人気ブログランキング |

<   2017年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧


ユーミン×帝劇Vol.3 朝陽の中で微笑んで

先日20日(水)、井上直久展の三越から、「いい加減な・・・」ブログYamatoさんと移動してユーミン×帝劇Vol.3公演へ。


9月までの「宇宙図書館」ツアー、そして今回意を決して初めて、来年苗場公演ツアーも当初の応募、追加分応募共オンラインで100口近く応募に励んだけれど、結局チケットは取れず、

秋口に無事確保できたこの年末帝劇千秋楽、が楽しみだったけれど、ついに当日。




a0116217_22485899.jpg場内は何となく過去2回よりも、年齢層客が中高年~若い層へと、ばらつきあるような印象。<→入口の大ポスター>

席は2Fの1番前の中央寄り、と思ってしばらく座っていたら、

他のお客さんと案内係の人が来て、私達のチケットの指定は1列ではなくI列、だと判って2F半ば辺りに移動。。

でもステージの眺め的にはそこそこ妥当、というか。


オープニングは「美しく青きドナウ」~ダンサーたちが躍動する中、中央にセリ上がってきてユーミン登場、で「Age of our innocence」、まるでコンサート並み、という派手な幕開け。

正直、序盤~休憩前の前半の終盤まで、今一話の輪郭がつかめず、、

でも500年後が舞台、というテイストを匂わす「未来は霧の中へ」、「ランチタイムが終わる頃」といったステージで余り聞いた覚えない曲や、

何だか疑惑が渦巻くようなムードにマッチの「砂の惑星」など、ユーミンパフォーマンス的には充実。


徐々に話の繋がりも判って、鳴沢役の寺脇康文が「Yuming Chord」に出た時、深い感慨を語っていた鳴沢と恵美(宮澤佐江)のシーンの「Autumn Park」、

医師大崎(六平直政)と娘花音(水上京花)の別れのシーンの「水の影」など、しんみりして、



まあやはり根本的に、1つのストーリーの流れに単発の曲を入れ込む、という多少なりともの”ねじ込み”感、はぬぐえないけれど、

何だか前2作より、それなりに登場人物の心情や舞台の空気感、というものに寄り添うユーミン曲のピンポイントのフィット感、は増した気が。

ラストのクライマックスシーンでも、クローンという無機的な存在である佐江(宮澤佐江)が心を持って、人間である鳴沢と深い絆を持ちつつも引き離される運命に、「朝陽の中で・・」の無常観が絶妙フィット。

抹殺される宿命のクローンと人間の切ない愛、だけれど、人間同士だって永遠には共にいられる訳じゃなく、

浅くとも深くとも、愛というのも宇宙レベルではただの幻、だからこそのかけがえなさ、というような、

荒井時代の、心の片隅にポツンとある、という曲だったけれど、これってそういうテイストの純愛曲だった、としみじみ。



まあ本当のエンディング前には、反射的に元祖版「時をかける少女」へのオマージュ?あれからのヒント?と脳裏をよぎったり。。

アンコールは、多分千秋楽というのもあってか、ユーミンがソロで「やさしさに包まれたなら」や、正隆氏も登場、出演者達と共に、など何度あっただろうか??という名残惜しさ感満杯。


ロビーの売店横にも大ポスター。

a0116217_00290891.jpg



a0116217_0533246.jpgパンフレットは会場到着時はやや迷ったけれど、ユーミンの舞台解説CD付き、が決め手でやはり入手。<←(C)TOHO Co.,Ltd.> 

内容冊子は正隆氏が折々登場、出演者個々のインタビューやユーミン夫妻との話など面白く充実、

昨夜やっと聞いたユーミン解説CDも、舞台復習としてナイスだったし、

今回、どうも記憶にない!?聞いたことはあるはずなのにチェック手薄曲、が何曲かあって、舞台ではやや戸惑いのまま聞き流していた感じだったけれど、

改めてCDで確かめて、ユーミンの野球曲、「まぶしい草野球」以外にこういう渋いのもあったのだった、という「Called Game」、これは「Cowgirl Dreamin'」の曲で、

割と好み曲、と思ったレゲエテイストの「流星の夜」、これは「FROZEN ROSES」のだったのだった、と。そういうのも収穫。


ユーミンは今回ので、この帝劇シリーズ、今まで”アウェイ感”があったのが、続ける自信になったようで、相変わらず意気盛んぶり、まだまだ楽しみを分けてくれそうで、まあ安心。

