人気ブログランキング |

<   2017年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧


読売新聞・報知新聞が報じたユーミンの45年

先日13日(月)、大手町の読売本社ビルで11/10~12/20開催中の、過去45年間の報知・読売新聞のユーミン記事のパネル展示企画展へ。

a0116217_1521174.jpg企画そのものも面白そうだけど、一番気になったのは会場限定販売らしい冊子、で、

全展示記事+展示されない記事、歴代全アルバムジャケットも載っているしい、ということにそそられ、

何ならゲットしておきたかった、ということ。<↑冊子表紙(C)読売新聞東京本社>

だからそれが売り切れにならない内に、なるべく早く出向いて、と思ったけれど、初日10日(金)、11日(土)は行けず、12日は予定が空いたのだけれど、生憎日曜は休みのようで、13日朝一で。


地下鉄大手町駅からほぼ直通、読売ビルのエスカレーターを上がった2Fのフロアが会場。並べられた各パネルに見入る、中~高年層のお客さん。女性の方が多かった気が。

まず売店で冊子をチェック、大きさはB4サイズだけれど、何だかコンサートのパンフレット的、イメージ。期待していたボリュームよりも結構薄めで、2千円でゲットするか・・しばらく迷ったけれど、

店員さんに、今回の展示以外のものも確かに収録、と確かめて、アルバムジャケットも最後の2Pにあったし・・結局ゲット。


で、展示を見始め。70本余りの記事を、パネル、ガラスウインドーに40点で展示。

時代順になっていて、初期の売れ始め(前)の「地味でも着実に人気呼ぶ★4人のシンガーソングライター」という(そもそものサイズは多分)小さな記事で、吉田美奈子、荒井由実、高木麻早、中沢厚子、

その他「女性フォークソング、四枚のLP」で、浅川マキ、リリイ、山室英美子、荒井由実、

「コンサートを開く三人の女性シンガー」で、高木麻早、荒井由実、宮前ユキ、とか他シンガーとひっくるめの記事で、

75年すでに「MISSLIM」が出ていた時に、ユーミンが浅川・リリイ・山室と共にフォークソングくくり??というのも不可思議、ユーミンの個性もこのくくりだったのか、と、時代が偲ばれたり。

高木麻早って、名前を目にするのも随分久方、「ひとりぼっちの部屋」「想い出が多すぎて」が浮かんで懐かしいけれど、





宮前ユキ・・何か名前は覚えあるような、で、中沢厚子に至っては、どうも記憶になく・・それにしても、

こういうくくりで扱われてた中から、それぞれ個性豊かな世界を持って活動した、してきた女性ミュージシャンのうち、

何だかユーミンは一人独自の領域を突き進んで巨大化、社会現象化、モンスター化したんだなあ、と改めて感慨、だったり。

その後の記事はユーミン単独のものばかりで、折に正隆氏登場したり、だけれど、多彩なステージ模様、活動、アルバム売上加速の最盛期の勢い~今に至るコンスタントな活動ぶりが偲ばれ、

まあ私の実家でも読売・報知新聞はとってなかったし、家を離れた’80年代以降のものも含めて、話題的にはほとんど知ってても、まさに読んだ覚えがある、という記事はなかったけれど、

70年代~ずーっと一線を華々しく走って来た足跡をピンポイント的にも辿れて、やはり興味深いものが。

目に留まったのは、’98年のツアー終演後に、ユーミンが「こういうコンサートはあと15年、2013年まではやりたい。それ以降は殿堂入りします。」と長期計画と引退時期を初めて口にした、とあったけれど、

