人気ブログランキング |

<   2018年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧


伊東旅行<1> ホテルラヴィエ川良

先日23日(月)、24日(火)と母と伊東へ一泊旅行。

母の友人が最近伊豆へ行ってきて、とても良かったと聞いたそうで、+一昨年秋の熱海同様、母が動ける内に温泉旅でも、という話になって、

a0116217_14340541.jpg
先月、熱海の時のように列車・ホテルセットプランで検索して、特急踊り子&伊豆半島の入口で割と近い伊東のホテルラヴィエ川良セットに決定。<(C)HMIホテルグループ>

仕事もGW前週を休みにしていて、旅費の高いGW期回避。天気は23日曇り、24日曇りのち雨予報で、その直前まで晴れなのに、と、やや残念だけど、その分平年並みの気温で、暑さはなく、

2日目は午前中晴れ間もあったり、雨は午後ほんのパラパラっとだけで、全般にまあまあ。


チェックインの14時に合わせて、東京駅12時発で、13時45分伊東着、駅前は熱海と比べると余り観光地っぽさはなし。

送迎のミニバスからの街並みも、そう土産物店が並ぶわけでもなく特に温泉街っぽい雰囲気もなく、割と普通のこじんまりした街という感じ。

川沿いのホテルで、窓の下は熱海の時の海の代わりに、まあ楚々とした上品な感じの川。

ラヴィエってフランス語っぽいけど「川」の意味か?と思ってて、後でチェックしたら、La vie「人生」だと。
a0116217_22405043.jpg

部屋はてっきり和室、と思っていたらベッド付きの和洋室+別に小さい和室もあって、ちょっと無駄に広い、感じだけれど、まあくつろげるムード。
a0116217_23382077.jpg
近辺に特に、という観光スポットもなく、その日はホテルでゆっくりすることにして、持ってきたサンドイッチ+お茶の後、

引換券をもらってたウェルカムドリンクをいただきに、1Fのロビーラウンジへ。

ミカンジュースかぐり茶が選べるようで、ぐり茶というのは初耳、名産のようだけど、ジュースの方に。
a0116217_22485191.jpg
ラウンジは、まあ普段は飲み物などオーダーが必要のようだけど、ゆったりスペース。
a0116217_23032826.jpg
壁に、石坂浩二がこのホテルのために描いた、という「瑞祥華」という細長い大作。そういえばこの人って、二科展入賞、とかあったような。
a0116217_23050047.jpg

その後、夕食前にお風呂を済ますことにして大浴場へ。大浴場+露天風呂があるのみ、種類はないけれど、まあ気持ちよく入浴。

で、1F会場で7時30分~楽しみにしてたバイキング夕食。写真は私ののみだけれど、2人共結構目一杯食べて、9時前まで堪能で、満腹。

2人共、狙いはまずお寿司。種類は海老、いか、まぐろ、えんがわ位だったけれど、母は10貫位食べた、と。

ちらし寿司もあったり、小ぶりに切り分けてくれるしたステーキ、サラダ、酢豚、小籠包、ちまきなど。
a0116217_23152042.jpg

ピザ、スパゲティ、天ぷらなども。
a0116217_23190598.jpg
この時点で結構満腹に近く、デザート類に移ることにして、各種ミニケーキ、フルーツ、白玉、アイス6種、フルーツポンチ、アップルジュースを少しずつ。
a0116217_23221932.jpg
とどめに、ソフトと、コーヒーで眠れなくなるのもまずいのでココア。
a0116217_23272806.jpg

本当に旅先でここまで満腹感、は余り覚えなく、部屋に戻って一応持参の胃腸薬を飲んだり、

これは果たして明朝6:45~9時のバイキングは食べられるのか?

ちょっと忙しなくても、夕食7:15~の前の5時半~の部のにしておいたら良かったねぇ、と話したけれど後の祭り。

部屋に帰ってそうTVを見る訳でなく、寝る体制に。ベッドは寝心地は良かったけれど、満腹すぎもあってか、2人共寝つきはやや悪いながらも就寝で、1日目終了。


2日目早朝、やはりまだ空腹感は全くなく、これはせいぜいフルーツと飲み物位か、と思いながらまたバイキング会場へ。

でも、母は和洋食半々位だったようだけど、私はご飯はとても無理、と思って洋食オンリーで、

小ぶりなクロワッサン、パンケーキ、スクランブルエッグ、ベーコン、ウインナーなどから入ったせいか、
a0116217_01385060.jpg
別腹というのか、あっさり系のものは意外と食べられて、ヨーグルト、フルーツポンチ、アイスコーヒー、
a0116217_01410276.jpg

温泉卵、サラダ、

a0116217_01441300.jpg
目玉焼き、コーンフレーク、
a0116217_01463851.jpg
最後にオレンジと野菜ジュース。
a0116217_01483012.jpg
母も思ったより食べられた、そうだけど、私の食べっぷりに「よくそんなに入るもんやなあ、」と驚き。

