人気ブログランキング |

英検2次試験

昨日英検2次試験が終わりました。先週は、オンライン講座で、最後の発音講座7・8回、英検対策を+3回、後は過去問原稿のスピーチ練習を繰り返し、という所で本番を迎えました。

当日服装はブルーのカーディガン+黒スカートとタイツでシック目に。神田外語学院は、受験票だと駅から5分、との事でしたが、実質2分位、すぐ目に付きました。今回周りの受験者は、前2回よりは、中年中心で男性が多かった気が。やはり実際試験室に入ったのは、11時半過ぎ。

待ってる間は、何とも色々な感覚の入り混じりでしたが、私の前の男性の試験中、部屋から「ここに来るのにどの位かかったか?」等と聞こえてきたり。その前の人ので時間を見ていると、やはり試験時間は、正味10分間位。自分の番になって、試験管が、これまでの、外人2人+日本人のアシスタント、だったのが、外人男性1人・日本人男性1人の試験管+アシスタント、で、初めて、英検サイトや全問題集CDにURLがあった、面接例通りでした。

最初の日常会話は、「何時に起きたか?」に始まって、やはりオーソドックスなシンプルな問いに答える感じで進んで、いざスピーチ。目にした5題の中、’06年過去問の原稿作ってた「家族はいまだに重要か?」が、ほぼそのまま来ていて、それか、「犯罪と環境問題のどちらが重要か?」か、一瞬迷いましたが、無難にというか、家族の方に。

スピーチもそのまま、のつもりでしたが、やはり数文抜かしてしまい、やや早く終了、アシスタント側からの、おそらく2分経過の合図音まで、そんなには掛からなかった気はするのですが、短すぎた感で、後で悔やまれました。

応答は、割と聞き取りやすい問いで、他の家族絡みの過去問原稿からの部分を使ったり、やや意味が取りにくく、少し考えてると、言い方を変えてくれて、それなりにキャッチボール的には進んで、最後の日本人管からの、父親が(確か)子供の教育問題にもっと取り組むためには?というのは、やや言い淀んでいるうちに時間切れになり、何とか、前の問いと同じ様な事を言い終えた、という所でしたが、自分では、全体的に応答は、オンライン講座含めて、今までで一番の出来だった気はしました。

でも「Thank you for your interview.」という位の気持の余裕はありましたが、特に友好的に、という訳でもない淡々とした別れ際。でも前回も割と友好的だったからと言って、合格という訳ではなかったし、余り関係ないかもしれませんが、そう破綻もなかった代り、文法ミスや発音、内容等、やはりどの位どう評価されるかこれ、という合格への手応え、というには微妙、やはり客観的には、前回~ボーダー辺りまでは行けたと思うけれど、という感触。

でも、練習してきたトピックが出て、そういう面では報われ、オンライン講座での応答も、やはり、多少なりとも身になってはいたと改めて感じ、していなければやはりこうはいかなかった、とも。前日に、講師の方から、英検受験者皆に、と思いますが、励ましメールが来てました。

それなりに機転もミスも含めやるだけやって、大きな悔恨もない代り、前回の男女平等トピックにしろ、今回にしろ、何かラッキー的な部分も用意されながら、決め手的なレベルまで持っていけなかったもどかしさ、のようなものも、ありますが、もし2月の1次免除ラストチャンスへ、となったら、またオンライン講座でいくかどうか判りませんが、積み重ね的に、自分向きの対策としては間違ってはなかったのでは、と。

帰り際、乗り換えの中野駅で電車を待っている時、会場からずっと、黄色い受験者証を首から提げたままだったのに気付き、急いで取ったりしました。やはりいつもながら、余り余韻に浸っていても、生徒の受験の追い込み期でもあって、10日~2週間後の結果までは、一旦棚上げ、と思ってます。

関連サイト:http://www.eiken.or.jp/
関連記事:英検対策(11/7)

a0116217_20524519.jpg


by MIEKOMISSLIM | 2009-11-16 00:00 | 勉強 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://autumnnew.exblog.jp/tb/9255613
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
line

「KYOKO」は’02年に映画掲示板にスレッドを立てた村上龍監督、高岡早紀主演映画で、当ブログはそのスレッド、次のブログに続いての3代目です。マイペースで、長年ファンのユーミン関連初め音楽、美術展、仕事、グルメ(食事)、映画、本、日常、旅のことなどアップしてます。


by MIEKOMISSLIM
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31