その計画+今で4年、まだバリバリやってるじゃない?!という、勿論ファンにしたら、喜ばしい現状、ということ。


a0116217_2395829.jpg今回のはもうすぐスタート、私は千秋楽に鑑賞予定の帝劇公演とのコラボ関係もあるようで、

会場には、低い音量でだけれど「朝陽の中で微笑んで」が流れてたり、パンフや入口ポスターも、そのテイストで、<←冊子裏表紙(C)読売新聞東京本社>

気付けば、冊子の裏表紙は「朝陽の・・」のポスター版で、列車に乗ってる現在のユーミンだけど、表紙、ポスターのユーミンは若かりし頃の姿。

まあ相変わらず色々な切り口で話題提供してくれて、生活のハリになっている、最新ユーミンイベントでした。

a0116217_2471479.jpg

       <会場のポスター>

関連サイト:読売新聞サイト デビュー45周年「ユーミン」パネル展 読売東京本社で開催中関連記事:松任谷由実EXPOドームライブあの歌がきこえる「魔法の鏡」「海を見ていた午後」「卒業写真」松任谷由実コンサート THE LAST WEDNESDAY天国の本屋~恋火(’04)さよならみどりちゃん(’04)時をかける少女(’97)瞳を閉じてプレミアム10 松任谷・寺岡・ゆず等シャングリラⅢYuming Films(’07)「いちご白書」をもう一度(’75)ユーミンと映画・市川準監督そしてもう一度夢見るだろう/松任谷由実(’09)・No Reason~オトコゴコロ~/高橋真梨子(’09)TRANSIT2009チケットMusic Lovers・SONGS 松任谷由実<1><2>探検ロマン世界遺産 ユーミン×世界遺産TRANSIT2009コンサートShout at YUMING ROCKS('09)VIVA!6×7/松任谷由実(’04)時をかける少女(’10)RAILWAYS 49歳で電車の運転手になった男の話(’10)ミュージックポートレイト~人生が1枚のレコードだったら東日本大地震<2>Music Lovers 松任谷由実松任谷由実のオールナイトニッポンTV4僕らの音楽 松任谷由実・薬師丸ひろ子・おすぎMUSIC FAIR 松任谷由実NHK 東日本大震災チャリティー企画 ユーミン×SONGS 「春よ、来い」プロジェクトSONGS 松任谷由実RoadShow/松任谷由実(’11)手のひらの東京タワー/松任谷由実(’81)押入れの整理<1> <2><3><4>RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ(’11)春よ、来い in 紅白歌合戦SONGS 山本潤子SONGS 松任谷由実~2012スペシャル~鈴子の恋(’12)「春よ、来い」カバー 男性シンガー編「春よ、来い」カバー 女性シンガー編マンタの天ぷら(’97)・僕の散財日記(’05)/松任谷正隆虹色ほたる 永遠の夏休み(’12)才輝礼賛 38のyumiyoriな話 / 松任谷由実(’11)<1><2><3>ユーミンのSUPER WOMAN スペシャルプロローグ~「森本千絵と歩く霊峰」<1><2>ユーミンのSUPER WOMAN 「鶴岡真弓と訪ねる女神」<1><2>ユーミンのSUPER WOMAN 「長谷川祐子と現代美術をめぐる」<1><2>「8月31日~最後の夏休み~」チケットユーミンのSUPER WOMAN 「軍地彩弓と歩く東京ファッション最前線」ユーミンのSUPER WOMAN 「軍地彩弓と歩く沖縄」<1><2>ユーミンのSUPER WOMAN 「中村うさぎとめぐる東京の夜」<1><2>ユーミンのSUPER WOMAN 「草間彌生の世界を訪ねて」ユーミンのSUPER WOMAN 最終回スペシャル 直感の旅、そして未来へ8月31日~最後の夏休み~<1><2>時をかける少女(’83)<1><2>松任谷由実 デビュー40周年 はてない夢の旅YUMING FOREVER by LESLIE KEE<1><2>ひこうき雲 / 荒井由実(’73)風立ちぬ(’13)<1><2>MASTER TAPE~荒井由実「ひこうき雲」の秘密を探る~<1><2>ひこうき雲/荒井由実(’73) ミュージッククリップ放映Dialogue / 今井美樹(’13)SONGSスペシャル 松任谷由実~生きるよろこび歌にこめて~POP CLASSICO / 松任谷由実(’13)「音楽の達人 Vol.72」~ユーミン特集~僕らの音楽 「僕らのユーミン」ユーミンの罪 / 酒井順子(’13)<1><2>あなたがいたから私がいた ユーミン×帝劇Vol.2YUMI MATSUTOYA LIVE - GYAO! MUSIC LIVE 北陸新幹線開業記念特別番組「金沢花紀行」by ユーミンユーミン曲 in 北国のストリートライブ八王子 スパとユーミン聖地巡り<1>荒井呉服店西立川 ユーミン聖地巡り<2>西立川駅、「雨のステイション」歌碑と昭和記念公園荒井由実「ひこうき雲」(’16)~”青の時代”名曲ドラマシリーズ~ YUMING×LOFT 缶バッジSONGS 松任谷由実 / MUSIC FAIR 松任谷由実・JUJUYUMINGと伊勢丹新宿店と130の出来事宇宙図書館 / 松任谷由実(’16)なりきりユーミン僕の音楽キャリア全部話します /松任谷正隆(’16)ユーミンとフランスの秘密の関係 / 松任谷由実(’17)


by MIEKOMISSLIM | 2017-11-20 02:49 | 音楽・演劇 | Trackback | Comments(0)

