人気ブログランキング |

<   2017年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧


僕の音楽キャリア全部話します /松任谷正隆(’16)  

昨年秋出版の正隆氏本、昨日読了。

春頃に図書館に予約、先日5カ月経って順番が来てようやく手元に。返却期限は来週明けだけれど、今週末~来週は忙しないし、

やはり同時期に予約、あと一人待ち、のユーミンの「ユーミンとフランスの秘密の関係 」も近々に控えているし、

まあこれは、いずれ何らかの形で買って入手はしたい、とは思うけれど、今のうちに読んで記録しておこう、と。


6章に分けての、正隆氏が音楽遍歴をインタビュー形式で語り、サブタイトル「1972 Takuro Yoshida~2016 Yumi Matsutoya」だけど、

ユーミン話以外にも、その、たくろう初め、畑違いっぽいミュージシャンとの深い交流とかも意外だったり、正隆氏のルーツ洋楽、敬愛ミュージシャン名、とか列挙されていて、ある種”テキスト”的でもあって、

何よりも期待以上に色々、今にして、というユーミン(音楽)エピソード満載、馴染みの世界をより詳しく解説されてる感で、いつになくサクサク進み、ボリュームにしてはあっという間に最後まで。


8/17追記:引っかかった箇所に挟んだポストイットは19枚。一番印象的な所、というと、「作品からユーミンに好意を抱く」って見出し文章での、

同時期にユーミンと同じくファーストアルバムに関わった、>吉田美奈子の音楽にも魅力は感じたけれど、自分の役割はそう多くは見いだせなかった、

でもユーミンの音楽には、そこで何かをやれる自由度があった。音楽だけでなく人柄にも、そこで僕が何かをやれる自由な領域を見た。

ーそれはある種のおおらかさのようなものでしょうか。

そうかもしれない、僕から見た彼女は、・・人に任せてしまえる領域がある。それを感じたのかもしれませんね。

だからその後も彼女はずっとショーの演出を僕に任せているのかもしれない。<

の辺り。今にして正隆氏の言葉として、2人の根本的な関係性が、なるほど、という感じ。


あとユーミン関連でインパクトだったのは、「一輪のダリアはディレクターへのディレクションへの意見だった」。

ロマンス話として聞いていた「雨の街を」レコーディングの際の、正隆氏がユーミンの好きなダリアをピアノの上に置いた、というエピソードの裏話。

ヴィブラートをなくして歌うように、というディレクターに対して、正隆氏はヴィブラートがかかったままがいいと思って、

無理にヴィブラートを取ると歌はどんどん無機質になって、「雨の街を」という作品そのものにも深みがなくなっていくようにも思った、

ピッチの正確さは大切だけど、そのシンガーの持つ情緒はを取り省くのはバッドディレクションだと感じた、でも、セッション・ミュージシャンである自分の意見は受け入れられず、

ダリアの花は、正隆氏の、ピッチも大切だけど、エモーションの方を優先すべき、という意志表示だった、というくだり。

まあ勿論ユーミンに対する気持ち、励ましの意もこめて、だとは思うけれど、今にして聞く、マイベストユーミン曲の正隆氏側からのエピソード。



あと「MISSLIM」関連で、「『生まれた街で』でアレンジに開眼」で、この曲のデモテープを初めて聴いた時に、生ぬるい風が吹いているような感じを覚えて、

それをどうやって音で表現しようかと考えて、あのリズムにたどり着いた。・・それまで見たことのない音の風景に出会えた。<のだった、と。「爽やか」でなく「生ぬるい」風か・・。



このアルバムからコーラス・アレンジを山下達郎に任せてシュガーベイブ、矢野顕子のそうそうたるメンバーが集まった、という馴染みのくだりや、

下世話だけれど「MISSLIM」の頃まだ正隆氏の月給は8万円、アレンジ料が1曲1万6千円、確かにブレイク前だったけど、まだ暗黒時代だったと。。


その他、その吉田美奈子、大貫妙子、ユーミンの3人について、>これはあくまで僕の感覚ですけど、3人は、人間的には同じカテゴライズ。でも、音楽は違う。

・・美奈子とター坊は南と北、由実さんとター坊は東と西、というイメージがする<というような、方向イメージ分析。

これは、「荒涼」で大貫妙子をデュエット相手に選んだのは、曲調から寒さを感じた。北のイメージで、そういうイメージの声で、思いついたのが彼女だった、というエピソードからだったけど、ほほう、というか。




