも。

a0116217_00433178.jpg


a0116217_00521490.jpg

自動演奏のピアノ。
a0116217_00550273.jpg

でも少し前、ユーミン側から来店意向伝えても、混んでて無理と言われた、っていうような盛況ぶり、と聞いた覚えあったけど、

使っているのは2Fのみだし、土曜昼でこの程度の客数って、経営的にはどうなのか?まあ夕方以降の方が賑やかなのかもしれないけれど。


結局滞在時間40分位か、味覚も雰囲気も味わって満足。会計は1Fで。階段。
a0116217_01002943.jpg

脇にあった店カードを3枚ゲット。左が表、右が裏。

a0116217_02181533.jpg

レジをしてくれた男性はビジネスライクっぽく忙しそうで、30年ぶり位で来ました、等と話しかけるムードではなかったけれど、

(入口脇の)あちらのコーナーを拝見してもいいですか?と聞いたら、あ、どうぞ~横から入って下さい、と。このコーナーも、以前にはなかった?と思うけれど、

ゴールドのイルカの脇に、サイトでチラッとみかけてたように、「MISSLIM」LP版ジャケット、'02年時ユーミンサインの皿、

a0116217_01014190.jpg

私も持ってるユーミン本の、「海を見ていた午後」のページ等、

a0116217_01030571.jpg

歴代訪問したのであろう、様々な著名人のサイン皿。たけしのとかも。

a0116217_01074215.jpg

そしてまた、ブラブラ坂~階段~坂を下り駅へ。

a0116217_01100085.jpg


a0116217_01123922.jpg

ちゃんと時間は測ってなかったけれど、一部サイトや店のカードにあるような駅から徒歩7分は、どう急いでもきつそうで、やはり14、5分が妥当じゃないか?と思うのだけれど。

