Something Impressive(KYOKOⅢ)


「KYOKO」は’02年に映画掲示板にスレッドを立てた村上龍監督、高岡早紀主演映画で、当ブログはそのスレッド、次のブログに続いての3代目です。マイペースで、長年ファンのユーミン関連初め音楽、美術展、仕事、グルメ(食事)、映画、本、日常、旅のことなどアップしてます。
by MIEKOMISSLIM
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

タグ:音楽 ( 305 ) タグの人気記事

YUMING SURF&SNOW in Naeba vol.39

先日12日(火)~13(水)初の苗場参戦無事終了。

やはりコンサートとは一味違う、物理的にも心情的にも距離の近い濃いめユーミンワールド!っていう感じ。

a0116217_21013466.jpg

やや忙しないけれど、ボツボツアップしていこうと。



当日朝8時半頃出発、予定よりやや遅れだけれど池袋東口の高速バス乗り場らしき所に辿り着き、

近くのチケットセンターで、確かに苗場行きの乗り場だと確認して、一安心。

やはり若者層のスキー客中心のようで、私の隣もグループで来てる大学生男子。ワイワイと賑やか。

途中高速に乗るまで結構渋滞だったけれど、酔い止めが効いて+寝不足もあってか、

うつらうつらしている内に雪国に来てていて、予定より1時間程遅れで2時頃到着。

宿ホテルのホワイトパレスは浅貝バス停からすぐのはずだけれど、ややウロウロ。

案内図を見て、脇に入って雪が溶けて水になってずっと流れてる緩い坂道を登った所に、発見。

入口は質素、声をかけたら男性が奥から出てきて、3時チェックインだけど、準備ができてるので、と、早目に入れてくれてよかった。

ツインの部屋は小ぎれいで、
a0116217_21225959.jpg

外はやはり雪景色。浅貝スキー場、のはずだけれど、人気(ひとけ)はなし。

a0116217_21253703.jpg
a0116217_21283488.jpg

プリンスホテルへは8時に送迎してもらうことになって、部屋はユニットバス付だけれど、

地下の温泉は夜中中オープンでライブから戻った後でも入れるようだし、

それまで部屋で持参のお茶、おにぎり、卵焼き、飴など食べたり、寝転がってTV見たり、少し昼寝したりしながら休息。

TVで池江選手の事を聞いて、よりによって、まさに前途洋々、

どう見ても体力ありありの18才スイマーが、、と、ちょっと驚き。折々このニュースが続く状態。


2/20追記:8時過ぎ、私と2人連れの女性で、スキー客用らしき小型送迎バンで、いざプリンスホテルへ。

その2人も初参加のようで、見えてきたホテル、途中の橋のブルーのライトアップに、軽く歓声。

運転の男性から、ライブが終わる頃の12時に同じ場所に迎えに来てくれる、ということで、まあ安心。

広いフロントで、ブリザーリウムの行き方を聞いて、2Fへ。

色々花輪。

a0116217_08143068.jpg

場所柄か、交流あるのであろうモーグルの上村愛子夫妻とかのも。

a0116217_08133052.jpg


aikoや、「SONGS」からも。


a0116217_08164778.jpg

続きは後に。


























関連サイト:キャピタルヴィレッジ 松任谷由実 SURF&SNOW in Naeba Vol,39苗場ホワイトスノーシャトルホテル苗場ホワイトパレス サイト


松任谷由実EXPOドームライブあの歌がきこえる「魔法の鏡」「海を見ていた午後」「卒業写真」松任谷由実コンサート THE LAST WEDNESDAY天国の本屋~恋火(’04)さよならみどりちゃん(’04)時をかける少女(’97)瞳を閉じてプレミアム10 松任谷・寺岡・ゆず等シャングリラⅢYuming Films(’07)「いちご白書」をもう一度(’75)ユーミンと映画・市川準監督そしてもう一度夢見るだろう/松任谷由実(’09)・No Reason~オトコゴコロ~/高橋真梨子(’09)TRANSIT2009チケットMusic Lovers・SONGS 松任谷由実<1><2>探検ロマン世界遺産 ユーミン×世界遺産TRANSIT2009コンサートShout at YUMING ROCKS('09)VIVA!6×7/松任谷由実(’04)時をかける少女(’10)RAILWAYS 49歳で電車の運転手になった男の話(’10)ミュージックポートレイト~人生が1枚のレコードだったら東日本大地震チャリティー企画Music Lovers 松任谷由実松任谷由実のオールナイトニッポンTV4僕らの音楽 松任谷由実・薬師丸ひろ子・おすぎMUSIC FAIR 松任谷由実NHK 東日本大震災チャリティー企画 ユーミン×SONGS 「春よ、来い」プロジェクトSONGS 松任谷由実RoadShow/松任谷由実(’11)手のひらの東京タワー/松任谷由実(’81)押入れの整理 <2><3><4>RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ(’11)春よ、来い in 紅白歌合戦
SONGS 山本潤子SONGS 松任谷由実~2012スペシャル~鈴子の恋(’12)「春よ、来い」カバー 男性シンガー編「春よ、来い」カバー 女性シンガー編マンタの天ぷら(’97)・僕の散財日記(’05)/松任谷正隆虹色ほたる 永遠の夏休み(’12)才輝礼賛 38のyumiyoriな話 / 松任谷由実(’11)<1><2><3>ユーミンのSUPER WOMAN スペシャルプロローグ~「森本千絵と歩く霊峰」<1><2>ユーミンのSUPER WOMAN 「鶴岡真弓と訪ねる女神」<1><2>ユーミンのSUPER WOMAN 「長谷川祐子と現代美術をめぐる」<1><2>「8月31日~最後の夏休み~」チケットユーミンのSUPER WOMAN 「軍地彩弓と歩く東京ファッション最前線」ユーミンのSUPER WOMAN 「軍地彩弓と歩く沖縄」<1><2>ユーミンのSUPER WOMAN 「中村うさぎとめぐる東京の夜」<1><2>ユーミンのSUPER WOMAN 「草間彌生の世界を訪ねて」ユーミンのSUPER WOMAN 最終回スペシャル 直感の旅、そして未来へ8月31日~最後の夏休み~<1><2>時をかける少女(’83)<1><2>松任谷由実 デビュー40周年 はてない夢の旅YUMING FOREVER by LESLIE KEE<1><2>青い影 PROCOL HARUM feat.YUMING ~ 日本の恋と、ユーミンと。/ 松任谷由実(’12)ひこうき雲 / 荒井由実(’73)風立ちぬ(’13)<1><2>MASTER TAPE~荒井由実「ひこうき雲」の秘密を探る~<1><2>ひこうき雲/荒井由実(’73) ミュージッククリップ放映Dialogue / 今井美樹(’13)SONGSスペシャル 松任谷由実~生きるよろこび歌にこめて~POP CLASSICO / 松任谷由実(’13)「音楽の達人 Vol.72」~ユーミン特集~僕らの音楽 「僕らのユーミン」ユーミンの罪 / 酒井順子(’13)<1><2>あなたがいたから私がいた ユーミン×帝劇Vol.2YUMI MATSUTOYA LIVE - GYAO! MUSIC LIVE 北陸新幹線開業記念特別番組「金沢花紀行」by ユーミンユーミン曲 in 北国のストリートライブ八王子 スパとユーミン聖地巡り<1>荒井呉服店西立川 ユーミン聖地巡り<2>西立川駅、「雨のステイション」歌碑と昭和記念公園荒井由実「ひこうき雲」(’16)~”青の時代”名曲ドラマシリーズ~ YUMING×LOFT 缶バッジSONGS 松任谷由実 / MUSIC FAIR 松任谷由実・JUJUYUMINGと伊勢丹新宿店と130の出来事宇宙図書館 / 松任谷由実(’16)なりきりユーミン僕の音楽キャリア全部話します /松任谷正隆(’16)ユーミンとフランスの秘密の関係 / 松任谷由実(’17)読売新聞・報知新聞が報じたユーミンの45年ユーミン×帝劇Vol.3 朝陽の中で微笑んでSONGS&FRIENDS 荒井由実「ひこうき雲」瞳を閉じて~ユーミンが贈った旅立ちの歌~SONGS 松任谷由実 etc ユーミンTV出演YUMING 45th Anniversary LESLIE KEE Photo ExhibitionTHE YUMING 松任谷由実 1972~2011フォトストーリー / 松任谷由実(’11)ユーミンからの、恋のうた(’18)ユーミンファンクラブ再入会ユーミン「愛」の地理学 / 蔦きうい(’06)北欧から届いたクリスマス With Yumingユーミンファイル、紅白神回

by MIEKOMISSLIM | 2019-02-17 21:52 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

