人気ブログランキング |

シャルル=フランソワ・ドービニー展

先日10日(金)、母の、病院での耳鼻咽喉科で補聴器関連の相談、検査に行ったついでに、近隣の損保ジャパン日本興亜美術館でやってるドービニー展へ。

この画家は初耳、画風は地味そうだけれど、「モネも愛した”水の画家”国内初の展覧会」の謳い文句にそそられ、折あれば、と思っていたイベント。<↓チラシ>
a0116217_22180734.jpg

5章に分けて、初期から晩年にかけての約60点+親交あったりした関連の画家達、コロー、クールベなどの約20点の展示。

美術館階ロビーの、撮影用スポット。
a0116217_00313526.jpg

入り口前の、ドールビーイラスト看板。この絵柄で、ビル1Fにドールビー紹介映像も。
a0116217_00320617.jpg


a0116217_22525850.jpg
ここでは大抵そうだけれど、観客もまばら、ゆっくりと鑑賞。<チラシ裏より→>

一番インパクトは、カードはなくて残念だけど、第4章「版画の仕事」での、柔らかい色彩の、幼い娘を描いた「オーヴェールの花咲く果樹園のなかにいるセシル・ドービニー」。

後でカードを買ったのは、第1章「バルビゾンの画家達の間で」での「パリ・マリー橋」(↓カード)。
a0116217_22541480.jpg

第3章「印象派の先駆者」での「ブドウの収穫」(↓カード)。
a0116217_22545019.jpg


母が買っていたのは「パリ・マリー橋」とやはり第3章の「ボッタン号」(↓カード)。
a0116217_22533335.jpg

こういう簡素な船をアトリエにして制作、というスタイルが、モネにも影響を与えていた、とか、

印象派初期の頃、世間から受け入れられなかった画家達の才能を取り立てた画家だった、とか、

ゴッホも彼を敬愛、ドービニーが他界した時には悲嘆にくれ、最晩年の作品の中にドービニー邸宅の庭を描いた「ドービニーの庭」があるそうで、

そう表立って著名ではなくても、結構重要人物だったのだった、と。

ちょっと注目だったクールベ作品は序章「同時代の仲間たち」の中の「岸壁、モミの木、小川」1点だけ、それもそう印象に残る、というものではなかったけれど、

まあクールベ、コローなどの仲間、同列位の実績あったのだった渋め画家展、確かめられて良かった、というイベントでした。

関連サイト:損保ジャパン日本興和美術館サイト シャルル=フランソワ・ドービニー展
関連記事:ルーヴル美術館展ーフランス宮廷の美ールーヴル美術館展 美の宮殿の子供たちルーブル美術館展ー17世紀ヨーロッパ絵画ールーヴル美術館展 日常を描くー風俗画にみるヨーロッパ絵画の真髄ラウル・デュフィ展クリーブランド美術館展大エルミタージュ美術館展ポンピドー・センター所蔵作品展オルセー美術館展モディリアーニと妻ジャンヌの物語展大回顧展モネサーカス展フランス印象派・新印象派展フィラデルフィア美術館展ルノワール+ルノワール 2人の天才が愛した女性ルノワール+ルノワール展 美の巨人たち モディリアーニ新日曜美術館 モディリアーニ美の巨人たち シスレーフランス展/福岡・長崎展/パリ・モンパルナスに集う画家たち展没後50年 モーリス・ド・ヴラマンク展モディリアーニ展芸術都市パリの100年展美の巨人たち ラウル・デュフィフェルメールの暗号~光の芸術画家の作品と生涯の謎を解く~フェルメール展ルノワール~伝統と革新/味百選ボストン美術館展 西洋絵画の巨匠たちプレミアム8<紀行>夢の聖地へ モネの庭語りかける風景マネとモダン・パリ印象派はお好きですか?マン・レイ展 知られざる創作の秘密オルセー美術館展 「ポスト印象派」モネ・ルノワールと印象派・新印象派展ザ・コレクション・ヴィンタトゥール画家と庭師とカンパーニュ(’07)セーヌの流れに沿って 印象派と日本人画家たちの旅没後120年 ゴッホ展 こうして私はゴッホになったモネとジヴェルニーの画家たちワシントン・ナショナル・ギャラリー展エルミタージュ美術館展 世紀の顔 西欧絵画の400年ユーミンのSUPER WOMAN 「長谷川祐子と現代美術をめぐる」<1><2>メトロポリタン美術館展 大地、海、空ー4000年の美への旅奇跡のクラークコレクションールノワールとフランス絵画の傑作ーSONGS 徳永英明印象派を超えて 点描の画家たちモネ、風景を見る目ー19世紀フランス風景画の革新オルセー美術館展 印象派の誕生ー描くことの自由ー魅惑のコスチューム:バレエ・リュス展チューリヒ美術館展新印象派 光と色のドラマと花見 in 上野公園フランスの風景 樹をめぐる物語 ーコローからモネ、ピサロ、マティスまでーポンピドゥーセンター傑作展デトロイト美術館展ランス美術館展ボストン美術館の至宝展ユーミンとフランスの秘密の関係 / 松任谷由実(’17)北斎とジャポニズムゴッホ 巡りゆく日本の夢至上の印象派展 ピュールレ・コレクションプーシキン美術館展ルーヴル美術館展 肖像芸術ー人は人をどう表現してきたかカール・ラーション展ウイーン・モダン クリムト、シーレ世紀末への道


by MIEKOMISSLIM | 2019-05-12 23:05 | 芸術 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://autumnnew.exblog.jp/tb/239262003
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
line

「KYOKO」は’02年に映画掲示板にスレッドを立てた村上龍監督、高岡早紀主演映画で、当ブログはそのスレッド、次のブログに続いての3代目です。マイペースで、長年ファンのユーミン関連初め音楽、美術展、仕事、グルメ(食事)、映画、本、日常、旅のことなどアップしてます。


by MIEKOMISSLIM
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30