今度はいつ来るか?さよなら根岸駅。
a0116217_01134681.jpg

まあとりあえず、苗場しかり、無事ドルフィン訪問を味わえてよかった。


関連記事:松任谷由実EXPOドームライブあの歌がきこえる「魔法の鏡」「海を見ていた午後」「卒業写真」松任谷由実コンサート THE LAST WEDNESDAY天国の本屋~恋火(’04)さよならみどりちゃん(’04)時をかける少女(’97)瞳を閉じてプレミアム10 松任谷・寺岡・ゆず等シャングリラⅢYuming Films(’07)「いちご白書」をもう一度(’75)ユーミンと映画・市川準監督そしてもう一度夢見るだろう/松任谷由実(’09)・No Reason~オトコゴコロ~/高橋真梨子(’09)TRANSIT2009チケットMusic Lovers・SONGS 松任谷由実<1><2>探検ロマン世界遺産 ユーミン×世界遺産TRANSIT2009コンサートShout at YUMING ROCKS('09)VIVA!6×7/松任谷由実(’04)時をかける少女(’10)RAILWAYS 49歳で電車の運転手になった男の話(’10)ミュージックポートレイト~人生が1枚のレコードだったら東日本大地震チャリティー企画Music Lovers 松任谷由実松任谷由実のオールナイトニッポンTV4僕らの音楽 松任谷由実・薬師丸ひろ子・おすぎMUSIC FAIR 松任谷由実NHK 東日本大震災チャリティー企画 ユーミン×SONGS 「春よ、来い」プロジェクトSONGS 松任谷由実RoadShow/松任谷由実(’11)手のひらの東京タワー/松任谷由実(’81)押入れの整理 <2><3><4>RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ(’11)春よ、来い in 紅白歌合戦SONGS 山本潤子SONGS 松任谷由実~2012スペシャル~鈴子の恋(’12)「春よ、来い」カバー 男性シンガー編「春よ、来い」カバー 女性シンガー編マンタの天ぷら(’97)・僕の散財日記(’05)/松任谷正隆虹色ほたる 永遠の夏休み(’12)才輝礼賛 38のyumiyoriな話 / 松任谷由実(’11)<1><2><3>ユーミンのSUPER WOMAN スペシャルプロローグ~「森本千絵と歩く霊峰」<1><2>ユーミンのSUPER WOMAN 「鶴岡真弓と訪ねる女神」<1><2>ユーミンのSUPER WOMAN 「長谷川祐子と現代美術をめぐる」<1><2>「8月31日~最後の夏休み~」チケットユーミンのSUPER WOMAN 「軍地彩弓と歩く東京ファッション最前線」ユーミンのSUPER WOMAN 「軍地彩弓と歩く沖縄」<1><2>ユーミンのSUPER WOMAN 「中村うさぎとめぐる東京の夜」<1><2>ユーミンのSUPER WOMAN 「草間彌生の世界を訪ねて」ユーミンのSUPER WOMAN 最終回スペシャル 直感の旅、そして未来へ8月31日~最後の夏休み~<1><2>時をかける少女(’83)<1><2>松任谷由実 デビュー40周年 はてない夢の旅YUMING FOREVER by LESLIE KEE<1><2>青い影 PROCOL HARUM feat.YUMING ~ 日本の恋と、ユーミンと。/ 松任谷由実(’12)ひこうき雲 / 荒井由実(’73)風立ちぬ(’13)<1><2>MASTER TAPE~荒井由実「ひこうき雲」の秘密を探る~<1><2>ひこうき雲/荒井由実(’73) ミュージッククリップ放映Dialogue / 今井美樹(’13)SONGSスペシャル 松任谷由実~生きるよろこび歌にこめて~POP CLASSICO / 松任谷由実(’13)「音楽の達人 Vol.72」~ユーミン特集~僕らの音楽 「僕らのユーミン」ユーミンの罪 / 酒井順子(’13)<1><2>あなたがいたから私がいた ユーミン×帝劇Vol.2YUMI MATSUTOYA LIVE - GYAO! MUSIC LIVE 北陸新幹線開業記念特別番組「金沢花紀行」by ユーミンユーミン曲 in 北国のストリートライブ八王子 スパとユーミン聖地巡り<1>荒井呉服店西立川 ユーミン聖地巡り<2>西立川駅、「雨のステイション」歌碑と昭和記念公園荒井由実「ひこうき雲」(’16)~”青の時代”名曲ドラマシリーズ~ YUMING×LOFT 缶バッジSONGS 松任谷由実 / MUSIC FAIR 松任谷由実・JUJUYUMINGと伊勢丹新宿店と130の出来事宇宙図書館 / 松任谷由実(’16)なりきりユーミン僕の音楽キャリア全部話します /松任谷正隆(’16)ユーミンとフランスの秘密の関係 / 松任谷由実(’17)読売新聞・報知新聞が報じたユーミンの45年ユーミン×帝劇Vol.3 朝陽の中で微笑んでSONGS&FRIENDS 荒井由実「ひこうき雲」瞳を閉じて~ユーミンが贈った旅立ちの歌~SONGS 松任谷由実 etc ユーミンTV出演YUMING 45th Anniversary LESLIE KEE Photo ExhibitionTHE YUMING 松任谷由実 1972~2011フォトストーリー / 松任谷由実(’11)ユーミンからの、恋のうた(’18)ユーミンファンクラブ再入会ユーミン「愛」の地理学 / 蔦きうい(’06)北欧から届いたクリスマス With Yumingユーミンファイル、紅白神回YUMING SURF&SNOW in Naeba No.39北海道シチュー featuring 「あなたに会う旅」松任谷由実 TIME MACHINE TOUR in 武道館


by MIEKOMISSLIM | 2019-04-14 02:37 | 音楽・グルメ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://autumnnew.exblog.jp/tb/239216785
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
line

「KYOKO」は’02年に映画掲示板にスレッドを立てた村上龍監督、高岡早紀主演映画で、当ブログはそのスレッド、次のブログに続いての3代目です。マイペースで、長年ファンのユーミン関連初め音楽、美術展、仕事、グルメ(食事)、映画、本、日常、旅のことなどアップしてます。


by MIEKOMISSLIM
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30