SURF&SNOW in Naeba 準備完了

来月12日の初参戦ユーミンin苗場、とりあえず予約チケット類の準備完了。

先日丁度当日1か月前に、西武観光バスの「苗場ホワイトスノーシャトル」往復をネットで予約、コンビニ決済でチケットゲット。

行きは池袋駅~ホテル最寄りの浅貝、翌日ホテル10時にチェックアウト後、バスが現地15時発なので、

それまで再度苗場プリンスを雰囲気だけでも味わって、と思って、帰りは苗場プリンス~池袋駅に。

予約ホテルも、場所やプリンスホテルへの送迎、近くの店とか電話で確かめて、持ち物、スケジュールとか大体のイメージはついて、

a0116217_23532344.jpg
後は、結構直前、当日2週間前から郵送、という肝心のライブチケットが無事届くか??だったけれど、

聞いていたより早く、意外にも先日ローチケから到着。<→(C)雲母社、キャピタルヴィレッジ>

しかも、裏面に記載の席が、何と3列目(@_@)!でちょっと驚き。

まあ会場ブリザーリウムは客席千人分程のようだけど、一桁席、というのはさすがに初めて。

まあこれも、先日のユーミンファイル当選、に続いてのめでたいサプライズ、

とりあえずこれを楽しみに、日々過ごしていこうという所です。

関連サイト:キャピタルヴィレッジ 松任谷由実 SURF&SNOW in Naeba Vol,39
苗場ホワイトスノーシャトルホテル苗場ホワイトパレス サイト


松任谷由実EXPOドームライブあの歌がきこえる「魔法の鏡」「海を見ていた午後」「卒業写真」松任谷由実コンサート THE LAST WEDNESDAY天国の本屋~恋火(’04)さよならみどりちゃん(’04)時をかける少女(’97)瞳を閉じてプレミアム10 松任谷・寺岡・ゆず等シャングリラⅢYuming Films(’07)「いちご白書」をもう一度(’75)ユーミンと映画・市川準監督そしてもう一度夢見るだろう/松任谷由実(’09)・No Reason~オトコゴコロ~/高橋真梨子(’09)TRANSIT2009チケットMusic Lovers・SONGS 松任谷由実<1><2>探検ロマン世界遺産 ユーミン×世界遺産TRANSIT2009コンサートShout at YUMING ROCKS('09)VIVA!6×7/松任谷由実(’04)時をかける少女(’10)RAILWAYS 49歳で電車の運転手になった男の話(’10)ミュージックポートレイト~人生が1枚のレコードだったら東日本大地震チャリティー企画Music Lovers 松任谷由実松任谷由実のオールナイトニッポンTV4僕らの音楽 松任谷由実・薬師丸ひろ子・おすぎMUSIC FAIR 松任谷由実NHK 東日本大震災チャリティー企画 ユーミン×SONGS 「春よ、来い」プロジェクトSONGS 松任谷由実RoadShow/松任谷由実(’11)手のひらの東京タワー/松任谷由実(’81)押入れの整理 <2><3><4>RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ(’11)春よ、来い in 紅白歌合戦
SONGS 山本潤子SONGS 松任谷由実~2012スペシャル~鈴子の恋(’12)「春よ、来い」カバー 男性シンガー編「春よ、来い」カバー 女性シンガー編マンタの天ぷら(’97)・僕の散財日記(’05)/松任谷正隆虹色ほたる 永遠の夏休み(’12)才輝礼賛 38のyumiyoriな話 / 松任谷由実(’11)<1><2><3>ユーミンのSUPER WOMAN スペシャルプロローグ~「森本千絵と歩く霊峰」<1><2>ユーミンのSUPER WOMAN 「鶴岡真弓と訪ねる女神」<1><2>ユーミンのSUPER WOMAN 「長谷川祐子と現代美術をめぐる」<1><2>「8月31日~最後の夏休み~」チケットユーミンのSUPER WOMAN 「軍地彩弓と歩く東京ファッション最前線」ユーミンのSUPER WOMAN 「軍地彩弓と歩く沖縄」<1><2>ユーミンのSUPER WOMAN 「中村うさぎとめぐる東京の夜」<1><2>ユーミンのSUPER WOMAN 「草間彌生の世界を訪ねて」ユーミンのSUPER WOMAN 最終回スペシャル 直感の旅、そして未来へ8月31日~最後の夏休み~<1><2>時をかける少女(’83)<1><2>松任谷由実 デビュー40周年 はてない夢の旅YUMING FOREVER by LESLIE KEE<1><2>青い影 PROCOL HARUM feat.YUMING ~ 日本の恋と、ユーミンと。/ 松任谷由実(’12)ひこうき雲 / 荒井由実(’73)風立ちぬ(’13)<1><2>MASTER TAPE~荒井由実「ひこうき雲」の秘密を探る~<1><2>ひこうき雲/荒井由実(’73) ミュージッククリップ放映Dialogue / 今井美樹(’13)SONGSスペシャル 松任谷由実~生きるよろこび歌にこめて~POP CLASSICO / 松任谷由実(’13)「音楽の達人 Vol.72」~ユーミン特集~僕らの音楽 「僕らのユーミン」ユーミンの罪 / 酒井順子(’13)<1><2>あなたがいたから私がいた ユーミン×帝劇Vol.2YUMI MATSUTOYA LIVE - GYAO! MUSIC LIVE 北陸新幹線開業記念特別番組「金沢花紀行」by ユーミンユーミン曲 in 北国のストリートライブ八王子 スパとユーミン聖地巡り<1>荒井呉服店西立川 ユーミン聖地巡り<2>西立川駅、「雨のステイション」歌碑と昭和記念公園荒井由実「ひこうき雲」(’16)~”青の時代”名曲ドラマシリーズ~ YUMING×LOFT 缶バッジSONGS 松任谷由実 / MUSIC FAIR 松任谷由実・JUJUYUMINGと伊勢丹新宿店と130の出来事宇宙図書館 / 松任谷由実(’16)なりきりユーミン僕の音楽キャリア全部話します /松任谷正隆(’16)ユーミンとフランスの秘密の関係 / 松任谷由実(’17)読売新聞・報知新聞が報じたユーミンの45年ユーミン×帝劇Vol.3 朝陽の中で微笑んでSONGS&FRIENDS 荒井由実「ひこうき雲」瞳を閉じて~ユーミンが贈った旅立ちの歌~、SONGS 松任谷由実 etc ユーミンTV出演YUMING 45th Anniversary LESLIE KEE Photo ExhibitionTHE YUMING 松任谷由実 1972~2011フォトストーリー / 松任谷由実(’11)ユーミンからの、恋のうた(’18)ユーミンファンクラブ再入会ユーミン「愛」の地理学 / 蔦きうい(’06)北欧から届いたクリスマス With Yumingユーミンファイル、紅白神回


by MIEKOMISSLIM | 2019-01-21 00:14 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

ユーミンファイル、神回紅白

年末の意外なユーミン関連、まず30日にファクラブから大きめ郵便物、で、開けてみたら、

何と冊子会報でのプレゼント企画に応募してたグッズ、A4サイズクリアファイル。

a0116217_15452484.jpg
グッズの当選総数26名、このファイルは5名だったし、

ダメもとで必要な「ユーミンからの、恋のうた。」備忘録からの好きな1行、

会報感想など書いてハガキで送ってたのが当選!、で、びっくり。<↑表>

5名での当選、というのは覚えあるのは「KYOKO」の頃、村上龍と高岡早紀が対談してたTV番組で、

2人の直筆サイン入り、村上龍著のぶ厚い「KYOKO」メイキング本が当たって以来。

a0116217_15523140.jpg
最初消耗品扱いももったいないし、と思って、

棚のユーミン関連記事、資料、紙系グッズ入れのファイルにしたけれど、<↑裏>

折角だし3月の武道館位までは、バッグに常備の保険証書、書類、チケット類など用のファイルとして常備することに。



それと今回の紅白。

先月、直接メドレー曲選考という訳ではない、というものの、

大々的にNHKで、各曲のエピソード添えての「わたしの好きなユーミンのうた大募集」があって、

私も、多分無理だろうと思いつつ「海を見ていた午後」で応募。

まあこういう風に大々的に募集企画ってことは、メジャー曲寄りなのは仕方ないとしても、少なくとも5曲~は、と思っていたのだけれど、

実際披露は「ひこうき雲」「やさしさに包まれたなら」のみ。







最初の豪華セットでの「ひこうき雲」から、本人が会場に登場!しての「やさしさ・・」っていうサプライズはあったし、

「やさしさ・・」はフルコーラス、限られた時間で部分的に色々演るよりは、じっくりこの1曲、っていう選択だったのかも?だけど、

何か、夏フェスでの「Sigh of the Time」や「夕涼み」に当たるような渋曲最低1曲込の5曲以上~、

募集企画の手前、渋曲はやはり難しいにしても、せめて集計の応募多い曲中だと「埠頭を渡る風」とか込で、

が理想的だったけれど・・まあ紅白って舞台柄の制約もあってか、

でも正直、え、本当にこの2曲だけ??っていう肩透かし感は否めず。




でもその後ボ~っと見ていて、ラストのサザンの時、思いがけない”奇跡の神回”パフォーマンス。

一瞬、ユーミンと桑田さんがモロ唇でキス?!に見えて驚き、後でさすがに、頬っぺただった、と判ったけど、

そこから世間でも話題の、大盛り上がり怒涛の「胸騒ぎの腰つき」パフォーマンス、で、

メドレーの物足りなさも多少挽回、何でもあり的な2人のカオスのパワーに、

内村サンも言ってたように、妙にホカホカと幸せな気分になって、という顛末。


もしかしてユーミン自身、メドレーの物足りなさを、ここで桑田絡みで補充?!とも頭をよぎったけれど、

隅の方にいたユーミンをaikoが中央に誘導していたからこそ実現、という視聴者指摘を見かけ、

動画では、確かに途中からユーミンが中央にやってきてるけど、aikoの姿は確認できず、

真偽のほどは?だけど、何となく後者の方が、それらしい感じ。

中央に来たユーミンが、何か盛り上げることをしなきゃ、というモードになったのか?

単純に桑田サンのパフォーマンスに感嘆、で、親愛の情を込めて自然に出た動作か?

そこら辺、後日「うそラジオ」とかで多少なりとも実情、本音が聞けるかも?だけど。



まあ一部ほのぼのモードで指摘されるように、互いの夫、妻もいる場で、、だけど、男女の云々という次元は超越した感じの、

大御所2人の遊び心、サービス精神が、あそこで見事に合体!っていう感じ。

a0116217_04342031.jpg
改めて、サザン、桑田サンのパワフルさっていうのもつくづく、で、

「クワタとユーミン」って本もあったな、と思って本置き場から引き出して見てみたら、

出版は’90年、平成になったばかりの頃だったのだった、と。<(C)(株)サンマーク出版↑>

その”クワタとユーミン”が、還暦を迎えつつも失速せず駆け抜けてきて、こうして表舞台で平成を締めくくるっていうのも驚異的。。



大分前、何か大掛かりなフェスでユーミンと中島みゆきが互いの曲をコラボ、っていう、寝てる間の夢だったか?希望的想像の図だったか?