>あと、ご自身のことでは、最初の方で、幼少時にピアノレッスンで、先生に言われた通りに決まった演奏をするのが苦手で、

1人になると思う存分、でたらめに好き放題に鍵盤を叩いて、自分の中から生まれてくるルールのない音を楽しんだ、

ミュージシャンになって、さらに自由な演奏を楽しんで、仲間たちはおもしろがってくれて、「お前はスゴイ!」という態度で接してくれて、

そんな体験が高じて、楽曲のアレンジ、プロデュースもてがけるようになた。でたらめピアノのおかげで、20代で音楽と生きる道と出会った。<

というくだりは、反射的に「コバルトアワー」や石川セリの「朝焼けが消える前に」の間奏やイントロが浮かんだけど、まあやはり一言で言って、才能って、そういうこと、というか。


あと挙げていた数々の外人ミュージシャンの内、「一緒にやりたかった三人。掛け替えのない三人」の見出し文章にあった、

故人である「一緒にやりたかった三人」の中の、ハーモニカ奏者ツース・シールマンス。

大卒後私の最初の職場だった大阪有線放送社で、同僚の音楽好きのモニター(レコードをかける係)の女性が勧めてくれたアルバム「QUIET EVENING」の録音が手元に。

その中のマイベストは、かつて正隆氏も好きな曲として挙げていた「いそしぎ」。久方にちょっとYou tubeで聞いても、染み入るような音色。



それと「影響を受けた5本の映画」で、心の中でいつも大切にしている映画、として挙げていたのが「男と女」「未知との遭遇」「グッバイガール」「マディソン郡の橋」「アイガー北壁」、

「グッバイガール」「アイガー北壁」は未見だけど、他の3本は、納得というか、そうなのか・・と感慨、というか。


その他色々、シャングリラ話、周辺のミュージシャン話etc挙げればキリがないけれど、特に頭に残る、というとそういう所。

正隆氏自身の音楽キャリアで今にしてそうだったのか、ということもあったし、いわゆるユーミン本としても、さすがに分身的な正隆氏目線での、期待以上の濃密な1冊でした。

a0116217_1264011.jpg

<(C)(株)新潮社>

関連サイト:Amazon 「僕の音楽キャリア全部話します」
関連記事:マンタの天ぷら(’97)・僕の散財日記(’05)/松任谷正隆ミュージックポートレイト~人生が1枚のレコードだったら

