人気ブログランキング |

カテゴリ:音楽・グルメ( 5 )


久方のドルフィン訪問


昨日たまたま、関内駅近くに用があって、かの山手のドルフィン最寄りの根岸駅はそこから3駅先、

この機に久方に!と思って、予約を入れておいて、かれこれ30数年ぶりに3度目の訪問実行。珍しく、遠出の日に天気にも恵まれ、良かった。


時間に余裕もって9時過ぎに出発、新高円寺~新宿三丁目~横浜と副都心線乗り入れの東横線、JR根岸線で横浜~根岸着は10時半位。

タンクが並ぶ上方に湾岸道路、というシュールな長めの根岸駅ホーム。

a0116217_23532362.jpg

前もって検索して印刷、最短と思えるコースに沿って、で、ちょっと違うルートになったけれど、東急ストア脇を通ってる時にやや散り気味の桜。

a0116217_23585117.jpg

中通りという広い道路を渡って、

a0116217_00005102.jpg

多分ここだろう、という、坂への入口らしき細道。

a0116217_00035516.jpg

この奥から、地図ではクネクネとなっていた所は実際は崖に沿っての長~い階段、帰りに一応数えたら、158段?位。。
a0116217_00064079.jpg

登っていくにつれ、眺めも高台からの感じに。

a0116217_00074096.jpg

やっと道に出た所に、根岸駅表示のひなびた看板。

a0116217_00085567.jpg

しばらくその道を行くと、駅からのバスならここが最寄りの不動坂上停留所。
a0116217_00114935.jpg

丁度そのバスも。

a0116217_00164592.jpg

その辺りから振り返ると、確かに♪「坂を上って今日も 一人来てしまった」のイメージの坂道、なのだけれど、

実際は、長い階段と坂を上って・・で、昔ユーミンの原体験の頃は、自分では運転しないし、誰かの車で、というのもこの曲のシチュエーションを思うと考えにくいし、


果たしてこの階段ルートだったのか?バス停からの短い坂道のことか?検索で見かけた別ルートの坂道か?謎。

私の過去2回訪問は、大学4年の時とその5年後位、どうも曖昧だけど、こんな階段はまず上らなかったし、

長々違うルートで坂を上ってきた記憶もないので、多分バスで来たのだったろう、と。

最初の訪問時は夜、次は昼だったけれど友人と一緒、今回一人で来て、晴れてたせいもあると思うけれど、

この坂道の気配に、遠い少女期に、故郷の田舎で、♪「ソーダ水の中を貨物船が通る」”架空ドルフィン”を求めて、岬までの坂道を自転車をおして上ってた夏、の感触が、ごく淡く微かに、だけど蘇ったり。
a0116217_00183524.jpg