酸味のあるものなんで入った、というのもあるかもしれないけれど、とにかく今回の食事には、バイキング類としては結構満足。


そういう風に、このホテルは食事は良くて、温泉大浴場もまあまあ、だけど物足りなさは、熱海の時のニューアカオのように、無料でくつろげるラウンジ的な場所はなく、

駅への送迎バスも、チェックアウト10時直後の10:20が最終、駅まで歩くと少しあるし、長居はしにくい感じ。

まあのんびり長居が出来たニューアカオが結構良心的、だったのかもしれないけど。

それと、ホテル内移動のための履物が、大き目の草履でちょっと動きにくく、普通のスレッパならいいのにね、と。

他の客も男女皆これを履いてたので、選択肢はなさそうで。
a0116217_02001337.jpg

部屋のアメニティも、洗顔フォーム、歯ブラシセットはあったけれど、お手入れ類は男物ヘアトニックやローションのみ。

そこら辺、まさに男性客仕様、というラフさだったり、部屋ランプが一部点かなかったり。

まあ、大浴場で母が忘れ物をしたかも、と戻った時、中年の従業員女性が親身になって隅々まで探してくれたり、

私が初日うっかりロビーに別のSDカードを落としてしまっていて、あんな小さなものなのに、

部屋に戻り際石坂浩二の絵の写真を撮ってる時、従業員女性がもしかしてお客さんのじゃないですか、と届けてくれて助かった、という丁寧な温かさはあったり。

結局10時過ぎの送迎バスで伊東駅へ。

車中女性客が運転手さんと話してて、昨日は宿泊が190人、今日は250人、だそうで、ちょっと基準は?だけど、そこそこ繁盛なのかも。

そういう今回の温泉ホテル滞在でした。


関連記事:花めぐりの旅三浦半島花めぐりの旅上信越花めぐりの旅八王子 スパとユーミン聖地巡り<1>荒井呉服店西立川 ユーミン聖地巡り<2>西立川駅、「雨のステイション」歌碑と昭和記念公園熱海旅行 アカオリゾート公国<1><2>

by MIEKOMISSLIM | 2018-04-29 23:43 | 旅行 | Trackback | Comments(0)

羽生結弦展

先日17日(火)、用で新宿まで出たついでに、足を延ばして23日まで日本橋高島屋でやっていた羽生くん展へ。

a0116217_23153594.jpg
先日のユーミン記事展のように、読売新聞主催。ジュニア時代~平昌五輪までの報道写真や記事、

+試合以外でのラフなショット、近年の実際の衣装やスケート靴、GPでのメダルなど200点の展示。今は大阪高島屋でやってるようで。

会場前では、イベント開始時に聞いた混雑ぶり、という程ではなく並んだのは5分位だったか?だけれど、ほぼ女性客の列が出来てて、さすがの賑わい、

入口に、撮影OKの「SEIMEI」ポーズなどの羽生くん大パネル。

a0116217_22344669.jpg

ジュニア時代の、人形服のような可愛いものもあり、やはりまず目についたのは記憶に新しい近年の実物衣装、

「すごい細いわね~」の声がちらほら、で、確かに思ったより、それを身にまとう羽生くんのスレンダーさ、を思わせるサイズ、

それと共に印象的だったのは、各衣装に散りばめられていた数々の小粒な光もの、で、

特にTVごしではただなめらかそうな生地、としか判らなかった「パリの散歩道」の青シャツの意外な煌びやかさ、とか、

やはりフィギュア独特の、ショー的華やか要素、というのも改めて。

写真の中で印象的だったのは、平昌のフリー前の練習中氷上でのショットで、緊張も最高潮の時間のはずだけれど、何かもう、やるべきことはやり尽くしてきた、という思いを醸し出すかのような清々しい表情。

それと、たまたま篠山紀信が機会あって撮った、という、高校時代の制服でスキップしてる素の姿。

あと、使い込んでる感じのスケート靴を初めて間近で目の当たりにして、スケートマンガでアイスダンスの靴の絵を見たことはあったけれど、

実物の、前方の尖った刃の鋭さが、これで人にぶつかったりしたら、それは大事故になりかねない、というのもひししひ。


a0116217_23581597.jpg
出口辺りに、小冊子が積んで あって、羽生くんや水泳の瀬 戸、松田選手の「勝ち飯」な ど、協賛の一つ味の素商品を 使ったメニュー本。<(C)(株)味の素↑>

この中の松田選手の「生姜焼き丼」を、早速その日の晩ご飯で、まあ味の素のじゃない粉末だしで、だけど、試したり。

a0116217_00023587.jpg
その冊子の隣には東京西川の枕を抱えた羽生くんチラシ、

商品いくら買うと、それに応じて羽生くんグッズプレゼント、とか、、まあスターゆえ色々各社アピールにもかり出されて、という感じ。

グッズ売り場も女性客の熱気漂ってて、何か手頃なものがあれば、とは思ってはいたけれど、

羽生くん写真やイラストのキーホルダー、マグネット、アクリルスタンドなどの小物は売り切れの種類が多く、

a0116217_00080284.jpg
各5枚ずつ、5種類のポストカードセットも、一番充実、と思った種類だけは売り切れ。

結局、6種類の¥450のA4クリアファイルの中から一番気に入ったのをゲット。裏には「応援 ありがとうございます!」の羽生くん文字。

このイベントは入場無料、まあもし千円、千5百円とかだったとしても、そこそこリッチな羽生ファン層で賑わったかと思うけど、

写真集とかも結構な売れ行きだったようで、グッズ収益で潤いはあるのだろう、と。

そういう所で、なかなか色々目の保養、ユーミン同様、羽生くんの”攻め”姿勢もじんわり刻んで、というイベントでした。<(C)読売新聞 A4ファイル表↓>

a0116217_21535965.jpg


関連サイト:羽生結弦展 サイト高島屋 羽生結弦展

by MIEKOMISSLIM | 2018-04-26 22:50 | スポーツ | Trackback | Comments(0)