松任谷由実EXPOドームライブあの歌がきこえる「魔法の鏡」「海を見ていた午後」「卒業写真」松任谷由実コンサート THE LAST WEDNESDAY天国の本屋~恋火(’04)さよならみどりちゃん(’04)時をかける少女(’97)瞳を閉じてプレミアム10 松任谷・寺岡・ゆず等シャングリラⅢYuming Films(’07)「いちご白書」をもう一度(’75)ユーミンと映画・市川準監督そしてもう一度夢見るだろう/松任谷由実(’09)・No Reason~オトコゴコロ~/高橋真梨子(’09)TRANSIT2009チケットMusic Lovers・SONGS 松任谷由実<1><2>探検ロマン世界遺産 ユーミン×世界遺産TRANSIT2009コンサートShout at YUMING ROCKS('09)VIVA!6×7/松任谷由実(’04)時をかける少女(’10)RAILWAYS 49歳で電車の運転手になった男の話(’10)東日本大地震<2>Music Lovers 松任谷由実松任谷由実のオールナイトニッポンTV4僕らの音楽 松任谷由実・薬師丸ひろ子・おすぎMUSIC FAIR 松任谷由実NHK 東日本大震災チャリティー企画 ユーミン×SONGS 「春よ、来い」プロジェクトSONGS 松任谷由実RoadShow/松任谷由実(’11)手のひらの東京タワー/松任谷由実(’81)押入れの整理<1> <2><3><4>RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ(’11)春よ、来い in 紅白歌合戦SONGS 山本潤子SONGS 松任谷由実~2012スペシャル~鈴子の恋(’12)「春よ、来い」カバー 男性シンガー編「春よ、来い」カバー 女性シンガー編虹色ほたる 永遠の夏休み(’12)才輝礼賛 38のyumiyoriな話 / 松任谷由実(’11)<1><2><3>ユーミンのSUPER WOMAN スペシャルプロローグ~「森本千絵と歩く霊峰」<1><2>ユーミンのSUPER WOMAN 「鶴岡真弓と訪ねる女神」<1><2>ユーミンのSUPER WOMAN 「長谷川祐子と現代美術をめぐる」<1><2>「8月31日~最後の夏休み~」チケットユーミンのSUPER WOMAN 「軍地彩弓と歩く東京ファッション最前線」ユーミンのSUPER WOMAN 「軍地彩弓と歩く沖縄」<1><2>ユーミンのSUPER WOMAN 「中村うさぎとめぐる東京の夜」<1><2>ユーミンのSUPER WOMAN 「草間彌生の世界を訪ねて」ユーミンのSUPER WOMAN 最終回スペシャル 直感の旅、そして未来へ8月31日~最後の夏休み~<1><2>時をかける少女(’83)<1><2>松任谷由実 デビュー40周年 はてない夢の旅YUMING FOREVER by LESLIE KEE<1><2>ひこうき雲 / 荒井由実(’73)風立ちぬ(’13)<1><2>MASTER TAPE~荒井由実「ひこうき雲」の秘密を探る~<1><2>ひこうき雲/荒井由実(’73) ミュージッククリップ放映Dialogue / 今井美樹(’13)SONGSスペシャル 松任谷由実~生きるよろこび歌にこめて~POP CLASSICO / 松任谷由実(’13)「音楽の達人 Vol.72」~ユーミン特集~僕らの音楽 「僕らのユーミン」ユーミンの罪 / 酒井順子(’13)<1><2>あなたがいたから私がいた ユーミン×帝劇Vol.2YUMI MATSUTOYA LIVE - GYAO! MUSIC LIVE 北陸新幹線開業記念特別番組「金沢花紀行」by ユーミンユーミン曲 in 北国のストリートライブ八王子 スパとユーミン聖地巡り<1>荒井呉服店西立川 ユーミン聖地巡り<2>西立川駅、「雨のステイション」歌碑と昭和記念公園荒井由実「ひこうき雲」(’16)~”青の時代”名曲ドラマシリーズ~ YUMING×LOFT 缶バッジSONGS 松任谷由実 / MUSIC FAIR 松任谷由実・JUJUYUMINGと伊勢丹新宿店と130の出来事宇宙図書館 / 松任谷由実(’16)なりきりユーミン

A LONG VACATION From Ladies(’09)SONGS 大貫妙子大貫妙子めがね(’07)SONGS 福山雅治/矢野顕子A LONG VACATION From Ladies(’09)風博士/西岡たかし(’76)・Skylightにポプラの枯葉/伊藤銀次(’83)SONGS / SUGAR BABE(’75)期末テスト対策終了大貫妙子トリビュート・アルバム Tribute to Taeko Onuki(’13)<1><2>私の暮らしかた / 大貫妙子(’13)名曲のかたわらに サハシあり~ギタリスト佐橋佳幸・30周年記念公演~ 恋するドライブ ゲスト大貫妙子「音楽の達人 Vol.77 」~岩田由記夫、鈴木結女が選ぶ ディーヴァ・歌の女神~

レインボー・シー・ライン/吉田美奈子(’75)追悼・佐藤博~レインボー・シー・ライン/吉田美奈子(’75)

天使('06)恋愛寫眞(’03)サマーウォーズ(’09)クリスマスの約束(’09)SONGS / SUGAR BABE(’75)押入れの整理<2>追悼・佐藤博~山下達郎曲


by MIEKOMISSLIM | 2017-08-17 01:51 | 本・音楽 | Trackback | Comments(0)

ゆずり葉 ー君もまた次の君へー(’09)