そして見えて来た現地看板。開店は11時でまだその15分位前、店の前で待っているカップルがいたので、正面写真は遠慮。

a0116217_00232627.jpg

私の予約時間は11時半だし、店を通り過ぎて、近くの根岸森林公園を覗いたら、まだ結構花びらフサフサな桜。

a0116217_00243050.jpg

地図でも結構広い公園、のどかに芝生が広がるエリア。
a0116217_00280096.jpg

戻ってきて、坂道の向かい側から。

a0116217_00301030.jpg

いよいよ店内へ。でもこの入口の感じも、どうも覚えておらず。。

a0116217_00351767.jpg
a0116217_02551921.jpg

1階は無人、ウエイターさんから2階へどうぞ、と声がかかり、予約席でめでたく窓際。折にカモメも。

a0116217_00393283.jpg

a0116217_00412844.jpg

結局お客さんは、私がいた時間帯で9組、そう混んでた訳じゃないけれど、後で来て中央のテーブルの組もいたし、やはり予約しておいた甲斐はあった!と。


メニューは、サイトで見て以来、ケーキセットか奮発してランチか、迷っていたけれど、

ランチが当初見かけてた値段より高めだったのも決め手で、結局ケーキセット、レアチーズケーキ+アイスコーヒーに。

注文の時、ランチは大丈夫ですか?と確かめられたけど、にこやかに、ハイ、と。。

このケースも想定して、朝、次の用事の前に食べる用に、おにぎり3個持参してたし。

でも、半球状のケーキ、ラズベリーソースとの色彩バランスとかもスマートで、

今写真を見て気付いたけれど、赤い(多分)いちごソースはイルカの形!
a0116217_00422525.jpg

ここへは正直、お腹ではなく気分を満たしに、という目的だったし、これで結構満足。



お決まりのソーダ水は、過去2回の時飲んだし、季節柄もあるし、さすがにもういい、と思ったのだけれど、右隣テーブルのお客さんが注文してたようで、

a0116217_00402560.jpg

私の後に来た左隣席の中年カップルも食事と共にオーダー、すると本当に、BGMが歌ナシスタンダードな洋楽から、「海を見ていた午後」に!なって、

噂には聞いてたけれど、これも前回訪問時、気付かなかっただけかもしれないけどどうも記憶になかったので、ちょっと感慨。

遠くに見える海を眺めつつ、ひと時生粋の「海を・・」モードに浸れたのもラッキーだった。



客層はやはりユーミン世代的中年カップルが多く、次に中~高年数人のグループ。若者にはシックかも。

a0116217_00433178.jpg


a0116217_00521490.jpg

自動演奏のピアノ。
a0116217_00550273.jpg

でも少し前、ユーミン側から来店意向伝えても、混んでて無理と言われた、っていうような盛況ぶり、と聞いた覚えあったけど、

使っているのは2Fのみだし、土曜昼でこの程度の客数って、経営的にはどうなのか?まあ夕方以降の方が賑やかなのかもしれないけれど。


結局滞在時間40分位か、味覚も雰囲気も味わって満足。会計は1Fで。階段。
a0116217_01002943.jpg

脇にあった店カードを3枚ゲット。左が表、右が裏。

a0116217_02181533.jpg

レジをしてくれた男性はビジネスライクっぽく忙しそうで、30年ぶり位で来ました、等と話しかけるムードではなかったけれど、

(入口脇の)あちらのコーナーを拝見してもいいですか?と聞いたら、あ、どうぞ~横から入って下さい、と。このコーナーも、以前にはなかった?と思うけれど、

ゴールドのイルカの脇に、サイトでチラッとみかけてたように、「MISSLIM」LP版ジャケット、'02年時ユーミンサインの皿、

a0116217_01014190.jpg

私も持ってるユーミン本の、「海を見ていた午後」のページ等、

a0116217_01030571.jpg

歴代訪問したのであろう、様々な著名人のサイン皿。たけしのとかも。

a0116217_01074215.jpg

そしてまた、ブラブラ坂~階段~坂を下り駅へ。

a0116217_01100085.jpg


a0116217_01123922.jpg

ちゃんと時間は測ってなかったけれど、一部サイトや店のカードにあるような駅から徒歩7分は、どう急いでもきつそうで、やはり14、5分が妥当じゃないか?と思うのだけれど。

