人気ブログランキング |

タグ:試写会 ( 29 ) タグの人気記事


私は、マリア・カラス(’18)

先日11日(火)、神保町の一ツ橋ホールで、昨日公開の「私は、マリア・カラス」試写会、「いい加減な・・・」ブログのいい加減人(Yamato)さんとご一緒して鑑賞。

手掛けたのは、これが初の長編作品らしい、初耳だったトム・ヴォルフ監督。

a0116217_23494624.jpg
レジェンド歌姫マリア・カラスの舞台パフォーマンスやインタビュー、生活ぶりの映像、手紙、等でのドキュメンタリー。<チラシ表→>

手紙の朗読は、以前「永遠のマリア・カラス」という作品でマリア役を演じたらしい、ファニー・アルダン。

マリア・カラスって、有名スターとして名前は馴染みだけれど、思えば本人の歌声、姿、代表曲って特に具体的に浮かばず、だったけれど、

今回、圧倒的な声量、美声での滑らかな歌いっぷり、海運王オナシスとの華やかかつ波乱の恋愛沙汰もあり、押しも押されぬ大スターだったゴージャスな様子や、

反面、興行面でいわれなきバッシングを受けたり、長年の関係を築いていたオナシスの仕打ちによって深く傷つく、繊細な人間、女性としての面など、

こういう人だったのか、と大まかなことが今にして判った、という所。


12/23追記:そもそも自らの意志ではなく、その並みならぬ才能を活かそうとした母親の教育方針のたまもので歌手になったのだった、ということだけど、

印象的だったのは、やはりまず彼女の声帯=一つの名楽器、というような完璧というか見事な歌唱シーン、特に聞き馴染みの「カルメン」の「ハバネラ」とか。



今回歌に合わせ出た字幕で、漠然としたイメージ通り女側から相手を手玉に取る的な、まさにそういう内容だったのだ、と。

それと、体調的に不安定で、歌手としてのキャリアよりも女性として幸せならば、と、

愛するオナシスを頼る気持ちに傾く節の切々としたラブレターらしき手紙があったけれど、

その思いは受け入れられず、それどころか、彼とジャッキーの結婚を新聞で知った、という衝撃。

私はこのオナシスとジャッキーカップルについても初耳、この後日談も続いたけれど、

何ともゴージャスというか、濃いキャラクター3人の三角関係があったのだった、と。。

a0116217_04413800.jpg
でもマリアはその当時の大打撃から、不死鳥のように再び歌い、活躍し始めて、というのが、

やはり並外れた歌姫としての底力あっての人生の危機脱出、だけれど、ある種の孤独な宿命という感もあってじんわり切なかったり。<チラシ裏↑>


そういう所で、ほとんどその名を知るのみだったマリア・カラスの、実際の圧巻の歌唱シーン、そして人生の機微を味わえて、


故人題材のものとしては、当時の数々の映像、(個人としての尊厳を損なうというラインは、まあ越えてなさそうな)手紙など、

細部の取材で構成されていた音楽ドキュメンタリーで、満足でした。



by MIEKOMISSLIM | 2018-12-23 00:07 | 洋画 | Trackback(1) | Comments(2)

ピース・ニッポン(’18)

先日6日(金)、ニッショーホールで、今日公開の日本の風景ドキュメンタリー「ピース・ニッポン」試写会、「いい加減な・・・」ブログのいい加減人(Yamato)さんとご一緒して鑑賞。

a0116217_22084597.jpg
監督は中野裕之氏、初耳だったけどミュージッククリップを多く手掛けてる人らしく、

上映後トークショーに登場、8年に及んだ撮影エピソード、苦労などを穏やかムードで披露。<(C)チラシ表↑>

小泉今日子と東出昌大のナレーションで、全国200か所から厳選の自然、名所、花火など行事、動物などの映像が次々現れて、

BGMも心地よく、ちょっと体調的にも途中いつになく眠気に襲われたりしたけれど、大スクリーンでの色んな日本の美、雄大な自然を堪能。

a0116217_22533440.jpg
7/16追記:やや記憶薄れてるけれど、特に印象的だったのは、父島からの満天の星空。<←チラシ裏>

幼少期田舎の家の物干し場から見上げた、無数の星の天の川、が一瞬蘇って、

後年20代の頃には同じ物干しから見える星のボリュームは激減、の覚え、東京の夜空でも、たまにちらほら、程度。

今だにこういうレベルの星空が体感できるなら、他の名所とかなくても、価値ある気が。


それと、眠気にうつらうつら状態だった時、聞こえてきた「シルエット・ロマンス」、




本家大橋純子版ではなかったけれど、この曲で、はたと意識が戻り、

その時流れていた映像、雪と、紅葉だったか?建造物だったか?場所も見そびれ、聞きそびれたけれど、とにかく雪の白と、赤の見事なコントラスト。

また、最初チラシの表↑になっているのを見た時、お城の桜風景の方が良かったのに、と思った、地獄谷温泉の猿。

映像を見ると、そのくつろぎの表情が、何だかおじさんが猿の着ぐるみで?と思える位、温泉に気持ちよく浸かってる、人っぽくも見え、

動物にとっても”温泉は極楽”感が漂ってて、微笑ましく思えたり。


残念だったのは、うつらうつらしている間に、京都の伏見稲荷大社神社の千本鳥居、を見逃したこと。

後のトークで中野監督が、そういう観光地で、1時間の内で6秒は人が途絶える撮影チャンスが訪れるので、それをひたすら待つ、のような忍耐エピソードも。

音楽は、テーマ曲は竹内まりやだったけれど、「シルエット・・」の他インパクトは、東京だったか、都会の映像の時流れた細野晴臣の「悲しみのラッキースター」。



映像は、その他名物行事の大規模な花火、富士山や日光コーナー、神仏建造物など本当に多彩、日本のエキスを凝縮して味わえた、という感じ。





a0116217_13272570.jpg

試写会の後でPRONTOでお茶して、Yamatoさんはピーチスカッシュ、私はカフェラテ。

Yamatoさんが近場で行った真央ちゃん展や、今開催中の真央ちゃん主催アイスショーのチラシを頂いて、一緒に撮影。




関連サイト:「ピース・ニッポン」公式サイト象のロケット「ピース・ニッポン」

プレミアム10 YMOからHASへETV特集 細野晴臣 音楽の軌跡~ミュージシャンが向き合った「3.11」~ 追悼・大瀧詠一~朝 / はっぴいえんど(’70)MASTER TAPE~荒井由実「ひこうき雲」の秘密を探る~<1><2>SONGS & FRIENDS 荒井由実「ひこうき雲」

by MIEKOMISSLIM | 2018-07-14 22:16 | 邦画 | Trackback(1) | Comments(2)

アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル(’17)