瞳を閉じて~ユーミンが贈った旅立ちの歌~、SONGS 松任谷由実 etc ユーミンTV出演

先月後半以降、「ユーミンからの、恋のうた。」プロモーション関連で、いつになくユーミンTV出演目白押し。
a0116217_17585579.jpg
これ程の露出続きはこれまで覚えなく、気をつけていたつもりでも漏れてるものもあるかもしれないけど、<「SOMGS & FRIENDS」公演での配布チラシ→> 

中でも一番インパクト、というのは、先月21日(水)NHKの「あの日あの時あの番組」の、「瞳を閉じて」にまつわるこれまでの番組3つ+現在のインタビュー番組。



'76年4月放送の「新日本紀行『歌が生まれて そして~長崎奈留島~』、

これは子供の頃うっかり見逃す所だった直前、放送を友人が教えてくれていそいそと見て、しみじみ感動、当時田舎の家には録画機器などなく、まさに幻の珠玉番組。

’88年9月放送の「九州特集『瞳を閉じて ユーミンが贈った島のうた』は「瞳を閉じて」歌碑が出来た時初めてユーミンが奈留島訪問、のルポで、

これはその頃丁度私は上京したばかりで落ち着かず、多分チェックする余裕もなかったんだと思うけど、近年You tubeで見かけたのだった。

’15年12月の「SONGS SP『松任谷由実 見えないものを探して』」は、ユーミンが奈留高校創立記念で招かれ再訪問ルポ、

気をつけてはいたのだけれど放送日時勘違い?だったか、チェックし損ね、当時問い合わせても再放送も予定なく、痛恨のミス、と思っていて、まあ多少端折っていたようだけれど、今にして見られて良かった、という番組。


改めてつくづく思ったのは、一女子生徒のからの手紙で、行ったことのない島からの風景、そこから旅立つ若者への思いを、この清冽な珠玉の1曲にしてみせたユーミンの、凄まじい”念写力”、ということ。

本人も、その女子高生だった女性に案内された学校の教室から海を眺めて、感慨深げに「念写ですねぇ」と呟いていて、

この「瞳を閉じて」は「MISSLIM」の、「海を見ていた午後」と並んでの海を歌った永遠のマイベスト曲の1つだけれど、今回、今に続いているその軌跡を辿れて価値あった、という感じ。


次にインパクトは、先日の「SONGS」。縁ある金沢紀行、浅野川付近散策シーンもあって、是非「花紀行」は聞きたかったけれど、



「ジョコビニ彗星の夜」「セシルの週末」も生歌としてレア。

また、ユーミンの恩師金森千榮子さんとの施設での再会で、「ゆっくり、楽しみなさいよ」と声をかけられて、思わず感極まる感だったユーミン、というシーン、その後歌った「Hello,my friends」の、

特に「・・僕が生き急ぐ時には そっとたしなめておくれよ」というフレーズ、

認知症状態でもある金森さんにあえて、ユーミンや制作サイドから、効果を狙ってそういう言葉をかけるよう依頼、ということはまずあり得ないし、とは思ったけれど、

まさにジグゾーパズルのように、絶妙にはまった感、だったり、

金森さんと話すユーミンが、いつかこういう風に話せなくなる時が来る、というのを独特の強い感性で察知して思いをこらえる、という、今まで覚えないナマっぽい姿は、

創る曲での、必ず終わりは来るゆえに、一瞬の風景、感情を印象派のごとく美しくピン留めしようとする一貫した姿勢、感覚のメカの秘密を垣間見たような、というレアさ。


その他「MUSIC FAIR」での、「満月のフォーチューン」や、NOKKOとの「DESTINY」、「雨のステイション」、

「あさイチ」「嵐にしやがれ」での楽しいトーク、夜自転車に乗る時は防犯で、ガニ股で乗る、とか日常エピソードや、

気付かず見逃したけど、たまたまGYAO!で見られた「マツコの知らない世界」での、ユーミン好き大学生との3人でのほんわか不思議バランスのやり取りも面白く、

その素朴な感じの大学生は、ユーミン選手権にも出たコアファンの母の影響でユーミン好き故に、正隆氏が客員教授をやってて、苗場公演中継を学生がする東京工科大学メディア学部に入った!そうで。

a0116217_23114877.jpg
東京工科大って、偏差値的には中堅下っぽく、ちょっとチェックしたら今メディア学部は河合塾ので47.5。

大分前生徒の受験校候補で資料請求して以来、毎年学校案内<←(C)東京工科大学>や入試案内をマメに送ってくれるけれど、ユーミン夫妻とそういう関連っていうのは初耳。。