まず100%あり得ないデジャブ、の覚えがあるのだけれど、

昨年はまさか?!のユーミン&陽水コラボも「ひこうき雲」公演で見たし、ここへ来て、桑田サンとのが実現。

残る期待の奇跡コラボは、やはりみゆきさん、そしてステージでの、小田さんとの・・か。


紅白その他で引っ掛かったのは、ユーミンの他に録画は聖子メドレー。

1曲目「風立ちぬ」は、その前日命日だった大瀧詠一追悼の意も?とチラッと思ったけれど、



松本隆ツイッターで見かけたように、思えば今回、聖子曲「風立ちぬ」作詞:松本隆、作曲:大瀧詠一、

「ピンクのモーツァルト」作詞:松本隆、作曲:細野晴臣、

ユーミンのバックで正隆氏、林立夫、鈴木茂、と、「はっぴいえんど」「ティン・パン・アレー」揃い踏み、

平成最後の紅白に君臨!ていうのが、ある意味昭和~平成と時空を超えたさり気ない凄み。


でも平成ミュージシャン曲で、五輪当時耳にはしてたけど、テーマ曲のSEKAI NO OWARI「サザンカ」の特にサビにかけての歌詞⁺メロディに改めてしみじみ。




そういう所で、前回の紅白でのユーミン「春よ、来い。」熱唱は、何だか大震災後の切実さ、のような感触があったけれど、

今回はサービス精神&ノリノリパワー炸裂!でを盛り上げて、活力をくれた、っていう後味でした。


関連サイト:私が好きなユーミンのうた大募集!!Yuming FC WEBamazon 「クワタとユーミン―ふたつのサクセスストーリー」


関連記事:春よ、来い in 紅白歌合戦

松任谷由実EXPOドームライブあの歌がきこえる「魔法の鏡」「海を見ていた午後」「卒業写真」松任谷由実コンサート THE LAST WEDNESDAY天国の本屋~恋火(’04)さよならみどりちゃん(’04)時をかける少女(’97)瞳を閉じてプレミアム10 松任谷・寺岡・ゆず等シャングリラⅢYuming Films(’07)「いちご白書」をもう一度(’75)ユーミンと映画・市川準監督そしてもう一度夢見るだろう/松任谷由実(’09)・No Reason~オトコゴコロ~/高橋真梨子(’09)TRANSIT2009チケットMusic Lovers・SONGS 松任谷由実<1><2>探検ロマン世界遺産 ユーミン×世界遺産TRANSIT2009コンサートShout at YUMING ROCKS('09)VIVA!6×7/松任谷由実(’04)時をかける少女(’10)RAILWAYS 49歳で電車の運転手になった男の話(’10)ミュージックポートレイト~人生が1枚のレコードだったら東日本大地震チャリティー企画Music Lovers 松任谷由実松任谷由実のオールナイトニッポンTV4僕らの音楽 松任谷由実・薬師丸ひろ子・おすぎMUSIC FAIR 松任谷由実NHK 東日本大震災チャリティー企画 ユーミン×SONGS 「春よ、来い」プロジェクトSONGS 松任谷由実RoadShow/松任谷由実(’11)手のひらの東京タワー/松任谷由実(’81)押入れの整理 <2><3><4>RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ(’11)SONGS 山本潤子SONGS 松任谷由実~2012スペシャル~鈴子の恋(’12)「春よ、来い」カバー 男性シンガー編「春よ、来い」カバー 女性シンガー編マンタの天ぷら(’97)・僕の散財日記(’05)/松任谷正隆虹色ほたる 永遠の夏休み(’12)才輝礼賛 38のyumiyoriな話 / 松任谷由実(’11)<1><2><3>ユーミンのSUPER WOMAN スペシャルプロローグ~「森本千絵と歩く霊峰」<1><2>ユーミンのSUPER WOMAN 「鶴岡真弓と訪ねる女神」<1><2>ユーミンのSUPER WOMAN 「長谷川祐子と現代美術をめぐる」<1><2>「8月31日~最後の夏休み~」チケットユーミンのSUPER WOMAN 「軍地彩弓と歩く東京ファッション最前線」ユーミンのSUPER WOMAN 「軍地彩弓と歩く沖縄」<1><2>ユーミンのSUPER WOMAN 「中村うさぎとめぐる東京の夜」<1><2>ユーミンのSUPER WOMAN 「草間彌生の世界を訪ねて」ユーミンのSUPER WOMAN 最終回スペシャル 直感の旅、そして未来へ8月31日~最後の夏休み~<1><2>時をかける少女(’83)<1><2>松任谷由実 デビュー40周年 はてない夢の旅YUMING FOREVER by LESLIE KEE<1><2>青い影 PROCOL HARUM feat.YUMING ~ 日本の恋と、ユーミンと。/ 松任谷由実(’12)ひこうき雲 / 荒井由実(’73)風立ちぬ(’13)<1><2>MASTER TAPE~荒井由実「ひこうき雲」の秘密を探る~<1><2>ひこうき雲/荒井由実(’73) ミュージッククリップ放映Dialogue / 今井美樹(’13)SONGSスペシャル 松任谷由実~生きるよろこび歌にこめて~POP CLASSICO / 松任谷由実(’13)「音楽の達人 Vol.72」~ユーミン特集~僕らの音楽 「僕らのユーミン」ユーミンの罪 / 酒井順子(’13)<1><2>あなたがいたから私がいた ユーミン×帝劇Vol.2YUMI MATSUTOYA LIVE - GYAO! MUSIC LIVE 北陸新幹線開業記念特別番組「金沢花紀行」by ユーミンユーミン曲 in 北国のストリートライブ八王子 スパとユーミン聖地巡り<1>荒井呉服店西立川 ユーミン聖地巡り<2>西立川駅、「雨のステイション」歌碑と昭和記念公園荒井由実「ひこうき雲」(’16)~”青の時代”名曲ドラマシリーズ~ YUMING×LOFT 缶バッジSONGS 松任谷由実 / MUSIC FAIR 松任谷由実・JUJUYUMINGと伊勢丹新宿店と130の出来事宇宙図書館 / 松任谷由実(’16)なりきりユーミン僕の音楽キャリア全部話します /松任谷正隆(’16)ユーミンとフランスの秘密の関係 / 松任谷由実(’17)読売新聞・報知新聞が報じたユーミンの45年ユーミン×帝劇Vol.3 朝陽の中で微笑んでSONGS&FRIENDS 荒井由実「ひこうき雲」瞳を閉じて~ユーミンが贈った旅立ちの歌~、SONGS 松任谷由実 etc ユーミンTV出演YUMING 45th Anniversary LESLIE KEE Photo ExhibitionTHE YUMING 松任谷由実 1972~2011フォトストーリー / 松任谷由実(’11)ユーミンからの、恋のうた(’18)ユーミンファンクラブ再入会SURF & SNOW in Naeba 初参戦決定ユーミン「愛」の地理学 / 蔦きうい(’06)北欧から届いたクリスマス With Yuming

SONGS 杏里・桑田佳佑「Life 天国で君に逢えたら」('07)BU・SU(’87)ー追悼・市川準監督ーSONGS 原由子

音楽のチカラ「青春の言葉 風街の歌 作詞家 松本隆の40年」 松本隆に捧ぐー風街DNA-(’10)追悼・大瀧詠一~朝/はっぴいえんど(’70)名盤ドキュメント はっぴいえんど「風街ろまん」('71)~“日本語ロックの金字塔”はどう生まれたのか?~松本隆対談集 KAZEMACHI CAFE / 松本隆(’05)

プレミアム10 YMOからHASへETV特集 細野晴臣 音楽の軌跡~ミュージシャンが向き合った「3.11」~

追悼・大瀧詠一~朝 / はっぴいえんど(’70)A LONG VACATION From Ladies(’09)松本隆対談集 風街茶房 2005~2015 / 松本隆(’17)

by MIEKOMISSLIM | 2019-01-03 18:18 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

プラスティック・ラブ / 竹内まりや(’84)

先日から折に触れ脳内で自動リフレインする曲、竹内まりやの「プラスティック・ラブ」。

先程、久方に入れた年末年始の採点仕事、ざっと教室掃除も済んで、まあまだやる事はあるけれど、ちょっと一息ついたし、久方の”引っ掛かり曲”だしアップしておくことに。

たまたま作業中radikoで山下達郎「サンデーソングブック」を流してたら、竹内まりやがゲストで夫婦談話、

番組の最後に、リクエストが多くて、と、流れたのが、今まで知らなかったこれ。



イントロを聞いて反射的に、達郎作曲では、と思ったら本人の作詞作曲らしく、

歌詞内容はバブル期ムード漂うような、都会の刹那的な恋の漂流+無機的なデジタルっぽさ、という感じだけれど、

正当AOR、一定に刻まれるリズム&メロディのうねりが妙に癖になる、というか。。


'84年のアルバム「VARIETY」の収録曲らしく、もしかして手元に?とテープを探してみたけれど、「BEGINNING」「UNIVERSITY STREET」「REQUEST」のみ。