劇場の外界隈は、イルミネーションスポットの一つ、と聞いていたけれど、帝劇らしい大人っぽい感じのイルミでした。

a0116217_145979.jpg


a0116217_15324.jpg


関連サイト:朝陽の中で微笑んで ユーミン×帝劇Vol.3
関連記事:「8月31日~最後の夏休み~」チケット8月31日~最後の夏休み~<1><2>あなたがいたから私がいた ユーミン×帝劇Vol.2

松任谷由実EXPOドームライブあの歌がきこえる「魔法の鏡」「海を見ていた午後」「卒業写真」松任谷由実コンサート THE LAST WEDNESDAY天国の本屋~恋火(’04)さよならみどりちゃん(’04)時をかける少女(’97)瞳を閉じてプレミアム10 松任谷・寺岡・ゆず等シャングリラⅢYuming Films(’07)「いちご白書」をもう一度(’75)ユーミンと映画・市川準監督そしてもう一度夢見るだろう/松任谷由実(’09)・No Reason~オトコゴコロ~/高橋真梨子(’09)TRANSIT2009チケットMusic Lovers・SONGS 松任谷由実<1><2>探検ロマン世界遺産 ユーミン×世界遺産TRANSIT2009コンサートShout at YUMING ROCKS('09)VIVA!6×7/松任谷由実(’04)時をかける少女(’10)RAILWAYS 49歳で電車の運転手になった男の話(’10)ミュージックポートレイト~人生が1枚のレコードだったら東日本大地震<2>Music Lovers 松任谷由実松任谷由実のオールナイトニッポンTV4僕らの音楽 松任谷由実・薬師丸ひろ子・おすぎMUSIC FAIR 松任谷由実NHK 東日本大震災チャリティー企画 ユーミン×SONGS 「春よ、来い」プロジェクトSONGS 松任谷由実RoadShow/松任谷由実(’11)手のひらの東京タワー/松任谷由実(’81)押入れの整理<1> <2><3><4>RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ(’11)春よ、来い in 紅白歌合戦SONGS 山本潤子SONGS 松任谷由実~2012スペシャル~鈴子の恋(’12)「春よ、来い」カバー 男性シンガー編「春よ、来い」カバー 女性シンガー編マンタの天ぷら(’97)・僕の散財日記(’05)/松任谷正隆虹色ほたる 永遠の夏休み(’12)才輝礼賛 38のyumiyoriな話 / 松任谷由実(’11)<1><2><3>ユーミンのSUPER WOMAN スペシャルプロローグ~「森本千絵と歩く霊峰」<1><2>ユーミンのSUPER WOMAN 「鶴岡真弓と訪ねる女神」<1><2>ユーミンのSUPER WOMAN 「長谷川祐子と現代美術をめぐる」<1><2>ユーミンのSUPER WOMAN 「軍地彩弓と歩く東京ファッション最前線」ユーミンのSUPER WOMAN 「軍地彩弓と歩く沖縄」<1><2>ユーミンのSUPER WOMAN 「中村うさぎとめぐる東京の夜」<1><2>ユーミンのSUPER WOMAN 「草間彌生の世界を訪ねて」ユーミンのSUPER WOMAN 最終回スペシャル 直感の旅、そして未来へ時をかける少女(’83)<1><2>松任谷由実 デビュー40周年 はてない夢の旅YUMING FOREVER by LESLIE KEE<1><2>ひこうき雲 / 荒井由実(’73)風立ちぬ(’13)<1><2>MASTER TAPE~荒井由実「ひこうき雲」の秘密を探る~<1><2>ひこうき雲/荒井由実(’73) ミュージッククリップ放映Dialogue / 今井美樹(’13)SONGSスペシャル 松任谷由実~生きるよろこび歌にこめて~POP CLASSICO / 松任谷由実(’13)「音楽の達人 Vol.72」~ユーミン特集~僕らの音楽 「僕らのユーミン」ユーミンの罪 / 酒井順子(’13)<1><2>YUMI MATSUTOYA LIVE - GYAO! MUSIC LIVE 北陸新幹線開業記念特別番組「金沢花紀行」by ユーミンユーミン曲 in 北国のストリートライブ八王子 スパとユーミン聖地巡り<1>荒井呉服店西立川 ユーミン聖地巡り<2>西立川駅、「雨のステイション」歌碑と昭和記念公園荒井由実「ひこうき雲」(’16)~”青の時代”名曲ドラマシリーズ~ YUMING×LOFT 缶バッジSONGS 松任谷由実 / MUSIC FAIR 松任谷由実・JUJUYUMINGと伊勢丹新宿店と130の出来事宇宙図書館 / 松任谷由実(’16)なりきりユーミン僕の音楽キャリア全部話します /松任谷正隆(’16)ユーミンとフランスの秘密の関係 / 松任谷由実(’17)読売新聞・報知新聞が報じたユーミンの45年