先日28日(土)、一ツ橋ホールで明日4日公開の「アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル」試写会、

案内状が届いていて都合も合ったので、「いい加減な・・・」ブログのYamatoさんとご一緒して見てきました。


思えばこれまでフィギュアもの、といえば、ナンシー・ケリガン自身もチラッと出演してたのだった、コメディ「俺たちフィギュアスケーター」を見ていた位。

a0116217_16082321.jpg
今回のは、かの’94年ケリガン襲撃事件題材で、ハーディングの幼少期からの波乱含みの人生、核心となる事件への絡み具合、その後の顛末など、

まあドキュメンタリーではないし、全くの事実か?というのはあるけれど、<チラシ↑>

今にして、あのショッキング事件の内幕って、大まかにはそういうことだったのか、という、展開に引き込まれる構成、

不遇な境遇から、突出した才能、バイタリティで栄光に向けて昇りつめつつ、事件で失墜したハーディング自身、その母、事件の首謀者達の色んな意味で強烈なキャラクター。

まあ何分主人公がハーディング、女子フィギュア界舞台でも、優雅さというのはほぼ期待してなかったけれど、思った以上に結構キツい後味、という感じ



ハーディングの境遇ってこんなだったのだ、と今回知ったけれど、貧しい家庭、

アメリカのフィギュア界で求められるハイソっぽい装い、毛皮のコートなどなく、父が狩りで仕留めたウサギの皮を剥いでの物笑いにされた手作りコートや、

才能で頭角を現した頃でさえ、折々彼女自身が衣装を縫って作るシーン、など、何だか切ないものが。


父が家を去り、残された彼女と厳格、暴力的な母ラヴォナ(アリソン・ジャネイ)の砂を噛むような生活。

巡り合った恋人~夫ジェフ(セバスチャン・スタン)とも幸福な時期はありつつ、次第に彼のDVに悩まされ、それに反撃するワイルドな彼女の姿もあったけれど、

結局離れつよりを戻したり、この夫との腐れ縁が、いかれた男ショーン(ポール・ウォルター・ハウザー)にも繋がって、問題のケリガン事件勃発、

彼女自身にも責められる行動はあるけれど、彼女自身も脅迫状を受け恐怖で試合を回避という状況で、

幼少期からの家庭環境、夫とのDV当然の暮らしなどで、凶悪犯的レベル、まで行かずとも彼女自身の感覚もマヒ~転落への道やむなし、という感じ。

そこら辺のドラマを、折々彼女自身や他の人物が、劇中インタビュー形式や、

シーンの途中、ふと観客に語りかけるように醒めた口調でサバサバと解説したり、というのも、何だかコミカルな味。


a0116217_00263019.jpg
それと印象的だったのは、やはりスケ―ティングシーン。<←チラシ裏>

氷上シーン以外でも、折に実際の当時の映像が織り込まれていて、エンドロールに流れたのは本物のハーディングの演技、

果たして主演女優のスケート能力ってどんなものか?というのも見る前の興味の一つで、

まあ回転シーンとか上手く映像テクニックを使っていたのだろうけれど、割と至近距離での演技シーンも多く、結構迫力、臨場感。

マーゴット・ロビーもなかなかの滑りっぷり、と見受けられ、幼少期のハーディング役マッケナ・クレイスもだけれど、それなりの素養はあたのだろう、と思っていたら、

フィギュア歴はなく、今回のために相当練習した、そうで、まあ元々運動能力はあったのだろうけど、なかなか大したもの。

ハーディングって、思えばアメリカ初のトリプルアクセル成功者、やはり彼女に優雅、繊細な魅力で勝負、といっても無理だったのだろうけれど、

改めて、まあその人生ともだぶるような、やはり伊藤みどり路線のダイナミック、力強いスケ―ティングで、それがこの作品の風味、にもなっていたような。

それと印象的だったのは、事件の後、涙の靴紐騒ぎがあったリメハンメルでの出番前、1人鏡の前で化粧を整える悲壮な表情や、

四面楚歌のハーディングを訪ねて来た母ラヴォナ、そこで距離があった母子の真の絆が・・と思われた所、いっそうハーディングの孤独が際立つ結果に、というシーン。

今回も、この監督クレイグ・ギレスピーもだけれど、俳優陣にも馴染みの名はなし、だったけれど、

後で、この母役アリソン・ジャネイは「ヘルプ~心がつなぐストーリー~」で、ヒロインの母役だったのだった、と。

アリソンはこの演技でアカデミーとゴールデングローブ賞助演賞受賞、だったそうで、

マーゴットもハーディングの濃い味に加えて繊細さも醸し出す熱演だったけど、アリソンも確かにその個性に押されない、結構冷徹でキツい存在感。


あの事件後のハーディングって、何かプロレスやってたような?という覚えだったのだけれど、劇中ではボクサーをしてたり、現在7才の息子の母、というくだりもあって、それなりに人生をやっているようで。


まあやはり真央ちゃんや日本の主な女子選手達の、それぞれ苦労はあっても基本的に恵まれた環境、周囲の協力、という中からの、ひたむきでピュアなムード、などとは異質な世俗感満載な世界、

ハーディングを知ってる世代なら、おおよそ作品テイストの察しはつくだろうけれど、もし優雅さもあるであろう女子フィギュアもの感覚、で見たりしたら、後方から頭をガツンと殴られる、感じのアクの強いキツさ。

予想よりも、スケートシーンも含め、”あの事件”題材の人間ドラマ的に見応えあった、という異色作でした。

a0116217_02431456.jpg

<見る前に、近場のPRONTO九段下店でお茶、「つぶつぶいちごミルク」ドリンク、Yamatoさんは「ジャコ高菜スパゲティ」も。

サイトでチェックしてた「いちごミルクシフォンケーキ」この店にはなくて残念。>




関連サイト:アイ、トーニャ 史上最大のスキャンダル サイト
象のロケット 「アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル」

by MIEKOMISSLIM | 2018-05-03 17:01 | 洋画 | Trackback(4) | Comments(2)

さよなら、僕のマンハッタン(’17)

先週5日(木)、渋谷のユーロスペースで「さよなら、僕のマンハッタン」試写会、案内状が来ていて都合も合ったので、「いい加減な・・・」ブログのYamatoさんとご一緒して鑑賞。

a0116217_22213551.jpg

代表作らしい「(500)日のサマー」はタイトルを聞いたことがあるっていう程度、初見のマーク・ウェブ監督作。<チラシ→>

俳優陣も、ざっと見た所主演のカラム・ターナー初め馴染みの名はなく、Yamatoさんは割と色々出てる人もいる、とのことで、後で何人かはああ、あの見た作品に出ていたんだ、と分ったという感じ。