この人のマイベスト曲といえば、以前ラジオのユーミン番組で彼女がゲストの時、ユーミンも気に入ってる、と言ってて流してた「OH NO, OH YES!」、




双璧で「さよならの夜明け」。本人のYou tube映像は騒音がひどいけれど、全く初耳、川越美和という人の爽やかバージョンがあったり。





最近では、試写会での「ピース・ニッポン」のテーマ曲が竹内曲、穏やかな抒情曲だったとは思うけれど、特に印象はなし。


でも正直、今にして、こういう「プラスティック・ラブ」のような曲も書ける人だったんだ!というか。

この曲は今でも海外でも人気、You tubeでかなりの再生回数だとか。

アレンジはやはり達郎だけど、達郎カバー版もあり、





名は覚えあるようなないような・・だけど、アイドルっぽい大西結花という人版も。




番組では、今上映中らしい40周年竹内歴代ライブ映像映画「souvenier the movie」の中のバージョンが流れ、最後の英語部分の達郎のハモリもド迫力で、

本人も「完全に食われてる・・」と感心、ファンからもこれが聞きたくて何度か見に行った、という声もあるそうで、

竹内「これだけでも見に来る価値が・・」山下「あの時だけは上手く行った・・」竹内「撮っておいて良かった!」などと、まあ相変わらず仲いい様子。




番組で、他にも2人で歌う曲があったけれど、思えばこの2人の実際のコラボっていうのも初耳のような。

まあ歌唱力っていう点でも、達郎とステージで張れるだけのモノは持っているのだ、と、失礼ながら改めて。

私も、特にという竹内ファンではないけれど、本当にこの曲だけでも価値あるかも?!、と、近場で探ったら、

新宿バルト9で3日までやってるようで、もし元旦のサービスデイ料金で見れるなら考えようか、と思ったけれど、

オンライン申込みで見る限り一律¥2,800。。いつぞや達郎のこういう期間限定映画も、どうしようか迷った末見送ったのだったけど、まあ確かめてみてから再考。

そういう所で、ここへ来て久方のユーミン以外のチェック曲登場、でした。



by MIEKOMISSLIM | 2018-12-31 01:20 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

杉並弦楽合奏団 第63回定期演奏会

先週15日(土)、セシオン杉並で杉弦の定期演奏会を母と鑑賞。

a0116217_23400687.jpg
やや忙しない中、ウトウトしてしまうかも、とは思ったけれど、

母も行く意向だし折角なので出かけることに。<プログラム↑>



演奏曲は、

★アダージョとフーガ ハ長調 K.546 / W.A.モーツァルト

Ⅰ Adagio
Ⅱ Fuga

★シンプル・シンフォニー 作品4 / B.ブリテン

Ⅰ 騒がしいブーレ
Ⅱ おどけたピツィカート
Ⅲ 感傷的なサラバンド
Ⅳ 浮かれたフィナーレ

★シャコンヌ ト短調(ブリテン編曲)/ H.パーセル

★弦楽のための牧歌 / L.ヤナーチェク

Ⅰ Andante
Ⅱ Allegro
Ⅲ Moderato
Ⅳ Allegro
Ⅴ Adagio
Ⅵ Scherzo
Ⅶ Moderato

★アンコール:弦楽セレナーデ 第2楽章 / エルガー


やはり予想通り、演奏が始まると心地よい調べを子守唄に眠気が波のようにやってきて、

「シンプル・シンフォニー」で(多分)ヴァイオリンのつま弾くような演奏がアクセントで面白かった、などという覚えはあり、

アンコールの「弦楽セレナーデ」も良かったけれど、



母も特に記憶に引っかかる曲はなかったようで、私も馴染み曲、フレーズとかもなく、

やや先日のフィルモアコンサートの記憶も交じってしまっている感じ。

「弦楽ニュース」にもあったように、指揮のスッキリダンディな鈴木衛さんは、規定の4回目で今回で最後のようで、その旨ご自身も挨拶。

それと印象的だったのは、パンフレットで、英国出身のパーセルは36歳で死去と短命だったようだけれど、

その死因は、ある寒い晩、居酒屋に長居したことを妻に咎められて、家を閉め出されたため風邪を引いて亡くなったとか。。

そういう所で、眠気でやや集中力は欠けてたけれど、モーツァルト曲はじめ、いつものように丁寧で安定感ある演奏、美しい楽器の音色は味わえた、という今回でした。

関連サイト:杉並弦楽合奏団 サイト
関連記事:杉並弦楽合奏団 第49回定期演奏会杉並弦楽合奏団  創立25周年記念 第50回定期演奏会杉並弦楽合奏団 第51回定期演奏会杉並弦楽合奏団 第52回定期演奏会杉並弦楽合奏団 第53回定期演奏会杉並弦楽合奏団 第54回定期演奏会杉並弦楽合奏団 第55回定期演奏会杉並弦楽合奏団 第58回定期演奏会杉並弦楽合奏団 第59回定期演奏会杉並弦楽合奏団 創立30周年記念 第60回定期演奏会杉並弦楽合奏団 第62回定期演奏会

第18回 フィルモアコンサート第19回 フィルモアコンサート第20回 フィルモアコンサート第23回 フィルモアコンサート杉並ウインドハーモニーアンサンブル 第12回定期演奏会杉並ウインドハーモニーアンサンブル スプリングコンサート2016杉並ウインドハーモニーアンサンブル 第13回定期演奏会杉並ウインドハーモニーアンサンブル 第14回定期演奏会杉並ウインドハーモニーアンサンブル 2017スプリングコンサート杉並ウインドハーモニーアンサンブル 第15回定期演奏会オペラガラコンサート~セラータ・ムジカーレ Tokyo Play Opera 第30回定期演奏会 御坊混声合唱団第5回・第7回定期演奏会(’81)(’84)ふれあいチャリティーコンサート日本フィル出張コンサートふれあい音楽会~魅惑のラテン音楽を貴方に トリオ・ロス・ぺぺス色とりどりのコンサート(’14)Brio Brass Band 第5回定期演奏会ふれあい音楽会~映画音楽への誘いふれあい音楽会 懐かしいタンゴの調べを色とりどりのコンサート~ソロとアンサンブルによる~Brio Brass Band 第6回定期演奏会第7回 Brio Brass Band 定期演奏会

by MIEKOMISSLIM | 2018-12-23 23:58 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

私は、マリア・カラス(’18)

先日11日(火)、神保町の一ツ橋ホールで、昨日公開の「私は、マリア・カラス」試写会、「いい加減な・・・」ブログのいい加減人(Yamato)さんとご一緒して鑑賞。

手掛けたのは、これが初の長編作品らしい、初耳だったトム・ヴォルフ監督。

a0116217_23494624.jpg
レジェンド歌姫マリア・カラスの舞台パフォーマンスやインタビュー、生活ぶりの映像、手紙、等でのドキュメンタリー。<チラシ表→>

手紙の朗読は、以前「永遠のマリア・カラス」という作品でマリア役を演じたらしい、ファニー・アルダン。

マリア・カラスって、有名スターとして名前は馴染みだけれど、思えば本人の歌声、姿、代表曲って特に具体的に浮かばず、だったけれど、

今回、圧倒的な声量、美声での滑らかな歌いっぷり、海運王オナシスとの華やかかつ波乱の恋愛沙汰もあり、押しも押されぬ大スターだったゴージャスな様子や、

反面、興行面でいわれなきバッシングを受けたり、長年の関係を築いていたオナシスの仕打ちによって深く傷つく、繊細な人間、女性としての面など、

こういう人だったのか、と大まかなことが今にして判った、という所。


12/23追記:そもそも自らの意志ではなく、その並みならぬ才能を活かそうとした母親の教育方針のたまもので歌手になったのだった、ということだけど、

印象的だったのは、やはりまず彼女の声帯=一つの名楽器、というような完璧というか見事な歌唱シーン、特に聞き馴染みの「カルメン」の「ハバネラ」とか。



今回歌に合わせ出た字幕で、漠然としたイメージ通り女側から相手を手玉に取る的な、まさにそういう内容だったのだ、と。

それと、体調的に不安定で、歌手としてのキャリアよりも女性として幸せならば、と、

愛するオナシスを頼る気持ちに傾く節の切々としたラブレターらしき手紙があったけれど、

その思いは受け入れられず、それどころか、彼とジャッキーの結婚を新聞で知った、という衝撃。

私はこのオナシスとジャッキーカップルについても初耳、この後日談も続いたけれど、

何ともゴージャスというか、濃いキャラクター3人の三角関係があったのだった、と。。

a0116217_04413800.jpg
でもマリアはその当時の大打撃から、不死鳥のように再び歌い、活躍し始めて、というのが、

やはり並外れた歌姫としての底力あっての人生の危機脱出、だけれど、ある種の孤独な宿命という感もあってじんわり切なかったり。<チラシ裏↑>


そういう所で、ほとんどその名を知るのみだったマリア・カラスの、実際の圧巻の歌唱シーン、そして人生の機微を味わえて、


故人題材のものとしては、当時の数々の映像、(個人としての尊厳を損なうというラインは、まあ越えてなさそうな)手紙など、

細部の取材で構成されていた音楽ドキュメンタリーで、満足でした。

関連サイト:「私は、マリア・カラス」公式サイト象のロケット「私は、マリア・カラス」

by MIEKOMISSLIM | 2018-12-23 00:07 | 洋画 | Trackback(1) | Comments(2)

第23回フィルモアコンサート

これもやや時間が経ったけれど、先月25日(月)セシオン杉並でのフィルモア合奏団公演を母と鑑賞。<↓パンフレット>

a0116217_03233850.jpg


演奏曲は、

<第一部>
★劇付随音楽「エグモント」より 序曲 Op.84 / L.v.ベートーベン

★水上の音楽 H.ハーティ版 / G.F.ヘンデル

Ⅰ Allegro
Ⅱ AIR:Andante un poco allegretto
Ⅲ BOURREE:Viace
Ⅳ HORN-PIPE:Delicato, ma con molto brio
Ⅴ Andante espressivo
Ⅵ Allegro deciso

<第二部>
★交響曲第3番 変ホ長調 Op.55「英雄」/ L.v.ベートーベン

Ⅰ Allegro con brio
Ⅱ Marcia funebre: Adagio assai
Ⅲ Scherzo : Allegro vivace
Ⅳ Finale: Allegro molto

