人気ブログランキング |

ソロモン流 綾戸智恵

一昨夜「ソロモン流」で、綾戸智恵が出ているのを見かけました。これまで名は知っていても、そう馴染みないシンガーだったのですが、先日「60歳のラブレター」に思いがけず出ていたのでした。やはり先週末の公開に合わせて、でもありそうですが、

番組冒頭少し見損ねましたが、撮影時の様子が映り、今回映画初挑戦、以前ドラマでやったらしいシンガー役等音楽絡みでもなく、市井の主婦役で、体当たり的だったと思うのですが、病気で円形脱毛症になるシーンのために、本当に髪を剃っていたり、雨での待ち時間に1人、糖尿の夫のウォーキングリハビリを叱咤激励しながら歩くシーンの自主練習を繰り返していたり、と、根性を見せる場面も。

夫役のイッセー尾形が、(彼女とのシーンは)演技だという事を忘れてしまっていて、こういう夫婦、というつもりでやっていて、それはいい事だったと思う、のような主旨の事を言っていて、この2人は3組の中で、一番自然体カップルと思ったのですが、この人の、いつになく率直に感じられた演技は、相方の彼女から引き出された所も、割とあったのかもしれない、とも改めて思ったりしました。

綾戸智恵本人については、ざっくばらんな関西風キャラクターシンガー、というイメージ位でしたが、ジャズ習得のため高校卒業後渡米、米国人ミュージシャンと結婚、離婚、今ハーフの息子のいるシングルマザーで、自身乳がん克服、という波乱もあり、今脳疾患のお母さんの介護中、というのは今回知りました。

いきつけのレストランで船越英一郎を相手に「テネシーワルツ」替え歌を披露していたり、介護から生まれた、という施設でのライブや老人の体操のため作曲したり、と、体は細身ですが、その歌声のように滲み出る心身一体のパワフルさ感じました。

関連サイト:http://www.tv-tokyo.co.jp/solomon/back/
関連記事:60歳のラブレター(’09)

a0116217_23141262.jpg

                <’90年5月、ニューオリンズにて>

by MIEKOMISSLIM | 2009-05-19 00:00 | 音楽 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://autumnnew.exblog.jp/tb/8294411
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
line

「KYOKO」は’02年に映画掲示板にスレッドを立てた村上龍監督、高岡早紀主演映画で、当ブログはそのスレッド、次のブログに続いての3代目です。マイペースで、長年ファンのユーミン関連初め音楽、美術展、仕事、グルメ(食事)、映画、本、日常、旅のことなどアップしてます。


by MIEKOMISSLIM
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31