今度はいつ来るか?さよなら根岸駅。
a0116217_01134681.jpg

まあとりあえず、苗場しかり、無事ドルフィン訪問を味わえてよかった。


関連記事:松任谷由実EXPOドームライブあの歌がきこえる「魔法の鏡」「海を見ていた午後」「卒業写真」松任谷由実コンサート THE LAST WEDNESDAY天国の本屋~恋火(’04)さよならみどりちゃん(’04)時をかける少女(’97)瞳を閉じてプレミアム10 松任谷・寺岡・ゆず等シャングリラⅢYuming Films(’07)「いちご白書」をもう一度(’75)ユーミンと映画・市川準監督そしてもう一度夢見るだろう/松任谷由実(’09)・No Reason~オトコゴコロ~/高橋真梨子(’09)TRANSIT2009チケットMusic Lovers・SONGS 松任谷由実<1><2>探検ロマン世界遺産 ユーミン×世界遺産TRANSIT2009コンサートShout at YUMING ROCKS('09)VIVA!6×7/松任谷由実(’04)時をかける少女(’10)RAILWAYS 49歳で電車の運転手になった男の話(’10)ミュージックポートレイト~人生が1枚のレコードだったら東日本大地震チャリティー企画Music Lovers 松任谷由実松任谷由実のオールナイトニッポンTV4僕らの音楽 松任谷由実・薬師丸ひろ子・おすぎMUSIC FAIR 松任谷由実NHK 東日本大震災チャリティー企画 ユーミン×SONGS 「春よ、来い」プロジェクトSONGS 松任谷由実RoadShow/松任谷由実(’11)手のひらの東京タワー/松任谷由実(’81)押入れの整理 <2><3><4>RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ(’11)春よ、来い in 紅白歌合戦SONGS 山本潤子SONGS 松任谷由実~2012スペシャル~鈴子の恋(’12)「春よ、来い」カバー 男性シンガー編「春よ、来い」カバー 女性シンガー編マンタの天ぷら(’97)・僕の散財日記(’05)/松任谷正隆虹色ほたる 永遠の夏休み(’12)才輝礼賛 38のyumiyoriな話 / 松任谷由実(’11)<1><2><3>ユーミンのSUPER WOMAN スペシャルプロローグ~「森本千絵と歩く霊峰」<1><2>ユーミンのSUPER WOMAN 「鶴岡真弓と訪ねる女神」<1><2>ユーミンのSUPER WOMAN 「長谷川祐子と現代美術をめぐる」<1><2>「8月31日~最後の夏休み~」チケットユーミンのSUPER WOMAN 「軍地彩弓と歩く東京ファッション最前線」ユーミンのSUPER WOMAN 「軍地彩弓と歩く沖縄」<1><2>ユーミンのSUPER WOMAN 「中村うさぎとめぐる東京の夜」<1><2>ユーミンのSUPER WOMAN 「草間彌生の世界を訪ねて」ユーミンのSUPER WOMAN 最終回スペシャル 直感の旅、そして未来へ8月31日~最後の夏休み~<1><2>時をかける少女(’83)<1><2>松任谷由実 デビュー40周年 はてない夢の旅YUMING FOREVER by LESLIE KEE<1><2>青い影 PROCOL HARUM feat.YUMING ~ 日本の恋と、ユーミンと。/ 松任谷由実(’12)ひこうき雲 / 荒井由実(’73)風立ちぬ(’13)<1><2>MASTER TAPE~荒井由実「ひこうき雲」の秘密を探る~<1><2>ひこうき雲/荒井由実(’73) ミュージッククリップ放映Dialogue / 今井美樹(’13)SONGSスペシャル 松任谷由実~生きるよろこび歌にこめて~POP CLASSICO / 松任谷由実(’13)「音楽の達人 Vol.72」~ユーミン特集~僕らの音楽 「僕らのユーミン」ユーミンの罪 / 酒井順子(’13)<1><2>あなたがいたから私がいた ユーミン×帝劇Vol.2YUMI MATSUTOYA LIVE - GYAO! MUSIC LIVE 北陸新幹線開業記念特別番組「金沢花紀行」by ユーミンユーミン曲 in 北国のストリートライブ八王子 スパとユーミン聖地巡り<1>荒井呉服店西立川 ユーミン聖地巡り<2>西立川駅、「雨のステイション」歌碑と昭和記念公園荒井由実「ひこうき雲」(’16)~”青の時代”名曲ドラマシリーズ~ YUMING×LOFT 缶バッジSONGS 松任谷由実 / MUSIC FAIR 松任谷由実・JUJUYUMINGと伊勢丹新宿店と130の出来事宇宙図書館 / 松任谷由実(’16)なりきりユーミン僕の音楽キャリア全部話します /松任谷正隆(’16)ユーミンとフランスの秘密の関係 / 松任谷由実(’17)読売新聞・報知新聞が報じたユーミンの45年ユーミン×帝劇Vol.3 朝陽の中で微笑んでSONGS&FRIENDS 荒井由実「ひこうき雲」瞳を閉じて~ユーミンが贈った旅立ちの歌~SONGS 松任谷由実 etc ユーミンTV出演YUMING 45th Anniversary LESLIE KEE Photo ExhibitionTHE YUMING 松任谷由実 1972~2011フォトストーリー / 松任谷由実(’11)ユーミンからの、恋のうた(’18)ユーミンファンクラブ再入会ユーミン「愛」の地理学 / 蔦きうい(’06)北欧から届いたクリスマス With Yumingユーミンファイル、紅白神回YUMING SURF&SNOW in Naeba No.39北海道シチュー featuring 「あなたに会う旅」松任谷由実 TIME MACHINE TOUR in 武道館


by MIEKOMISSLIM | 2019-04-14 02:37 | 音楽・グルメ | Trackback | Comments(0)