<アート・デザイン部門に応募します>


by MIEKOMISSLIM | 2017-12-31 22:25 | 音楽 | Trackback | Comments(10)

井上直久絵画展 ー私たちの庭、夢を秘めた都ー 

先日20日(水)、銀座三越でやっていた井上直久展~ユーミン帝劇千秋楽公演を「いい加減な・・・」ブログのYamatoさんとご一緒して鑑賞。

まず井上展は大作~小品50点余り、今回ちょっと珍しかったのは、中程に幾つか小さな塔の陶彫作品も。

今回一番インパクトはやはり、案内カードにもあった「入り江の多層海」。<↓カード(C)INOUE Naohisa>

a0116217_0282651.jpg


その他目を引かれたのは多層海シリーズの「窓辺の多層海(油彩)」「多層海、星集う日」、

定番の好きな構図の、高台の建物前に女性が立って景色を眺めている「百貨店」、

「耳をすませば」彷彿の「アーケード2017Dec」「アーケード光る店 2017Dec」。

今回もご本人が会場で、グッズ購入のお客さん達とざっくばらんにお話している様子。やはり広がりあるイバラードワールドにファンタジックなまったり感。


その後9Fの「みのりカフェ」でお茶をして、Yamatoさんは「落花生ミルク」ジェラートと練乳ほうじ茶ラテ、私は「ほうじ茶ミルク」ジェラートとコーンチャウダーに。

a0116217_048462.jpg


全農がやってるカフェらしく、色々珍しい味のジェラートが。。

そして夕方、クリスマスムードの銀座の街を帝劇へ移動。

a0116217_151880.jpg

マリオンの時計も、クリスマス仕様でした。

a0116217_0535022.jpg


ユーミン×帝劇Vol.3 朝陽の中で微笑んでに続く。

関連サイト:銀座三越7階ギャラリー サイト井上直久 Twitterみのりカフェ サイト
関連記事:イバラード時間(’07)井上直久新作展中間テスト対策終了(’10、2学期)ジブリ創作のヒミツ~宮崎駿と新人監督 葛藤の400日イバラードへの旅 第15回 井上直久絵画展イバラードの旅 第16回 井上直久絵画展イバラードの旅 井上直久絵画展井上直久 イバラード ラピュタ展第17回 井上直久絵画展イバラードの旅 井上直久絵画展イバラードへの旅 第18回 井上直久絵画展~イバラード「夢の庭園」~ 第19回 井上直久絵画展イバラードの旅 第20回記念 井上直久展 / 食の大北海道展

<アート・デザイン部門、パン・スイーツ部門に応募します>


by MIEKOMISSLIM | 2017-12-31 00:59 | 芸術・グルメ | Trackback | Comments(2)