まあ今回目玉の「ユーミンからの、恋のうた。」については、3つのテーマ、Pure Eyes 純粋さを、捨てない・Urban Cowgirl "私”で、生きていく・Mystic Journey 旅を、やめない には大いに賛同!、

曲もユーミン自選だけあって、渋いラインを突いてて納得、なのだけれど、

これまでのオムニバスアルバム同様、何分オリジナルアルバムは全て手元にCDか録音があるので、どうしても購入食指が動かず、現状はやはりパス。

付属品のユーミン直筆の各曲ライナーノーツ、というのは是非目にしたいのだけれど、「日本の恋・・」も、プロコルハルムとの「青い影」録音のためにレンタルしたように、今回もレンタル品を待ってみるつもり。

ただそのCD購入で、秋からの公演チケット最速申込み用のシリアルコード付き、というのは結構引っかかって、迷いも出たのだけれど、

今年、意を決してせっせと申し込んだ苗場は見事空振り、やはり苗場を狙うならまともに一般申込みでは無理で、FCに再入会か・・というのもあるし、

来年3月の東京公演には、9月頃までにそのシリアルコード、次にFC入会、が現状チケット入手への妥当な手段、のようで、考慮中。

まあそういう所で、とにかく色々と、御年64にして相変わらずますます”攻め”なユーミンに勇気づけられる気もする昨今です。

関連記事:「8月31日~最後の夏休み~」チケット8月31日~最後の夏休み~<1><2>あなたがいたから私がいた ユーミン×帝劇Vol.2松任谷由実EXPOドームライブあの歌がきこえる「魔法の鏡」「海を見ていた午後」「卒業写真」松任谷由実コンサート THE LAST WEDNESDAY天国の本屋~恋火(’04)さよならみどりちゃん(’04)時をかける少女(’97)瞳を閉じてプレミアム10 松任谷・寺岡・ゆず等シャングリラⅢYuming Films(’07)「いちご白書」をもう一度(’75)ユーミンと映画・市川準監督そしてもう一度夢見るだろう/松任谷由実(’09)・No Reason~オトコゴコロ~/高橋真梨子(’09)TRANSIT2009チケットMusic Lovers・SONGS 松任谷由実<1><2>探検ロマン世界遺産 ユーミン×世界遺産TRANSIT2009コンサートShout at YUMING ROCKS('09)VIVA!6×7/松任谷由実(’04)時をかける少女(’10)RAILWAYS 49歳で電車の運転手になった男の話(’10)ミュージックポートレイト~人生が1枚のレコードだったら東日本大地震<2>Music Lovers 松任谷由実松任谷由実のオールナイトニッポンTV4僕らの音楽 松任谷由実・薬師丸ひろ子・おすぎMUSIC FAIR 松任谷由実NHK 東日本大震災チャリティー企画 ユーミン×SONGS 「春よ、来い」プロジェクトSONGS 松任谷由実RoadShow/松任谷由実(’11)手のひらの東京タワー/松任谷由実(’81)押入れの整理<1> <2><3><4>RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ(’11)春よ、来い in 紅白歌合戦SONGS 山本潤子SONGS 松任谷由実~2012スペシャル~鈴子の恋(’12)「春よ、来い」カバー 男性シンガー編「春よ、来い」カバー 女性シンガー編マンタの天ぷら(’97)・僕の散財日記(’05)/松任谷正隆虹色ほたる 永遠の夏休み(’12)才輝礼賛 38のyumiyoriな話 / 松任谷由実(’11)<1><2><3>ユーミンのSUPER WOMAN スペシャルプロローグ~「森本千絵と歩く霊峰」<1><2>ユーミンのSUPER WOMAN 「鶴岡真弓と訪ねる女神」<1><2>ユーミンのSUPER WOMAN 「長谷川祐子と現代美術をめぐる」<1><2>ユーミンのSUPER WOMAN 「軍地彩弓と歩く東京ファッション最前線」ユーミンのSUPER WOMAN 「軍地彩弓と歩く沖縄」<1><2>ユーミンのSUPER WOMAN 「中村うさぎとめぐる東京の夜」<1><2>ユーミンのSUPER WOMAN 「草間彌生の世界を訪ねて」ユーミンのSUPER WOMAN 最終回スペシャル 直感の旅、そして未来へ時をかける少女(’83)<1><2>松任谷由実 デビュー40周年 はてない夢の旅YUMING FOREVER by LESLIE KEE<1><2>ひこうき雲 / 荒井由実(’73)風立ちぬ(’13)<1><2>MASTER TAPE~荒井由実「ひこうき雲」の秘密を探る~<1><2>ひこうき雲/荒井由実(’73) ミュージッククリップ放映Dialogue / 今井美樹(’13)SONGSスペシャル 松任谷由実~生きるよろこび歌にこめて~POP CLASSICO / 松任谷由実(’13)「音楽の達人 Vol.72」~ユーミン特集~僕らの音楽 「僕らのユーミン」ユーミンの罪 / 酒井順子(’13)<1><2>YUMI MATSUTOYA LIVE - GYAO! MUSIC LIVE 北陸新幹線開業記念特別番組「金沢花紀行」by ユーミンユーミン曲 in 北国のストリートライブ八王子 スパとユーミン聖地巡り<1>荒井呉服店西立川 ユーミン聖地巡り<2>西立川駅、「雨のステイション」歌碑と昭和記念公園荒井由実「ひこうき雲」(’16)~”青の時代”名曲ドラマシリーズ~ YUMING×LOFT 缶バッジSONGS 松任谷由実 / MUSIC FAIR 松任谷由実・JUJUYUMINGと伊勢丹新宿店と130の出来事宇宙図書館 / 松任谷由実(’16)なりきりユーミン僕の音楽キャリア全部話します /松任谷正隆(’16)ユーミンとフランスの秘密の関係 / 松任谷由実(’17)読売新聞・報知新聞が報じたユーミンの45年ユーミン×帝劇Vol.3 朝陽の中で微笑んでSONGS&FRIENDS 荒井由実「ひこうき雲」