昨日15日(火)、近くの成田図書館で映画会、「ゆずり葉」という未見のもので、都合も合ったので久方に図書館で鑑賞。

全日本ろうあ連盟の結成60周年を記念作、とのことで、初耳の作品。主な登場人物はろうあ者達、なのだけど、特にそう障害者もの、という後味は薄く、しみじみとした家族・青春もの、という感じ。

意外と、というか結構じんわり来るものがあるかも、と思ったら、Wikipediaによると公開時、その週の「ぴあ」満足度ランキング1位だったそうで。



主人公の大工木村(庄崎隆志)の亡き妻早苗役で、今や国会議員、先日不倫沙汰騒ぎがあったばかりの今井絵理子が出てて、

女優業もやってたのだ、と初めて知ったけど、一瞬、何だか地味な映画に出たものだ、と思ったけれど、

そういえば、政界進出のルーツとなったのは、お子さんが何かの障害を持ってて、というのを思い出して、そういう背景もあってか、と納得。後で確かめたら、お子さんの障害はやはり聴覚障害だったのだったと。



その他健聴者達、木村の働く工務店の先代店主役の大和田伸也、多分早苗の母役だった山口果林、ちょっとどこで出ていたか?友情出演だったらしい西村知美、のクレジットとかもあったけれど、

主な出演者、役者を目指す吾郎(福嶋一生)、その恋人さやか(津田絵里奈)、その妹で薬剤師を目指す尚美(貴田みどり)など皆ろうあ者で、演じる俳優陣もそのようで、

後で知ってちょっと驚いたのは、さすがに監督は健聴者だろうと思っていたら、その早瀬憲太郎監督自身もろうあ者で、普段ろうあ者向けの塾をやってるそうで。





大分前に見たやはりろうあ者出演の「アイ・ラヴ・ユー」「アイ・ラブ・ピース」「アイ・ラブ・フレンズ」等シリーズの、

「アイ・ラブ・ユー」の監督のお一人はろうあ者だったけれど、健聴者の監督と2人で共同、だったし、こういう風にろうあ者でありながら単独での監督、というのは初耳。

劇中の木村のように、この監督も映画は好きだけれど字幕のある洋画でないと見られず、だったそうで、

でもこうして一般公開作品を撮るまでに、というのはやはり情熱、努力、才覚あったのだろうと。


印象的だったのは、木村が帰宅して、出血して倒れている身重の早苗を目前にして、しゃべれないがゆえに病院に電話もかけられず、雪の中彼女を運んでいくしかない、身を切るようなもどかしさ。

ほのぼのシーンとしては、海の見える丘公園で、男子高校生が手話で、さやかの手話アクション手助けを受けながら、女子生徒に告白、のシーン。

You tube映像でも、聞こえない、という個性を生かすことでこれまでの映画では表現できない面白さが加わった、というくだりがあったけれど、

そういう手話というツールならではのストレートで爽やかなな温かみ、というか。


健聴者の早苗が木村に魅かれていく、というくだりは、まあ手話には縁がない自分としては、想像でしかないけれど、

この作品の後味的なものもあるのだろうけど、もどかしいことは山盛り、にしても、何だかもしかして普通にしゃべれるより、

”手話”という手段を通じて、の方が、余分な駆け引き、摩擦、すれ違いが少なく良くも悪くもストレート、ピュアに気持ちが通じ合って、相手によってはハマる、ということがあるのかも、とか。