ハウス北海道シチュー featuring 「あなたに会う旅」

明日ついに、今年苗場に続くユーミンイベント、武道館公演。

その景気づけに、今日「あなたに会う旅」がCMソングだった、ハウス北海道シチュー賞味。





普段余りシチュールーは使わず、この北海道シチューもいつか使ったことがあったか?覚えないけれど、まあ一度は、と引っかかってはいて、

昼の献立をカレーにしかけたのだけれど、ふと思いついて、この機会に、と。

大量ある白菜を消費したかったので、材料指定にはないけれど多めに入れて、じゃがいも、人参、玉ねぎ、肉をセーブしたけれど、

やはり味的には、ない方が良かったかも。でもまあチーズ風味ほんのり口に広がり、まろやかでコクがあり、満足。
a0116217_23160780.jpg

結局昼、晩御飯共、このシチュー+ご飯、大葉、がり、がりの調味液の生姜の彩りご飯で、ルーの半箱分消化。

まあお手軽な家でのユーミンメニュー味わいで、明日への心構え的活力になりました。

関連サイト:(株)ハウス食品 北海道シチュー
関連記事:松任谷由実EXPOドームライブあの歌がきこえる「魔法の鏡」「海を見ていた午後」「卒業写真」松任谷由実コンサート THE LAST WEDNESDAY天国の本屋~恋火(’04)さよならみどりちゃん(’04)時をかける少女(’97)瞳を閉じてプレミアム10 松任谷・寺岡・ゆず等シャングリラⅢYuming Films(’07)「いちご白書」をもう一度(’75)ユーミンと映画・市川準監督そしてもう一度夢見るだろう/松任谷由実(’09)・No Reason~オトコゴコロ~/高橋真梨子(’09)TRANSIT2009チケットMusic Lovers・SONGS 松任谷由実<1><2>探検ロマン世界遺産 ユーミン×世界遺産TRANSIT2009コンサートShout at YUMING ROCKS('09)VIVA!6×7/松任谷由実(’04)時をかける少女(’10)RAILWAYS 49歳で電車の運転手になった男の話(’10)ミュージックポートレイト~人生が1枚のレコードだったら東日本大地震チャリティー企画Music Lovers 松任谷由実松任谷由実のオールナイトニッポンTV4僕らの音楽 松任谷由実・薬師丸ひろ子・おすぎMUSIC FAIR 松任谷由実NHK 東日本大震災チャリティー企画 ユーミン×SONGS 「春よ、来い」プロジェクトSONGS 松任谷由実RoadShow/松任谷由実(’11)手のひらの東京タワー/松任谷由実(’81)押入れの整理 <2><3><4>RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ(’11)春よ、来い in 紅白歌合戦SONGS 山本潤子SONGS 松任谷由実~2012スペシャル~鈴子の恋(’12)「春よ、来い」カバー 男性シンガー編「春よ、来い」カバー 女性シンガー編マンタの天ぷら(’97)・僕の散財日記(’05)/松任谷正隆虹色ほたる 永遠の夏休み(’12)才輝礼賛 38のyumiyoriな話 / 松任谷由実(’11)<1><2><3>ユーミンのSUPER WOMAN スペシャルプロローグ~「森本千絵と歩く霊峰」<1><2>ユーミンのSUPER WOMAN 「鶴岡真弓と訪ねる女神」<1><2>ユーミンのSUPER WOMAN 「長谷川祐子と現代美術をめぐる」<1><2>「8月31日~最後の夏休み~」チケットユーミンのSUPER WOMAN 「軍地彩弓と歩く東京ファッション最前線」ユーミンのSUPER WOMAN 「軍地彩弓と歩く沖縄」<1><2>ユーミンのSUPER WOMAN 「中村うさぎとめぐる東京の夜」<1><2>ユーミンのSUPER WOMAN 「草間彌生の世界を訪ねて」ユーミンのSUPER WOMAN 最終回スペシャル 直感の旅、そして未来へ8月31日~最後の夏休み~<1><2>時をかける少女(’83)<1><2>松任谷由実 デビュー40周年 はてない夢の旅YUMING FOREVER by LESLIE KEE<1><2>青い影 PROCOL HARUM feat.YUMING ~ 日本の恋と、ユーミンと。/ 松任谷由実(’12)ひこうき雲 / 荒井由実(’73)風立ちぬ(’13)<1><2>MASTER TAPE~荒井由実「ひこうき雲」の秘密を探る~<1><2>ひこうき雲/荒井由実(’73) ミュージッククリップ放映Dialogue / 今井美樹(’13)SONGSスペシャル 松任谷由実~生きるよろこび歌にこめて~POP CLASSICO / 松任谷由実(’13)「音楽の達人 Vol.72」~ユーミン特集~僕らの音楽 「僕らのユーミン」ユーミンの罪 / 酒井順子(’13)<1><2>あなたがいたから私がいた ユーミン×帝劇Vol.2YUMI MATSUTOYA LIVE - GYAO! MUSIC LIVE 北陸新幹線開業記念特別番組「金沢花紀行」by ユーミンユーミン曲 in 北国のストリートライブ八王子 スパとユーミン聖地巡り<1>荒井呉服店西立川 ユーミン聖地巡り<2>西立川駅、「雨のステイション」歌碑と昭和記念公園荒井由実「ひこうき雲」(’16)~”青の時代”名曲ドラマシリーズ~ YUMING×LOFT 缶バッジSONGS 松任谷由実 / MUSIC FAIR 松任谷由実・JUJUYUMINGと伊勢丹新宿店と130の出来事宇宙図書館 / 松任谷由実(’16)なりきりユーミン僕の音楽キャリア全部話します /松任谷正隆(’16)ユーミンとフランスの秘密の関係 / 松任谷由実(’17)読売新聞・報知新聞が報じたユーミンの45年ユーミン×帝劇Vol.3 朝陽の中で微笑んでSONGS&FRIENDS 荒井由実「ひこうき雲」瞳を閉じて~ユーミンが贈った旅立ちの歌~SONGS 松任谷由実 etc ユーミンTV出演YUMING 45th Anniversary LESLIE KEE Photo ExhibitionTHE YUMING 松任谷由実 1972~2011フォトストーリー / 松任谷由実(’11)ユーミンからの、恋のうた(’18)ユーミンファンクラブ再入会ユーミン「愛」の地理学 / 蔦きうい(’06)北欧から届いたクリスマス With Yumingユーミンファイル、紅白神回YUMING SURF&SNOW in Naeba No.39


by MIEKOMISSLIM | 2019-03-11 23:35 | 音楽・グルメ | Trackback | Comments(0)