by MIEKOMISSLIM | 2018-04-22 19:08 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

被写体 / 三浦友和(’99)

先日、図書館から借りてた三浦友和のエッセイ本「被写体」読了。

これは少し前ふと、結婚前山口百恵が受賞の場で会場にかかってきた三浦友和からの電話で涙、の動画をYou tubeで見かけて、改めて何だかしみじみいいシーン、と感心、そういえば長らく気にはなりつつ未読だった、と思い出して読む気に。




近年の例によって、銀色夏生の「つれづれノート」シリーズと共に寝る前少しずつ、だけれど、読み易さもあって、気付けば結構一気に最後まで。


まあ読んでいる内に、ぼんやり覚えある三浦家への暴漢侵入事件など、本当に一歩間違えば大変な惨事になり得たような状況だったのだ、ということや、

今や2人共成長して芸能界にいるけど、子供の幼稚園入園の時の、夫妻とマスコミとの混乱、というか体を張っての攻防の、記憶より結構酷かった有様、などなど、

宿命的に「被写体」として追われる一家の想像以上のリアルな大変さ、と同時に、三浦友和という人が色々悩みつつも、彼女、子供を守ろうとする男気というか、一個人として地に足のついた姿勢が伺える文面に、

やはり百恵ちゃんが自身の輝かしいキャリアよりも、主婦になって一生を預けることを選んだ相手として、確かに見る目はあったかも、感しみじみ。

4/22追記:それにしても、当時のマスコミ包囲網の中、外に出ること=身の危険、という、例えるのも何だけどさながら”アンネ・フランク”状態だった百恵ちゃん。

無事長男出産、その子供の近い将来の幼稚園送り迎えのため彼女が運転免許をとろうとした際も、表現・報道の自由、という名目のもとで教習所に殺到したマスコミ。

ついに三浦友和の事務所から法務省の人権保護局、という所に働きかけて、各マスコミ機関に「勧告」してくれて、何とか殺到は止んだけれど、

彼の心中での、そういうお上からの勧告で、いともあっさり手を引くマスコミが「報道の自由」を唱える矛盾への憤り。

幼稚園入園式の際も、致し方なくその局に働きかけたけれど、事前に措置をとる行動は困難、と言われ、自分達だけで対応しなければならず、その結果があの騒ぎになって、夫妻、子供の心の傷になったこと。

出産の際などの、幾つかの夫妻のインタビューも、混乱を避けるため否応なく取らざるを得ない手段だった、とか、

一番印象的だった襲撃事件の直後の報道で、自宅の見取り図らしきものが紹介されたり、TVでのデリカシーのないゲストの言葉で百恵ちゃんが傷ついたり、

まあ、これは確かに「芸能人本」ではあるのだけれど、何だか「蒼い時」で彼女が三浦友和という人についての、出会った当時の割とぶっきらぼうな印象、飾らない率直なマスコミへの対応、のような節があったのが頭をよぎったりしたけれど、

これまで読んだ中でも、芸能界というある種特殊な世界に生きつつも、最も一般人感覚、で、(元)人気スターを取り巻く異様な状況を端的な文章で描いて世間に訴えたエッセイ本、という、ちょっと独特な後味の1冊でした。


                 <(C)(株)マガジンハウス>

a0116217_00111846.jpg






by MIEKOMISSLIM | 2018-04-18 00:40 | | Trackback | Comments(0)

さよなら、僕のマンハッタン(’17)

先週5日(木)、渋谷のユーロスペースで「さよなら、僕のマンハッタン」試写会、案内状が来ていて都合も合ったので、「いい加減な・・・」ブログのYamatoさんとご一緒して鑑賞。

a0116217_22213551.jpg

代表作らしい「(500)日のサマー」はタイトルを聞いたことがあるっていう程度、初見のマーク・ウェブ監督作。<チラシ→>

俳優陣も、ざっと見た所主演のカラム・ターナー初め馴染みの名はなく、Yamatoさんは割と色々出てる人もいる、とのことで、後で何人かはああ、あの見た作品に出ていたんだ、と分ったという感じ。