ゴッホ展 巡りゆく日本の夢

13日(水)上野で、北斎とジャポニズムに続いて母と東京都美術館に移動、ゴッホ展へ。

a0116217_0275389.jpg「北斎とジャポニズム」と結構テーマが重なるような、

浮世絵に影響を受けたゴッホと日本美術の関係にスポットを当てた企画で、<→チラシ表>

ゴッホ作品約40点、同時代の画家作品や浮世絵約50点、+関連資料を5章に分けての展示。

12/30追記:後でカードを買ったのは「オレンジ、レモン、青い手袋のある風景」(↓カード)、

a0116217_2272838.jpg


今回、先日美大に推薦合格した生徒への祝いに、ペン類がいい、と言ってたので、ゴッホ画ボールペンとカード4種類+この絵のデザイン小手帳をチョイス。

「アイリスの咲くアルル風景」(↓カード)、

a0116217_2212963.jpg



母は「夾竹桃と本のある静物」(↓カード)、

a0116217_2214942.jpg



5章「日本人のファン・ゴッホ巡礼」では、ゴッホを崇拝する日本人達が、ゴッホの墓や、

ゴッホと親交があった医師の遺族の家を訪れた様子の映像、彼らと交わした手紙の数々の展示、渋いコーナーだけれど結構な人盛りで、

ゴッホが浮世絵に興味を持っていたのことの裏返しとして、古くからしでに日本に根付いていたゴッホ人気、というのも改めて。<←チラシ>

a0116217_2373754.jpgちょっと面白かったのは、「水夫と恋人」という寄り添ったカップルの後姿の小品が、そもそも「恋人たちのいるラングロワの橋」という絵の一部分で、<←チラシ>

何かの理由でそのカップルの絵のみ残っていて、その断片やスケッチ、手紙などを手掛かりに「恋人たちの・・」を復元した、という、ゴッホ研究家の日本人が監修した、というもの。

修復作品、と知らずに見たら普通に、色彩にメリハリあるゴッホ作品の一つとしか思わなかったはず。


帰りに、今回初めてこの美術館1Fのアート・カフェに寄って、私も母もゴッホ展とのコラボメニュー、「温かいアップルパイのバニラアイス添え」を味わい。

ゴッホ縁の地アムステルダムの定番スイーツが、アップルパイ、ということで。確かにほんのり温かみあるサクサクとしたアップルパイの食感、

+アイスのひんやり感、生クリームの取り合わせ、一応ゴッホ縁の一品、という意識もあって満足。

a0116217_22575714.jpg


そういう所で、「北斎とジャポニズム」とセットで、浮世絵・日本と西洋画の関連、シンクロ具合が実際の作品で実感、で、なかなか充実の2展ハシゴでした。

関連サイト:ゴッホ展 巡りゆく日本の夢 サイト
関連記事:ラウル・デュフィ展クリーブランド美術館展大エルミタージュ美術館展ポンピドー・センター所蔵作品展オルセー美術館展モディリアーニと妻ジャンヌの物語展大回顧展モネサーカス展フランス印象派・新印象派展フィラデルフィア美術館展ルノワール+ルノワール 2人の天才が愛した女性ルノワール+ルノワール展 美の巨人たち モディリアーニ新日曜美術館 モディリアーニフランス展/福岡・長崎展/パリ・モンパルナスに集う画家たち展没後50年 モーリス・ド・ヴラマンク展モディリアーニ展芸術都市パリの100年展美の巨人たち ラウル・デュフィルノワール~伝統と革新/味百選ボストン美術館展 西洋絵画の巨匠たちプレミアム8<紀行>夢の聖地へ モネの庭語りかける風景
マネとモダン・パリ印象派はお好きですか?マン・レイ展 知られざる創作の秘密オルセー美術館展 「ポスト印象派」モネ・ルノワールと印象派・新印象派展ザ・コレクション・ヴィンタトゥール画家と庭師とカンパーニュ(’07)セーヌの流れに沿って 印象派と日本人画家たちの旅没後120年 ゴッホ展 こうして私はゴッホになったモネとジヴェルニーの画家たちワシントン・ナショナル・ギャラリー展エルミタージュ美術館展 世紀の顔 西欧絵画の400年ユーミンのSUPER WOMAN 「長谷川祐子と現代美術をめぐる」<1><2>メトロポリタン美術館展 大地、海、空ー4000年の美への旅奇跡のクラークコレクションールノワールとフランス絵画の傑作ーSONGS 徳永英明印象派を超えて 点描の画家たちモネ、風景を見る目ー19世紀フランス風景画の革新オルセー美術館展 印象派の誕生ー描くことの自由ー魅惑のコスチューム:バレエ・リュス展チューリヒ美術館展新印象派 光と色のドラマと花見 in 上野公園フランスの風景 樹をめぐる物語 ーコローからモネ、ピサロ、マティスまでーポンピドゥーセンター傑作展デトロイト美術館展ランス美術館展ボストン美術館の至宝展北斎とジャポニズム

<アート・デザイン部門に応募します>


by MIEKOMISSLIM | 2017-12-25 23:03 | 芸術 | Trackback | Comments(0)