興味を引かれたのは、旅したことのあるNY舞台の青春(人間)ドラマ、ということと、

これまた馴染み曲ではなかったけれど、サイモンとガーファンクルの「ニューヨークの少年」という曲フィーチャー、という点で、原題も曲名と同じ「The Only Living Boy in New York」、



ちょっと期待したのは、もしかして「卒業」のように、他にもS&G曲が劇中流れてそれが甘酸っぱくストーリーと溶け合っているような?というようなことだったけれど、

実際は、これもS&Gのような?とは思ったけれど知らない曲はあって後で作品サイトの音楽欄で「Blues Run the Game」という曲だと判ったけれど、S&Gのはその2曲、

途中プロコルハルム「青い影」が流れたのは気付いて、他にはボブ・ディラン曲などあったようだけれど、私はそう音楽が印象的、という趣は特になく。

お話的にはまあ、ある程度のレベルのハイソ階級、そこそこ成功してる出版社の社長を父(ピアース・ブロスナン)に持つ、作家志望の青年トーマス(カラム・ターナー)の、恋愛、家族の過去の秘密も絡んだほろ苦さ+様々な心情混沌の青春もの、という感じ。



4/15追記:ちょっと鑑賞から時が経って、具体的には詳しく思い出せないけど、

上映後のトークショーで登場の、クラムボンというバンドの、映画通らしいミトも言っていたけれど、

作家志望青年が主人公、ということも関連して、ふとした科白が折に、人生観的に意味深いニュアンスがありそうだったり、

確かに再度、そういう所を気をつけて見れば趣も深まるかも、とは思う作品


でも今思い返して、この作品の後味としては、どうもトーマスと父の愛人ジョハンナ(ケイト・ベッキンセール)との接近~親密関係の唐突さ、節操無さっていうか、が今一解せない感じ。

当初は当然の流れ的に、精神的に不安定な母の状態もあり、家庭の平和を乱されるトーマスの憤り、だったのが、父との関係については彼女なりの言い分があり、愛人の立場なりの辛さがあるにせよ、

「あなたは私と恋人になりたいのよ!」的なニュアンスのことを当初から堂々言い放ち、その息子ともあっさり?というのが。。

トーマスが当初悩んでいた、半ばガールフレンドのミミ(カーシー・クレモンズ)との距離感などについて、的を得た大人のアドバイスしていた気がする謎の隣人ジェラルド(ジェフ・ブリッジス)も、

トーマスに、鼻から、彼女に近付きたいんだろう、と見越したような仄めかしがあって、やや?だったけれど、

いくらジョハンナが魅力的な女性だからといって、まあそういう複雑な立場の人間同士が、男女として結びつくまでの、それなりの心の機微というか流れが見えず。。

またまた結構な訳あり、だったジェラルド絡みの家庭の秘密、というのも、トーマスは懐深く受け入れて、というのも、そういうジョハンナとのことも経た上で、という含みを持たせ、

え、これで終わり?とあっさりラストを迎え、まあ青年の様々な青春の1ページ的なエピソード、という短絡的なくくり、

まあ結局純愛テイスト全う、で劇的エンディングだった「卒業」と比べても、とは思うのだけれど。


a0116217_23513558.jpg
いい面で、印象に残ったのは、精神的 に不安的でナイーブな母ジュディスを演じたシンシア・ニクソンの、深みある演技。<←チラシ>

ジョハンナ役のケイト・ベッキンセールは、見た中では「アビエイター」でエヴァ・ガードナー役だったようで、この作品でも”攻め”の動物的というか、魅惑の愛人モードだったけれど、

シンシア・ニクソンは、対照的な、昔の思いを胸に秘めてひっそりと家庭の隅で暮らす妻としての、静かな眼差し、物腰で、渋い存在感を醸し出していた感じ。

それと、後で作品サイトでマンハッタンやブルックリンの撮影スポットを見て、劇中そうメジャーな観光スポットなどはなかった覚えだけど、やはりNYの街並み、ビルや本屋の内装などは、視覚的にも楽しめたり。

そういう所で、まあやや消化不良的でもあった、渋めのNY舞台の人間ドラマでした。




by MIEKOMISSLIM | 2018-04-14 22:58 | 洋画 | Trackback(2) | Comments(2)

ぼくと魔法の言葉たち(’16)

26日(日)原宿クエストで、来月8日公開の「僕と魔法の言葉たち」試写会、「いい加減な・・・」ブログのいい加減人(Yamato)さんとご一緒して見てきました。

a0116217_2256945.jpg前もって作品チェックはせずに行って、案内状をざっと見た限りでは、実話ベースのファンタジックな作品、というイメージだったけれど、

実際は生粋のドキュメンタリー、今回のアカデミー賞ドキュメンタリー部門にノミネート作品だったのだった、と。<↑チラシ>

アメリカの普通の平和な一家、サスカインド家の次男オーウェンが、2才の時突然自閉症になってしまい、治療への手がかりも全くないまま途方に暮れる両親。

でもある時、一見無意味な彼の言葉が、ビデオで慣れ親しんでいたディズニー「リトル・マーメイド」のセリフだ!と父が気付き、そこから光が差し込んできて・・という、

彼本人の幼少期~近年、彼を見守り続けてきた家族の「難病ファミリードキュメンタリー」、と言ってしまえば重苦しい題材ではあるけれど、

全編に登場の数々のディズニーアニメのテイスト、主人公オーウェン自身のキャラクターもあって、何だか重さがほのぼのと軽減されつつ鑑賞出来た、という感じ。


a0116217_2303071.jpg印象的だったのは、オーウェン同様障害を持つガールフレンド、エミリーとの仄かな恋模様、

何だか2人のピュアさゆえ、微笑ましくはあるけれど、危うさもありそうで大丈夫だろうか?と思っていたら、やはり壁が・・というくだり、何だか切ない一つのヤマ場、

父のサポートもあったようだけれど、辛さをこらえ、現実を踏まえて前向きに歩を進めたオーウェンの姿勢にあっぱれ、というか。<↑チラシ裏>


それと、父ロン・サスカインドはピュリッツァー賞受賞歴もあるらしい有能なジャーナリスト、まあオ―ウェンを色々サポート出来る一家の結構裕福な経済状況、という恵まれた背景も感じつつ、だけれど、

両親、兄ウォルトが三人三様に彼を気遣い一喜一憂する理屈抜きの家族愛、もディズニー同様、全編に漂い、

特に母コーネリアの折々の独白部分には、不遇な息子を思う嘘偽りない真心が滲み出ているようで、何だかしみじみ。

ウォルトも、両親も老いていく今後、弟の人生を背負うある種の覚悟、兄としての率直な誠意を語ったり、

ロンもそういう姿勢、誠意は同様だけれど、鑑賞後Yamatoさんがおっしゃってたけれど、職業がジャーナリスト、ということで、そういう職業らしい息子への対処、という面もあったかと。

まあもし普通の親だったら、もっと動揺、絶望で、そもそも息子がディズニー作品だけには反応、に気付いたか?