興味を引かれたのは、旅したことのあるNY舞台の青春(人間)ドラマ、ということと、

これまた馴染み曲ではなかったけれど、サイモンとガーファンクルの「ニューヨークの少年」という曲フィーチャー、という点で、原題も曲名と同じ「The Only Living Boy in New York」、



ちょっと期待したのは、もしかして「卒業」のように、他にもS&G曲が劇中流れてそれが甘酸っぱくストーリーと溶け合っているような?というようなことだったけれど、

実際は、これもS&Gのような?とは思ったけれど知らない曲はあって後で作品サイトの音楽欄で「Blues Run the Game」という曲だと判ったけれど、S&Gのはその2曲、

途中プロコルハルム「青い影」が流れたのは気付いて、他にはボブ・ディラン曲などあったようだけれど、私はそう音楽が印象的、という趣は特になく。

お話的にはまあ、ある程度のレベルのハイソ階級、そこそこ成功してる出版社の社長を父(ピアース・ブロスナン)に持つ、作家志望の青年トーマス(カラム・ターナー)の、恋愛、家族の過去の秘密も絡んだほろ苦さ+様々な心情混沌の青春もの、という感じ。



4/15追記:ちょっと鑑賞から時が経って、具体的には詳しく思い出せないけど、

上映後のトークショーで登場の、クラムボンというバンドの、映画通らしいミトも言っていたけれど、

作家志望青年が主人公、ということも関連して、ふとした科白が折に、人生観的に意味深いニュアンスがありそうだったり、

確かに再度、そういう所を気をつけて見れば趣も深まるかも、とは思う作品


でも今思い返して、この作品の後味としては、どうもトーマスと父の愛人ジョハンナ(ケイト・ベッキンセール)との接近~親密関係の唐突さ、節操無さっていうか、が今一解せない感じ。

当初は当然の流れ的に、精神的に不安定な母の状態もあり、家庭の平和を乱されるトーマスの憤り、だったのが、父との関係については彼女なりの言い分があり、愛人の立場なりの辛さがあるにせよ、

「あなたは私と恋人になりたいのよ!」的なニュアンスのことを当初から堂々言い放ち、その息子ともあっさり?というのが。。

トーマスが当初悩んでいた、半ばガールフレンドのミミ(カーシー・クレモンズ)との距離感などについて、的を得た大人のアドバイスしていた気がする謎の隣人ジェラルド(ジェフ・ブリッジス)も、

トーマスに、鼻から、彼女に近付きたいんだろう、と見越したような仄めかしがあって、やや?だったけれど、

いくらジョハンナが魅力的な女性だからといって、まあそういう複雑な立場の人間同士が、男女として結びつくまでの、それなりの心の機微というか流れが見えず。。

またまた結構な訳あり、だったジェラルド絡みの家庭の秘密、というのも、トーマスは懐深く受け入れて、というのも、そういうジョハンナとのことも経た上で、という含みを持たせ、

え、これで終わり?とあっさりラストを迎え、まあ青年の様々な青春の1ページ的なエピソード、という短絡的なくくり、

まあ結局純愛テイスト全う、で劇的エンディングだった「卒業」と比べても、とは思うのだけれど。


a0116217_23513558.jpg
いい面で、印象に残ったのは、精神的 に不安的でナイーブな母ジュディスを演じたシンシア・ニクソンの、深みある演技。<←チラシ>

ジョハンナ役のケイト・ベッキンセールは、見た中では「アビエイター」でエヴァ・ガードナー役だったようで、この作品でも”攻め”の動物的というか、魅惑の愛人モードだったけれど、

シンシア・ニクソンは、対照的な、昔の思いを胸に秘めてひっそりと家庭の隅で暮らす妻としての、静かな眼差し、物腰で、渋い存在感を醸し出していた感じ。

それと、後で作品サイトでマンハッタンやブルックリンの撮影スポットを見て、劇中そうメジャーな観光スポットなどはなかった覚えだけど、やはりNYの街並み、ビルや本屋の内装などは、視覚的にも楽しめたり。

そういう所で、まあやや消化不良的でもあった、渋めのNY舞台の人間ドラマでした。




by MIEKOMISSLIM | 2018-04-14 22:58 | 洋画 | Trackback(2) | Comments(2)

春の北海道展 うまいもの会

先日28日(水)、母と東京ミッドタウンでの花見(花見~MIDTOWN BLOSSOMにて~ )~国立新美術館での至上の印象派展 ビュールレ・コレクション 鑑賞の帰り、池袋に移動、今日まで西武池袋店でやっていた北海道展へ。