北斎とジャポニズム

先週13日(水)上野で、国立西洋美術館での「北斎とジャポニズム」~東京都美術館での「ゴッホ展巡りゆく日本の夢」を母とハシゴ。

a0116217_2346399.jpg前者は1月後半までだけれど、後者は1月8日まで、

日程的に色々考えるとこの時期しかない感じで、空いた日に決行。<→チラシ>

昼前に出発で、ます国立西洋美術館に向かったのだけれど、その途中長蛇の列、まさか北斎とジャポニズムではないだろう?し、何だろう?と思っていたら、

どうも上野の森美術館での「怖い絵展」の行列のようで、これは好み的に全く眼中になく、たまあ割と若い層のようだけれど、札では待ち時間1時間40分程だったか、これがこんな盛況なんだ、と意外。

北斎とジャポニズムは、北斎の影響を受けた西洋の印象派の中心に西洋の220点+北斎の約110点を6章に分けての展示。

12/22追記:カードを買ったのは、北斎のは、私は「牡丹に蝶」(↓カード)、

a0116217_22492870.jpg


母は「富岳三十六景 東海道程ヶ谷」(↓カード)、

a0116217_225286.jpg


西洋画は、私は3枚ともモネで、「菊畑」(↓カード)、

a0116217_22533629.jpg


「木の間越しの春」(↓カード)、

a0116217_22552577.jpg


「ボルディゲラ」(↓カード)、

a0116217_22563110.jpg


母はやはりモネの「黄色いアイリス」(↓カード)。

a0116217_22582011.jpg


全体的に、もしかして単なる類似ゆえのこじつけ?とも思えるものもある位、よくぞこの対比ペアをこれだけ集めたものだ、という風景、人物などの構図が似通った、北斎画&西洋画の数々に感心。

また、先日読んだ「ユーミンとフランスの秘密の関係」でも触れられてた「神奈川沖浪裏」含んで、

6章「波と富士」コーナーの北斎、西洋画の波の絵の数々は、こういうシリーズ特集、的にもなかなか見応え。<↓チラシ裏面一部>

a0116217_238582.jpg



その他面白かったのは、「富岳三十六景」の影響を受けての、アンリ・リヴィエール「エッフェル塔三十六景」とか、

北斎画を元に作られた、ロイヤルコペンハーゲンの「鼠と藤」「波とカモメ」など様々な陶器。

定番の印象派陣の作品+、話には聞いていたけれど、西洋美術で思ったより多彩に広がっていた北斎の影響、というのを初めてがまとめて見られて、なかなか充実のイベントでした。

関連サイト:北斎とジャポニズム サイト
関連記事:「ユーミンとフランスの秘密の関係」

ラウル・デュフィ展クリーブランド美術館展大エルミタージュ美術館展ポンピドー・センター所蔵作品展オルセー美術館展モディリアーニと妻ジャンヌの物語展大回顧展モネサーカス展フランス印象派・新印象派展フィラデルフィア美術館展ルノワール+ルノワール 2人の天才が愛した女性ルノワール+ルノワール展 美の巨人たち モディリアーニ新日曜美術館 モディリアーニフランス展/福岡・長崎展/パリ・モンパルナスに集う画家たち展没後50年 モーリス・ド・ヴラマンク展モディリアーニ展芸術都市パリの100年展美の巨人たち ラウル・デュフィルノワール~伝統と革新/味百選ボストン美術館展 西洋絵画の巨匠たちプレミアム8<紀行>夢の聖地へ モネの庭語りかける風景マネとモダン・パリ印象派はお好きですか?マン・レイ展 知られざる創作の秘密オルセー美術館展 「ポスト印象派」モネ・ルノワールと印象派・新印象派展ザ・コレクション・ヴィンタトゥール画家と庭師とカンパーニュ(’07)セーヌの流れに沿って 印象派と日本人画家たちの旅没後120年 ゴッホ展 こうして私はゴッホになったモネとジヴェルニーの画家たちワシントン・ナショナル・ギャラリー展エルミタージュ美術館展 世紀の顔 西欧絵画の400年ユーミンのSUPER WOMAN 「長谷川祐子と現代美術をめぐる」<1><2>メトロポリタン美術館展 大地、海、空ー4000年の美への旅奇跡のクラークコレクションールノワールとフランス絵画の傑作ーSONGS 徳永英明印象派を超えて 点描の画家たちモネ、風景を見る目ー19世紀フランス風景画の革新オルセー美術館展 印象派の誕生ー描くことの自由ー魅惑のコスチューム:バレエ・リュス展チューリヒ美術館展新印象派 光と色のドラマと花見 in 上野公園フランスの風景 樹をめぐる物語 ーコローからモネ、ピサロ、マティスまでーポンピドゥーセンター傑作展デトロイト美術館展ランス美術館展ボストン美術館の至宝展


by MIEKOMISSLIM | 2017-12-22 23:50 | 芸術 | Trackback | Comments(2)