あとやはり、まあお話的には出来すぎ、ではあるけれど、病魔が迫る木村の、ずっとぬぐえなかった亡き早苗に対する自責の念が、

思いがけない形で、自分の血筋を引く命を宿すさやかの身をアクシデントから救った、という形で緩和出来た、というカタルシス。


作品の根底的には、薬剤師の資格に合格しながら、厚生省に取り消された尚美、のエピソードにもあったように、ろうあ者への差別を失くす、という意義があるのだろうけれど、

むしろそういう所よりも、余りそういう障害ゆえのマイナス部分を乗り越えて、というより、普通に日常を頑張ったり落ち込んだりしつつ過ごす人々の人生ドラマ、という感じ。


俳優陣的には、今井絵理子もこの作品のスパイスの1つ、かもしれないけれど、やはり過去に傷を持つ主人公木村役の庄崎隆志の深みある物腰、

一見今時のイケメン風の吾郎役の福嶋一生の、等身大のろうあ青年の、恋人さやかや木村とのやり取りでの揺れ動く心情、とか、

演技力というのは?何とも言えないけれど、この作品の表立っての”柱”だったような。


a0116217_239354.jpg上映前、図書館スタッフが携帯は切っておくように、と言ってたと思うけれど、上映中はそのスタッフは部屋にいず、

途中、観客の男性の携帯が鳴って、仕事のことか何かしばらくそう声をひそめるでもなく話してて、マナー的には困ったもんで、だけど、

丁度木村が自分の過去の出来事について、多分早苗の事以外で何か仲間に告白してた、というシーンで、

ずっと字幕は出たいたのだけれど、何だか気が散って、見落としたまま不明だったのだけが、ちょっと鑑賞中も気にはかかってて、

この作品はノベライズもされているようで、図書館に在庫あるようなので、そのシーンがあるか?だけど、一応予約して、読んでみることに。<↑(C)汐文社>


そういう所で、まあたまたま今話題の今井絵理子の出演映画?という、ちょっとした興味以外、正直そう期待を持って、という訳ではなかった鑑賞だけれど、意外と良かった、

人それぞれの幸せ、人生のケジメのつけ方、みたいなことも思わせられた作品でした。

関連サイト:ゆずり葉ー君もまた次の君へー サイト成田図書館 イベントページ
関連記事:埋もれ木(’05)理由(’04)それでもボクはやってない(’07)


by MIEKOMISSLIM | 2017-08-16 02:55 | 邦画 | Trackback | Comments(0)

うまいものめぐり展

先週9日(水)、母と小田急新宿店でその日までだった「うまいものめぐり」物産展に。

前の記事(プリンター・電子辞書買い替え)のように、私は先に、故障した電子辞書を都営新宿線菊川駅最寄りのSHARPのセンターに修理に持ち込んできて、

新宿に戻る予定だった途中、家にうっかり商品券を忘れてきたことに気付き、ずっと物産展は商品券使用だったけれど、今回はクレジットか現金でも仕方ないか、とも思いつつ、

直で取りに帰って新宿に戻ってもそう時間はかからないし、と、先に会場に行ってる母に連絡して、家に舞い戻り、家を出たのはいいけれど、

天気具合が怪しくなって傘を持って出てて、それに気を取られて商品券を置いてきてしまい、駅への道半ばまできてまたUターン、結局3時過ぎに、ようやく母と会場で合流。


当初イートインの中で、浅草花月堂の「アイスメロンパン」に心魅かれていたのだけれど、予定より時間も押して、2人の空腹具合もあって、山形の「新旬堂」の麺類にすることにして、

2人共「金のつけ鶏中華」、商品券の加減もあって、トッピングに宮城県産ののり5枚を追加。

a0116217_2226343.jpg


まず目についたのが巨大なのり。冷麺タイプを予想してたら、スープは温かいものだったけれど、多分鶏だしの風味がなかなか美味。

麺もコシがあって、鶏もも肉、キンカンというらしい黄色い卵巣、ねぎ、赤巻きなどと共に味わい。母も美味しかった、と。

デザートは、岡山のみさお牧場ジェラテリアMISAOのジェラートのトリプルにして、いちごミルク、抹茶、クッキークリームに。

a0116217_2235045.jpg


a0116217_2237254.jpg母はそんなに沢山はいらない、とのことで、

この3味を少しずつ味見したり、大阪の551HORAIのアイスキャンデーのフルーツ味に。

これが、120円と物産展でにしたら安いのだけれど、意外と美味しい、とほめてて、味見したら、確かにあっさり食感で、なかなかいける感じ。


この日結構暑くて、私は炎天下SHARPのセンターまでや家まで1.5往復位歩いてたこともあって、

ジェラートは美味しかったけれど、何だかもうも口の渇きが収まらず、母と同じフルーツ味アイスキャンデーもさらに1本食べて、ようやく満足。

帰りに、買い替えになった場合の電子手帳も品定めしておきたくてビックカメラ西口店に寄った帰り、

ハルクの中の輸入食品店の入口で、女性が紙コップでアイスコーヒーを客に配る無料サービスをしてて、私も母もそれをもらって飲んで、コクあるコーヒーでここでも喉が潤ったり、