イートインでは、母はやはり歯の具合でステーキ、焼肉系は厳しそうだし、ピザも美味しそうではあるけど冒険だし、結局、江別の「本家 麺蔵」で、

私は赤、白味噌味を一度に楽しめるという「味比べ味噌ラーメン」に。コシのある麺で、今まで覚えない、何か理科の分子図?とか彷彿、の合体お椀での2通り味、ボリュームも程よく満足。

a0116217_23220387.jpg

母は「白味噌とんこつラーメン」にして、例によってメンマは噛めなかったけれど、美味しかった、と。

a0116217_23231584.jpg


デザートは、ソフトなどの候補の中から、商品券の関係もあってルタオのサンデーに。「みかんシーベリー フロマージュ」と「キャラメルショコラ」にして半分ずつ。

こじんまりカップではあるけれど、ソフトなケーキ、クリーム、薄洋菓子など色々、みかんの酸味ソース、キャラメル風味ソースも効いて、値段の割には密度ある一品、という感じ。

a0116217_23342880.jpg

そういう所で、目的の花見~印象派展~北海道展巡りでリフレッシュな1日でした。


関連記事:
フランス展/福岡・長崎展/パリ・モンパルナスに集う画家たち展桜さくらサクラ2009ルーヴル美術館展 美の宮殿の子供たち/北陸三県の物産展夏の大九州展秋の大北海道展秋の北海道展/イタリア展東西有名寿司と全国うまいもの大会/おめざファア九州・沖縄の物産展大北海道展奈良の柿秋田県とみちのく物産展(’10)冬の北海道物産展福井の羽二重餅とおかき/過去問大北海道展四国・山陽の観光と物産展にっぽん味めぐり/ぐるり全国味と技ルノワール~伝統と革新/味百選春の大北海道展/井の頭公園の桜福岡・長崎の物産展沖縄展築地の粋な味めぐり展大阪ええもん・うまいもん市大沖縄展九州・沖縄の物産展夏の大九州展秋の大北海道展大北海道展/秋の北海道物産展東西有名寿司と全国うまいもの大会秋田県とみちのく物産展(’11)福井県 若狭と越前の物産と観光展春の大北海道展四国・山陽の観光と物産展秋田県とみちのく物産展とスパ浅草ROXまつり湯九州・沖縄の物産展大北海道展春の大北海道展初夏の大北海道展長崎の物産展東西有名寿司と全国うまいもの大会&北海道大収穫祭冬の北海道物産展大九州展&全国うまいものめぐり長崎物産展 五島ばらもん揚げ初夏の大北海道展めんそ~れ~沖縄展秋の大北海道展北海道展福岡物産展イバラードの旅 第20回記念 井上直久展 / 食の大北海道展 北海道物産展ハワイアンフェスティバル鹿児島物産展 / 母のデジカメデビューピーターラビットの世界展うまいものめぐり展秋の大北海道展北海道うまいもの大会九州・沖縄物産展なにわ大阪 食いだおれ うまいものまつり


by MIEKOMISSLIM | 2018-04-10 23:51 | グルメ | Trackback | Comments(0)

至上の印象派展 ビュールレ・コレクション

先日28日(水)、母と東京ミッドタウンで花見(花見~MIDTOWN BLOSSOMにて~ )しつつ国立新美術館に移動、ビュールレ・コレクション鑑賞。

a0116217_23354976.jpg
スイスの大実業家ビュールレ氏が収集した、印象派の64点を10章に分けての展示

目玉の、ポスターやチラシ<→>に使われてるルノワール「イレーヌ・カーン・ダンヴェール嬢(可愛いイレーヌ)」など初め、

ルノワール、モネ、シスレー、マネ、セザンヌ、ドガなど網羅、なかなかの充実ラインナップ。

花見でずっと歩いてきたので、見る前に1Fのカフェでちょっと一休みすることにして、

私も母も今回の特別メニュー、アップル味のヨーグルトドリンク「アップル・ソイ・グルト」に。りんごの酸味+ヨーグルトのさっぱり風味で、喉も潤い一息ついた感。

a0116217_00184937.jpg

これは今美術館サイトで見たらピサロの「ルーヴシエンヌの雪道」の穏やかな空をイメージ、だったようで、たまたまこのカード(↓)を買っていて、そうだったのか、と。

a0116217_00164748.jpg

4/8追記:今回一番インパクトは、やはり目玉↑の「イレーヌ・カーン・ダンヴェール嬢(可愛いイレーヌ)」、私は多分初見、

その無垢な表情、光沢ある白いドレスや流れるような柔らかな髪の清楚な佇まいは、やはりルノワール画の美少女ルグラン嬢などにもひけをとらず、「絵画史上、最強の美少女」の謳い文句に恥じない気品。<カード↓>