九州・沖縄物産展

先日28日(土)再び母と病院帰りに、小田急新宿店でやっていた九州・沖縄展へ。

今回中野の病院からの移動で、まずJR駅前の丸井レストラン街でもランチを物色、メニューを決めておそば店に入ったけれど、混みあってて結構待ち時間ありそうで、

丁度新宿で、小田急で九州・沖縄展、伊勢丹で英国展もやってるし、と、移動に決定。

英国展も気にはなりつつ、結局ボリュームがモノを言って、九州・沖縄の方して、今回は佐賀の「唐津らぁ麺 むらまさ」イートインで、2人共「玄海灘塩らぁ麺」に。

a0116217_23525489.jpg


具は大きめチャーシュー、のり、煮卵、ワカメ、ネギ、メンマなどで、九州のラーメンといえば、博多のとんこつのイメージだったけれど、

これは塩ベースであっさり風味ながら、つるっとした麺と共になかなか美味。濃い口タイプよりも母の好みにもマッチしたようでいつになく、美味しかった、と。

デザートは宮崎の「アイス・ソフトクリーム専門工房」の、バニラと夏日向ミックスソフトに。夏日向のあっさり甘酸っぱいみかん風味がちょっと珍しく、これも満足。

a0116217_014350.jpg


そういう所で、まあ移動して出向いた甲斐もあった、という今回のラーメン&デザートでした。

関連サイト:MIRAI 九州・沖縄物産展唐津らぁ麺 むらまさ サイトC&G Miyazaki サイト
関連記事:関連記事:フランス展/福岡・長崎展/パリ・モンパルナスに集う画家たち展桜さくらサクラ2009ルーヴル美術館展 美の宮殿の子供たち/北陸三県の物産展夏の大九州展秋の大北海道展秋の北海道展/イタリア展東西有名寿司と全国うまいもの大会/おめざファア九州・沖縄の物産展大北海道展奈良の柿秋田県とみちのく物産展(’10)冬の北海道物産展福井の羽二重餅とおかき/過去問大北海道展四国・山陽の観光と物産展にっぽん味めぐり/ぐるり全国味と技ルノワール~伝統と革新/味百選春の大北海道展/井の頭公園の桜福岡・長崎の物産展沖縄展築地の粋な味めぐり展大阪ええもん・うまいもん市大沖縄展九州・沖縄の物産展夏の大九州展秋の大北海道展大北海道展/秋の北海道物産展東西有名寿司と全国うまいもの大会秋田県とみちのく物産展(’11)福井県 若狭と越前の物産と観光展春の大北海道展四国・山陽の観光と物産展秋田県とみちのく物産展とスパ浅草ROXまつり湯九州・沖縄の物産展大北海道展春の大北海道展初夏の大北海道展長崎の物産展東西有名寿司と全国うまいもの大会&北海道大収穫祭冬の北海道物産展大九州展&全国うまいものめぐり長崎物産展 五島ばらもん揚げ初夏の大北海道展めんそ~れ~沖縄展秋の大北海道展北海道展福岡物産展イバラードの旅 第20回記念 井上直久展 / 食の大北海道展 北海道物産展ハワイアンフェスティバル鹿児島物産展 / 母のデジカメデビューピーターラビットの世界展うまいものめぐり展秋の大北海道展北海道うまいもの大会


by MIEKOMISSLIM | 2017-11-06 00:14 | グルメ | Trackback | Comments(0)
line

「KYOKO」は’02年に映画掲示板にスレッドを立てた村上龍監督、高岡早紀主演映画で、当ブログはそのスレッド、次のブログに続いての3代目です。マイペースで、長年ファンのユーミン関連初め音楽、美術展、仕事、グルメ(食事)、映画、本、日常、旅のことなどアップしてます。


by MIEKOMISSLIM
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31