期末テスト対策終了、祝・合格

なかなかアップの暇がなかったけれど先日11日(月)で、今回の期末テスト対策が終了、

私立中3男子の英語、少し漢文で、今回平常にプラス分はなし、未消化だった分や少し先の分の振替えで。

内申で付属高校への進学が黄色信号なのだけれど、相変わらず本人はやる気希薄で、範囲は一夜漬けですませられる、という根拠のない自信ゆえ、直前までほとんどの科目に何も手を付けず、

お母さんからは近隣のファーストフードで勉強する習性というか、パターンが出来てきた、と聞いたけど、本人曰く実はそこでは本を読んだりしているだけで、、

試験をクリア出来た後に、実情をお母さんにばらして実際一夜漬けで出来たじゃないか!と自慢?するつもり、のようなことを言っていて、ウチでの対策も、中間のようにプラス授業は入れず、最低限で、という感じ。

メインでやっている英語だけは責任あるし、現実的に、中学文法事項は一通り終わり、読解プリントなどが主な出題範囲だけれど、

学校出の補習や眼医者などで抜けた分もあって、+家では宿題(=試験範囲)のこなし率も低いし、実質余り進んでおらず、いつもの得点源の熟語もインプットが進まず、

果たしてどうやって赤点回避の40点を取るか??何とか交渉で少し後の分振替で、直前に、教科書やプリント類の訳は全部しておいて、ざっとチェック。

結果は中間の61点からは当然下がったけれど、何とかクリアの43点、だったそうだけど、他科目が結構深刻で、進学不可の3科目赤点、の危機で、

先週末のテスト返却日に2学期末の時点で進学アウト決定かも、と担任の先生に言われて、22日の通知簿待ち、その時点で今後のご相談ということだったのだけれど、

今日夕方本人から連絡で、何とか赤点は音楽だけで40点ギリギリのが3科目位、最悪は免れた、そうで。

でもお母さん談では、明日面談に呼ばれていて、保険としての都立高受験になるだろう、とのことで、こういう場合、都立を今の学校の滑り止め的に使えるのか?ちょっとチェックしないと、だけど、

近日中に相談に来て、本人は多人数塾での都立用対策講座とか全くやる気はないし、それ用のテキストを自宅でやってウチで不明な所チェック、的な講習になるかも?という所。

まあ、もし今回そこそこに切り抜けていれば、今60分×週2を、1月は週1に、という意向で、この時期、状況でそれはちょっと、とたしなめたのだけれど、

本人のやる気のなさ+お家で塾経費を抑えたいような意向で、まあ仕方ないか、と思っていたのだけれど、さすがにそこそこで凌げは出来なかった現実で、少し事情が変わるかも。

正直、授業がそのままキープあるいは増えればそれは喜ばしいのだけれど、おそらく保険受験など不必要、と思ってるであろう彼を、

どうやってどこまで受験対応モードに持って行けるか?というのを思えば、やるならやるでちゃんとお母さん、本人と確かめておかないと、というか。。


本番受験では、一般試験に向けて英語をやってる浪人生女子が、先月末めでたくM美大に公募推薦で合格、何かと気を揉んだけど、まあ一安心。

でもこれで通常的には、ウチでの授業は終わりかと思っていたけれど、申し込んでいるセンター試験に向けて+1月後半の英検準2級を受けるので、その対策を、ということで、

12月はこれまでお90分週3→週2にして続行、1月~は、10回分位溜まっている未消化分で英検行ければ2次対策までやることに。


それと一昨日、電撃カムバックの都立高ドロップアウトの1年男子が、定時制O高校の3学期編入試験受験して、

正直英国数の試験自体のレベルは大したことはないだろうと思っていたけれど、昨年の過去問を見たら、数学は数Ⅰの2学期末まで相当範囲で、特に2次関数は本人は少ししかかじっておらず、