いかんせん記憶も薄れているけれど、「水上の音楽」は18世紀テムズ川での王室の舟遊びの際に演奏された、そうで、



繊細な水面の移り変わりが感じられるような、という感じ。

「英雄」は司会の方から、ベートーベンが当初ナポレオンの活躍を英雄だと思って創った曲だけれど、皇帝になった彼に幻滅して、楽譜からナポレオンの名を消した、とか、

実はそれ程嫌っていた訳じゃなかったけれど、ドイツの作曲家が、他国の皇帝を英雄視するのは世間体的にまずかったので、そういう話が持ち上がった、とかのエピソード。

そして紹介の通り、本当に1時間位の長~い曲。指揮者含め、演奏するにも結構体力が要りそう。

これも題材がナポレオン、と思って聞くからか、その生涯の盛り上がり~終息が思われるような。

帰りに近くの「華屋与兵衛」でこの時期亡き妹を偲んでの恒例の、それぞれ思い出の品を持参しての食事会。私は「海老天丼」、

a0116217_03250654.jpg

母は「野菜ちゃんぽんうどん」、

a0116217_03255171.jpg

+2人でドリンクバーで紅茶、コーヒー、野菜ジュースなど色々飲み物でほっこり締めた、というイベントでした。

関連サイト:フィルモア合奏団 サイト華屋与兵衛 サイト
関連記事:第18回 フィルモアコンサート第19回 フィルモアコンサート第20回 フィルモアコンサート

杉並ウインドハーモニーアンサンブル 第12回定期演奏会杉並ウインドハーモニーアンサンブル スプリングコンサート2016杉並ウインドハーモニーアンサンブル 第13回定期演奏会杉並ウインドハーモニーアンサンブル 第14回定期演奏会杉並ウインドハーモニーアンサンブル 2017スプリングコンサート杉並ウインドハーモニーアンサンブル 第15回定期演奏会杉並弦楽合奏団 第49回定期演奏会杉並弦楽合奏団  創立25周年記念 第50回定期演奏会杉並弦楽合奏団 第51回定期演奏会杉並弦楽合奏団 第52回定期演奏会杉並弦楽合奏団 第53回定期演奏会杉並弦楽合奏団 第54回定期演奏会杉並弦楽合奏団 第55回定期演奏会杉並弦楽合奏団 第58回定期演奏会杉並弦楽合奏団 第59回定期演奏会杉並弦楽合奏団 創立30周年記念 第60回定期演奏会杉並弦楽合奏団 第62回定期演奏会オペラガラコンサート~セラータ・ムジカーレ Tokyo Play Opera 第30回定期演奏会 御坊混声合唱団第5回・第7回定期演奏会(’81)(’84)ふれあいチャリティーコンサート日本フィル出張コンサートふれあい音楽会~魅惑のラテン音楽を貴方に トリオ・ロス・ぺぺス色とりどりのコンサート(’14)Brio Brass Band 第5回定期演奏会ふれあい音楽会~映画音楽への誘いふれあい音楽会 懐かしいタンゴの調べを色とりどりのコンサート~ソロとアンサンブルによる~Brio Brass Band 第6回定期演奏会第7回 Brio Brass Band 定期演奏会

by MIEKOMISSLIM | 2018-12-20 03:43 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

丸の内~北欧から届いたクリスマス with Yuming~

先月11/8日(木)、丸の内でのユーミンをフィーチャーのイルミネーションイベントの、クリスマスツリー点灯式を見物。

この所なかなかブログ更新の余裕ないけれど、イベントもボチボチ溜まってくるし、少しずつでも。

この点灯式にはユーミンも登場、座って見られる狭き門の応募もしたけれど落選、まあ覗くだけでも、と用事の吉祥寺から開始時間30分位までには、と中央線で直行。<↓サイトより>

a0116217_23314673.jpg


でもすでに、イベントスペースの丸ビルのマルキューブ1Fは結構な人盛り。2F~5Fも、イベントが見られそうな吹き抜け沿いは、何重にも人盛り。。

上がったり下がったり場所を探っている内にイベント開始で、仕方なく1Fに戻り、とりあえずビル外側からツリーを撮って、

a0116217_23405285.jpg

イベント脇を人波の中、行ったり来たり策にして、ウロウロしている内にユーミン登場、お洒落っぽいグリーン系のスカートで、余り内容は聞こえなかったけれど、陽気におしゃべりしてるムード。

多分ツリーのイルミも曲に合わせて連動、の「恋人がサンタクロース」がかかったり。

出来るだけ見たかったのはやまやまだけど、何人ものスタッフがずっと声を張り上げて、立ち止まらないで下さい!の連呼。

男性が「上階にも観覧スペースを設けてます!」と言ってたので、思わず「全部の階見てきましたけど、どこも見られる所ありませんよ」と声をかけたけれど、聞こえなかったのか?スルーか?反応なく、「止まらず進んで下さい!」の繰り返しのみ。。

どうにも落ち着かないし、次の日も朝から用があるしそこそこ体力温存しないと、だし、一応ツリー、ユーミンもチラ見はしたし、それでよしとして、この場所はここら辺で退散することに。

外へ出たら、通り沿いでもイルミ。

a0116217_23470773.jpg

a0116217_23474295.jpg


もう一か所、目的だった二重橋スクエアB1Fの「Yuming Juke Wall」に移動。

思ったよりこじんまりなスペースだったけれど、歴代のアルバムジャケットが並んで、どの曲でもヘッドフォンで聞ける、というコーナー。

何となく「さみしさのゆくえ」をチョイスして、聞いてみたり。

ここはそう人盛り、という訳ではなく、通って行く人達が「あ、ユーミンねぇ」と目を止めていたり、多かれ少なかれのファン層らしき中年以上の方々が足を止めて、聞き入ってて、アットホーム企画、という感じ。


やはり、少なくともそこそ見通しある場所からイベント観覧には、もっと早く現地着、が必要、期待した優雅なムードの味わい、ではなかったけれど、まあ行ってみて気が済んだ、というシーズンイベントでした。

関連サイト:北欧から届いたクリスマス With Yuming
関連記事:松任谷由実EXPOドームライブあの歌がきこえる「魔法の鏡」「海を見ていた午後」「卒業写真」松任谷由実コンサート THE LAST WEDNESDAY天国の本屋~恋火(’04)さよならみどりちゃん(’04)時をかける少女(’97)瞳を閉じてプレミアム10 松任谷・寺岡・ゆず等シャングリラⅢYuming Films(’07)「いちご白書」をもう一度(’75)ユーミンと映画・市川準監督そしてもう一度夢見るだろう/松任谷由実(’09)・No Reason~オトコゴコロ~/高橋真梨子(’09)TRANSIT2009チケットMusic Lovers・SONGS 松任谷由実<1><2>探検ロマン世界遺産 ユーミン×世界遺産TRANSIT2009コンサートShout at YUMING ROCKS('09)VIVA!6×7/松任谷由実(’04)時をかける少女(’10)RAILWAYS 49歳で電車の運転手になった男の話(’10)ミュージックポートレイト~人生が1枚のレコードだったら東日本大地震チャリティー企画Music Lovers 松任谷由実松任谷由実のオールナイトニッポンTV4僕らの音楽 松任谷由実・薬師丸ひろ子・おすぎMUSIC FAIR 松任谷由実NHK 東日本大震災チャリティー企画 ユーミン×SONGS 「春よ、来い」プロジェクトSONGS 松任谷由実RoadShow/松任谷由実(’11)手のひらの東京タワー/松任谷由実(’81)押入れの整理 <2><3><4>RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ(’11)春よ、来い in 紅白歌合戦SONGS 山本潤子SONGS 松任谷由実~2012スペシャル~鈴子の恋(’12)「春よ、来い」カバー 男性シンガー編「春よ、来い」カバー 女性シンガー編マンタの天ぷら(’97)・僕の散財日記(’05)/松任谷正隆虹色ほたる 永遠の夏休み(’12)才輝礼賛 38のyumiyoriな話 / 松任谷由実(’11)<1><2><3>ユーミンのSUPER WOMAN スペシャルプロローグ~「森本千絵と歩く霊峰」<1><2>ユーミンのSUPER WOMAN 「鶴岡真弓と訪ねる女神」<1><2>ユーミンのSUPER WOMAN 「長谷川祐子と現代美術をめぐる」<1><2>「8月31日~最後の夏休み~」チケットユーミンのSUPER WOMAN 「軍地彩弓と歩く東京ファッション最前線」ユーミンのSUPER WOMAN 「軍地彩弓と歩く沖縄」<1><2>ユーミンのSUPER WOMAN 「中村うさぎとめぐる東京の夜」<1><2>ユーミンのSUPER WOMAN 「草間彌生の世界を訪ねて」ユーミンのSUPER WOMAN 最終回スペシャル 直感の旅、そして未来へ8月31日~最後の夏休み~<1><2>時をかける少女(’83)<1><2>松任谷由実 デビュー40周年 はてない夢の旅YUMING FOREVER by LESLIE KEE<1><2>青い影 PROCOL HARUM feat.YUMING ~ 日本の恋と、ユーミンと。/ 松任谷由実(’12)ひこうき雲 / 荒井由実(’73)風立ちぬ(’13)<1><2>MASTER TAPE~荒井由実「ひこうき雲」の秘密を探る~<1><2>ひこうき雲/荒井由実(’73) ミュージッククリップ放映Dialogue / 今井美樹(’13)SONGSスペシャル 松任谷由実~生きるよろこび歌にこめて~POP CLASSICO / 松任谷由実(’13)「音楽の達人 Vol.72」~ユーミン特集~僕らの音楽 「僕らのユーミン」ユーミンの罪 / 酒井順子(’13)<1><2>あなたがいたから私がいた ユーミン×帝劇Vol.2YUMI MATSUTOYA LIVE - GYAO! MUSIC LIVE 北陸新幹線開業記念特別番組「金沢花紀行」by ユーミンユーミン曲 in 北国のストリートライブ八王子 スパとユーミン聖地巡り<1>荒井呉服店西立川 ユーミン聖地巡り<2>西立川駅、「雨のステイション」歌碑と昭和記念公園荒井由実「ひこうき雲」(’16)~”青の時代”名曲ドラマシリーズ~ YUMING×LOFT 缶バッジSONGS 松任谷由実 / MUSIC FAIR 松任谷由実・JUJUYUMINGと伊勢丹新宿店と130の出来事宇宙図書館 / 松任谷由実(’16)なりきりユーミン僕の音楽キャリア全部話します /松任谷正隆(’16)ユーミンとフランスの秘密の関係 / 松任谷由実(’17)読売新聞・報知新聞が報じたユーミンの45年ユーミン×帝劇Vol.3 朝陽の中で微笑んでSONGS&FRIENDS 荒井由実「ひこうき雲」瞳を閉じて~ユーミンが贈った旅立ちの歌~、SONGS 松任谷由実 etc ユーミンTV出演YUMING 45th Anniversary LESLIE KEE Photo ExhibitionTHE YUMING 松任谷由実 1972~2011フォトストーリー / 松任谷由実(’11)ユーミンからの、恋のうた(’18)ユーミンファンクラブ再入会SURF & SNOW in Naeba 初参戦決定ユーミン「愛」の地理学 / 蔦きうい(’06)
by MIEKOMISSLIM | 2018-12-05 00:22 | 音楽・芸術 | Trackback | Comments(0)