ちょっとアクシデントもあって忙しなかったけれど、夏の風味も味わえた、というイベントでした。

関連サイト:ウォーカープラス 小田急新宿うまいものめぐり新旬屋 サイトみさお牧場ジェラテリアMISAO サイト
関連記事:関連記事:フランス展/福岡・長崎展/パリ・モンパルナスに集う画家たち展桜さくらサクラ2009ルーヴル美術館展 美の宮殿の子供たち/北陸三県の物産展夏の大九州展秋の大北海道展秋の北海道展/イタリア展東西有名寿司と全国うまいもの大会/おめざファア九州・沖縄の物産展大北海道展奈良の柿秋田県とみちのく物産展(’10)冬の北海道物産展福井の羽二重餅とおかき/過去問大北海道展四国・山陽の観光と物産展にっぽん味めぐり/ぐるり全国味と技ルノワール~伝統と革新/味百選春の大北海道展/井の頭公園の桜福岡・長崎の物産展沖縄展築地の粋な味めぐり展大阪ええもん・うまいもん市大沖縄展九州・沖縄の物産展夏の大九州展秋の大北海道展大北海道展/秋の北海道物産展東西有名寿司と全国うまいもの大会秋田県とみちのく物産展(’11)福井県 若狭と越前の物産と観光展春の大北海道展四国・山陽の観光と物産展秋田県とみちのく物産展とスパ浅草ROXまつり湯九州・沖縄の物産展大北海道展春の大北海道展初夏の大北海道展長崎の物産展東西有名寿司と全国うまいもの大会&北海道大収穫祭冬の北海道物産展大九州展&全国うまいものめぐり長崎物産展 五島ばらもん揚げ初夏の大北海道展めんそ~れ~沖縄展秋の大北海道展北海道展福岡物産展イバラードの旅 第20回記念 井上直久展 / 食の大北海道展 北海道物産展ハワイアンフェスティバル鹿児島物産展 / 母のデジカメデビューピーターラビットの世界展

by MIEKOMISSLIM | 2017-08-13 23:03 | グルメ | Trackback | Comments(0)

プリンター・電子辞書買い替え

先月初旬、5年目のプリンター、また先週、8年目の電子辞書が突如不具合になり、どちらもやむなく買い替え。


プリンターは、PC買い替えの際付属品としてついてきたHPのPhotosmart。レッドのインクカートリッジを認識しなくなり、使っていた互換性のの新品を買って付け直してみても同じ。

メーカーに聞いたら原因は特定出来ず、純正のインクにして直る場合はあるけれど何とも言えない、とのことで、仕事でないと困るし、インクを買って試してみるかいっそ買い替えか迷いつつ、とりあえずビックカメラへ。

店の人に話した所、おそらく寿命的な不具合で純正インクにしても同じ可能性が高い、とのことで、エコノミーなタイプの中からお勧めの2商品のうち、EPSONのColorioに。

a0116217_2014328.jpg


使い勝手は、原稿からのコピーでは拡大コピーが出来ず、一旦スキャンしてPCに画像を取り入れて、それを用紙に合わせて、というのが手間だけど、

以前しばらく使っていたスキャナーのように、スキャン機能がある、というのはいい点。

保証期間中は純正インクでないといざという時修理をしてもらえないんで、とのことで、インク代はかさむけれど。

ここ数年ずっと互換性のカートリッジに100円ショップのCanonインク補充、でコストを抑えてきてて、特に問題なかったのだけれどそれが寿命を縮めたのか?