ユーミン×ファミマ クリスマスケーキ 

先日24日(日)近年恒例の母とのクリスマスデザート、今回はユーミンとファミマのスペシャルコラボケーキ、SURF&CHRISTMAS。

a0116217_17522557.jpg


お値段¥3800、いつものX'masケーキ予算結構超過だけど、これはさすがに見送る訳にはいかないだろう、と先月ファミマに予約、まあ早割的に¥300引き。

南国のクリスマステーマ、とのことで、これも帝劇同様年末の楽しみにしてた一品。

a0116217_18122872.jpg購入特典の、ユーミンとBENIコラボの「(南の)恋人はサンタクロース」ダウンロードや、

苗場ツアーチケット応募や、は携帯ナシなので出来ないけれど、

付録的についていたのは、半券でファミマで交換できたスナック「GOLDENスコーン BBQ」、イエローのおみくじ付きソックス。おみくじは大吉だったかと。。

ボックスも南国の島+サンタのデザイン。

a0116217_1815373.jpg


期待と共に開けてみたら実物は、まあやはりサイズ的には直径12cm、こじんまり感だけど、

ヤシの実飾り、チョコのサーフボード、マンゴー、白い波に見立てた生クリーム、などのトッピング。

a0116217_18165920.jpg


このサイズだとやはりブランチ的には物足りなさそうで、予定のバナナ、りんご、オレンジ、キーウィのフルーツに加えて、

去年同様、明太子パスタ、ポテトサラダ、ゆで卵も作って追加。

a0116217_18212447.jpg


いよいよ実食、で、グリーンのピスタチオクリームの珍しい風味が、爽やかな南国っぽさ?と思えばそういう感じ、

それと層になったキャラメルクリームや、トッピングの波クリームもまろやか。

母もなかなか美味しい、と言ってたけれど、チョコの小屋?家?は硬くて噛めなくて、

私は薄いスノーボードチョコ2枚をすでに食べてしまってて、元々チョコ配分を逆にしたら良かった、というのが小さな後悔。

まあユーミン的イベント&X’masケーキ自体としても(値段に見合う)価値はあったか、という所で満足でした。

関連サイト:FamilyMartサイト 恋するファミマクリスマス
関連記事:クリスマスデザート(’09)クリスマスデザート(’10)クリスマスデザート(’11)クリスマスデザート(’12)クリスマスデザート(’13)クリスマスデザート(’14)、クリスマスデザート(’15)クリスマスデザート 