a0116217_23403490.jpg


ナンバー2は、やはりルノワールの「夏の帽子」<カード↓>、これは後姿の少女がもう一人の少女の帽子飾りを整える、その2人の仕草や表情もさることながら、

2人のそれぞれに優雅な質感ある帽子が主人公、という感じ。<カード↓>

a0116217_00135377.jpg



その他カードを買ったのは、母は「・・イレーヌ嬢」とモネの「ジヴェルニーのモネの庭」(カード↓)、

a0116217_00094813.jpg

私はモネのでは「陽を浴びるウォータールー橋、ロンドン」(カード↓)、こういう手前に船が浮かぶウォータールー橋画は多分初見。

a0116217_00225834.jpg


それと「ヴェトイユ近郊のヒナゲシ畑」(カード↓)。

a0116217_00261813.jpg

シスレーの「ブージヴァルの夏」(カード↓)、

a0116217_00361121.jpg

マネの「ベルヴュの庭の隅」(カード↓)、これは印象派の影響を受けた作品とのことで、確かに一見モネ画?のようにも。

a0116217_00515948.jpg

ゴッホの「アニエールのセーヌ川にかかる橋」(カード↓)、当落線上の他の候補カードもあり買おうかどうか結構迷った末、結局オレンジドレスの女性に引かれてチョイス。

a0116217_00553932.jpg

それと今回唯一撮影可、デジカメで撮った出口前の大作、モネの「水仙の池、緑の反射」。

a0116217_01162711.jpg


そういう所で、そう多作品展示という訳ではなかったけれど好みラインが多く、満足のイベントでした。

関連記事:ラウル・デュフィ展クリーブランド美術館展大エルミタージュ美術館展ポンピドー・センター所蔵作品展オルセー美術館展モディリアーニと妻ジャンヌの物語展大回顧展モネサーカス展フランス印象派・新印象派展フィラデルフィア美術館展ルノワール+ルノワール 2人の天才が愛した女性ルノワール+ルノワール展 美の巨人たち モディリアーニ新日曜美術館 モディリアーニフランス展/福岡・長崎展/パリ・モンパルナスに集う画家たち展没後50年 モーリス・ド・ヴラマンク展モディリアーニ展芸術都市パリの100年展美の巨人たち ラウル・デュフィルノワール~伝統と革新/味百選ボストン美術館展 西洋絵画の巨匠たちプレミアム8<紀行>夢の聖地へ モネの庭語りかける風景マネとモダン・パリ印象派はお好きですか?マン・レイ展 知られざる創作の秘密オルセー美術館展 「ポスト印象派」モネ・ルノワールと印象派・新印象派展ザ・コレクション・ヴィンタトゥール画家と庭師とカンパーニュ(’07)セーヌの流れに沿って 印象派と日本人画家たちの旅没後120年 ゴッホ展 こうして私はゴッホになったモネとジヴェルニーの画家たちワシントン・ナショナル・ギャラリー展エルミタージュ美術館展 世紀の顔 西欧絵画の400年ユーミンのSUPER WOMAN 「長谷川祐子と現代美術をめぐる」<1><2>メトロポリタン美術館展 大地、海、空ー4000年の美への旅奇跡のクラークコレクションールノワールとフランス絵画の傑作ーSONGS 徳永英明印象派を超えて 点描の画家たちモネ、風景を見る目ー19世紀フランス風景画の革新オルセー美術館展 印象派の誕生ー描くことの自由ー魅惑のコスチューム:バレエ・リュス展チューリヒ美術館展新印象派 光と色のドラマと花見 in 上野公園フランスの風景 樹をめぐる物語 ーコローからモネ、ピサロ、マティスまでーポンピドゥーセンター傑作展デトロイト美術館展ランス美術館展ボストン美術館の至宝展ユーミンとフランスの秘密の関係 / 松任谷由実(’17)北斎とジャポニズムゴッホ 巡りゆく日本の夢

by MIEKOMISSLIM | 2018-04-08 00:27 | 芸術 | Trackback | Comments(0)

花見~MIDTOWN BLOSSOMにて~

先週28日(水)、母と花見~美術展~物産展巡り。

今年の花見は、国立新美術館での「ビュールレコレクション」展のついでに、近隣に名所はないか?検索したら、

「MIDTOWN BLOSSOM」というイベント名もあったのて、東京ミッドタウンで。

a0116217_23181301.jpg
行きは大江戸線で六本木駅まで行って、ミッドタウンインフォメーションで桜見物ルートを聞いて、地図付きのパンフレット<→>をもらって、

施設の裏側の公園エリア~桜並木を通って美術館まで。

そう広いエリアという訳ではないけれど、都会真っただ中、モダンなビル群+桜、というちょっとシュールな趣。

a0116217_23211751.jpg



a0116217_23041617.jpg




a0116217_23230310.jpg


a0116217_23241535.jpg
 



a0116217_23330864.jpg



a0116217_23262484.jpg

国立新美術館近くにも桜並木は続き、波打つグリーンガラスビルとのコントラストもなかなか見もの、というルートでした。

a0116217_23350049.jpg



a0116217_23391053.jpg

関連記事:桜さくらサクラ・2009春の大北海道展/井の頭公園の桜ラファエロ展と花見 in 上野公園新印象派 光と色のドラマと花見 in 上野公園 花見~善福寺川緑地にて~

by MIEKOMISSLIM | 2018-04-06 23:51 | 散策 | Trackback | Comments(0)
line

「KYOKO」は’02年に映画掲示板にスレッドを立てた村上龍監督、高岡早紀主演映画で、当ブログはそのスレッド、次のブログに続いての3代目です。マイペースで、長年ファンのユーミン関連初め音楽、美術展、仕事、グルメ(食事)、映画、本、日常、旅のことなどアップしてます。


by MIEKOMISSLIM
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30