ここ1週間位で、学校での2か月分位の、基礎パターンだけは詰めて練習、本人も集中して頑張って、まあそのかいあって、当日受験後合わしたら、本番数学は1問ミスだけ、

英、国もまあ6割くらいは取れてそうで、心配なのは面接だったけれど、まあ特に問題なかったようで、無事合格。

他校受験は考えておらず、もしこれに不合格なら、4月からいずれかの学校で再度1年から単位取り直し、

あるいは、通常の高3時に大学受験、と思えば、来年中に高卒認定試験にパスしてその後受験勉強に移行?という厳しい選択肢だったけれど、まあめでたく第1歩はOK。


そういう所で、相変わらずとりあえず出来ることを粛々と、という感じです。

a0116217_23104869.jpg

<先日親御さんから頂いたコーヒーとクッキーセット>

関連サイト:個人学習会 高円寺教室 サイト同 新サイトエキテン 個人学習会 高円寺教室ページ
関連記事:ある少年(’07)一息(〃)夏期講習(〃)再会(〃)合格・ブログサービス終了(’09)受験シーズン終了と新入会(〃)春期講習終了・新年度と新入会(〃)中間テスト対策終了(〃、1学期)期末テスト対策終了・夏期講習(〃)夏期講習(〃)夏期講習前半終了夏期講習終了中間テスト対策終了・新型インフル(〃、2学期)期末テスト対策終了・冬期直前講習(〃)センター試験終了・インフル余波(’10)冬期直前講習と期末テスト対策終了(〃)春期講習終了(〃)中間テスト対策終了(〃、1学期)期末テスト対策終了(〃)夏期講習前半終了(〃)夏期講習終了(〃)中間テスト対策終了(〃、2学期)期末テスト対策終了(〃)冬期直前講習(〃)冬期直前講習終了(’11)学年末考査対策終了(〃)入試ネット投稿(〃)塾HP再作成(〃)中間テスト対策終了・新入会(〃、1学期)期末テスト対策・夏期講習(〃)突然の別れ(〃)塾広告ポスター(〃)夏期講習終了中間テスト対策終了・新入会(〃、2学期)期末テスト対策終了(〃)冬期講習終了(’12)学年末考査対策終了(〃)春期講習(〃)春期講習終了(〃)中間テスト対策終了・新入会(〃、1学期)期末テスト対策終了・新入会(〃)夏期講習(〃)夏期講習終了(〃)中間テスト対策終了・新入会(〃)期末テスト対策終了(〃)冬期・直前講習、新入会(’13)直前講習終了・学年末考査対策終了(〃)中間テスト対策終了(〃、1学期)期末テスト対策終了・新入会(〃)夏期講習終了(〃)中間テスト対策終了・新入会(〃、2学期)期末テスト対策終了(〃、2学期)冬期講習終了・一時復帰(’14)学年末考査対策終了(〃)春期講習終了(’14、1学期)中間テスト対策終了(〃)期末テスト対策終了・新入会(〃)夏期講習終了・新入会(〃)中間テスト対策終了・祝合格('14、2学期)期末テスト対策終了・新入会・祝合格(〃)冬期講習終了(’15)学年末考査対策終了(’15)春期講習終了(’15、1学期)中間テスト対策終了(〃)期末テスト対策終了・新入会(〃)夏期講習終了(〃)中間テスト対策('15、2学期)期末テスト対策終了(〃)冬期講習、波乱のセンター試験終了('16、三学期)学年末考査対策終了・祝合格(〃)春期講習終了(〃、1学期)中間テスト対策終了・カムバック(〃)期末テスト対策終了・LINE開通(〃)夏期講習終了・カムバック中間テスト対策終了(’16、2学期)期末テスト対策終了(〃)冬期講習終了('17、3学期)祝・合格、学年末テスト対策終了(〃)春期講習終了・新入会(〃、1学期)、GW講習終了・新入会(〃中間テスト対策終了(〃)期末テスト対策終了(〃)夏期講習終了(〃)、中間テスト対策終了・新入会・カムバック(〃、2学期


by MIEKOMISSLIM | 2017-12-21 23:14 | 勉強 | Trackback | Comments(0)
line

「KYOKO」は’02年に映画掲示板にスレッドを立てた村上龍監督、高岡早紀主演映画で、当ブログはそのスレッド、次のブログに続いての3代目です。マイペースで、長年ファンのユーミン関連初め音楽、美術展、仕事、グルメ(食事)、映画、本、日常、旅のことなどアップしてます。


by MIEKOMISSLIM
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30