松任谷由実EXPOドームライブあの歌がきこえる「魔法の鏡」「海を見ていた午後」「卒業写真」松任谷由実コンサート THE LAST WEDNESDAY天国の本屋~恋火(’04)さよならみどりちゃん(’04)時をかける少女(’97)瞳を閉じてプレミアム10 松任谷・寺岡・ゆず等シャングリラⅢYuming Films(’07)「いちご白書」をもう一度(’75)ユーミンと映画・市川準監督そしてもう一度夢見るだろう/松任谷由実(’09)・No Reason~オトコゴコロ~/高橋真梨子(’09)TRANSIT2009チケットMusic Lovers・SONGS 松任谷由実<1><2>探検ロマン世界遺産 ユーミン×世界遺産TRANSIT2009コンサートShout at YUMING ROCKS('09)VIVA!6×7/松任谷由実(’04)時をかける少女(’10)RAILWAYS 49歳で電車の運転手になった男の話(’10)ミュージックポートレイト~人生が1枚のレコードだったら東日本大地震<2>Music Lovers 松任谷由実松任谷由実のオールナイトニッポンTV4僕らの音楽 松任谷由実・薬師丸ひろ子・おすぎMUSIC FAIR 松任谷由実NHK 東日本大震災チャリティー企画 ユーミン×SONGS 「春よ、来い」プロジェクトSONGS 松任谷由実RoadShow/松任谷由実(’11)手のひらの東京タワー/松任谷由実(’81)押入れの整理<1> <2><3><4>RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ(’11)春よ、来い in 紅白歌合戦SONGS 山本潤子SONGS 松任谷由実~2012スペシャル~鈴子の恋(’12)「春よ、来い」カバー 男性シンガー編「春よ、来い」カバー 女性シンガー編マンタの天ぷら(’97)・僕の散財日記(’05)/松任谷正隆虹色ほたる 永遠の夏休み(’12)才輝礼賛 38のyumiyoriな話 / 松任谷由実(’11)<1><2><3>ユーミンのSUPER WOMAN スペシャルプロローグ~「森本千絵と歩く霊峰」<1><2>ユーミンのSUPER WOMAN 「鶴岡真弓と訪ねる女神」<1><2>ユーミンのSUPER WOMAN 「長谷川祐子と現代美術をめぐる」<1><2>ユーミンのSUPER WOMAN 「軍地彩弓と歩く東京ファッション最前線」「8月31日~最後の夏休み~」チケットユーミンのSUPER WOMAN 「軍地彩弓と歩く沖縄」<1><2>ユーミンのSUPER WOMAN 「中村うさぎとめぐる東京の夜」<1><2>ユーミンのSUPER WOMAN 「草間彌生の世界を訪ねて」ユーミンのSUPER WOMAN 最終回スペシャル 直感の旅、そして未来へ8月31日~最後の夏休み~<1><2>時をかける少女(’83)<1><2>松任谷由実 デビュー40周年 はてない夢の旅YUMING FOREVER by LESLIE KEE<1><2>ひこうき雲 / 荒井由実(’73)風立ちぬ(’13)<1><2>MASTER TAPE~荒井由実「ひこうき雲」の秘密を探る~<1><2>ひこうき雲/荒井由実(’73) ミュージッククリップ放映Dialogue / 今井美樹(’13)SONGSスペシャル 松任谷由実~生きるよろこび歌にこめて~POP CLASSICO / 松任谷由実(’13)「音楽の達人 Vol.72」~ユーミン特集~僕らの音楽 「僕らのユーミン」ユーミンの罪 / 酒井順子(’13)<1><2>あなたがいたから私がいた ユーミン×帝劇Vol.2YUMI MATSUTOYA LIVE - GYAO! MUSIC LIVE 北陸新幹線開業記念特別番組「金沢花紀行」by ユーミンユーミン曲 in 北国のストリートライブ八王子 スパとユーミン聖地巡り<1>荒井呉服店西立川 ユーミン聖地巡り<2>西立川駅、「雨のステイション」歌碑と昭和記念公園荒井由実「ひこうき雲」(’16)~”青の時代”名曲ドラマシリーズ~ YUMING×LOFT 缶バッジSONGS 松任谷由実 / MUSIC FAIR 松任谷由実・JUJUYUMINGと伊勢丹新宿店と130の出来事宇宙図書館 / 松任谷由実(’16)なりきりユーミン僕の音楽キャリア全部話します /松任谷正隆(’16)ユーミンとフランスの秘密の関係 / 松任谷由実(’17)読売新聞・報知新聞が報じたユーミンの45年ユーミン×帝劇Vol.3 朝陽の中で微笑んで

<パン・スイーツ部門に応募します>


by MIEKOMISSLIM | 2018-01-01 17:27 | 音楽・グルメ | Trackback | Comments(0)

第19回 フィルモアコンサート

一昨日23日(日)、近くのセシオン杉並で地元のフィルモア合奏団の定期演奏会、母と行ってきました。

母が先々週から、私も先週から共に喉に来る風邪気味、時間的に都合はつきそうだけれどどうしようか、という所だったけれど、2人共治りつつある感じだし、マスクをして結局行くことに。


今回演奏曲は、

<第1部>
★皇帝円舞曲 作品437 J.シュトラウス二世

★パヴァ―ヌ 作品50  G.フォーレ

★組曲「マスクとベルガマスク」  G.フォーレ
   Ⅰ序曲  Ⅱメヌエット Ⅲガヴォット Ⅳパストラール

<第2部>
★交響曲第2番 変ホ長調    C.グノー

アンコール:アヴェ・マリア  J.S.バッハ・C,グノー


20分休憩を挟んで、約2時間。聞き覚えあったのは「皇帝円舞曲」一部と「アヴェ・マリア」で、今回一番インパクトは、2曲目の小品「パヴァーヌ」。

フォーレの名自体馴染みなかったけれど、この短い曲は、哀愁漂う繊細なメロディでなんとも抒情的な趣。

       

それと、アンコールの「アヴェ・マリア」。これは出だしから旋律に覚えはあったけれど、題名はとっさに浮かばず、母は知っててすぐ「アヴェ・マリア」、と呟いて、ああそうか、と。

       