仮に気付いたとしても、それを糸口に徹底して努力、という柔軟な方向に至っただろうか?とも思ったり。


それにしてもこれを見ていて、ウチに来ている生徒の一人、多動性障害を持つ高3生徒のことが自然と思い出されて、

彼も日常生活は特に大きな支障なく、あっけらかんとしたキャラで、今中2レベルの英語の授業もそれなりに進むのだけれど、

コミュニケーション的に言葉のキャッチボールが真っ当に成り立つのは、主にラジオ局、鉄道、野球、巨人とかの分野でという感じ。

a0116217_0353785.jpgそういう特定の興味ある分野に関しては、結構な細かい知識、探求心、粘りがあって、そういう力はもしかして人並み以上?とも思う時もあったり、<→小チラシ>

オーウェンも、原石的な能力、才能的には結構なものがあって、おそらくその繊細さの代償として自閉症に見舞われた?という不遇さもあるけれど、

周囲のサポートもあったからこそだけれど、ディズニー世界を通して歩みを進めてこれたのも、やはり本人の元々の資質もあったのだろうと。

その生徒は今はお母さんやお祖母さんが健在、たまに悶着もあるようだけど、温かく見守られているけれど、一人っ子で、ウォルトのような存在はおらず、

オーウェンは今まさに相応しい仕事に就いているようだけど、そういう、何かハマって活かせる道が見つかれば・・とも改めて。

そういう所で、ちょっと当初の想像とは違ったけれど、題材の重さにしては明るい後味、惜しくもアカデミー受賞は逃したらしいけれど、91分、特に中だるみもなく見応え感。



a0116217_0134138.jpgこの上映後、プレゼント抽選会、というのがあって、

入口で配られた紙にある番号によって、1万円~500円分原宿クエストで使える商品券が当たり、

1~3等までは、その場で司会の女性が番号を読み上げて、該当者が前に出てきて受け取り、以下はその紙の裏に印があれば当選、帰りに出口でもらう段取り。

a0116217_0294740.jpgまあ合計確か110名位だったか、結構な当選率、2人とも500円のがめでたく当たり。

期限が4月末まで、それまでにまた来る可能性も低いし、私は1Fのカフェで、丁度500円でチョコマフィンとクリームサンド菓子2つをゲット(↑2つ上)。

それと飲食関係で、試写会前にお茶しに入った近くの千疋屋で、ケーキセットにして、Yamatoさんはプリンデザートとブレンドコーヒー(↑)、

a0116217_0305280.jpg私はバナナケーキとカフェラテにして、(←)

バナナケーキはメニューの写真の印象よりはかさがあって、濃厚、なかなか美味しく味わい。


そういう所で、ちょっとグルメ+先日の「ストロングマン」に続き、ユニーク作品試写会で満足イベントでした。

関連サイト:僕と魔法の言葉たち サイト僕と魔法の言葉たち Twitter象のロケット「ぼくと魔法の言葉たち」千疋屋 サイト



by MIEKOMISSLIM | 2017-03-29 01:06 | 洋画 | Trackback(1) | Comments(2)

ストロングマン(’15)

先週16日(木)渋谷ユーロスペースで、25日公開のギリシャ映画「ストロングマン」試写会、案内メールが来ていて、都合も合ったので出かけて鑑賞。

a0116217_23284166.jpgこの劇場も随分久方、前に来たのはサーフィンのドキュメンタリーだったか?いつ頃か思い出せず。<→チラシ>

メールを印刷した地図を見ながら、東急本店の角を曲がったけれど、

もしかしてもう1本先か?間違っていて、開演時間に間に合わなかったら入場出来ない、とのことなので、やや不安に思いながら進んだら、無事覚えある劇場発見。

珍しいギリシャ映画、スタッフ、俳優に知る名もなく、監督のアティナ・ラヒル・ツァンガリは「ビフォア・ミッドナイト」の共同プロデューサーで女優としても出ている、というのが引っかかった位。


6人の中年男たちが、クルージング中、ふとした話の流れで、色んな面で一体誰が一番最高の男、ストロングマンなのか?自分達で判定するゲームをすることに、という、

あらすじ的には緩い笑い?系と思っていたのだけれど、どうも序盤~前半、時折、6人のふとした仕草が”採点”されたり、笑いが起こるユーモラス場面もありつつ、

さしたるストーリー展開もエスプリシーンもなく、やや眠気に襲われつつ、だったけれど、

中盤頃6人の中のディミトリス(マキス・パパディミトリウ)の彼の一芸口パク、懐かしい調べ「Loving You」のミニー・リパートンのハイトーンボイス+彼の渾身のパフォーマンスで目が覚めた、という感じ。

a0116217_23413679.jpgそこら辺から彼のキャラがそこはかとなく愛嬌醸し出し、

何だかルックス的にも、普段接している高3男子の天然ワイルドキャラと少し重なったりで、可笑しかったり。〔←チラシ裏>

他の5人の誰だったかの、メンバーたちが逃げ腰の、常軌を逸した友愛の証の要求に、ディミトリスだけが、そのピュアさ?か人の良さか?で応じて・・のシーンも「Loving・・」と共にハイライト。

終わってみれば、まあある種船内でのの密室劇、結局誰がNo1か?というそもそもの趣旨はさておき6人(+2人の世話係クルー)の個性が反発したり歩み寄ったり、確かに緩い笑いっぽい味わい。

終了後、ギリシャに詳しい女性のインタビュー形式での短いトークがあって、今回出ていたのはギリシャで色々劇等に出ている常連の面々、

確かに一番イケメンだったクリストフ役のサキス・ルヴァ―スは歌手で、ギリシャでは珍しい「アイドル」だとか。

まあそういう所で、久方の試写会、まさにミニシアター系、ちょっとシュール風味の緩いコメディを見た、という後味でした。



by MIEKOMISSLIM | 2017-03-23 23:36 | 洋画 | Trackback | Comments(0)

超高速!参勤交代 リターンズ(’16)

先日3日(水)、丸の内ピカデリーで来月公開の「超高速!参勤交代 リターンズ」試写会、招待状が来ていて都合も合ったので、見てきました。


a0116217_2347299.jpgこれは、未見だけれど’14年作品の続編、

江戸時代、磐城国の弱小藩、湯長谷藩が、腹黒い老中の陰謀で、超短期間での「参勤」を命じられたものの見事達成、というのが前作で、

その後日、今度は、国元での一揆で城を乗っ取られる一大事に、再び超高速での「交代」~城での攻防、というこの作品。<↑チラシ>


参勤交代って、高校の日本史教科書を見てみても、そういう説明はないけれど、国元→江戸の行きが「参勤」、江戸→国元の帰りが「交代」だったのだった、と今にして。

舞台挨拶で、深キョンが、どういう映画かというと、参勤と交代の物語、という単純な説明ですむ、のようなことを言っていて、今回の交代編を見ても、その通りなのだけれど、

バラエティに富む藩の一行の面々、邪魔されながらも先を急ぐためのコミカルな駆け引き、カリスマ感はないけれど、藩主内藤政斡醇(佐々木蔵之介)の人情味VS悪玉老中松平信祝(陣内智則)のコントラスト、