杉並ウインドハーモニーアンサンブル 第15回定期演奏会

先日4日(日)、荻窪の杉並公会堂でSHEWの定期演奏会を母と鑑賞。

a0116217_00082429.jpg
ここでのこの楽団の演奏会は初めて。

母はこの所、こういう広い会場では、演奏曲自体は聞こえても、司会者の言う事はサッパリ?で、


困ったもんだけれど、補聴器の調整、というか慣れの練習中、という所。
<↑パンフ>


今回演奏曲は、

1st Stage
★ハンティンドン・セレブレーション / 作曲:フィリップ・スパーク

★歌劇「ローエングリン」より エルザの大聖堂への行列 / 作曲:リヒャルト・ワーグナー

★第15回定期演奏会開催記念委託作品 音楽オーケストラのための前奏曲 変ロ調 / 作曲:平田暁智

★喜歌劇「メリー・ウィドゥ」セレクション / 作曲:フランツ・レハール

2nd Stage
★夢のような庭 / 作曲:清水大輔

★スター・ウォ―ズ~コンサート・セレクション~ / 作曲:ジョン・ウィリアムズ

3rd Stage
★ルパン三世のテーマ / 作曲:大野雄二

★グレン・ミラー・メドレー / 編曲:岩井直薄

★ガブリエルのオーボエ / 作曲:エンニオ・モリコーネ

★美空ひばりメドレー

アンコール:銀河鉄道999

11/22追記:インパクトだったのは、久方の壮大な「スタ―ウォ―ズ」メロディ、



軽快な「ルパン3世」、


「グレン・ミラー・メドレー」も、曲名が浮かんだのは「ムーンライト・セレナーデ」位だったけれど、



聞き馴染み曲がほとんどで、これもこれもってグレン・ミラーだったのか、という感じ。


 
時間が経って、やや記憶薄れているけれど、この楽団のいつもの、テーマに沿った楽しい衣装の趣、というのは特になかったけれど、

お揃いのトップの白、ボトムの黒+ブラウン系の縞模様のスカーフがスッキリ洒落た感じ。

いつもの巨漢の指揮者さんも相変わらずダイナミックな動き、軽妙なトークで盛り上げ、

母はやはり、知ってるはずの美空ひばりの曲が違う曲に聞こえてしまった、、そうで、ちょっと情けながっていたけれど、

まあ雰囲気は楽しめたし、良かった、という所。

やや忙しない中だったけれど、出かけてやはりリフレッシュになりました。

関連記事:杉並ウインドハーモニーアンサンブル 第12回定期演奏会杉並ウインドハーモニーアンサンブル スプリングコンサート2016杉並ウインドハーモニーアンサンブル 第13回定期演奏会杉並ウインドハーモニーアンサンブル 第14回定期演奏会杉並ウインドハーモニーアンサンブル 2017スプリングコンサート

杉並弦楽合奏団 第49回定期演奏会杉並弦楽合奏団  創立25周年記念 第50回定期演奏会杉並弦楽合奏団 第51回定期演奏会杉並弦楽合奏団 第52回定期演奏会杉並弦楽合奏団 第53回定期演奏会杉並弦楽合奏団 第54回定期演奏会杉並弦楽合奏団 第55回定期演奏会杉並弦楽合奏団 第58回定期演奏会杉並弦楽合奏団 第59回定期演奏会杉並弦楽合奏団 創立30周年記念 第60回定期演奏会杉並弦楽合奏団 第62回定期演奏会オペラガラコンサート~セラータ・ムジカーレ Tokyo Play Opera 第30回定期演奏会 御坊混声合唱団第5回・第7回定期演奏会(’81)(’84)ふれあいチャリティーコンサート日本フィル出張コンサートふれあい音楽会~魅惑のラテン音楽を貴方に トリオ・ロス・ぺぺス第18回 フィルモアコンサート色とりどりのコンサート(’14)第19回 フィルモアコンサート第20回 フィルモアコンサートBrio Brass Band 第5回定期演奏会ふれあい音楽会~映画音楽への誘いふれあい音楽会 懐かしいタンゴの調べを色とりどりのコンサート~ソロとアンサンブルによる~Brio Brass Band 第6回定期演奏会第7回 Brio Brass Band 定期演奏会

by MIEKOMISSLIM | 2018-11-15 00:22 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

ユーミン「愛」の地理学 / 蔦きうい(’06)

この所気付けば妙に多忙な中、ブログもご無沙汰だけれど、先日図書館の検索で発見のユーミン本読了。再度読み返しのため借り直した所。

全く知らなかった「蔦きうい」、という男性詩人の本だけれど、

ユーミン歌詞からのさまざまな方向への展開、掘り下げ方など、今にして、この曲ってそういうこと?だったのか、まあそう言われれば、と、虚を突かれるものもあったり、なかなか面白かった。<↓(C)(株)河出書房新社>
a0116217_21484699.jpg
内容は全13章、

微妙な関係を味わう―『天気雨』から『星空の誘惑』へ実らない恋も楽しむ―『悲しいほどお天気』と『グループ』
2.5次元の空間―『海を見ていた午後』と『埠頭を渡る風』
恋の終わりを楽しむ―『中央フリーウェイ』と『翳りゆく部屋』
恋の芽生えと成長―『ベルベット・イースター』から『きっと言える』へ
夢をおいかける―『青春のリグレット』他
季節を楽しむ―『さざ波』と『十二月の雨』
地理を楽しむ(1)―『私のロンサム・タウン』と『DOWNTOWN BOY』
地理を楽しむ(2)―『ルージュの伝言』と『緑の町に舞い降りて』
リゾートへ行こう―『サーフ天国、スキー天国』と『シーズンオフの心には』
レクイエム―『ロッヂで待つクリスマス』と『瞳を閉じて』
自分を味わう―『やさしさに包まれたなら』と『ダンデライオン』
地平線を探す―『ナビゲイター』と『遠い旅路』

サブタイトルは、「松任谷由実「私」という至福の空間」。決して幸せではない、むしろ失恋で散々、かなりみじめなシチュエーションであっても、

著者いわく、その当人がいる空間の「見立て」によって、悲しみを和らげ、ある種の幸福感漂う状況を構成する、ユーミンマジックに独自の目線で斬り込んでる感じで、ユニーク。

どうも絶版なのか、amazon以外の通販サイトでは在庫なしのようで、amazonでも、¥8,925より3中古品の出品!ってことで、、結構なレア本のようで、まあ入手は難しそうだけれど、