帰りに、いつものようにホールにアンコール曲名と作曲者の張り紙で、「アヴェ・マリア J.S,バッハ・C.グノー」とあって、

母はグノーの、と言う覚えだったらしく、何故バッハとグノーになってるのか?は知らなかったけれど、後で検索してみたら、

>グノーがバッハの前奏曲 第1番 ハ長調」を伴奏に、ラテン語の聖句「アヴェ・マリア」を歌詞に用いて完成させた声楽曲< とあって、ほぼ100年後、バッハの原曲にグノーが手を加えて出来た曲だったのだった、と。

母は、この聞き馴染みあった曲が一番良かったそうで、私も、締めのこの楚々とした曲に一時心洗われる思い。


a0116217_2323040.pngその他、最初の「皇帝円舞曲」は、曲は一部聞き覚え、という程度だったけれど、

まずそのタイトルで、竹宮恵子の「変奏曲」シリーズの中の同名タイトル話が浮かんで、後で、今にして、だけれど、どこかでこの曲が出てきたのだったか?と思って、ざっと読み返したら、

登場してたのは、ウォルフが神童ぶり発揮のデビューコンサートで弾いていた、これではなくベートーベンの「皇帝」。<(C)新書館→>

「・・円舞曲」はどうも見当たらず、ウォルフの生涯を辿る内容のタイトル的に、ただ「皇帝」よりこちらの方が、ということでつけたのかも。

       

       


第2部のグノーの交響曲は、パンフレットの指揮者成田徹氏のコメントではほとんど演奏される機会のない作品だけれど、

明らかにハイドン、モーツアルト、ベートーベンなどの古典派の交響曲を意識して書かれたと思われる秀逸な作品、とあって、

進行役の総合監督杜哲也氏も、掘り出し物の交響曲、基本的な要素が多くあって、フィルモアの課題曲にふさわしい、のような紹介。

メリハリの効いた前半、心地よい調べについ後半うとうとしかけ、「アヴェ・マリア」で目が覚めたという感じ。


前回のこのコンサートの時も書き加えてたように、先日21日妹の命日で、今回はそれぞれ記念の品持参で、この日の帰りに、青梅海道沿いの「華屋与兵衛」で外食、

私はロースかつ膳、母はあっさりしたものがいいとのことで、野菜たっぷり味噌汁+お豆のサラダ+ごはん(お新香付)の単品セットで。

a0116217_0214487.jpga0116217_0221035.jpg







ロースかつタレ用に、すってソースと混ぜるためのごまが付いてて、久方のさっくりした衣のカツ、しじみたっぷりの味噌汁も美味しく、母も豆のサラダ+和風とごまドレッシングが美味しかった、と満足。

いつものように、まあこうして元気で食べられるのも、見守ってくれてるのよね、と。


そういう所で、やや忙しない中で、2人共体調万全ではなかったですけれど、恒例の管弦楽コンサートを味わって+イベントも終えられて良かった、という日でした。

関連サイト:フィルモア合奏団 サイト変奏曲シリーズ 竹宮恵子 Wikipedia
関連記事:杉並弦楽合奏団 第49回定期演奏会オペラガラコンサート~セラータ・ムジカーレ Tokyo Play Opera 第30回定期演奏会 御坊混声合唱団第5回・第7回定期演奏会(’81)(’84)杉並弦楽合奏団  創立25周年記念 第50回定期演奏会杉並弦楽合奏団 第51回定期演奏会日本フィル出張コンサート杉並弦楽合奏団 第52回定期演奏会第18回 フィルモアコンサート杉並弦楽合奏団 第53回定期演奏会杉並弦楽合奏団 第54回定期演奏会色とりどりのコンサート

a0116217_22151783.jpg

          <パンフレット>


by MIEKOMISSLIM | 2014-11-25 23:45 | 音楽・グルメ | Trackback | Comments(0)

杉並弦楽合奏団 第49回定期演奏会

今日、近くの複合施設セシオン杉並のホールで、地元の合奏団の定期演奏会があって、母と行ってきました。セシオン杉並は、大分前に小津作品の上映会があって行った覚え。このホールは初めてでしたが、割とゆったりしたスペース、客席は7~8割方の入り。

近所界隈のこういう音楽イベントは、この春馬橋神社での、3.11チャリティも兼ねてたアルゼンチンタンゴ演奏会以来。クラシックコンサートは、いつ以来だったかにわかに思い出せず。

演奏曲は、

パーセル/シャコンヌ、
ヴィヴァルディ/フルート協奏曲「ごしきひわ」、
パッヘルベル/カノン
ヴィヴァルディ/ピッコロ協奏曲、
ニーノ・ロータ/弦楽のための協奏曲、
エルガー/序奏とアレグロ