ダイナミックな殺陣、戦闘シーン、花を添える、内藤の妻になったお咲(深田恭子)の風情、市井の民衆達の奮闘ぶりとか、なかなかのエンタメ時代劇、という後味。


会場に着いたのが、開演20分前で、やや急いで9Fの劇場入口に行ったら、1Fで座席券との交換が必要、とのことで、また下へ行って、窓口で手続きしようとしたら、

残り座席は、舞台挨拶は立ち見+作品鑑賞は一番前の席、か、舞台挨拶も作品も座って見られる2F後ろの席しかない、とのことで、やや迷って2Fの方に。

その番号の席は、何と2Fの一番後ろで、まあ中央寄りだし、舞台まで凄く遠い、というわけではないけれど、

私の視力では、舞台挨拶の俳優、監督の顔はぼんやりとしか見えないだろう、という距離で、ちょっと後悔。


登場したのは、本木監督と総勢12名の俳優陣、司会者が、前作を見た人は?と客席に呼びかけたら、やはりほとんど前作を見た人が多いようで。

まあ陣内智則、西村雅彦、「花子とアン」の父親役だったのが記憶に新しい伊藤剛志、柄本時生、リメイク「時かけ」の中尾明慶、あでやかな着物姿の深キョン、などメジャー俳優も色々だけれど、

私は一番感慨、といえば、「紙屋悦子の青春」の原田知世の舞台挨拶の時のような感覚で、歳はとってるといえぞ、ナマ富田靖子、だったかも。

富田靖子はこの続編で初参加だったようで、一番端にいて、コメントでもそう目立っていた訳ではないけれど、

「アイコ16歳」「さびしんぼう」「BU・SU」「南京の基督」とかの珠玉作の名残で、その佇まい、表情とか、もう少し近くで確かめたかった、とちょっと残念。


男性陣は、作品柄、2作目ということもあってか、結構和気藹々、終始ラフで賑やかなムードで、いじられキャラっぽいのは、多分最年少らしい知念侑季で、

私は初耳だったけれど、Hey! Say! JUMPというグループメンバーのようで、彼の紹介、話す時だけは、客席から女性のキャーッという歓声で、劇中、弓の名手役で、アップにもたえる、草食系のなかなかのイケメン。


a0116217_23475361.jpgあと、異色出演者は、前作からの柄本時生演じる増田の相棒の小猿役、菊千代。

世話役の女性に見守られながら、ひょうきんな存在感で笑いを誘っていて、劇中ではそう目立って笑いを誘う、という訳でもなかったけれど、何か人慣れした猿として、自然に溶け込んでいた、という感じ。

終演後、ロビーで、菊千代の撮影会、みたいなイベントがあって人盛り、皆携帯で撮影してて、近くで見る菊千代は、小柄だけれど、その無邪気な仕草に可愛い~!という声もあがってて、

私はデジカメを持っていかなくて残念だったけれど、傍らのスタッフが配ってた名刺?<↑>をもらったり。


a0116217_21501495.jpg8/14追記:劇中、インパクトシーンといえば、彼らの「交代」を阻止しようとする宿場での検閲の目を逃れるため、

シンプルなからくりで大行列に見せかけたり、”死ぬしかない”の言葉通りの奇策のコミカルさ。<↑チラシ内部>

また7人と1匹VS1000人、規模的には絶体絶命の城での攻防、藩の面々の刀、弓さばきもさることながら、女性陣や農民の奮闘、目くらまし作戦のダイナミックさ、

内藤のしみじみ人間味にじむ信祝への語りかけ、それによる信祝のバックにつく叔父の松平輝貞(石橋蓮司)や尾張柳生の武士達への心理的効果、とか、まあ勧善懲悪ベースの後味良さ、など。

a0116217_2151148.jpg俳優では、見る前は余り気にしていなかった、主演の佐々木蔵之介。<←チラシと共に配られた新聞>

この人って正直、これという際立った押し的な特徴のない、堅実な脇役スタンス、というイメージだったけれど、

こういう弱小藩の、豪快さというよりナイーブ感、でも筋を通そうとする誠実さ+さりげなく人情味の殿様役、というのにハマってて、なかなかの渋さ、と再認識、という感じ。


そういう所で、ほどよく人情味織り交ぜての、コミカル時代劇を楽しんだ、という今回でした。

関連サイト:超高速!参勤交代 リターンズ 公式サイトAmazon 「超高速!参勤交代」象のロケット「超高速!参勤交代 リターンズ」
関連記事:犬と私の10の約束(’05)サマータイムマシン・ブルース(’05)県庁の星(’06)間宮兄弟(’06)UDON(’06)アジアンタムブルー(’06)虹の女神(’06)愛の流刑地(’07)憑神(’07)ぼくたちと駐在さんの700日戦争(’08)あしたの私のつくり方(’07)テニスの王子様(’06)時をかける少女(’10)ノルウェイの森(’10)東京タワー~オカンとボクと、時々、オトン~(’07)犬神家の一族(’06)(「市川崑物語」スレッドの9)、天使(’06)スローなブギにしてくれ(’81)どら平太(’00)理由(’04)苺の破片(’05)四日間の奇蹟(’05)春の雪(’05)ゲルマニウムの夜(’05)さくらん(’07)HERO(’07)明日への遺言(’08)私は貝になりたい(’08)RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ(’11)BU・SU(’87)kitchen~キッチン~(’97)ロード88出会い路、四国へ(’04)

 


by MIEKOMISSLIM | 2016-08-11 23:50 | 邦画 | Trackback(5) | Comments(0)

龍三と七人の子分たち(’15)

先日31日(火)、先週の「エイプリルフールズ」に続いて同じ神保町の一ツ橋ホールで今月25日公開の「龍三と七人の子分たち」試写会、「いい加減な・・・」ブログのいい加減人(Yamato)さんに誘っていただいて見てきました。


a0116217_0273366.jpg北野武監督新作で、北野作品といえば私は「監督・ばんざい!」以来、今回のも近年のヤクザものの一環かと思ってたら、もろハードボイルドというより、コミカル任侠もの、というか、

たけし本人は刑事役で出ていて、中心は元ヤクザの老人たちグループ、演じるのも、主演の龍三役藤竜也はじめ、平均年齢72才、というベテラン陣。おまけに音楽担当も、まあ60代だけれどベテラン鈴木慶一。<→チラシ>