まあしばらくまた借り続け、少しずつ、例によって銀色夏生「つれづれノート」と共に、お休み前の安らぎタイム的に、読んでいくつもりです。

関連記事:松任谷由実EXPOドームライブあの歌がきこえる「魔法の鏡」「海を見ていた午後」「卒業写真」松任谷由実コンサート THE LAST WEDNESDAY天国の本屋~恋火(’04)さよならみどりちゃん(’04)時をかける少女(’97)瞳を閉じてプレミアム10 松任谷・寺岡・ゆず等シャングリラⅢYuming Films(’07)「いちご白書」をもう一度(’75)ユーミンと映画・市川準監督そしてもう一度夢見るだろう/松任谷由実(’09)・No Reason~オトコゴコロ~/高橋真梨子(’09)TRANSIT2009チケットMusic Lovers・SONGS 松任谷由実<1><2>探検ロマン世界遺産 ユーミン×世界遺産TRANSIT2009コンサートShout at YUMING ROCKS('09)VIVA!6×7/松任谷由実(’04)時をかける少女(’10)RAILWAYS 49歳で電車の運転手になった男の話(’10)ミュージックポートレイト~人生が1枚のレコードだったら東日本大地震チャリティー企画Music Lovers 松任谷由実松任谷由実のオールナイトニッポンTV4僕らの音楽 松任谷由実・薬師丸ひろ子・おすぎMUSIC FAIR 松任谷由実NHK 東日本大震災チャリティー企画 ユーミン×SONGS 「春よ、来い」プロジェクトSONGS 松任谷由実RoadShow/松任谷由実(’11)手のひらの東京タワー/松任谷由実(’81)押入れの整理 <2><3><4>RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ(’11)春よ、来い in 紅白歌合戦SONGS 山本潤子SONGS 松任谷由実~2012スペシャル~鈴子の恋(’12)「春よ、来い」カバー 男性シンガー編「春よ、来い」カバー 女性シンガー編マンタの天ぷら(’97)・僕の散財日記(’05)/松任谷正隆虹色ほたる 永遠の夏休み(’12)才輝礼賛 38のyumiyoriな話 / 松任谷由実(’11)<1><2><3>ユーミンのSUPER WOMAN スペシャルプロローグ~「森本千絵と歩く霊峰」<1><2>ユーミンのSUPER WOMAN 「鶴岡真弓と訪ねる女神」<1><2>ユーミンのSUPER WOMAN 「長谷川祐子と現代美術をめぐる」<1><2>「8月31日~最後の夏休み~」チケットユーミンのSUPER WOMAN 「軍地彩弓と歩く東京ファッション最前線」ユーミンのSUPER WOMAN 「軍地彩弓と歩く沖縄」<1><2>ユーミンのSUPER WOMAN 「中村うさぎとめぐる東京の夜」<1><2>ユーミンのSUPER WOMAN 「草間彌生の世界を訪ねて」ユーミンのSUPER WOMAN 最終回スペシャル 直感の旅、そして未来へ8月31日~最後の夏休み~<1><2>時をかける少女(’83)<1><2>松任谷由実 デビュー40周年 はてない夢の旅YUMING FOREVER by LESLIE KEE<1><2>青い影 PROCOL HARUM feat.YUMING ~ 日本の恋と、ユーミンと。/ 松任谷由実(’12)ひこうき雲 / 荒井由実(’73)風立ちぬ(’13)<1><2>MASTER TAPE~荒井由実「ひこうき雲」の秘密を探る~<1><2>ひこうき雲/荒井由実(’73) ミュージッククリップ放映Dialogue / 今井美樹(’13)SONGSスペシャル 松任谷由実~生きるよろこび歌にこめて~POP CLASSICO / 松任谷由実(’13)「音楽の達人 Vol.72」~ユーミン特集~僕らの音楽 「僕らのユーミン」ユーミンの罪 / 酒井順子(’13)<1><2>あなたがいたから私がいた ユーミン×帝劇Vol.2YUMI MATSUTOYA LIVE - GYAO! MUSIC LIVE 北陸新幹線開業記念特別番組「金沢花紀行」by ユーミンユーミン曲 in 北国のストリートライブ八王子 スパとユーミン聖地巡り<1>荒井呉服店西立川 ユーミン聖地巡り<2>西立川駅、「雨のステイション」歌碑と昭和記念公園荒井由実「ひこうき雲」(’16)~”青の時代”名曲ドラマシリーズ~ YUMING×LOFT 缶バッジSONGS 松任谷由実 / MUSIC FAIR 松任谷由実・JUJUYUMINGと伊勢丹新宿店と130の出来事宇宙図書館 / 松任谷由実(’16)なりきりユーミン僕の音楽キャリア全部話します /松任谷正隆(’16)ユーミンとフランスの秘密の関係 / 松任谷由実(’17)読売新聞・報知新聞が報じたユーミンの45年ユーミン×帝劇Vol.3 朝陽の中で微笑んでSONGS&FRIENDS 荒井由実「ひこうき雲」瞳を閉じて~ユーミンが贈った旅立ちの歌~、SONGS 松任谷由実 etc ユーミンTV出演YUMING 45th Anniversary LESLIE KEE Photo ExhibitionTHE YUMING 松任谷由実 1972~2011フォトストーリー / 松任谷由実(’11)ユーミンからの、恋のうた(’18)ユーミンファンクラブ再入会SURF & SNOW in Naeba 初参戦決定

by MIEKOMISSLIM | 2018-10-14 22:15 | 本・音楽 | Trackback | Comments(0)
最新の記事
検索
リンク
★’09年1月までのブログ
KYOKOⅡ
英検対策

★リンクサイト

個人学習会 高円寺教室
個人学習会 高円寺教室(新HP)
エキテン 個人学習会 高円寺教室
象のロケット
松任谷由実オフィシャルサイト
いい加減な・・・

フルーツメール


★50音別映画・ドラマ鑑賞作品目録(作品数)

あ行作品(107)
か行作品(95)
さ行作品(89)
た行作品(70)
な行作品(35)
は行作品(118)
ま行作品(37)
や行作品(22)
ら・わ行作品(51)


★最新の記事続き

ユーミンファンクラブ再入会
松本隆対談集 風街茶房 2005~2015 / 松本隆(’17) 
ユーミンからの、恋のうた(’18)  
めんそ~れ~沖縄展
ルーヴル美術館展 肖像芸術ー人は人をどう表現してきたか松本隆対談集 KAZEMACHI CAFE / 松本隆(’05) 
THE YUMING 松任谷由実 1972~2011フォトストーリー / 松任谷由実(’11) 
ピース・ニッポン(’18)
期末テスト対策終了、祝・英検合格 
杉並弦楽合奏団 第62回定期演奏会 
YUMING 45th Anniversary LESLIE KEE Photo Exhibition 
中間テスト・英検対策終了
長崎物産展
プーシキン美術館展
母の日
海明け雪どけ 食の大北海道展
イバラードの旅 第21回 井上直久絵画展 
アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル(’17) 
伊東旅行<2>伊東マリンタウン
伊東旅行<1>ホテルラヴィエ川良 
羽生結弦展
瞳を閉じて~ユーミンが贈った旅立ちの歌~、SONGS 松任谷由実 etc ユーミンTV出演 
被写体 / 三浦友和(’99)
さよなら、僕のマンハッタン(’17)
春の北海道展 うまいもの会
至上の印象派展 ビュールレ・コレクション 
花見~MIDTOWN BLOSSOMにて~
SONGS & FRIENDS 荒井由実「ひこうき雲」
https://autumnnew.exblog.jp/238414009/ 
第7回 Brio Brass Band 定期演奏会
英検・学年末試験・受験対策終了
確定申告
Chocolat×Chocolat ショコラ×ショコラ
母の携帯買い替え&乗り換え
杉並ウインドハーモニーアンサンブル 第14回定期演奏会
君の名は。(’16)
母の退院祝い
クリスマスの約束(’17)
ユーミン×ファミマ クリスマスケーキ
ユーミン×帝劇Vol.3 朝陽の中で微笑んで
井上直久絵画展 ー私たちの庭、夢を秘めた都ー
ゴッホ展 巡りゆく日本の夢
北斎とジャポニズム
期末テスト対策終了、祝・合格
読売新聞・報知新聞が報じたユーミンの45年
九州・沖縄物産展
中間テスト対策終了・新入会・カムバック
北海道うまいもの大会
ユーミンとフランスの秘密の関係 / 松任谷由実(’17)
秋の大北海道展
ボストン美術館の至宝展
夏期講習終了
僕の音楽キャリア全部話します /松任谷正隆(’16)
ゆずり葉 ー君もまた次の君へー(’09) 
うまいものめぐり展
プリンター・電子辞書買い替え 
ピーターラビットの世界展
期末テスト対策終了
冷やし中華 from北海道
なりきりユーミン
杉並弦楽合奏団 創立30周年記念 第60回定期演奏会
国境の南、太陽の西 / 村上春樹(’92) 
鹿児島物産展 / 母のデジカメデビュー 
ランス美術館展
ハワイアンフェスティバル
西新宿=マグリット
中間テスト対策終了
母の日
北海道物産展
草間彌生 わが永遠の魂
ミュシャ展
GW講習終了・新入会
イバラードの旅 第20回記念 井上直久展 / 食の大北海道展
杉並ウインドハーモニーアンサンブル 2017スプリングコンサート
福岡物産展
何でも見てやろう(’61)/a>
春期講習終了・新入会
花見~善福寺川緑地にて~
ほくと魔法の言葉たち(’16)
Brio Brass Band 第6回定期演奏会
ストロングマン(’15)
北海道展
横浜散策<2>~横浜人形の家
横浜散策<1>~飛鳥Ⅱランチ付き船内見学会
確定申告
祝・合格、学年末テスト対策終了
メガネ新調
冬期講習終了
クリスマスの約束
クリスマスの約束(’15)
クリスマスデザート
ゴッホとゴーギャン展
デトロイト美術館展
期末テスト対策終了
宇宙図書館 / 松任谷由実('16)
杉並ウインドハーモニーアンサンブル 第13回定期演奏会
色とりどりのコンサート~ソロとアンサンブルによる~  
熱海旅行 アカオリゾート公国<2>
熱海旅行 アカオリゾート公国<1>
フルーツメモ帳 洋ナシ
杉並弦楽合奏団 第59回定期演奏会 
YUMINGと伊勢丹新宿店と130の出来事
ふれあい音楽会 懐かしいタンゴの調べを 
SONGS 松任谷由実 / MUSIC FAIR 松任谷由実・JUJU 
柿の葉すし
YUMING×」LOFT 缶バッジ
中間テスト対策終了
CDラジカセ
母の誕生日
フルーツメモ帳 レモン
最新のコメント
Yamatoさん、改めて..
by MIEKOMISSLIM at 00:08
そうですね。マスコミの勝..
by いい加減人(Yamato) at 22:47
すぎたさん、放送について..
by MIEKOMISSLIM at 16:38
ご丁寧に答えて頂きほんと..
by すぎた at 16:29
すぎたさん、コメント有難..
by MIEKOMISSLIM at 21:57
あなたがいたから私がいた..
by すぎた。 at 13:01
Yamatoさん改めて、..
by MIEKOMISSLIM at 23:50
先日は、どうもありがとう..
by いい加減人(Yamato) at 23:36
通りすがりさん、情報あり..
by MIEKOMISSLIM at 00:37
丁寧な文字起こし素晴らし..
by 通りすがり at 12:44
タカシさん、やや多忙でお..
by MIEKOMISSLIM at 01:15
Yamatoさん、レス遅..
by MIEKOMISSLIM at 00:46
はじめまして。「春よ、来..
by タカシ at 19:09
すみません。出遅れました..
by いい加減人(Yamato) at 23:15
Yamatoさん、改めて..
by MIEKOMISSLIM at 21:50
遅くなりました。こんにち..
by いい加減人(Yamato) at 23:07
三國屋太郎さん、私も、帰..
by MIEKOMISSLIM at 01:11
MIEKOMISSLIM..
by 三國屋太郎 at 23:46
desire_sanさん..
by MIEKOMISSLIM at 08:48
三國屋太郎さん、公演、最..
by MIEKOMISSLIM at 00:12
最新のトラックバック
私は、マリア・カラス
from 象のロケット
ピース・ニッポン
from 象のロケット
「アイ, トーニャ 史上..
from 或る日の出来事
「アイ,トーニャ 史上最..
from 大江戸時夫の東京温度
「アイ,トーニャ 史上最..
from シネマ親父の“日々是妄言”
アイ,トーニャ 史上最..
from 象のロケット
「さよなら、僕のマンハッ..
from 大江戸時夫の東京温度
さよなら、僕のマンハッタン
from 象のロケット
『流星ひとつ』 沢木耕太郎
from じゅうのblog
君の名は。
from 象のロケット
ミュシャが生命をかけて現..
from dezire_photo &..
ぼくと魔法の言葉たち
from 象のロケット
ロッシーニのオペラ作曲家..
from dezire_photo &..
全米有数の印象派、ポスト..
from dezire_photo &..
全米有数の印象派、ポスト..
from dezire_photo &..
超高速!参勤交代 リターンズ
from 映画的・絵画的・音楽的
超高速!参勤交代 リターンズ
from だらだら無気力ブログ!
超高速!参勤交代 リターンズ
from 勝手に映画評
超高速!参勤交代 リターンズ
from あーうぃ だにぇっと
超高速!参勤交代 リターンズ
from 象のロケット
ブログパーツ
ファン
カテゴリ
タグ
(305)
(171)
(147)
(129)
(105)
(103)
(91)
(86)
(71)
(58)
(56)
(55)
(49)
(32)
(29)
(27)
(23)
(13)
(12)
(8)
以前の記事
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
ライフログ