アンコール:Rotamania(編曲:横山淳)
(ニーノ・ロータの映画音楽メドレー、ゴッドファーザー、ロミオとジュリエット、8 1/2)

a0116217_23243026.jpg私は知ってた曲は「カノン」、そして「ゴッドファーザー」「ロミオとジュリエット」。やはり一番インパクトだったのは、本当に久し振りの「ロミオと・・」。哀愁のメロディが生の弦楽演奏で流れて、感慨。「トワ・エ・モワ」のライブ盤でも印象的だった、と思い出したり。

母は割とクラシック系は好きでも、今回知ってる曲はなかったようですが、映画は覚えないけれど、曲は聞き馴染みだった「ゴッドファーザー」「ロミオと・・」は良かった、やっぱりたまにこういうのを聞くと、気持が豊かになる気する、などと言ってました。「ゴッド・・」は尾崎紀世彦とか歌ってたよね、と言ったら、ああ、そうだったか、とか。

フルート、ピッコロは、プロのフルート演奏家らしい、赤いドレス姿の高広幸子さんという人。「ごしきひわ」というのは、ヨーロッパ、北アフリカ~中央アジアに分布の、身体が5色の体長12~13cm位の鳥、らしく、フルートの軽快な音色が、小鳥の動きや鳴き声のようなイメージ。

ピッコロは、今まで実際見たことがあったのか?フルートより小型、音色はフルートよりもトーンが高く、空気を突き刺すようで、独奏部も聞き応え。

a0116217_1332320.jpgニーノ・ロ-タは、プログラムノート(←)では、「私達は彼を映画音楽の作曲家としてみてしまいますが、ご本人は『本業はあくまでクラシックの作曲家であり、映画音楽は趣味にすぎない』と言っていたそうです。」とのことで、そもそもクラシック作曲家だったのだった、と今にして。

今年生誕100年、というのもあって、楽団もクラシッ作品にも注目したらしく、その「弦楽のための・・」は、近代の作品だけれど古典的な感じで、フェリーニの映画音楽を聞いているような気分になる、などと楽団のニュースに載ってるのですが、聞いてる間は、こういう生粋のクラシック曲を作曲したのがニーノ・ロータ、とはどうもピンとこず。

そして「威風堂々」で有名なエルガーが、「威風・・」と同時期に作ったらしい「序奏とアレグロ」~アンコール、で締め。「威風・・」は近年どこかで聞いた覚え、と思ったら、昨年「SONGS」で平原綾香がアレンジして歌ってたのでした。

そして帰りに、青海街道沿いの「華屋与兵衛」に寄って、私は「野菜天重」(左↓)、母は「野菜ちゃんぽんうどん」(右↓)、2人共茶碗蒸しで、少し早め夕食に。野菜天ぷらの衣はサクサクしてて、まあ普通に美味しく、母はちょっと噛み切れない具もありましたが、いい音楽を聞いて、これで身体も温まった、と。

a0116217_23294958.jpga0116217_23304965.jpg








久方の色々弦楽器、その優雅な音の重なりの生演奏、そして特に郷愁の「ロミオ・・」旋律に、一時心洗われるような、というイベントでした。

12/13追記:そう言えば「ロミオ・・」は、故郷で、覚えある限り映画館で初めて見た映画。確かマーク・レスター主演の「卒業旅行」と2本立てだった気するのですが、公開年が「ロミオ・・」が'68年、「卒業・・」が’73年だったのようで、ややギャップがあって、

まあ田舎の映画館だし、そういうこともあったかもしれませんが、もしかして別の作品とのペアだったのか、それにしても、やはり他には思いつかず。

また1人で見たのではなかった覚え、友達とだけで、というのも違う気して、親と妹と、だった気もしますが、どうも詳細思い出せず。

母は映画自体は覚えがない、と言ってますが、父と、とも思えず、近所だし、幼少時ではあっても妹と、だったかもしれません。とにかくこのテーマ曲は、そういうDNAインプット曲の1つとも、というのも改めて、という所でした。

関連サイト:杉並弦楽合奏団 サイトセシオン杉並 サイト和食レストラン華屋与兵衛 サイト
関連記事:SONGS 平原綾香春の芸能鑑賞会 アルゼンチンタンゴ

     


by MIEKOMISSLIM | 2011-12-11 23:54 | 音楽・グルメ | Trackback | Comments(0)
line

「KYOKO」は’02年に映画掲示板にスレッドを立てた村上龍監督、高岡早紀主演映画で、当ブログはそのスレッド、次のブログに続いての3代目です。マイペースで、長年ファンのユーミン関連初め音楽、美術展、仕事、グルメ(食事)、映画、本、日常、旅のことなどアップしてます。


by MIEKOMISSLIM
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31