彼らが、今時のオレオレ詐欺などで悪事を働くチンピラ集団「京浜連合」を征伐すべく、再び龍三を親分とする「一龍会」を結成して、一旗揚げようとするのだけれど、

何分、拳銃を持つ手もブルブル震えるご老体集団、その笑いを誘う奮闘ぶり、今時の感覚と彼らの任侠メンタルとのギャップ、折に混じるそれなりの人情っぽさ、とか、

たけし流?ブラックユーモアも交じってたけれど、正直ちょっと意味不明?だった「TAKESHIS'」「監督・ばんざい!」などより流れ的にわかりやすく、面白かった、という感じ。


a0116217_255510.jpg4/7日追記:概して京浜連合の今のチンピラ達は、昔のヤクザ老人達に敬意を払ってる風はなく、特に強気な幹部達は、はなから見下してるのだけれど、

下っ端メンバーが単独で老人達に一杯食わせようとする時、オレオレ詐欺を信じた龍三の、息子の不始末に筋を通すため指を詰めようとそうとするパフォーマンスや、老人たちの拠点で入れ墨群を目の当たりにして、<←チラシ裏>

何か理屈抜きの圧力を感じて、思わずひるんで逃げ出すシーンとか、あっさり一筋縄ではいかない微妙な力関係の空気なども、たけし目線、なのか、ちょっとリアルな気もして可笑しかったり。


一番インパクトシーン、といえば、やはり終盤の、老人達がバスジャック、京浜連合の連中の車を追って、狭い商店街の店先をなぎ倒しながらの暴走チェイス、だけれど、

滑稽さ的には、龍三がキャバクラママ(萬田久子)の部屋で京浜連合幹部達とニアミス、ママの下着をまとって脱出、ゲイバー界隈で同業者と思われてゲイ達に絡まれて、のくだりで、

藤竜也は私は「村の写真集」での父役以来だったのだけれど、まあひたすら渋イメージだった「愛のコリーダ」俳優も、こういうシーンまでやるように・・とちょっと苦笑。

その兄弟分の若頭のマサ役の近藤正臣も、昔は2枚目イメージ、随分歳もとった、とは思ったけれど、こういうコミカルさ、というのもやや意外。

そうイメージギャップなかったのは、馴染みあった中では、はばかりのモキチ役の中尾彬、だけれど、終盤彼の身に起こる急展開、扱われ方は結構ブラックユーモアな、というきわどさ。


a0116217_224137.jpg4/8追記:こういう老人躍動ものって、前に「死に花」というのがあった、とは浮かんで、そこそこ面白かった覚え、でもどうも詳細薄れてて、ちょっと検索したら、

犬童監督作品で、老人ホームのおじいちゃん集団が銀行強盗をやろうとする、みたいな話だったのだったけれど、これはまあそのやさぐれ北野版、というか。<↑チラシ中>


今回も、老人ホームからやってきたカミソリのタカ(吉澤健)というキャラクターもいたけれど、そもそもが元ヤクザ老人達、

龍三は家で、息子夫婦に一目置かれるどころか、入れ墨露出などを露骨に疎んじられ、「義理も人情もありゃしねえ」と肩身の狭い日々、

そういう鬱憤晴らしか、若頭のマサと共に飲食店で勝手な賭けをして、客に難癖つけたり、スケール小さいコミカルタッチの不良翁ぶり、

それでもまんまとオレオレ詐欺に引っ掛かりそうになり、息子を救おうとしたり、京浜連合の徳永(下條アトム)のマネをして恐喝しようとした主婦の話にほだされて、逆に金を渡したり、情に弱い一面、

また終盤、決死の京浜連合殴り込みの前、息子に電話しても、余りまともに相手にされないけれど、孫息子がおじいちゃんを恋しがる、のようなことがチラッと垣間見えたり、そこら辺、たまに散りばめられた人情スパイス、というのか。


まあ大人しく余生を過ごす、というには、くすぶる部分もある彼らが再結集したことで、チンピラ集団に宣戦布告、ひと肌挙げて、という意気の盛り上がり~ひと騒動、

折々早撃ちのマック(品川徹)が怪しい手元ながら放つ銃弾など、で、威嚇はするけれど、老いた身で、体力的にもメンタル的にもそうスマートにも行かず、ハチャメチャぶりが笑える見もの、だったけれど、

たけし自身は刑事役で、彼らを大目に見たりたしなめたり警告したり、という脇役、というのも、これの前の未見の「アウトレイジ」2作ではやはり主演だったようだけれど、

今回は役者ビートたけしとしては、中心キャスト高齢ベテラン陣に、もろに絡んだり仕切ったり、というより、彼らに主な所はまかせて、締める所は締める、という傍観的な位置を選んだのかも、とか思ったり。


そういう所で、私は久方の北野作品、やはり一応任侠もの、ではあったけれど、予想以上に笑いもあって、なかなかの怪作を楽しんだ、という後味でした。

関連サイト:龍三と七人の子分たち 公式サイト象のロケット 「龍三と七人の子分たち」
関連記事:TAKESHIS’(’05)監督・ばんざい!(’07)あなたへ(’12)村の写真館(’04)カナリア(’04)大停電の夜に(’05)ユメ十夜(’07)(「市川崑物語」スレッドの10)、愛の流刑地(’07)人の砂漠(’10)山桜(’08)、,蝉しぐれ(’05)THE 有頂天ホテル(’06)県庁の星(’06)日本沈没(’06)それでもボクはやってない(’07)犬と私の10の約束(’08)クライマーズ・ハイ(’08)HERO(’07)時をかける少女(’10)犬神家の一族(’06)(「市川崑物語」スレッドの9)


  

by MIEKOMISSLIM | 2015-04-04 23:56 | 邦画 | Trackback(12) | Comments(2)

エイプリルフールズ(’15)

先日22日(日)、神保町の日本教育会館一ツ橋ホールで、4月1日公開の「エイプリルフールズ」試写会、「いい加減な・・・」ブログのいい加減人(Yamato)さんとご一緒して見てきました。


a0116217_1463412.jpg監督はドラマ「リーガル・ハイ」など演出の石川淳一、脚本はやはり「リーガル・ハイ」、「ALWAYS 三丁目の夕日」シリーズなどの古沢良太、

出演俳優も含めて、私はノータッチだったけれど「リーガル・ハイ」関係者が多いそうで。<→チラシ表>

主なキャストが多彩な顔ぶれの総勢27名、まさにエイプリルフールの1日の内の、とりあえずメイン筋は、

清掃婦新田あゆみ(戸田恵梨香)が、妊娠した相手の外科医牧野亘(松坂桃李)がCAの麗子(菜々緒)とデートするレストランに単身乗り込んで巻き起こす大騒動、なのだけれど、