KYOKO [DVD]


MISSLIM


The music of Antonio Carlos Jobim


60歳のラブレター [DVD]


黒いオルフェ [DVD]


「黒いオルフェ」を探して-ブラジル音楽をめぐる旅


サガン-悲しみよ こんにちは- [DVD]


そしてもう一度夢見るだろう (AND I WILL DREAM AGAIN.)


はりまや橋 [DVD]


旅する力―深夜特急ノート


サマーウォーズ [DVD]


少年時代 [DVD]


宇宙へ。挑戦者たちの栄光と挫折 コレクターズ・エディション [DVD]


HACHI 約束の犬 [DVD]


キャピタリズム~マネーは踊る プレミアム・エディション [DVD]


プログラムを作ろう!Java入門


VIVA! 6X7


カールじいさんの空飛ぶ家 [DVD]


詩集 エイプリル (角川文庫)


人の砂漠 (新潮文庫)


西の魔女が死んだ (新潮文庫)


西の魔女が死んだ [DVD]


ハルフウェイ [DVD]


ハルフウェイ (幻冬舎文庫)


七夜待 [DVD]


そして、私たちは愛に帰る [DVD]


時をかける少女 〈新装版〉 (角川文庫)


別れの曲 [DVD]


白夜 スペシャル・エディション(2枚組) [DVD]


ダンスのように抱き寄せたい/バトンリレー


ヴィヨンの妻 ~桜桃とタンポポ~ [DVD]


E.YAZAWA ROCK [DVD]


床下の小人たち―小人の冒険シリーズ〈1〉 (岩波少年文庫)


野に出た小人たち―小人の冒険シリーズ〈2〉 (岩波少年文庫)


川をくだる小人たち―小人の冒険シリーズ〈3〉 (岩波少年文庫 (064))


夏時間の庭 [DVD]


空をとぶ小人たち―小人の冒険シリーズ〈4〉 (岩波少年文庫)


画家と庭師とカンパーニュ [DVD]


小人たちの新しい家―小人の冒険シリーズ〈5〉 (岩波少年文庫)


Under the Sun [DVD]


ルパン三世 - カリオストロの城 [DVD]


BANDAGE バンデイジ 豪華版DVD 2枚組 (本編DVD+特典DVD) <初回限定>


A LONG VACATION from Ladies(初回限定盤)(DVD付)


コトバのない冬 [DVD]


松本隆に捧ぐ-風街DNA-


櫻の園-さくらのその-プレミアム・エディション [DVD]


ソラニン スタンダード・エディション [DVD]


Dear & Yonder [DVD]


その日のまえに [DVD]


Road Show(Amazonオリジナル・クリアファイル(チケットサイズ)特典付き)


あなたがいる場所


天使にラブ・ソングを… [DVD]


萩尾望都作品集〈17〉アメリカン・パイ ( プチコミックス )


MINAKO


パノラマ・ハウス(紙ジャケット仕様)


SUMMER HOLIDAY


冬冬(トントン)の夏休み [DVD]


踊る大紐育(ニューヨーク) [DVD]


遥かなる甲子園 [VHS]


I’m Here


屋根の上のバイオリン弾き [DVD]


錨を上げて[DVD]


ウエスト・サイド物語 (コレクターズ・エディション) [DVD]


サガン 疾走する生 (FIGARO BOOKS)


SACHET


イルカと墜落


浮遊空間


素晴らしい風船旅行 [VHS]


Reach Out


遙かなる山の呼び声 [DVD]


ダニー・ケイの天国と地獄 [DVD]


友だちのうちはどこ? [DVD]


一号線を北上せよ


きことわ


宮廷画家ゴヤは見た [DVD]


GSワンダーランド プレミアム・エディション [DVD]


ハッピーフライト スタンダードクラス・エディション [DVD]


「BECK」 通常版 [DVD]


家族ゲーム [DVD]


歓喜の歌 [DVD]


ポーカー・フェース


マリリン 7日間の恋(ミシェル・ウィリアムズ主演) [DVD]


マリリン・モンロー 7日間の恋 (新潮文庫)


「鈴子の恋」オリジナル・サウンドトラック


ナイト・オン・ザ・プラネット [DVD]


トスカーナの贋作 [DVD]


ビッグ・ウェンズデー [DVD]


ニュー・シネマ・パラダイス [DVD]


巴里の空の下セーヌは流れる [DVD]


街の灯 [DVD]


淀川長治世界クラシック名画を語る [VHS]


オーケストラの少女 [DVD]


あ・うん [DVD]


才輝礼讃 - 38のyumiyoriな話


うみ・そら・さんごのいいつたえ [VHS]


嵐を呼ぶ男 [DVD]


トップガン [DVD]


ミスター・ベースボール [DVD]


時をかける少女 [DVD]


大いなる幻影 [DVD]


HELP!四人はアイドル(字幕スーパー) [VHS]


西鶴一代女 [DVD]


映画パンフレット 「サンドイッチの年」監督ピエール・ブートロン 出演ヴィイチェフ・プショニャック/ミシェル・オーモン


KAGEROU


ホワイト・クリスマス スペシャル・エディション [DVD]


コクリコ坂から [DVD]


まほろ駅前多田便利軒 スタンダード・エディション [DVD]


ワインの匂い(紙ジャケット仕様)


ニーチェの馬 [DVD]


かぞくのくに [DVD]


冬の華 [DVD]


ジャックと天空の巨人 [DVD]


マルセルのお城~プロバンス物語~ [VHS]


冬の旅人「高倉健の肖像」


まちぶせ


ヤング・アット・ハート【字幕版】 [VHS]


風立ちぬ [DVD]


風立ちぬ・美しい村 (新潮文庫)


ひこうき雲


アイドルを探せ(1963) [DVD]


オリエント急行殺人事件 スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]


バグダッド・カフェ 完全版 [DVD]


メリー・クリスマスを君に [VHS]


POP CLASSICO


大貫妙子トリビュートアルバム - Tribute to Taeko Onuki- (2枚組ALBUM)


小さな恋のメロディ [DVD]


さびしんぼう [DVD]


子猫物語 [DVD]


ライブ [VHS]


ビートルズ武道館コンサート [Laser Disc]


去年マリエンバートで [DVD]


特装版 思い出のマーニー


ユーミンの吐息―メトロポリスの語り部…松任谷由実


ユーミンの罪 (講談社現代新書)


私の暮らしかた


流星ひとつ


バック・トゥ・ザ・フューチャー Part 2 [DVD]


アンのゆりかご―村岡花子の生涯 (新潮文庫)


幸福の黄色いハンカチ [DVD]


ボクサー [DVD]


キリマンジャロの雪 グレゴリー・ペック エヴァ・ガードナー アーネスト・ヘミングウェイ CID-5013 [DVD]


から騒ぎ [DVD]


波の音が消えるまで 上巻


波の音が消えるまで 下巻


Frozen [DVD] [Import]


『新しい靴を買わなくちゃ』DVD[通常版]


夜のとばりの物語 [DVD]


サヨナライツカ [DVD]


夜のとばりの物語 ‐醒めない夢‐ [DVD]


ブレッド&バター presents-DRAMA&LIVE-「あの頃のまま」 [DVD]


ノルウェイの森 [DVD]


アンの想い出の日々〈上〉―赤毛のアン・シリーズ〈11〉 (新潮文庫)


アンの想い出の日々〈下〉―赤毛のアン・シリーズ〈11〉 (新潮文庫)


ベッドアンドブレックファスト


ハリー・ポッターと賢者の石 [DVD]


超高速! 参勤交代リターンズ [DVD]


宇宙図書館(通常盤)


推手 [DVD]


ストロングマン 最低男の男気大決戦!! [DVD]


ぼくと魔法の言葉たち [DVD]


何でも見てやろう (講談社文庫)


国境の南、太陽の西


ゆずり葉


【HMV・Loppi限定】「君の名は。」 DVD スタンダード・エディション +ICカード付き

記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