今回もEPSONのにしたのは、その100円ショップインクが浮かんだからで、それはやはりずっと純正にこしたことはないけれど、まあ1年間はとりあえず純正で・・とは思うけれど、そこら辺情報があれば知りたい所。



電子辞書は、8年目のSHARPのPapyrusの、突如電源が入らなくなり、リセットボタンを押しても変わらず。。

a0116217_21164749.jpg


やむなく授業では、戸棚の紙の年季入りの辞書を随分久方に取り出して、だったけれど、これもないと困るし、

SHARPに問い合わせたら、墨田区のセンターに持ち込み修理は出来るけれど、もう製造中止の型で、直せるかどうか不明、だと。

そのセンターに問い合わせたら、状態次第で直る可能性はなくはない、とのことで。

そのセンターは都営新宿線の菊川という駅から徒歩5分らしく、たまたま次の日9日、母と新宿の物産展へ行く予定だったし、

新宿からそう時間がかかる訳でもなさそうだし、とりあえず長年働いてくれていた辞書への恩義、愛着もあって、見積もりはしてもらうことに。

でも11日~16日が盆休みらしく、その期間またいで見積もり結果を待つのも、修理可能として大分先までかかるのも困るし、

なるべく早く持ち込もうと、母には会場で待っててもらって、先にそのセンターへ。暑い日の炎天下、地図は印刷して持って行ったけど、角の曲がり方など果たしてあってるのか?と怪しんでいたら、無事発見。

受付の女性になるべく明日中に見積もりをお願いしたい、と伝えておいて、翌日連絡が来て、直ることは直るけれど、1万6千円弱かかる、

今後不具合があっても、部品在庫があるかは不明、とのことで、まあ、元々2万5千円位だったもので、買い替えと天秤にかけて、6千円であれば頼んだかとは思うけど、見積代千円はかかったけれど、修理は諦めることに。

で、サイトで新品を吟味して、今までのに匹敵のレベルであれば社会人・大学生用の同額程度の物がいいのだろうけど、実質英語以外ではほとんど使わないし、

なるべくエコノミーで、音声も付いててそこそこの英語機能はあるもの、という感じで、目に留まったのがSHARPのBrainというシリーズの、コンパクトタイプのもの。

最初問合せた時SHARPの人に聞いたら、まあコンテンツは前のより大分少ないけれど、英語のカバー量だけならそう変わらない、ということだったし、

Amazonで中古の安価なものも見かけて考えはしたけれど、寿命的には心配だし、今月誕生日キャンペーンでポイントが少し多めにつくし、ビックカメラサイトで購入することに。

ボディの色がブラックのにしかけていたけれど、間際に確かめたらレッドもあって、こちらに。

a0116217_20424370.jpg


昨日届き、まあ前のと比べて、思ったよりもコンパクトサイズ、画面が明るくはならなかったり、例文がボタン表示出の別画面でなく、語句の意味と共に出るのでややゴチャゴチャした感はあったり、だけど、

熟語とか、肝心の語彙カバー的にはそう変わりはなさそうな気がするし、音声機能も問題なさそうだし、レッドにして、少し洒落た小物感覚、もあって、まあ今の所は満足。


結局5年と8年、プリンターも電子辞書も、寿命的には長持ちした方なのか、妥当だったのか、短命だったのか?だけど、

こういう必需品に、特に新種機能とかこだわりは全くないし、無駄な出費は嫌だしなるべく長持ちしてもらいたいとは思うけど、

やはり日々普通に使ってて不意の不具合は厄介だけど、淡々と最善と思える対処するより仕方ないと改めて、という所でした。

関連サイト:EPSON Colorioサイトビックカメラ Brain サイト
関連記事:冷蔵庫(’09)消火器ファックス英検申込み・対策サーキュレーター非常持出品リュック冷蔵庫(’12)11年目のPC買い替えビデオデッキ危機一髪・クリーニングテープ扇風機SDカード事件<1><2>Windows10デビューエアコン交換掃除機CDラジカセフルーツメモ帳 レモンメガネ新調


by MIEKOMISSLIM | 2017-08-13 21:07 | 日常 | Trackback | Comments(0)
line

「KYOKO」は’02年に映画掲示板にスレッドを立てた村上龍監督、高岡早紀主演映画で、当ブログはそのスレッド、次のブログに続いての3代目です。マイペースで、長年ファンのユーミン関連初め音楽、美術展、仕事、グルメ(食事)、映画、本、日常、旅のことなどアップしてます。


by MIEKOMISSLIM
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31