それと同時進行で、街のあちこちで起こる嘘と真実ミックスの様々なエピソードが絡み合っての、コミカル人情ドラマ。


こういう構成って、「きょうのできごと」がこれ程多人数ではなかったけれどこういう感じだったような、という同時進行群像劇、というのか、そのコメディ版、一見無関係なエピソードが、小道具とか人間関係的に、絡み合っていく妙、

それぞれの(大)事件っぽいもの~些細なものまで、コミカルタッチベースだけれど、嘘と真(まこと)のブレンド具合とか、ちょっとホロリとするような人間模様なども織り交ぜて、

スピード感、というか、各エピソードを追う展開のテンポもよく引きつけられて、まあ久し振りになかなか面白い邦画を見た、という感じ。


a0116217_17181390.jpg3/28追記:一番インパクトエピソード、といえば、やはり戸田&松坂コンビの「イタリアンレストラン大参事」~意外な波乱のラブストーリー展開。

そもそものきっかけが、朝あゆみ(戸田)が見たフジTVの本物キャスター陣が伝える怪しげな感動ニュース、という所からで、<↑チラシ中>

戸田恵梨香って、最近他作品でも主演クラスで見たのだけれど、王道的に華やか、というより、芯はあるけれど何かに抑圧された女性、のような味も自然に出せるタイプなのかも。

そのあゆみが勇気を出して連絡したものの、誠意を見せずあしらおうとする牧野(松坂)にキレて大暴走、なのだけれど、何故清掃員の妊婦の手元に拳銃?というのも、次にインパクトエピソードの「不器用な誘拐犯」絡み。

まあギャグのノリではあるけれど、ヤクザ宇田川(寺島進)がしょっちゅう傍らの弟分(高橋努)を結構思いっきり殴りつけるシーンは何だか、だけれど、

宇田川と、誘拐した小学生理香(浜辺美並)との実は、という関係、宇田川なりに?だけれど、ふてくされ気味の理香に実地で”世間”を教える様、別れ際、彼女の母(山口紗弥加)への電話や、彼女にかけるぶっきらぼうなエール、辺りがそれなりの?人情ドラマ風。

その理香の義父のリムジン運転手(滝藤賢一)の客、宮内庁職員櫻小路夫妻(里見浩太朗&富司純子)の「ロイヤル夫妻の休日」エピソードも、

彼や、ハンバーガー店長(古田新太)らの夫妻への芝居がかったような極度なひれ伏し方、など笑いもありながら、明らかになっていく夫妻の真実、その事情、など、

ベテラン2人の醸す風情もあってちょっとしんみり、しみじみ熟年夫婦愛路線、富司純子は、クルーズ船で「アメイジンググレイス」の歌も披露してたり。


a0116217_1719165.jpgその他、可笑しかったのは、不登校中学生(浦上晟周)が、パソコンのHPで宇宙からの迎えを信じて、地球に決別決意、

学校に乗り込んで一気にうさ晴らし、屋上でひらすら続けた「ビヨ~ン」儀式、とか、

ミクロ世界話だけれど、大学生梅田(矢野聖人)の友人松田(荻田正孝)へのある告白で、思いがけぬ展開!になってしまう「ある大学生の行末」の、一室での滑稽かつシュールな成り行き、とか。<↑チラシ中>


あと味付け的に、やはり複数エピソードに絡む、久方に姿を見たりりィが演じる怪しげな占い老婆、などもいたけれど、

とにかく、レストランでのあゆみVS牧野の修羅場+本来は立てこもり事件人質的な周りの人々の、彼らの関係に対する様々な人情的?反応、

妊婦ゆえに勃発する波乱の感動劇?展開、を軸に、色んな嘘と真(まこと)のエピソードが同時進行的に行きかい、なかなか目が離せないテンポ感、

漫画的ではあるけれど、基本の笑いスパイス+人情エキス織り交ぜ、各エピソード絡ませて、まあ上手く創ってるものだなあ、というか、前述のように、何だか久方に面白い邦画を見た、という後味でした。

関連サイト:エイプリルフールズ 公式サイト象のロケット 「エイプリルフールズ」
関連記事:ユメ十夜(’07) (「市川崑物語」スレッドの10)、UDON(’06)ざわざわ下北沢(’00)東京マリーゴールド(’01)~追悼・市川準監督~雪に願うこと(’06)クライマーズ・ハイ(’08)LittleDJ~小さな恋の物語(’07)思い出のマーニー(’14)理由(’04)それでもボクはやってない(’06)TAKESHIS’(’05)THE 有頂天ホテル(’06)フラガール(’06)東京タワー~オカンとボクと、時々、オトン~(’07)監督ばんざい!(’07)LOVE まさお君が行く!(’12)ハナミズキ(’10)県庁の星(’06)蟲師(’07)ハルフウエイ(’09)ひみつのアッコちゃん(’12)人の砂漠(’10)RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ(’11)トキワ荘の青春(’96)~追悼・市川準監督~恋に唄えば♪(’02)HERO(’07)あ・うん(’89)犬神家の一族(’06)(「市川崑物語」スレッドの9)、寝ずの番(’06)愛の流刑地(’07)明日への遺言(’08)山桜(’08)

   



by MIEKOMISSLIM | 2015-03-27 01:53 | 邦画 | Trackback(7) | Comments(2)

アマゾン大冒険~世界最大のジャングルを探検しよう!~(’13)

一昨日13日(火)板橋イオンシネマで、今週末17日(土)公開の「アマゾン大冒険~世界最大のジャングルを探検しよう!~」の試写会、「いい加減な・・・」ブログのいい加減人(Yamato)さんとご一緒して見てきました。


フランス・ブラジル合作、「ホワイト・プラネット」のティエリー・ラコベール監督作、撮影には2年がかり、「ホワイト・プラネット」は公開時見ていて、それは北極の様々な動物の生粋のドキュメンタリーだったけれど、



この「アマゾン大冒険・・」は、ドキュメンタリーに冒険物語を組み入れた風で、人に飼われていた小猿サイが、運送の飛行機トラブルで、アマゾンのジャングルに不時着、

そこから大自然の中、川の流れに飲み込まれたり、スコールに遭ったり、様々な野生の生き物に出会いながらのサバイバルの様子を追った内容。


a0116217_0352935.jpg2年がかりの撮影だった、という、大森林、川、空の大自然、珍しい動物や植物、昆虫、魚達、その親子や群れ、シビアな弱肉強食の様子などの野生の生態の映像もなかなかスケール感。<チラシ表→>

また、昨年初見だった「子猫物語」などのように、サイと他動物との様々な場面、ジャガーなどに追われて逃げたり、などは、通常でも野生動物界で有りそうな、というような出来事けれど、

そういうシーンの一部始終キャッチもそう簡単ではなかったろうし、いざそのシーン実現、でも、やたら撮影スタッフが野生ジャガーに近付くのも危険だろうし、などとやはり実写動物ものならではの苦労が偲ばれたり、

同種の野生のフサオマキザル達の中の、同世代のメス猿との接近、交流とか、演技指導ナシで、一応自然なストーリーらしい流れ、というのも、どうやって撮影?という技、

サイが徐々に周りの動物のマネをしたりしながら、自活力を付けていく過程も、日本語版独自だそうだけれど、田中直樹のフレンドリー目線でのナレーションもあって、何もないよりは子供でもとっつきやすそうな、観客が見守っていく、というムードで、まあ良かったのでは、という感じ。


上映の前に特別イベントで、この作品のナレーション担当のココリコの田中直樹、監修の新宅広二氏、そしてくまモンが登場。

くまモンは、熊本県とブラジルの交流が深いことから、のようで、カーキ色の探検スタイルの田中直樹と、尻相撲や反復横跳び対決で、尻相撲がくまモンの勝ち、というのは、まあ体格からして妥当だけれど、

反復横跳びは、さすがに見るからにどんくさいだろうと思ってたら、意外な俊敏さを見せて、司会者が驚き、子供は余りいなかったと思うけれど会場もわいて、時間内に田中より3回位多かったかで、これもくまモンの勝ち。

私はこういうゆるキャラを直に見たのは初めて、体自体で重そうだけれど、割と下半身って自由に動けるものなんだ、と。

くまもんが愛嬌を振りまいて去って行って、田中直樹と新宅氏が、それぞれ見所をアピール、マスコミの撮影でイベント終了。


で、本編開始、私達は前から5列目、それにしても、上方は結構見上げる位の角度がいる、余り覚えない大きなスクリーンで、そこに広がる雄大な熱帯雨林のうっそうとした森林、そのただ中に放り出されたサイが冒険を始めたのだけれど、

私はどうも気になったのが、あれ、小型飛行機を操縦してたパイロット(の消息)は?ということ。

丁度その墜落直後の辺り、ボーっと見てたのか、余りはっきり覚えなく、機体炎上などはなく計器に向かってる人が映ったような?気はしたのだけれど、

サイの様子を見に登場する訳でもなく、ナレーションで触れられる訳でもなく、サイの冒険が始まって、そのままフェイドアウト。

もし私の思い違いで、墜落後一切登場してなかったら、小猿は生き延びて、ジャングルでのその冒険、はいいのだけれど、同乗してた人間は即死、または(瀕死の)重傷のまま?とか、何だかやや後味悪いし、

無事だったにしても、何故唯一の乗客であったサイの様子を見に来ないのか?、こういうパターン展開で「パイロットと小猿」が、何とか生き延びて救助を待つ、という物語にならないのか?ちょっと不可思議。

で、一体あのパイロットは?と、上映中もちょっとずっと引っ掛かってて、その後Yamatoさんにお聞きしても謎、検索してみてもそういう情報は特に見当たらず?なままなのだけれど、

「サイがジャングルに一人放り出され」というような紹介表現から、まあ、墜落の拍子に、パイロット(のいる機体部分)とは多少なりとも離れた所に落ちて(放り出されて)、

パイロットも無事だけれども、何とか外部と通信しようとしててそれどころではない、という内に、サイが冒険を初めてしまった、

その後パイロットも無事救助された、とか思えば妥当かも、などと想像、まあ特にこの動物ものの大筋に関係ない枝葉的な所なのだけれど、何だか序盤の気になった所。


a0116217_154295.jpg1/16追記:それはさておき本筋的には、人に飼われていた苦労知らずのサイ、フサオマキザルって結構知能は高いらしいけれど、

おずおずと野生世界の中で、とにかく食べ物を得ようとしたり、獰猛な動物と遭遇したら木に登る、とか、危険から逃げる本能を発揮しながら進む動物目線での冒険、

前述のように、映像的にも、大自然の景観、まるでCGのようなのも含めて、カラフルだったり、奇妙な形のものなど多種多様な生き物達が脇役で、図鑑の映像版、というか視覚的にもなかなかバラエティな趣。<←チラシ裏>

その中で、沢木さんの、やはりアマゾンで小型機墜落に巻き込まれたこともあった旅ルポ「イルカと墜落」にあった、アマゾン特有のピンクイルカ、なども登場、

水面から、その上の枝のサイに向かって飛び上がる様子、サイは怖がってたけれど、イルカはからかっているだけ、と言ってたと思うけれど、体の色はピンク、というより白っぽかった感じ。


印象的だったのは、やはり同じ種類のフサオマキザル群に出会って、まあ仲間入りさせてもらえたのか?微妙だけれど、そのサル達がするように、固い木の実を高所から落として割る術を学んでたり、

最初に出会った同年代のメス猿との、接近したり、ちょっかい出しすぎてボス猿に追い払われたり、そこでまた歩み寄ってきてくれたり、などのロマンス?とまでいかなくとも、ほのぼのとした歩み寄り。

折々の田中の、サイに語りかけ、励ましたり注意を促すようなナレーションも、観客が、半ドキュメンタリーとして淡々と見る、というより、主人公のサイを見守る、という意識にさせる効果あった気も。

元々この作品にはナレーションはなく、日本上映版に特別にナレーションを入れたそうで、もしただ映像と音楽だけだったら?

まあ、純粋な動物ウォッチのドキュメンタリー感は増したかもしれないけれど、86分間、結構動物好きでない限り、子供向的にもやや集中力持続はキツいかも。

そして終盤の節目、色々ハードな日々の中、餌をくれようとする女の子、という人間との遭遇もあり、そこでサイが選んだ道、というのも冒険のケジメ、締め、という感じ。


まあややスケールは違うかもしれないけれど、「子猫物語」の小猿・アマゾン編、ともいうか、ドキュメンタリー&物語風に仕上げてて、なかなかの見応えで楽しめた、という作品でした。

関連サイト:アマゾン大冒険~世界最大のジャングルを探検しよう! 公式サイト象のロケット「アマゾン大冒険~世界最大のジャンブルを探検しよう!~」
関連記事:ホワイト・プラネット(’06)子猫物語(’86)イルカと墜落 / 沢木耕太郎(’02)

  


by MIEKOMISSLIM | 2015-01-15 00:22 | 洋画 | Trackback(1) | Comments(2)
line

「KYOKO」は’02年に映画掲示板にスレッドを立てた村上龍監督、高岡早紀主演映画で、当ブログはそのスレッド、次のブログに続いての3代目です。マイペースで、長年ファンのユーミン関連初め音楽、美術展、仕事、グルメ(食事)、映画、本、日常、旅のことなどアップしてます。


by MIEKOMISSLIM
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31